ジャック1世 (モナコ公)

ジャック・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョンJacques de Goyon de Matignon, 1689年11月21日 - 1751年4月23日)は、ブルボン朝時代フランスの貴族。モナコ女公ルイーズ=イポリットと結婚し、彼女の死後2年ほどモナコ公[1]ジャック1世Jacques Ier)としてモナコを統治した。

ジャック1世
Jacques I
モナコ公
Jacques I, Prince of Monaco.jpg
モナコ公ジャック1世、ニコラ・ド・ラルジリエール
在位 1731年 - 1733年

出生 (1689-11-21) 1689年11月21日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国トリニー=シュル=ヴィル英語版
死去 (1751-04-23) 1751年4月23日(61歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国オテル・ド・マティニョン英語版
配偶者 モナコ女公ルイーズ=イポリット
子女 一覧参照
家名 ゴワイヨン家
グリマルディ家
父親 トリニー伯爵ジャック・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン
母親 シャルロット・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン
テンプレートを表示

生涯編集

トリニー伯爵ジャック・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン(1644年 - 1725年)とシャルロット・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン(1657年 - 1721年)の間の息子。陸軍元帥シャルル・オーギュスト・ド・ゴワイヨン・ド・マティニョン英語版の甥にあたる。モナコに対するフランスの影響力を強めていたルイ14世王によって、モナコ公家の女子相続者ルイーズ=イポリットの婿に選ばれる。2人は1715年10月24日に結婚し、間に9人の子をもうけた[2]。ジャックが多くの妾を囲い、ヴェルサイユ宮廷での華やかな暮らしを好んでモナコに滞在することが稀だったため、夫婦仲は良くなかった。

1731年2月に舅アントワーヌ1世公が死ぬと、妻ルイーズが公位を継承したが、彼女は同年12月天然痘に罹患し急死した。寡夫のジャックが公位を引き継いだものの、国事にまるで関心を示さなかった。そのためモナコ住民の不満が高まり、ジャックは1732年5月国外退去を余儀なくされ、翌1733年に息子のオノレ3世に譲位した。ジャック1世は余生をヴェルサイユとパリで過ごした。フランス王室の縁者の1人、「メーヌ姫」ことルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン英語版との再婚話があったが、結局実現しなかった。

子女編集

  • アントワーヌ・シャルル・マリー(1717年 - 1718年) - デ・ボー侯爵
  • シャルロット・テレーズ・ナタリー(1719年 - 1790年) - 「モナコ姫」、修道女
  • オノレ・カミーユ・レオノール(1720年 - 1795年) - デ・ボー侯爵、モナコ公
  • シャルル・マリー・オーギュスト(1722年 - 1749年) - カルラデス伯爵
  • ジャック(1723年)
  • ルイーズ・フランソワーズ(1724年) - 「デ・ボー姫」
  • フランソワ・シャルル(1726年 - 1743年) - トリニー伯
  • シャルル・モーリス(1727年 - 1798年) - ヴァランティノワ伯爵
  • マリー・フランソワーズ・テレーズ(1728年 - 1743年) - 「エストゥトヴィル姫」

引用・脚注編集

  1. ^ モナコ公国(Principality of Monaco) 基礎データ”. 日本国外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ Paul Theroff. “MONACO”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2020年2月11日閲覧。
先代:
ルイーズ=イポリット
モナコ公
1731年 - 1733年
次代:
オノレ3世