アンドレア・ファルコニエーリ

アンドレア・ファルコニエーリ(Andrea Falconieri、1585年もしくは1586年 - 1656年)は、イタリアナポリ出身の作曲家リュート奏者。

生涯編集

ファルコニエーリは、ナポリで生まれ、パルマ公ファルネーゼ家にリュート奏者として仕えた後、フィレンツェローマを経て、1620年モデナの宮廷に仕えた。

その後、スペインフランスに赴き、帰国後はジェノヴァのサンタ・ブリージダ神学校で教鞭をとった後、1639年よりナポリ王宮の宮廷楽長を務め、これからの活躍がさらに期待されていたときに、ナポリを襲ったペストで没する。

作品編集

  • 紅の美しい扉よ(Bella porta di rubini)
  • 悩む心よ、追うがいい(Segui, segui, dolente core)
  • ああ、限りなく美しい髪(O bellissimi capelli)
  • いとしい瞳よ(Occhietti amati)
  • 甘美なる旋律

関連項目編集

外部リンク編集