アンドレイ・グリアゼフ

ロシアのフィギュアスケート選手

アンドレイ・ヴラジーミロヴィチ・グリアゼフロシア語: Андрей Владимирович Грязев[3]1985年7月26日[1] - )は、ロシアペルミ出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

アンドレイ・グリアゼフ
Andrei Griazev
Figure skating pictogram.svg
Andrei canada.jpg
2005年スケートカナダの練習中に
選手情報
生年月日 (1985-07-26) 1985年7月26日(36歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ペルミ
身長 176 cm
元コーチ エレーナ・ブイアノワ[1][2]
タチアナ・タラソワ[1][2]
アレクセイ・ヤグディン
アレクセイ・ミーシン[1]
タチアナ・ミーシナ
アンドレイ・キスルキン
振付師 タチアナ・タラソワ[1][2]
アレクサンドル・ズーリン
所属クラブ CSKAモスクワ
引退 2009年
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 206.13 2007 GPロシア杯
ショート 71.00 2005 GP中国杯
フリー 135.18 2007 GPロシア杯
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2004 ハーグ 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2003 マルメ 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2007年ロシアフィギュアスケート選手権優勝。

経歴編集

1985年7月26日、ロシアのペルミで生まれる[2]。4歳のとき、スケート教室が生徒を募集していることを知った母の勧めでスケートを始める[4]。 11歳のときにサンクトペテルブルクへ移り、アレクセイ・ミーシンの指導を受け始める[4]。ミーシンチームに入る事になってからは兄弟子であり憧れの人だったアレクセイ・ウルマノフの尽力もあり、彼の提供したアパートに住んでいた。[5]

2000-2001シーズンからISUジュニアグランプリ (JGP) に参戦し、2001-2002シーズンにはJGPで2連勝。しかし世界ジュニア選手権で総合14位という惨敗を喫し、理由が諸説あるがミーシンの元を離れその後3か月間リンクから離れていた[4]。 その3か月後、ミーシンの元での兄弟子だったアレクセイ・ヤグディンの勧めでタチアナ・タラソワのもとに移った[4]。2003-2004年シーズンの世界ジュニア選手権では優勝を果たし、2004-2005シーズンよりシニアへ移行。2006-2007シーズンにはロシア選手権を制した。

旧採点システムでの最後の世界ジュニアチャンピオンでもあり、新採点で最初のロシアチャンピオンでもある[6]

2009年に怪我で現役を引退。その後は所属していたCSKAモスクワでコーチをしていたが後にロシア国外のアイスショーのロイヤル・カリビアン・インターナショナル内のアイスショー[7]ホリディ・オン・アイスホット・アイスなどに2016年まで出演していたが、その後はロシアに帰国している。

スケート技術編集

ミーシンの元でダブルアクセルが跳べるようになり、14歳の時にトリプルアクセルが跳べて試合に組み込んだが最初のコーチのアンドレイ・キスルキンから多くの技術を学んだとグリアゼフは話している[8]。ジュニアからシニアに上がった頃にグリアゼフにヤグディンがジャンプを教えていた時期もあり単独とはいえ4回転トゥループを19歳の時の欧州選手権と世界選手権のFSでは成功させている。しかしその後のシーズンからは怪我での手術の影響で4回転を外した構成にする事が多くなり挑戦しても失敗していた。 彼の持ち味である助走の短いトリプルアクセルの質の良さに織田信成は最初に意識した選手と話している[9][10]

スケーティングやステップなどはアメリカのシムズベリー拠点だった時は当時タラソワのアシスタントコーチだったエフゲニー・プラトフマイヤ・ウソワが指導していた。モスクワにタラソワと共に帰還してからはタラソワの体調不良の問題もあり彼女の友人であったエレーナ・ブイアノワが主に見ていたが、タラソワも時折リンクに赴きアドバイスをしていた。

エピソード編集

  • グリアゼフの最初のコーチのキスルキンはヤグディンの妻でトリノ五輪のペア金メダリストのタチアナ・トトミアニナのシングル選手時代のコーチでもあり、グリアゼフは夫妻の共通の弟弟子である[11]
  • ヤグディンは2003-2004シーズンのグリアゼフのISUジュニアグランプリの試合に多忙のタラソワに変わってコーチとして帯同していた。このシーズンのISUバイオのコーチ欄にはヤグディンの名前が掲載されていた[12]。ヤグディンとグリアゼフはグリアゼフがペルミから来た11歳の時からの友人で、憧れの人もウルマノフと同じであるが、かつての兄弟子だったエフゲニー・プルシェンコとは「ハロー、グッバイ」としか会話せずプルシェンコの事は好きではないと不仲を公言している[5]
  • 1999年9月のプルシェンコ親善ツアーで日本人ファンがサンクトペテルブルクに来訪した時、当時14歳の彼がミーシンチーム有望の選手として紹介されていた。
  • ジュニア時代のISUプロファイルの趣味欄には、読書、音楽鑑賞とともに木彫り(woodcarningと当時のISUバイオに書かれていた[13]が、woodcarvingの間違いと思われる)と書かれていた。2つ上の兄セルゲイと一緒にやっていたという。しかし渡米した後のインタビューではやる暇がないと語っており、その後はコンピュータゲームに変わり木彫りは書かれていない。
  • ロシアチャンピオンになった後のインタビューでロシア国内のジャンプ偏重主義を批判し、織田や髙橋大輔などの日本選手や北米選手のようにジャンプがプログラムに溶け込むようなスケートをすべきとスケーティングスキルの向上も訴えている[14]
  • 2007年のNHK杯で来日した時にコーチが来日できなかったポーランドのペアのドミニカ・ピョントコフスカドミトリー・クロミン組の手助けやアドバイスをしていたが、クロミンはグリアゼフがサンクトペテルブルクに来た時にコーチなしでたくさんの試合に行かなければいけなかった時に手助けをしてくれた恩人で友人だったからだった[15]

主な戦績編集

大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09
世界選手権 12 11 17
欧州選手権 8 5 16
ロシア選手権 8 6 5 3 2 9 1 3 5
GPロシア杯 7 7 3
GPNHK杯 7
エリック杯 7
GPスケートカナダ 9
GP中国杯 3
世界Jr.選手権 14 1
JGPファイナル 6 4 2
JGP S.スロバキア 1
JGPソフィア杯 1
JGPモントリオール 1
JGPアリゾナ 1
JGPチェコスケート 1
JGPサルコウ杯 1
JGPバルト杯 2
JGP B.シュベルター杯 4

詳細編集

2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権カザン 7
66.02
6
126.13
5
192.15


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 3
64,06
3
131,06
3
195,12
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 11
66.14
5
120.39
7
182.83
2007年11月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3
70.95
5
135.18
3
206.13


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 13
59.10
17
103.13
16
162.23
2007年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権モスクワ 2
70.93
1
151.21
1
222.14
2006年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 8
62.59
4
121.43
7
184.02
2006年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 9
56.39
7
121.28
7
177.67


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 10
28.83
21
57.96
16
121.58
17
208.37
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 - 1
71.00
3
129.60
3
200.60
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 9
51.99
10
101.96
10
153.95


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 8
29.54
8
70.69
11
116.39
16
216.62
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 4
68.20
5
128.11
5
196.31
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ - 5
61.86
8
104.70
7
166.56
2004年11月4日-7日 2004年ニース杯ニース - 1 1 1


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 6 8 16 12
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 2 1 1 1
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 3 15 7 8
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ - 2 2 2
2003年9月18日-21日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブレッド - 1 1 1
2003年9月11日-13日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 1 1 1


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ - 4 5 4
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 2 1 1
2002年9月19日-22日 ISUジュニアグランプリ アリゾナスコッツデール - 1 1 1


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月3日-10日 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーマル 9 7 17 14
2001年12月13日-16日 2001/2002 ISUジュニアグランプリファイナルブレッド - 6 6 6
2001年11月1日-4日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯マルメ - 1 1 1
2001年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ - 1 1 1


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2000年10月26日-29日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク 2 2 2
2000年10月5日-8日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 3 4 4

プログラム編集

シーズン SP FS
2007-2008[16] Didle Mourani
by Space
ゴッドファーザー』サウンドトラック
作曲:ニーノ・ロータ
2005-2006[1][2] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
ノートル・ダム・ド・パリ
作曲:Richard Cocciante
演奏:I Fiamminghi
2004-2005[2] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
-
2003-2004[2] Libertango
作曲:アストル・ピアソラ
演奏:bond
La Strada
Otto E Mezzo
作曲:ニーノ・ロータ
演奏:カルロ・サヴィーナ
2002-2003[2] Korobushka
作曲:bond
La Strada
Otto E Mezzo
作曲:ニーノ・ロータ演奏:カルロ・サヴィーナ

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.99
  2. ^ a b c d e f g h 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、 pp.96-97
  3. ^ ロシア語ラテン翻字: Andrei Vladimirovich Griazev
  4. ^ a b c d 国際スケート連盟によるバイオグラフィー
  5. ^ a b Чемпион России Андрей Грязев:”. 2018年6月16日閲覧。
  6. ^ ロシア国内では機械が買えなかった影響で新採点システムの移行が2006-2007シーズンからと遅かった。
  7. ^ http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20130719&content_id=54060080&vkey=ice_news Griazev gravitates toward professional skating
  8. ^ [1]
  9. ^ 2015年6月の講演にて
  10. ^ 織田信成、安藤美姫が語る!思い出の世界ジュニアフィギュアスケート選手権
  11. ^ Кислухин Андрей Александрович
  12. ^ [2]
  13. ^ [3]
  14. ^ ワールド・フィギュアスケート31より
  15. ^ Interview with Andrei Griazev December 2007
  16. ^ 国際スケート連盟によるバイオグラフィー

外部リンク編集