ニーノ・ロータ

イタリアの作曲家

ニーノ・ロータNino Rota, 1911年12月3日 - 1979年4月10日)は、イタリア作曲家クラシック音楽映画音楽で活躍した。本人は「本業はあくまでクラシックの作曲であり、映画音楽は趣味にすぎない」と言っていたが、映画音楽の分野で多大な業績を挙げており、死後クラシックの作品も注目を浴びるようになった。

ニーノ・ロータ(左)

生涯編集

北イタリアミラノ出身。11歳でオラトリオ、13歳でオペラを作曲し、ミラノ音楽院サンタ・チェチーリア音楽院[1]で学んだ。その後米国に渡り、カーティス音楽学校に学んだ。帰国後ミラノ大学に入学し、文学哲学を並行して専攻。

大学卒業後は音楽教師となり、その傍らクラシック音楽の作曲家として活動を開始。1942年以降、映画音楽の作曲も始めた。1951年、当時新進映画監督として注目を集めたフェデリコ・フェリーニと出会い、その後フェリーニの映画のほとんどの音楽を手がけることになった。

フェリーニ監督以外の映画音楽も多数手がけ、1968年にはフランコ・ゼフィレッリ監督の『ロミオとジュリエット』の音楽を担当した。同作品の「ワット・イズ・ア・ユース」はグレン・ウェストンが歌っている[2]フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』の音楽はロータの代表作となり、「愛のテーマ」は多くの人々に親しまれた。

67歳のとき心臓発作によりローマで死去。生涯結婚はしなかったが、娘が1人いる[3]

南イタリアのモノーポリニーノ・ロータ音楽院イタリア語版1971年に設立されている。

主な作品編集

純音楽編集

映画音楽編集

フェリーニ監督作品編集

その他の映画音楽編集

受賞歴編集

アカデミー賞編集

受賞
1975年 アカデミー作曲賞:『ゴッドファーザー PARTII
ノミネート
1973年 アカデミー作曲賞:『ゴッドファーザー

英国アカデミー賞編集

受賞
1973年 アンソニー・アスキス賞:『ゴッドファーザー
ノミネート
1969年 アンソニー・アスキス賞:『ロミオとジュリエット
1976年 アンソニー・アスキス賞:『ゴッドファーザー PARTII

ゴールデングローブ賞編集

受賞
1973年 作曲賞:『ゴッドファーザー
ノミネート
1969年 作曲賞:『ロミオとジュリエット
1975年 作曲賞:『ゴッドファーザー PARTII

参考文献編集

  • Pier Marco De Santi. le immagini & la musica. Roma, Edizioni Gremese, 1992. ISBN 88-09-20263-5
  • Simone Perugini. "Nino Rota e le musiche per il Casanova di Federico Fellini". Edizioni Sabinae, 2009. ISBN 978-88-96105-23-8 Volume pubblicato in occasione dei trent'anni dalla scomparsa di Nino Rota.

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ALUMNI” (イタリア語). Conservatorio di Musica Santa Cecilia - Roma. 2021年3月4日閲覧。
  2. ^ http://www.imdb.com/name/nm3378842/
  3. ^ Videtti, Giuseppe. “Amarcord Nino Rota“, La Repubblica Milano, 20 April 2014.

外部リンク編集