アンナ・ド・コンスタンティノープル

アンナ・ド・コンスタンティノープルフランス語:Anne de Constantinople, イタリア語:Anna di Costantinopoli, 885年 - 912年)は、東ローマ帝国皇女、ローマ皇后およびイタリア王妃。

アンナ・ド・コンスタンティノープル
Anna de Constantinople
ローマ皇后
イタリア王妃
在位 ローマ皇后:901年2月22日 - 905年7月21日
イタリア王妃:900年 - 905年

出生 885年
東ローマ帝国コンスタンティノープル
死去 912年
埋葬 東ローマ帝国コンスタンティノープル
配偶者 ルイ3世
子女 シャルル・コンスタンティン?
アンナ?
家名 マケドニア家
父親 東ローマ皇帝レオーン6世
母親 ゾエ・ザウツァイナ
宗教 キリスト教
テンプレートを表示

生涯編集

アンナは東ローマ皇帝レオーン6世とゾエ・ザウツァイナとの間の娘である。

セティパニ(Christian Settipani)によると、コンスタンティノープル大司教ニコラオス1世の手紙において、レオーン6世とゾエとの間の次女と、プロヴァンス王・ローマ皇帝ルイ3世との結婚のための交渉について言及しているという。この交渉が成功したか否か、および結婚が実際に行われたかどうかは不明である。アンナはルイ3世と結婚しなかったとする歴史家もいる。

一方、セティパニおよび一部の系図学者は、結婚式は900年代に行われ、この結婚により、西ローマ帝国と東ローマ帝国の帝室が結ばれたとする。そしてこの結婚により、シャルル・コンスタンティンが生まれ、その名前こそが西と東の融合を示すとしている。また、ベレンガーリオ1世の2番目の妃アンナは、ルイ3世とアンナとの間の娘といわれている。

アンナはコンスタンティノープルに葬られたが、それはアンナが結婚せずコンスタンティノープルで生涯を送ったという根拠ともされている。

参考文献編集

  • John Julius Norwich, Bisanzio, Collana Storia, Milano, Mondadori, 2000, ISBN 88-04-48185-4.
  • 根津由喜夫 『二人のビザンツ皇女の運命―「ジラール・ド・ルシヨン」を読み解く―』 金沢大学文学部論集、史学・考古学・地理学篇、2007年、27:p. 175 [1]