アヴェ・レジーナ・チェロールム

アヴェ・レジーナ・チェロールム (Ave regina caelorum) は、キリスト教聖歌アンティフォナカトリック教会における伝統的な聖母賛歌の一つでもあり、日本のカトリック教会では「天の元后、天の女王」の名で親しまれてきた。「めでたし天の后」「めでたし天の女王」「幸いなるかな天の女王」とも。

西方教会のうち、カトリック教会における聖務日課の「終課」で歌われる、聖母マリアのための4つのアンティフォナの一つである。プロテスタントや、東方教会正教会東方諸教会)においては用いられない。

テキスト編集

ラテン語編集

Ave regina caelorum
ave Domina angelorum
salve radix salve porta
ex qua mundo lux est orta

Gaude virgo gloriosa
super omnes speciosa
vale o valde decora
et pro nobis Christum exora

日本語編集

天の元后、天の女王
世に光を生み出した、
いのちの泉、天の門。
喜べおとめ、輝くおとめ、
すべてにまさる尊いおとめ。
われらのために
キリストに祈りたまえ。

聖母マリアのための4つのアンティフォナ編集

関連項目編集