アール・ハインズ

アメリカのジャズピアニスト (1903 - 1983)

アール・ハインズEarl Hines1903年12月28日 - 1983年4月22日)は、アメリカ人ジャズ・ピアニストでバンド・リーダー。

アール・ハインズ
Earl Hines
Maud Cuney Hare-155-Earl Hines.jpg
アール・ハインズ(1936年)
基本情報
出生名 Earl Kenneth Hines
別名 Earl "Fatha" Hines
生誕 (1903-12-28) 1903年12月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州デュケイン
死没 (1983-04-22) 1983年4月22日(79歳没)
ジャンル ジャズスウィング・ジャズ
職業 ミュージシャン、バンドリーダー
担当楽器 ピアノ
活動期間 1920年代 - 1983年
レーベル コロムビア、Brunswick、ファンタジーキャピトルRCAビクターインパルス!ヴァーヴデルマーク、Black and Blue、Black Lion、Chiaroscuro
チャールズ・カーペンターとともに

ハインズはジャズ・ピアノの開発途上で最も影響力のある人物の一人だったとされる。[1]

アール・ハインズ・ビッグバンドのメンバーだったチャーリー・パーカーの同僚でトランペッターのディジー・ガレスピーは、「彼のピアノは現代的ハーモニーの基本である。シカゴ出身のこの小さな男がジャズ・ピアノのスタイルを変えた。バド・パウエルハービー・ハンコックのルーツは彼だ。皆、彼の後に来た。アール・ハインズがいなければ、今のジャズ・ピアノがどのようにプレイされたのか見当もつかない。個人差はあれど、現代のピアノ・スタイルはアール・ハインズをお手本としている」と書いた。[2]

初期編集

アール・ハインズが生まれたのはデュケインで、ペンシルベニア州ピッツバーグの市内中心部から12マイル離れていた。

1925年(22歳)、多くの家族会議の後、ハインズはイリノイ州シカゴに移住した。そこはその頃、世界のジャズの中心であり、ジェリー・ロール・モートンキング・オリヴァーが活躍していた。そこでルイ・アームストロングという名の青年と知り合い、親友になり、共演するようになった。

アームストロングは最初の自伝でハインズとの出会いを、

「1926年初頭に、アースキン・テイト教授が、ヴェンドーム劇場の彼の小さな交響楽団に参加しないかと誘ってくるようになり、しばらくして僕は引き受け、アースキンと一年いっしょにいた。さらに知識を得られたんで、それは僕にとって良いことだった。あの偉大なスイング・ピアニスト、アール・ハインズと知り合ったのはヴェンドームでだった。アールは鍵盤をスウィングさせられた。彼と僕は最初からお互いを気に入り、後に何度も会うことになった。ヴェンドームに行ってから数か月して別の大きなチャンスがやってきた。アールと僕は劇場が夜に店じまいしてからサンセット・キャバレーで共演することを頼まれた。そこは当時は(シカゴの)サウスサイドの最も洗練され、最も人気のあるナイトクラブの一つだった」

と振り返った。

その後のハインズ編集

1966年、国際批評家投票で『ダウン・ビート』誌の殿堂入りを果たした。また『ダウン・ビート』誌から、世界の「ナンバー1・ジャズ・ピアニスト」に選出された(その後もさらに5回受賞している)。

この頃、ジョニー・カーソンとマイク・ダグラスのテレビ番組に出演。

その時から彼の死まで20年間、ハインズは、同時代のキャット・アンダーソンハロルド・アシュビーバーニー・ビガードローレンス・ブラウンデイヴ・ブルーベック(彼らは1975年にデュエットを録音)、ジャッキー・バイアード(1972年デュエット)、ベニー・カーターバック・クレイトンコージー・コールウォレス・ダヴェンポートエディ・"ロックジョウ"・デイヴィスヴィック・ディッキンソンロイ・エルドリッジデューク・エリントン(1966年デュエット)、エラ・フィッツジェラルドパナマ・フランシスバド・フリーマンスタン・ゲッツディジー・ガレスピーポール・ゴンザルヴェスステファン・グラッペリソニー・グリアライオネル・ハンプトンコールマン・ホーキンスジョニー・ホッジスピーナッツ・ハッコーヘレン・ヒュームズバッド・ジョンソンジョナ・ジョーンズマックス・カミンスキージーン・クルーパエリス・ラーキンスマリアン・マクパートランド(1970年デュエット)、ジェリー・マリガンレイ・ナンスオスカー・ピーターソン(1968年デュエット)、ラッセル・プロコペピー・ウィー・ラッセルジミー・ラッシングスタッフ・スミスレックス・スチュワートマキシン・サリヴァンバディ・テイトジャック・ティーガーデンクラーク・テリーサラ・ヴォーンジョー・ヴェヌーティアール・ウォーレンベン・ウェブスターテディ・ウィルソン(1965年と1970年にデュエット)、ジミー・ウィザースプーンジミー・ウッドレスター・ヤングと共演した。

おそらくもっと驚くべきものであったのは、アルヴィン・バティストトニー・ベネットアート・ブレイキーテレサ・ブリュワーリチャード・デイヴィスエルヴィン・ジョーンズエタ・ジョーンズインク・スポッツペギー・リーヘレン・メリルチャールズ・ミンガスオスカー・ペティフォードベティ・ロシェカテリーナ・ヴァレンテダイナ・ワシントンライ・クーダーとの共演である。

代表曲編集

ハインズがアームストロングと共作し、アームストロングの愛唱歌となったものとして、「monday date」または「a monday date」もしくは「our monday date」またの名を「my monday date」という曲がある。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Earl Hines (1951年、Columbia)
  • Fats Waller Songs (1952年、Brunswick)
  • Louis Armstrong and His Hot Five with Earl Hines (1954年、Odeon)
  • Fatha Plays Fats (1956年、Fantasy)
  • Solo (1956年、America)
  • Oh, "Father"! (1956年、Epic)
  • The Incomparable Earl "Fatha" Hines (1957年、Tops)
  • The Earl Hines Trio (1958年、Epic)
  • Earl Hines (1958年、Philips)
  • 『パリ・ワン・ナイト・スタンド』 - Paris One Night Stand (1958年、Philips)
  • 『アールズ・パールズ』 - Earl's Pearls (1960年、MGM)
  • 『マンデイ・デイト』 - A Monday Date (1961年、Riverside)
  • Earl "Fatha" Hines (1963年、Capitol)
  • 『スポンティニアス・エクスプロレイションズ』 - Spontaneous Explorations (1964年、Contact)
  • 『アップ・トゥ・デイト』 - Up to Date with Earl Hines (1965年、RCA Victor)
  • 『パリ・セッション』 - Paris Session (1965年、Columbia)
  • 『レコーディッド・ライヴ・イン・コンサート!』 - The Real Earl Hines Recorded Live! in Concert (1965年、Focus)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム』 - Once Upon a Time (1966年、Impulse!)
  • 『ストライド・ライト』 - Stride Right (1966年、Verve) ※with ジョニー・ホッジス
  • 『ヒア・カムズ』 - Here Comes Earl "Fatha" Hines (1966年、Contact)
  • Dinah (1966年、RCA Victor)
  • The Great Earl Hines (1966年、Polydor)
  • 『二人でお茶を』 - Blues in Thirds (1966年、Fontana) ※『Tea For Two』のタイトルで再発
  • Jazz Meanz Hines! (1967年、Fontana)
  • Swing's Our Thing (1968年、Verve) ※with ジョニー・ホッジス
  • Blues & Things (1968年、Master Jazz) ※with ジミー・ラッシング
  • The Incomparable Earl "Fatha" Hines (1968年、Fantasy)
  • 『アット・ホーム』 - Earl Hines at Home (1969年、Delmark)
  • 『アール・"ファーザ"・ハインズ』 - Earl Fatha Hines (1970年、Everest)
  • 『クインテッセンシャル・レコーディング・セッション』 - The Quintessential Recording Session (1970年、Halycon)
  • Fatha & His Flock on Tour (1970年、MPS)
  • Live at the Overseas Press Club (1970年、Chiaroscuro) ※with マキシン・サリヴァン
  • All Star Jazz Session (1970年、Springboard)
  • Earl Hines Plays Duke Ellington (1971年、Master Jazz)
  • Hines Does Hoagy (1971年、Audiophile)
  • My Tribute to Louis (1971年、Audiophile)
  • Comes in Handy (1971年、Audiophile)
  • Hines Plays Hines (1972年、Swaggie)
  • Earl Hines (1972年、GNP Crescendo)
  • 『バック・オン・ザ・ストリート』 - Back On The Street (1972年、Chiaroscuro) ※with ジョナ・ジョーンズ
  • The Mighty Fatha (1973年、Flying Dutchman)
  • 『ツール・ド・フォース』 - Tour de Force (1972年、Black Lion)
  • Quintessential Continued (1973年、Chiaroscuro)
  • 『プレイス ジョージ・ガーシュウィン』 - Plays George Gershwin (1973年、Carosello)
  • Earl Hines at Sundown (1974年、Black and Blue)
  • It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing! (1974年、Black Lion) ※with ポール・ゴンザルヴェス
  • 『プレイズ・コール・ポーター』 - Earl Hines Plays Cole Porter (1974年、Swaggie)
  • Hines '74 (1974年、Black and Blue)
  • Quintessential '74 (1974年、Chiaroscuro)
  • Another Monday Date (1974年、Prestige)
  • 『ザ・ダーティ・オールド・メン』 - The Dirty Old Men (1974年、Black And Blue) ※with バッド・ジョンソン
  • Earl Hines in New Orleans Vol. 1 (1975年、Up)
  • Tour de Force Encore (1975年、Black Lion)
  • Earl Hines in New Orleans Vol. 2 (1975年)
  • 『デュエット』 - Duet! (1975年、MPS) ※with ジャッキー・バイアード
  • West Side Story (1975年、Black Lion)[3]
  • At the Village Vanguard (1975年、Xanadu) ※with ロイ・エルドリッジ
  • 『ファイアーワークス』 - Fireworks (1975年、RCA)
  • Earl Hines at Club Hangover Vol. 5 (1976年、Storyville)
  • Hot Sonatas (1976年、Chiaroscuro) ※with ジョー・ヴェヌーティ
  • Live at Buffalo (1976年、Improv)
  • Earl Hines at Saralee's (1976年、Fairmont)
  • Earl Hines in New Orleans (1977年、Chiaroscuro)
  • 『アールズ・パール アール・ハインズ・ウィズ・ライオネル・ハンプトン』 - Lionel Hampton Presents Earl Hines (1977年、Who's Who in Jazz)
  • The Giants (1977年、Black Lion) ※with ステファン・グラッペリ
  • An Evening with Earl Hines (1977年、Chiaroscuro)[4]
  • 『ライヴ・アット・ザ・ニュー・スクール』 - Live at the New School (1977年、Chiaroscuro)[5]
  • 『ソロ・ウォーク/アール・ハインズ・イン・トーキョー』 - Solo Walk in Tokyo (1977年、Biography)
  • Swingin' Away (1977年、Black Lion)
  • Jazz Is His Old Lady...and My Old Man (1977年、Catalyst) ※with マーヴァ・ジョシー[6]
  • 『アール・ミーツ・ハリー』 - Earl Meets Harry (1978年、Black and Blue) ※with ハリー・エディソン
  • One for My Baby (1978年、Black Lion)
  • Earl Fatha Hines and His All Stars (1978年、GNP Crescendo)
  • We Love You Fats (1978年、Doctor Jazz) ※with テレサ・ブリュワー
  • Linger Awhile (1979年、Bluebird) ※with バッド・ジョンソン
  • The Indispensable Earl Hines Vol. 1 and 2 (1979年、RCA)
  • The Indispensable Earl Hines Vol. 3 and 4 (1981年、RCA)
  • Deep Forest (1982年、Black Lion)
  • 『伝説のリトル・シアター・コンサート』 - The Legendary Little Theater Concert of 1964 Vols. 1 & 2 (1983年、Muse)
  • Texas Ruby Red (1983年、Black Lion)
  • 『ファーザ』 - Fatha (1983年、Quicksilver)
  • Live and in Living Jazz (1983年、Quicksilver)
  • 『ポンペイの夜〜ブキ・ウギ・オン・セントルイス・ブルース』 - Boogie Woogie On The St Louis Blues (1984年、Vogue)
  • Earl Hines and His Esquire All Stars Featuring Dicky Wells (1985年、Storyville)
  • Varieties! (1985年、Xanadu)
  • Earl's Backroom and Cozy's Caravan (1986年、Felsted) ※コージー・コールとのスプリット盤
  • 『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - Live at the Village Vanguard (1988年、Columbia)
  • Earl Hines Plays Duke Ellington (1988年)
  • Reunion in Brussels (1992年、Red Baron)
  • 『スイング・イントゥ・ビバップ』 - Swing into Bebop (1992年、Xanadu)
  • Earl Hines and the Duke's Men (1994年、Delmark)
  • 『ライヴ!オールボー・1965』 - Live Aalborg Denmark 1965 (1994年、Storyville)
  • 『グランド・リユニオン』 - Grand Reunion (1995年、Verve)
  • Earl Hines Plays Duke Ellington Volume Two (1997年)

参照編集

参考文献編集

  • Balliett, Whitney (1998), American Musicians II: Seventy-Two Portraits in Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-512116-3 
  • Balliett, Whitney (2000), Collected Works: A Journal of Jazz 1954-2000, London: Granta Books, ISBN 1-86207-465-8 
  • Basie, Count & Murray, Albert (2002): Good Morning Blues: The Autobiography Of Count Basie. Da Capo Press. ISBN 0306811073/ISBN 978-0306811074
  • Berliner, Paul F. (1994). Thinking in Jazz: The Infinite Art of Improvisation. Chicago & London: University of Chicago Press. ISBN 0-226-04381-9
  • Cohen, Harvey G. (2011), Duke Ellington's America, Chicago: University of Chicago Press, ISBN 0226112632 
  • Collier, James Lincoln (1983), Louis Armstrong: An American Genius, New York, NY: Oxford University Press, ISBN 0-19-503727-8 
  • Cook, Richard (2005), Jazz Encyclopedia, London: Penguin, ISBN 978-0-14-102646-6 
  • Cook, Richard; Morton, Brian (2004), The Penguin Guide to Jazz on CD (7th ed.), London: Penguin, ISBN 0-14-101416-4 
  • Dance, Stanley (1970), The World of Duke Ellington, New York: Da Capo Press, ISBN 0-306-81015-8 
  • Dance, Stanley (1983), The World of Earl Hines, New York: Da Capo Press, ISBN 0-306-80182-5 
  • Dempsey, Peter (2001). Earl Hines. Naxos Jazz Legends. Retrieved July 23, 2006.
  • Doerschuk, Robert L. (2001), 88: The Giants of Jazz Piano, San Francisco: Backbeat Books, ISBN 0-87930-656-4 
  • Downbeat (2009). The Great Jazz Interviews: ed. Frank Alkyer & Ed Enright. Hal Leonard Books. ISBN 978-1-4234-6384-9
  • Epstein, Daniel Mark (1999), Nat King Cole, New York: Farrar, Straus and Giroux, ISBN 0-374-21912-5 
  • Feather, Leonard (1960). The Encyclopedia of Jazz. Horizon Press. ISBN 0-8180-1203-X
  • Feather, Leonard; Gitler, Ira, eds. (2007), The Biographical Encyclopedia of Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 978-0195320008 
  • Giddins, Gary; DeVeaux, Scott (2009), Jazz, New York: W.W. Norton, ISBN 978-0-393-06861-0 
  • Gillespie, Dizzy; Fraser, Al (2009), To Be, or Not ... to Bop, Minneapolis: University of Minnesota Press, ISBN 0816665478 
  • Harrison, Max, Fox, Charles & Thacker, Eric (1984). The Essential Jazz Records Vol 1. Da Capo Press. ISBN 0-306-80326-7
  • Earl Hines. World Book Encyclopedia. Retrieved July 23, 2006.
  • Earl "Fatha" Hines. The Red Hot Jazz Archive. Retrieved July 23, 2006.
  • Kirchner, Bill, ed. (2000), The Oxford Companion to Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 978-0-19-518359-7 
  • Komara, Edward M (1998). The Dial Recordings of Charlie Parker: A Discography. Greenwood Press, Westport. ISBN 978-0-313-29168-5
  • Lester, James (1994), Too Marvelous for Words: The Life & Genius of Art Tatum, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-508365-2 
  • Palmer, Robert (1981). Pop Jazz; Fatha Hines Stom[p]ing and Chomping on at 75. The New York Times, August 28, 1981. Retrieved from The New York Times, July 30, 2006, ISBN 0-8050-7068-0
  • Ratliff, Ben (2002). The New York Times Essential Library: Jazz. New York: Times Books. ISBN 0-8050-7068-0
  • The Rough Guide to Jazz (2004). 3rd edition. Earl Hines, pp. 262–263. Rough Guides. ISBN 1-84353-256-5
  • Russell, Ross (1996), Bird Lives! The High Life and Hard Times of Charlie (Yardbird) Parker, New York: Da Capo Press, ISBN 978-0-306-80679-7 
  • Schuller, Gunther (1991). The Swing Era: The Development of Jazz, 1930-1945, pp. 263–292. Oxford University Press. ISBN 0-19-507140-9
  • Simon, George T. (1974). The Big Bands. Macmillan.
  • Taylor, Jeffrey, ed. (2005), Earl "Fatha" Hines: Selected Piano Solos, 1928-41, Middleton, Wisconsin: A-R Editions, ISBN 0-89579-580-9 
  • Taylor, Jeffrey (2002). Earl Hines and 'Rosetta'. Current Musicology: Special Issue, A Commemorative Festschrift in Honor of Mark Tucker, pp. 71–73 (Spring 2001-Spring 2002).
  • Taylor, Jeffrey (2002). Life With Fatha. I.S.A.M. Newsletter 30 (Fall 2000).
  • Taylor, Jeffrey (1998). Louis Armstrong, Earl Hines, and 'Weather Bird'. The Musical Quarterly 82 (Spring 1998).
  • Williams, Martin T. (1989), Jazz in Its Time, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-505459-8 
  • Wilson, Teddy (1996), Teddy Wilson Talks Jazz, London: Cassell, ISBN 0304336106 

外部リンク編集