ハービー・ハンコック

アメリカのジャズ・ピアニスト&キーボーディスト (1940 - )

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock、1940年4月12日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のジャズピアニスト作曲家編曲家プロデューサー

ハービー・ハンコック
Herbie Hancock
HERBIE HANCOCK 1999.jpg
ハービー・ハンコック(1999年)
基本情報
出生名 Herbert Jeffrey Hancock
生誕 (1940-04-12) 1940年4月12日(81歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
ジャンル ジャズ
ポスト・バップ
モード・ジャズ
フュージョン
ジャズ・ファンク
エレクトロ
クラシック音楽
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 1961年 -
レーベル ブルーノート・レコード
コロムビア・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
ヴァーヴ・レコード
共同作業者 ドナルド・バード
クラーク・テリー
マイルス・デイヴィス・クインテット
ウェイン・ショーター
チック・コリア
ザ・ヘッドハンターズ
V.S.O.P.クインテット
ジャコ・パストリアス
ジョニ・ミッチェル
ハワード・ジョーンズ
公式サイト herbiehancock.com

1960年代以降から現在において、ジャズ・シーンをリードするジャズの第一人者であり、ストレートアヘッド・ジャズ、フュージョンジャズ・ファンクなど多彩なジャズ・スタイルの最先端を走っている。

1960年プロとしてデビュー。1963年から1968年まではマイルス・デイヴィス・クインテットのメンバーとして活躍。1970年代以降もジャズ・ファンクの『ヘッド・ハンターズ』、アコースティック・ジャズ人気を復活させたV.S.O.P.クインテットの諸作、ジャズ・ヒップホップのアルバム『フューチャー・ショック』など、ジャズの新しい時代を切り開く話題作を発表してきた。代表的な楽曲に「ウォーターメロン・マン」、「カンタロープ・アイランド英語版」、「処女航海英語版」、「ドルフィン・ダンス英語版」など多くのジャズ・スタンダードの他、ヒップホップとのクロスオーバーを図った楽曲「ロックイット英語版」もある。

略歴編集

デビューまで編集

ハンコックは1940年4月12日アメリカ合衆国イリノイ州シカゴで生まれ[1]、7歳でピアノ・レッスンをはじめた。11歳のときにはシカゴ交響楽団と共演しクラシック音楽の世界に足を踏み入れている[1]。ジャズの演奏をはじめたのは高校時代である。オスカー・ピーターソンビル・エヴァンスに影響を受けたといわれている。グリネル大学では音楽と電気工学を専攻[1]。卒業後は両親と同居し郵便配達の仕事をしながら[1]ニューヨークのクラブやスタジオ・シーンで名を馳せる。

1960年代:ブルーノートからのデビュー編集

コールマン・ホーキンスからの電話をきっかけとし[1]1960年ドナルド・バードのクインテットでプロとしてのスタートを切る。さらにドナルド・バードからブルーノート・レコードアルフレッド・ライオンを紹介された。その後、2年間のセッションマンとして実績を重ね、21歳になった1962年デクスター・ゴードンを迎えた作品『テイキン・オフ』でデビュー。この中に収録された「ウォーターメロン・マン」は1963年モンゴ・サンタマリアによるカヴァーが全米10位の大ヒットとなり[2]、この作品でハンコックは押しも押されぬブルーノート新主流派の中心アーティストにのし上がった。その後、エリック・ドルフィーのもとで活動し、『ブロウ・アップ英語版』などのサウンドトラックを発表した。

1963年マイルス・デイヴィスのグループに抜擢され、1968年頃まで在籍する。脱退後もマイルス・デイヴィスのセッションに随時参加し、マイルスのいくつかのアルバムにその足跡を残している。またこの頃、自己のアルバムとして彼の代表作『処女航海英語版』(1965年)や『スピーク・ライク・ア・チャイルド英語版』(1968年)を発表した。

1960年代末~1970年代:エレクトリック・サウンドの導入編集

1969年にはブルーノートを離れ、ワーナー・ブラザース・レコードに移籍。『ファット・アルバート・ロトゥンダ英語版』(子供向けテレビ番組のサウンドトラック)では同時期のマイルスと同様に大胆にエレクトリック・サウンドを取り入れた。次作『ワンディシ英語版』では更にアフリカの民族音楽、ポリリズムに傾倒し、自らもスワヒリ語名でアルバム・タイトル同様の「ワンディシ」というニックネームを名乗る。

1972年コロムビア・レコードに移籍[要出典]。また、同年グリネル大学より名誉博士(美術)の称号を授与されている[3]1973年に問題作『ヘッド・ハンターズ』を発表[4]。本作は従来のジャズ・ファンの枠を超えて反響を呼び記録的に売上げるとともに大きな名声を獲得したが、当時のジャズ・ファンからは、ハービーも堕落したなど非難を受けることもあった[要出典]。エレクトリック・ピアノ/キーボードを専ら弾く彼に対する「もうアコースティック・ピアノは弾けないんだろう」との野次に対し、舞台上でピアノを用意させて演奏を披露、観客を納得させるなどという出来事もあった[要出典]

1975年6月25日にザ・ヘッドハンターズとして広島で公演。その後、原爆被爆者に捧げるとして滞在先の広島市内でピアノに向かって徹夜で作曲し、翌日、ピアノ・ソロ曲「平和の街のために英語: For the City of Peace」を広島市に寄贈した[5][註 1]

1976年には、元マイルス・グループの黄金のクインテットと称された時期のメンバー(ウェイン・ショータートニー・ウィリアムスフレディ・ハバードロン・カーター)を集めて、モダン・ジャズのグループ、「V.S.O.P.クインテット」を結成し世界中をツアーした。

1980年代:ヒップホップの導入編集

1983年のアルバム『フューチャー・ショック英語版』では、ヒップ・ホップを大胆に導入。DJスクラッチ英語版を取り入れたスタイルはクラブ・ミュージックの方向性を決定付けた。このアルバムはベーシストプロデューサーであったビル・ラズウェルの実験的な音楽アイデアを元に製作された。またシングル・カットされたGrand Mixer D.ST英語版のスクラッチを取り入れた「ロックイット英語版」が世界中で大ブレイク。翌年の『サウンド・システム英語版』、1988年の『パーフェクト・マシーン英語版』といったアルバムにもラズウェルが関わり、同じ作風の作品を発表している。これ以降の電気サウンド作品についても例に漏れず、不定期ではあるが作品を発表している(1994年の『ディス・イズ・ダ・ドラム英語版2001年の『フューチャー・2・フューチャー英語版』など)。

1983年に初のグラミー賞となる「ベストR&Bインストゥルメンタルパフォーマンス」賞を受賞するなど、1980年代には3度グラミー賞を受賞#グラミー受賞歴の節も参照)[6]1985年にはベーシストのロン・カーターと共演したサントリー・ホワイトのCMがテレビ放映され、話題となった[7]。音楽監督を担当し自らも出演した映画『ラウンド・ミッドナイト』(1986年)では、アカデミー作曲賞を獲得している[8]

1990年代以降編集

1990年代には、現代のポピュラー・ソングを鮮烈なシャズ・ナンバーにしたアルバム『ザ・ニュー・スタンダード英語版』(1996年)、アメリカが生んだ偉大なる作曲家ジョージ・ガーシュウィンの生誕百年にを記念した『ガーシュウィン・ワールド英語版』(1998年)などを発表。2001年にはマイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーンの生誕75周年を記念してマイケル・ブレッカーロイ・ハーグローヴと「ディレクションズ・イン・ミュージック」というスペシャル・プログラム(全米ツアー)を行い、トロント公演のライブ録音は2002年にライブ・アルバム『ディレクションズ・イン・ミュージック〜マイルス&コルトレーン・トリビュート』として発売された。

2003年からアジア最大級のジャズイベント「東京JAZZ」の総合プロデュースを担当[9]2004年国立芸術基金(NEA)ジャズマスターズ賞英語版を受賞[10]

2008年第50回グラミー賞においては『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』が同賞の主要4部門の一つである、最優秀アルバム賞を受賞している。ジャズ・ミュージシャンの総合部門における最優秀アルバム賞受賞は1964年スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルトの『ゲッツ/ジルベルト』以来43年ぶりである[11]。その他、1990年代にはのべ5回、2000年代にはのべ4回、2010年代にはのべ2回、1983年の初受賞から通算14回、グラミー賞を受賞している[6]#グラミー受賞歴の節も参照)

2011年ユネスコ親善大使に就任[12]2014年には、名門ハーバード大学の2014年チャールズ・エリオット・ノートン詩学講義の特別教授英語: Charles Eliot Norton Professor of Poetryとして連続講義を行った[13]2017年には俳優として映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』に出演している。

補足(生き方など)編集

創価学会インタナショナルの会員である[14]。盟友ウェイン・ショーター創価学会インタナショナルの会員で、共に池田大作と対談もしている。

この対談を記録した本、「ジャズと仏法、そして人生を語る」も出版されている。

2007年に亡くなったマイケル・ブレッカーは死の6か月前に創価学会インターナショナルに入信し、ハンコックはウェイン・ショーターバスター・ウィリアムスとマイケルの息子サムらと共に彼の追悼式に参列した。

2003年2月20日、日本外国特派員協会にて以下の発言をしている。[要出典]

「私自身は決してそういう人間にならないようにと願っています。自分は何でも知っていると信じ、ほかの人たちの言うことに耳を貸すことを忘れてしまった人、年長者だというだけの理由で年下の人たちよりも何でも知っていると思い込んでいる人、私は絶対にそういう人間にはなりたくありません。そこには非常に大きな誤りがあるんです。実際、私も教えるという機会に恵まれたときに経験したことですが、先生と呼ばれる人たちの多くが、教える生徒たちよりも、むしろ教える自分のほうが生徒たちから学ぶことのほうが多いと証言していました。これはとても良いことだと思います。」「私は演奏するとき、一生懸命にならないように努力しています。演奏するときはただ、オープンな気持ちになりたいと思うだけです。そうすれば、何が起きてもオープンに受け入れられ進んでその瞬間に起きていることの自然な流れの一部になりたいと思うようになります。」[要出典]

グラミー受賞歴編集

  • 第26回グラミー賞(1982年分) 最優秀R&B・インストゥルメンタル・パフォーマンス/「Rockit」(『フューチャー・ショック』所収)
  • 第27回グラミー賞(1983年分) 最優秀R&B・インストゥルメンタル・パフォーマンス/「Sound System」(『サウンド・システム』所収)
  • 第30回グラミー賞(1986年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲/「Call Sheet Blues」(デクスター・ゴードン『ジ・アザー・サイド・オブ・ラウンド・ミッドナイト』所収)
  • 第37回グラミー賞(1993年分) 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス(個人またはグループ)/『マイルス・デイヴィス・トリビュート
  • 第39回グラミー賞(1995年分) 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス(個人またはグループ)/『ザ・ニュー・スタンダード』
  • 第39回グラミー賞(1995年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲/「Manhattan」(『ザ・ニュー・スタンダード』所収)
  • 第41回グラミー賞(1997年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲/「St. Louis Blues」(『ガーシュウィン・ワールド』所収)
  • 第41回グラミー賞(1997年分) 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス(個人またはグループ)/『ガーシュウィン・ワールド』
  • 第45回グラミー賞(2001年分) 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム(個人またはグループ)/『ディレクションズ・イン・ミュージック〜マイルス&コルトレーン・トリビュート
  • 第45回グラミー賞(2001年分) 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ/「My Ship」(『ディレクションズ・イン・ミュージック〜マイルス&コルトレーン・トリビュート』所収)
  • 第50回グラミー賞(2007年分) 年間最優秀アルバム/『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ
  • 第50回グラミー賞(2007年分) 最優秀コンテンポラリージャズ・アルバム/『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』
  • 第53回グラミー賞(2010年分) 最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカルズ/「Imagine」(『イマジン・プロジェクト』所収)
  • 第53回グラミー賞(2010年分) 最優秀インプロバイズド・ジャズ・ソロ/「A Change is Gonna Come」(『イマジン・プロジェクト』所収)

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

主なセッション参加作品編集

ドナルド・バード編集

  • 『ロイヤル・フラッシュ』 - Royal Flush(1961年9月21日録音)(Blue Note) 1962年
  • 『ア・ニュー・パースペクティヴ』 - A New Perspective(1963年1月12日録音)(Blue Note) 1964年
  • 『アップ・ウィズ・ドナルド・バード』 - Up with Donald Byrd(1964年11月-12月録音)(Verve) 1965年
  • 『アイム・トライン・トゥ・ゲット・ホーム』 - I'm Tryin' to Get Home(1964年12月17日-18日録音)(Blue Note) 1965年
  • 『フリー・フォーム』 - Free Form(1961年12月11日録音)(Blue Note) 1966年
  • 『チャント』 - Chant(1961年4月17日録音)(Blue Note) 1979年

マイルス・デイヴィス編集

全作ともコロムビア・レコードからのリリース。

  • 『セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン』 - Seven Steps to Heaven (1963年)
  • 『マイルス・デイヴィス・イン・ヨーロッパ』 - Miles Davis in Europe (1963年)
  • 『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』 - My Funny Valentine (1964年)
  • 『フォア&モア』 - Four & More (1964年)
  • 『マイルス・イン・トーキョー』 - Miles in Tokyo (1964年)
  • 『マイルス・イン・ベルリン』 - Miles in Berlin (1964年)
  • 『E.S.P.』 - E.S.P. (1965年)
  • 『ライヴ・アット・ザ・プラグド・ニッケル』 - Live at the Plugged Nickel (1965年)
  • 『マイルス・スマイルズ』 Miles Smiles (1966年)
  • 『ソーサラー』 - Sorcerer (1967年)
  • ネフェルティティ』 - Nefertiti (1967年)
  • マイルス・イン・ザ・スカイ』 - Miles in the Sky (1968年)
  • 『キリマンジャロの娘』 - Filles De Kilimanjaro (1968年)
  • イン・ア・サイレント・ウェイ』 - In a Silent Way (1969年)
  • 『ジャック・ジョンソン』 - Jack Johnson (1971年)
  • オン・ザ・コーナー』 - On the Corner (1972年)

その他編集

脚注編集

  1. ^ 寄贈式にて演奏された同音源は続けて演奏された「ウォーターメロン・マン」とともに現在、広島平和記念資料館内の情報資料室(※12月29日~1月1日を除く9:00~17:00に開室)にて試聴できる。

出典編集

  1. ^ a b c d e Johnson, David (2020年4月6日). “Maiden Voyage: Herbie Hancock In The 1960s”. Indiana Public Media. WFIU. 2020年12月12日閲覧。
  2. ^ Watermelon Man by Herbie Hancock”. Songfacts. 2021年1月29日閲覧。
  3. ^ Coryell, Julie、Friedman, Laura『Jazz-rock Fusion: The People, the Music』Hal Leonard Corporation、2000年、201頁。ISBN 0-7935-9941-5
  4. ^ Head Hunters - Herbie Hancock | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2021年1月26日閲覧。
  5. ^ 1975年6月27日付の中国新聞[1]インターネットアーカイブ
  6. ^ a b Herbie Hancock | Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2020年12月12日閲覧。
  7. ^ BIOGRAPHY - ロン・カーター | Ron Carter”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年12月12日閲覧。
  8. ^ Herbie Hancock Academy Awards Acceptance Speech”. Oscar.org. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2020年12月12日閲覧。
  9. ^ 岩浪洋三. “東京JAZZ 2003を聴いて”. 東京JAZZ 2003. 東京JAZZ. 2020年12月12日閲覧。
  10. ^ The Unencumbered Herbie Hancock”. National Endowment for the Arts. 2020年12月12日閲覧。
  11. ^ Herbie Hancock Wins Album Of The Year at Grammy Awards”. DownBeat. Maher Publications (2008年2月11日). 2021年1月23日閲覧。
  12. ^ Herbie Hancock”. United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization. 2020年12月12日閲覧。
  13. ^ Herbie Hancock appointed 2014 Norton Professor of Poetry – Harvard Gazette”. The Harvard Gazette (2014年1月9日). 2020年12月12日閲覧。
  14. ^ Sebag-Montefiore, Clarissa (2019年4月29日). “Herbie Hancock: 'I felt like I stood on the shoulders of giants and now it's my turn' | Vivid festival 2019”. The Guardian. 2020年12月12日閲覧。

著作編集

  • ハービー・ハンコック『ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅』川嶋文丸訳、DU BOOKS、2015年。ISBN 4907583338

外部リンク編集