メインメニューを開く

アール・ラーシド・スタジアム(アラビア語: ملعب آل راشد‎、: Al Rashid Stadium)は、アラブ首長国連邦ドバイにある多目的スタジアムである。英語風にアル・ラシード・スタジアムと呼ばれることもある。

アール・ラーシド・スタジアム
Rashid Stadium.jpg
施設情報
所在地 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ, アンマン通
位置 北緯25度16分47秒 東経55度21分38秒 / 北緯25.279655度 東経55.360606度 / 25.279655; 55.360606座標: 北緯25度16分47秒 東経55度21分38秒 / 北緯25.279655度 東経55.360606度 / 25.279655; 55.360606
開場 1948年
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
アル・アハリ・ドバイ (UAEリーグ)
2003 FIFAワールドユース選手権
AFCアジアカップ2019
収容能力
9,415

目次

概要編集

スタジアム名のアール・ラーシドとはスタジアム建設当時のドバイ首長国首長ラーシド・ビン・サイード・アール・マクトゥーム英語版のこと。1948年に設立された。収容人数は9,415人[1]。主にサッカーの試合に用いられ、UAEリーグに所属するアル・アハリ・ドバイがホームスタジアムとして使用している。

2003年には、FIFAワールドユース選手権の会場として使用された[2]

交通アクセス編集

ドバイメトログリーンラインのアル・アハリ・クラブ駅より徒歩1分。

開催試合編集

脚注編集

外部リンク編集