クリスティアーノ・ロナウド

ポルトガルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドス・サントス第二姓(父方の)はアヴェイロです。

クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OIHCristiano Ronaldo dos Santos Aveiro[5]1985年2月5日 - )は、ポルトガルフンシャル出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラレアル・マドリード所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード。愛称はCR7[1]、ロニー[2]。日本のメディアからはクリロナとも呼ばれる[6][7]

クリスティアーノ・ロナウド Football pictogram.svg
Russia-Portugal CC2017 (11) (cropped).jpg
FIFAコンフェデレーションズカップでのクリスティアーノ・ロナウド (2017年)
名前
本名 クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ
Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro
愛称 CR7[1]
ロニー[2]
ラテン文字 Cristiano Ronaldo
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1985-02-05) 1985年2月5日(32歳)
出身地 フンシャル
身長 185cm[3]
体重 80kg[3]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション FW[3]
背番号 7
利き足 右足[4]
ユース
1992-1995 ポルトガルの旗 CFアンドリーニャ
1995-1997 ポルトガルの旗 CDナシオナル
1997-2002 ポルトガルの旗 スポルティングCP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 ポルトガルの旗 スポルティングCP 25 (3)
2003-2009 イングランドの旗 マンチェスター・U 196 (84)
2009- スペインの旗 レアル・マドリード 265 (285)
代表歴2
2001-2002  ポルトガル U-17 9 (6)
2002-2003  ポルトガル U-20 5 (3)
2003  ポルトガル U-21 6 (1)
2004  ポルトガル U-23 3 (1)
2003- ポルトガルの旗 ポルトガル 146 (79)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月3日現在。
2. 2017年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サッカー関係者からしばしば世界最高の選手と評されるプレイヤー[8][9][10][11][12][13]。所属した3チーム全てにおいてリーグ戦およびカップ戦での優勝を経験しており、UEFAチャンピオンズリーグを4度制覇している。プレミアリーグで1度、リーガ・エスパニョーラで3度、UEFAチャンピオンズリーグで6度得点王を獲得し、バロンドールを4度受賞するなど数々の栄誉を手にした。また、レアル・マドリードの通算最多得点記録、プレミアリーグのシーズン最多得点記録、UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録・同シーズン最多得点記録などで、数々の記録を打ち立てている[14]

サッカーポルトガル代表では主将を務めており、同国代表の歴代最多出場記録、最多得点記録の保持者であると共にUEFA欧州選手権の通算最多出場、最多得点記録保持者でもある。UEFA EURO 2016では主将としてポルトガルを主要な国際大会大会初優勝に導いた。

なお名前はクリスティアーノ・ロナウドが個人名で、イベリアポルトガル語での標準的発音では「ロナルド」に近いが[注釈 1]、本人は「ホナウド」と発音している[15]

カリム・ベンゼマガレス・ベイルとの3トップはBBCと呼ばれる[16][17]

目次

経歴編集

幼少期編集

1985年2月5日、ロナウドは大西洋に浮かぶポルトガルのマデイラ島最大の街フンシャル(マデイラ自治領の首都)に自治体の庭師ジョゼ・ディニス・アヴェイロと調理師マリア・ドロレス・ドス・サントス・アヴェイロの間、三男二女の末子として出生。複合名の第二要素の「ロナウド」は、父ディニスのお気に入りの俳優であったロナルド・レーガン元アメリカ合衆国大統領にちなむ[18]

ロナウドの曾祖母(父方の祖母)ローザ・イザベル・ダ・ピエダデはカーボ・ヴェルデ出身のムラートで白人のジョゼ・アベイロ(父方の祖父)と結婚し息子のウンベルトがフィロメーナ(ロナウドの父方の祖母)と結婚し6人の子をもうけ、その中の一人がロナウドの父ディニスだった[19][20][21]。ロナウドは8分の1カーボ・ヴェルデ人という事になる。

父ディニスは公務員として働くかたわら、地元のCFアンドリーニャというサッカークラブの管理を手伝っており[18]、また従兄弟のヌーノもアンドリーニャでプレーしていたことから[22]、ロナウドはこのクラブで6歳のときにサッカーを始める。サッカーを始めた当初はセンターバックであったが、徐々にポジションを上げFWとしてプレーするようになった[23]。幼い頃から才能に恵まれていたが、チームが負けると悔しさから泣いたりし、「泣き虫」のあだ名を付けられていた[22]

4年後の1995年にアンドリーニャに在籍していた人物が運営するCDナシオナルに入団。1997年の復活祭の休みを利用し、祖父に連れられてスポルティングCPのトライアルを受けた[24]。好きなチームはスポルティングのライバルであるSLベンフィカであったが、スポルティングのファンであった母親に説得されてユースに入団し[25]、母親と共にリスボンへ移住。スポルティングのユース入団に際し、スポルティングはナシオナルに対して2万5千ユーロの移籍金を支払った[24]

クラブ編集

スポルティングCP編集

スポルティングCP入団後は急成長をみせてユースを駆け上がり、スポルティングの歴史で初めてとなる1シーズンでU-16、U-17、U-18、Bチーム、トップチームで試合に出場した選手となった[26]。2002年10月7日のモレイレンセ戦で初先発を果たすと、クラブ史上最年少ゴールを含む2得点を奪った[27][18]。しかしその後、すぐさまリスボンを離れることになる。

マンチェスター・ユナイテッドとの親善試合後、そのセンスに刮目したアレックス・ファーガソンがロナウドを呼び出して雑談を交わした。ロンドンに帰国する機内で所属選手らに獲得すべきか問うたところ、ロイ・キーンルート・ファン・ニステルローイらがファーガソンに直接獲得を薦めるなどした[18]。マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたカルロス・ケイロスは、ロナウドがデビューした時から注目しており、ロナウドの獲得をいち早くファーガソン監督に進言していた[28]。ロナウド獲得には当時リヴァプールアーセナルも積極的に動いており、2002年11月にアーセン・ベンゲルとスタッフからアーセナルの練習グラウンドに招かれたほか[29]、一時期リヴァプールへの移籍が本人のコメントからも予想されたが、プレミアリーグ03-04シーズン開幕3日前の8月10日に移籍金1224万ポンド、5年契約でマンチェスター・ユナイテッドへの入団が決定した。

マンチェスター・ユナイテッド編集

移籍当初はリスボンでつけていた28番を望んでいたが、デビッド・ベッカムレアル・マドリードへ移籍したことで空いた7番の着用をアレックス・ファーガソン監督から言い渡された[30]

プレミアリーグ03-04シーズン、オールド・トラッフォードボルトンを迎えての開幕戦に控えとしてメンバー入りし、後半16分からの途中出場でプレミアデビュー。以後、比較的先発で出場することが多くなるが、控えと先発を行き来するような状態で、ファーガソンが上手く振り分けて成長を促していたとされる[31]。また、2005年10月29日のミドルズブラ戦では、クラブのプレミアリーグ通算1000ゴール目となるメモリアルゴールを決めた[18]

 
2005-06シーズンのロナウド

06-07シーズンは17ゴール14アシストと共に自己最多を記録し、チームの優勝に貢献。自身も1977年のアンディ・グレイ以来30年ぶり史上2人目となるPFA年間最優秀選手賞FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞した。ファンの投票による年間最優秀選手賞にも選ばれ、史上初の三冠達成を果たした。また、2006年11、12月にプレミアリーグ月間MVPを2か月連続で受賞。ロビー・ファウラーデニス・ベルカンプに続くプレミア史上10年ぶり3人目の快挙となった[32]バロンドールの投票ではカカーに次ぐ2位となった。

07-08シーズンは開幕から驚異的な速さでゴールを量産し通算42得点を記録した。リーグでは31得点で得点王となり、チームのリーグ2連覇に欠かせない存在であった。PFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞。2008年3月19日の対ボルトン戦では、初めてキャプテンマークを巻いて出場した。

2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでも8得点を挙げて得点王を受賞。マンチェスター・ユナイテッドの9シーズンぶり3回目のチャンピオンズリーグ優勝の立役者となった。2008年5月21日に行われた決勝戦では、チェルシーから先制ゴールを奪うも、チェルシーもフランク・ランパードが同点ゴールを決めて反撃。延長戦でも決着がつかずPK戦となり、ロナウドは3人目のキッカーを務めるもペトル・チェフにコースを読み切られて失敗。しかし、チェルシーも5人目のキッカーのジョン・テリーが雨でぬかるんだピッチに足を滑らせて痛恨のミスキックで失敗し、その後エトヴィン・ファン・デル・サールニコラ・アネルカのキックをセーブし、マンチェスター・ユナイテッドの勝利が決定した[33]。その瞬間、ロナウドはピッチに倒れこんで号泣し、ガリー・ネヴィルライアン・ギグス、ファーガソン監督らに助け起こされてようやく味方の歓喜の輪に加わった。これらの活躍により、この年のバロンドールFIFA最優秀選手賞をダブル受賞。

 
2008-09シーズンのロナウド

2008年夏、かねてよりロナウド獲得を目指していたレアル・マドリードが、移籍成立は時間の問題とメディアを通じてアピールしたことによりロナウドをめぐる移籍騒動が勃発。正式なオファーを出さないまま一方的な発表を行ったことに対してマンチェスター・ユナイテッド側が猛反発し、法的手段も辞さない構えを見せるなど話が大きくなる。ロナウド自身はこの騒動に関し公には沈黙を守っていたが、「子供の頃からの憧れのクラブであるレアル・マドリードへの移籍が実現するかもしれない」と気持ちが傾いていた事を残留宣言の中で認めている。最終的にファーガソン監督と話しあった結果、ロナウドは残留を決意し、マンチェスター・ユナイテッド公式ホームページに残留宣言が掲載された[34]。その中で今回の移籍騒動については「(両クラブやその関係者にではなく)自分に責任がある」としている。

2008年11月15日のストーク・シティ戦ではフリーキックからクラブ100得点目を記録した。ちなみに同じ試合で再びフリーキックから101得点目も記録している[35]。2009年4月15日のポルト戦で決めた約40ヤードのミドルシュートは、その年最も美しかったゴールに贈られるプスカシュ賞を受賞した。

2009年夏に退団希望を正式に表明。マンチェスター・ユナイテッドも、レアル・マドリードとの移籍交渉を許可した。

レアル・マドリード編集

フロレンティーノ・ペレスが2度目の会長就任を果たしたレアル・マドリードは、打倒バルセロナを目標に掲げ、ジネディーヌ・ジダンの記録を上回る当時のサッカー界史上最高額の8000万ポンドの移籍金を一括でマンチェスター・ユナイテッドに支払い、6月11日にロナウドを獲得した。この年のレアル・マドリードは、ロナウド以外にもバロンドール受賞経験者のカカやフランスの一部リーグ、リーグ・アンの名門オリンピック・リヨンの若きエース、カリム・ベンゼマなどの超一流選手を獲得した。7月6日、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで入団発表が行なわれ、背番号は9と発表された。入団発表には10万人のファンが集まった。1984年にSSCナポリに加入したディエゴ・マラドーナの7万5000人を抜き、史上最多の人数がつめかけたお披露目式となった[36]。また、ロナウドのユニフォームはマドリード市内だけで120万枚を売り上げ、高額な移籍金を地元のユニフォーム売り上げのみで回収した[37]。7月21日のシャムロック・ローヴァーズFC戦でデビュー。翌週のLDUキト戦ではPKから初得点を挙げた。8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビューを飾ると、PKで初得点も決めた。

 
マドリードでのロナウド(2010年4月)

移籍初年度は怪我で出遅れたにもかかわらずリーグ3位の26得点を記録。UEFAチャンピオンズリーグではチームはベスト16に終わったものの、自身は6試合で7ゴールを挙げ得点ランキングで試合数が少ないにも関わらず2位タイとなった。10月には足首の怪我によりクラブでの試合のほかハンガリー代表との試合にも出場できなかった[38]。その怪我は、魔術師の呪術によるものであるとの報道も流れた[39]

翌年は、キャプテンであるラウル・ゴンサレスブンデスリーガシャルケ04への移籍により念願であった背番号7を背負うことになった。ポジションも中央から左ウイングに移って前シーズンを上回るペースで得点を量産。10月22日のラシン・サンタンデール戦ではキャリア初の1試合4得点を記録し[40]、その月は13得点を挙げて自身の月間最多得点記録も更新した[41]。その後もレアル・マドリードで驚異的なペースで得点を量産し、クラブ史上最速での通算50得点を記録した[42]FCバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝では、0-0で迎えた延長前半にアンヘル・ディ・マリアのクロスからヘディングで決勝ゴールを奪い、自身が勝負弱いという批判を一蹴すると共に、レアル・マドリードにとって18年ぶりとなる国王杯優勝へ導いた。5月10日のヘタフェCF戦ではリーガ史上初となるシーズン6度目のハットトリックを達成[43]。シーズンの全大会での総得点数を47とし、1959-60シーズンにフェレンツ・プスカシュが記録したクラブ記録を更新した[43][44]。最終節のUDアルメリア戦でも2得点を挙げリーガ通算40得点とし[注釈 2]、1950-51シーズンのテルモ・サラ、1989-90シーズンのウーゴ・サンチェスの38得点を破るリーガシーズン最多得点記録を更新してリーガ得点王に輝いた[45][46]

 
2011-12シーズンのロナウド

2012年2月12日のレバンテUD戦でハットトリックを記録。サンティアゴ・ベルナベウでの通算4000点目でもあった3点目のミドルシュートは多くのメディアから賞賛された[47]。3月24日のレアル・ソシエダ戦で2得点を挙げ、史上最速となる通算92試合目の出場でリーガ通算100得点を記録した[48]。それまでの最速記録はフェレンツ・プスカシュの105試合であり、ロナウドは13試合と大幅に記録を更新したことになった[48]。また、シーズン通算100試合目の出場となった5月5日のグラナダCF戦で得点し、リーガ通算100試合の出場で111得点とし、これまでの記録であったプスカシュの97得点を大幅に塗り替えた[49]。2011-12シーズンは昨シーズンを超えるリーガ46得点、シーズン60得点を記録。得点王こそリオネル・メッシに譲ったものの、レアル・マドリードのリーガ史上初となる勝ち点100での優勝に大きく貢献した。また、リーガではプリメーラ・ディビシオンに参加している、レアル・マドリード以外の19クラブ全てから得点を奪った[50][注釈 3]

2012年9月2日のグラナダCF戦では同シーズンのリーグ初得点を含む2得点を挙げて、第3節にしてリーガ初勝利に貢献した。また、1点目は国内リーグにおけるキャリア通算200得点目となり、2点目はレアル・マドリード通算150得点目となった。しかしロナウドは、2得点を挙げたにも関わらず自らのゴールを祝福しなかった。試合後に「悲しい気持ちのときはゴールを決めても喜ばない」と語り、発言の真意について様々な憶測を呼んで話題となった[51]

10月7日のエル・クラシコで2得点を挙げ、エル・クラシコで史上初となる6試合連続ゴールを記録すると同時に、レアル・マドリードの選手としてカンプ・ノウで2得点を挙げた10人目の選手となった[52]。チャンピオンズリーグではチームは準決勝で敗退したものの、ロナウドは12得点を挙げ大会得点王に輝いた。

2013年はレアル・マドリードと母国ポルトガル代表で、自身最多となる合計69得点を挙げ、2014年1月13日にメッシ、フランク・リベリーを抑え5年ぶり2度目のバロンドールを受賞した[53][54]。同賞がFIFAバロンドールとなってからはメッシ以外で初の受賞者で[54]、また1年を通しレアル・マドリードで活躍した選手としてはアルフレッド・ディ・ステファノレイモン・コパに次ぐ3人目の受賞者となった[55]。授賞式では涙を浮かべながら「言葉に出来ない」と喜びを語り、チームメイトや家族への感謝を述べた[53][56]。また、この年のバロンドールは期限までに十分な票が集まらなかったため異例の投票期間延長が行われており、これに対しては批判の声も上がっている[57][58]

2013-14シーズンのチャンピオンズリーググループリーグでは9得点を挙げ、フィリッポ・インザーギエルナン・クレスポルート・ファン・ニステルローイらの持つグループリーグにおける最多得点記録を更新した[59]。決勝トーナメントでもその勢いは衰えを見せず、合計17得点と1大会における最多得点記録を更新してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。リーグ戦においても31得点を挙げて2度目のリーガ得点王になり、プレミアリーグで31得点を記録したルイス・アルベルト・スアレスと共に自身3度目となるヨーロッパ・ゴールデンシューを獲得した。また、マヌエル・ノイアーアリエン・ロッベンを抑えて2014年のUEFA欧州最優秀選手賞も受賞した。

2014年8月13日、セビージャFCとのUEFAスーパーカップでは2得点を挙げ、自身初となる同タイトルを獲得した。2014-15シーズンのリーガ第14節セルタ・デ・ビーゴ戦では、ディ・ステファノ、テルモ・サラを超えてリーガ史上最多となる23度目のハットトリックを記録した[60]

 
2014-15シーズンのロナウド

ヨーロッパ王者として出場したFIFAクラブワールドカップ2014では無得点に終わったものの、クルス・アスル戦で2アシストをするなどレアル・マドリードの優勝に貢献し、大会のシルバーボールを受賞した。2015年1月には2年連続となるFIFAバロンドールを受賞した。同年4月5日行われたグラナダCF戦では、8分間でハットトリックを達成するなど5得点を挙げ、レアル・マドリードでの通算300得点を記録する[61][62]。5月24日のリーグ最終戦では前半34分にPKを決め2試合連続となるハットトリックを記録[63]。後半13分にマルティン・ウーデゴールとの交代により退き、48得点でシーズンを終える。リーグ戦35試合で48得点を記録し、2シーズン連続となるリーガ得点王となった[63][64][65]UEFAチャンピオンズリーグではチームは準決勝で敗退するも[66]、自身は3シーズン連続となる得点王となった[67]

2015年9月12日のエスパニョール戦で5得点を記録したことでリーガ通算得点数を231得点とし、ラウル・ゴンサレスの228得点を抜きクラブ歴代1位に立った[68][69]。その後、9月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグマルメFF戦で2得点を決めたことによりキャリア通算500得点を超え、レアル・マドリード通算得点でもラウルの持つクラブ最多得点記録に並んだ[70]。12月8日のUEFAチャンピオンズリーグ、マルメFF戦でも4得点を挙げ、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ史上最多となる11得点を記録した[71]。同月15日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのベストイレブンに選出された[72]

2016年3月5日のセルタ・デ・ビーゴ戦では通算250得点をリーガ史上最速で記録した[73]。4月9日のエイバル戦で今季リーガ通算30得点目を記録し、史上初の6シーズン連続30得点を記録する[74][75]。チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦のVfLヴォルフスブルク戦で今季6度目、通算40度目の[76]、同大会史上初となる1大会で3度の[77]リオネル・メッシと並び最多記録となる同大会通算5度目のハットトリックを記録した[78]アトレティコ・マドリードとのチャンピオンズリーグ決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務めた[79]

2016年11月19日のアトレティコ・マドリード戦でハットトリックを記録。同試合でダービーマッチ通算18ゴールとし、アルフレッド・ディ・ステファノの持つダービーマッチにおける最多得点記録を更新した。[80]12月12日には2年ぶり4度目のバロンドール受賞が決まった[81]。同月に行われたFIFAクラブワールドカップ2016準決勝のクラブ・アメリカ戦では後半アディショナルタイムにゴールを決め[82]鹿島アントラーズとの決勝戦ではハットトリックを記録。同大会のゴールデンボールに選出されている[83][注釈 4]

2017年4月12日、チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦のバイエルン・ミュンヘン戦では2得点を記録し、欧州サッカー連盟主催クラブ大会では史上初の通算100得点に到達した[84]。同第2戦ではハットトリックを記録し、チャンピオンズリーグ通算100得点を記録した[85]。5月2日に行われた準決勝第1戦のアトレティコ・マドリード戦でも3得点を記録し、欧州CLでは史上2人目、同決勝トーナメントでは史上初の2試合連続ハットトリックを記録した[86]ユヴェントスFCとの決勝戦では先制ゴールを含む2得点を奪いマンオブザマッチに選出された[87]。なお、決勝戦での1得点目はレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ通算500得点目であり、2得点目はロナウドにとってキャリア通算600得点目となった[88][89]

2017年8月13日に行われたスペイン・スーパーカップのバルセロナ戦のファーストレグでは80分に勝ち越しのゴールを決めるも82分にはシミュレーションをとられこの日2枚目のイエローカードを提示され退場処分となった[90]。24日には2季連続3度目となる欧州最優秀選手に選出された[91]

ポルトガル代表編集

 
キャプテンマークを巻いてプレーするロナウド(2010年)

2003年8月20日に行われ、1-0で勝利したカザフスタン戦でルイス・フィーゴとの交代で途中出場し代表デビュー[23][92]EURO2004のメンバーに選出され[93]、グループリーグ初戦のギリシャ戦は1-2で敗れたが、代表初ゴールを記録し[94]、2-1で勝利した準決勝のオランダ戦でもゴールを挙げた[95]。チームは準優勝し、大会のベストイレブンに選出された[96]。決勝の相手は開幕戦と同じギリシャであり、敗れた際には人目もはばからず涙を流し続けた[23]。同年に開催されたアテネオリンピックにもポルトガル代表として出場した[97][98]

ワールドカップでは、7月1日に行われた準々決勝のイングランド戦では、マンチェスター・ユナイテッドのチームメイトであったウェイン・ルーニーリカルド・カルヴァーリョを踏みつけたとして退場処分となったが、ルーニーの退場後にロナウドがポルトガルのベンチに向かってウインクする映像が映し出されたことにより、イギリスのメディアはロナウドの抗議がオラシオ・エリソンドの判断に影響を与えたのではないかと推測した。しかし、試合後にロナウドは、ルーニーは友人であるし、退場させるための行動は取っていないと話した[99]。7月4日にはエリソンドが、レッドカードはルーニーの反則に対してであって、ロナウドとルーニーの諍いに対して出したのではないと話した[100]

後々軽率な発言であった事を弁明しているが、試合内容も含めたイギリスメディアの過剰な反応に対して感傷的になってしまった上に、ファンの反感を推察し「所属クラブではもう走れないかもしれない」と移籍を仄めかし[101]、スペインのマルカ紙にレアル・マドリードに移籍したいと話したと伝えられた[102]。それに対しアレックス・ファーガソンは、ナーバスになっていたロナウドを説得し、ルーニーとの間のわだかまりを解消するためにカルロス・ケイロスに話をさせた[103][104]。ロナウドは残留し、2007年4月には契約を5年延長した[105]

ロナウドは準決勝のフランス戦ではブーイングを浴び[106]、イングランドのファンのインターネット上の行動により、ベスト・ヤング・プレイヤー賞の受賞を逃すことになった[107]。インターネットの投票は選手のノミネートに影響を与えるだけであったが、FIFAの技術委員会はルーカス・ポドルスキに賞を与え、ロナウドの試合中の振る舞いがその決定の理由の一因になったと話した[108]

22歳の誕生日の2日後の2007年2月7日に行われたブラジルとの親善試合で初めてキャプテンを務めた[109]。これは、その試合の2日前に亡くなったポルトガルサッカー連盟のカルロス・シルヴァに追悼の意を示しての行動であった。これについてルイス・フェリペ・スコラーリは、「キャプテンを務めるには余りに若いが、今は亡きシルヴァ氏がロナウドをキャプテンにするように意思表示をしていた」と話した[110][111]

EURO2008の予選ではエウゼビウシュ・スモラレクに次ぐ8ゴールを挙げたが、本大会では1ゴールに終わり、準々決勝でドイツに敗れた[112][113]。大会後にカルロス・ケイロスが監督に就任し[114]、新キャプテンに指名された[115]

キャプテンとして臨んだワールドカップでは、グループリーグ初戦のコートジボワール戦、第2戦の北朝鮮戦、第3戦のブラジル戦と3試合連続で大会選定のマンオブザマッチに選出された[116][117][118]。北朝鮮戦では代表では1年4ヶ月ぶり[119]、ワールドカップ2大会連続となる得点を挙げた。しかし、決勝トーナメント1回戦でスペインに0-1で敗れたため、同大会での得点はその1ゴールのみに終わった。

 
EURO 2012、ドイツ代表戦でのロナウド

EURO2012では大会最注目の選手とされたものの、グループリーグ初戦のドイツ戦を0-1と敗戦し、第2戦のデンマーク戦では決定機を逃し批判の対象となった[120]。しかしグループリーグ第3戦のオランダ戦では2得点を上げて逆転勝利に貢献し、マンオブザマッチに選出された[120]。チームの決勝トーナメント進出に貢献した。準々決勝ではチェコと戦い、ゲームを支配しながらもなかなか得点を奪えず苦しい状況になりつつあったが、79分に自身のヘディングでのゴールで膠着状態を破り、結局そのゴールが決勝点となった。準決勝の相手はEURO20082010年W杯とビッグトーナメントを2大会連続で制し、また、前回のW杯では敗戦を喫したスペインと対戦することになる。この試合ではレアル・マドリードで同僚のセルヒオ・ラモスと幾度となくマッチアップを繰り返すがロナウドは決定的な場面を作れず、結局試合はPK戦へともつれ込む。PK戦ではロナウドは5番目のキッカーの予定だったが、自身に出番が回ってくることなくこの大会を去ることになる。同大会3得点は得点ランキング1位タイだった[121]

10月16日の北アイルランド戦で代表通算100試合出場を達成したことにより、欧州サッカー連盟から表彰を受けた。ルーカス・ポドルスキクリステン・ヴィークマエに次ぐ史上3番目の若さで通算100試合を達成した[122]

2013年9月6日の北アイルランド戦では代表戦初のハットトリックを達成[123]。このハットトリックで代表通算43得点とし、エウゼビオを抜いてポルトガル代表歴代2位となった[123]。同年11月15日、11月19日のスウェーデンとのワールドカップ予選プレーオフではポルトガルの全4得点を挙げる活躍で、ポルトガルの4大会連続となるワールドカップ出場に大きく貢献。セカンドレグではハットトリックを決め代表通算47得点とし、ペドロ・パウレタに並びポルトガル代表歴代1位タイとなった[124]。2014年3月5日のカメルーンとの親善試合で2得点を挙げ、単独1位となった[125]

2014年のワールドカップ本大会では開幕前に故障を抱えていたが[126][127][128]、グループリーグのアメリカ戦では後半ロスタイムに同点ゴールをアシストする[129]。さらにガーナ戦ではワールドカップ3大会連続得点となる決勝ゴールを挙げ同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるも[130]、チームはグループリーグで敗退した[130]

2014年11月14日のUEFA EURO 2016予選アルメニア戦で決勝点を挙げ、予選と本大会を合わせたUEFA欧州選手権での通算得点数を23とし、歴代最多得点記録を更新した[131]

 
EURO 2016、ポーランド代表戦でのロナウド

2016年6月14日に行なわれたUEFA EURO 2016初戦のアイスランド戦で代表通算127試合目の出場となり、フィーゴの持つ最多記録に並んだ[132]。続く6月18日のオーストリア戦にも出場し、記録を更新した[133][134]。しかしこの試合でロナウドはPKを失敗し、スコアレスドローに終わった[133]。敗れるとポルトガルの敗退が決まるグループリーグ第3節のハンガリー戦では、ハンガリーに3度リードを許すも2ゴール1アシストの活躍で引き分けに持ち込みポルトガルのグループリーグ突破を決めた[135][注釈 5]。7月6日、準決勝のウェールズ戦で1得点1アシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された[137]。7月10日、決勝のフランス戦では前半25分で負傷交代するも[138]、チームは1-0で勝利し優勝を果たす[139]。自身も大会を通じて3ゴール(2位タイ)、3アシスト(3位)の結果を残し、シルバーブーツを受賞[140]。大会のベストイレブンにも選出された[141]。また同大会のハンガリー戦でEURO本大会17試合目の出場となり歴代最多記録を更新するとともに、EUROの4大会で得点を挙げた初の選手となり[142]、準決勝のウェールズ戦での得点によりミッシェル・プラティニの持つEURO本大会の通算得点記録(9得点)に並んでいる[143]

EURO 2016決勝での負傷から復帰した2016年10月7日のワールドカップ予選アンドラ戦では代表では初となる1試合4得点を記録した[144]。2017年3月25日のワールドカップ予選・ハンガリー戦では2得点を記録し、自身の代表通算得点数を70に伸ばした[145]

FIFAコンフェデレーションズカップ2017では初戦のメキシコ戦ではリカルド・クアレスマの先制点をアシストし、続くロシア戦では決勝点を挙げる。ニュージーランド戦ではPKで先制点を記録し3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。[146][147][148]またニュージーランド戦での得点により自身の代表通算得点数を75に伸ばし、シャーンドル・コチシュに並び欧州歴代2位に浮上した[149]

2017年8月31日のフェロー諸島戦ではハットトリックを記録し代表通算得点数を欧州史上単独2位となる78得点に伸ばした[150]

プレースタイル編集

引き技、シザーズ、切り返し、股抜きなどを組み合わせたドリブルを得意とし、縦へのスピードも持ち合わせる[151]。長身にも関わらずドリブルの重心が低く、ストライドが小さい分足の回転が速いのが特徴であり、スピードの緩急や方向転換などの能力も高い[152]。体幹が強いため左右に動いてもバランスを崩さず、背筋が伸びたドリブル姿勢によりドリブルと同じ歩幅でシュートを放つことができ、さらに広範囲を見渡せるため、ドリブル中でも質の高いパスを送ることができる[153]。ドリブル突破からのクロスも質が高く、高いクロスよりも低くて速いクロスを送る傾向がある[152]。また、両足で同レベルのプレーをすることができる[154]。本人は、トリッキーなテクニックを織り交ぜることが自分のプレースタイルであると語っている[155]

ロナウドの「シザーズフェイント」について、大東文化大学スポーツ科学科准教授の川本竜史(スポーツバイオメカニクス)は、「体、足が一見、フェイントをかけた方向に大きくずれたように見えるが、実は身体の重心がほとんど動いていないこと。変動が小さいため、次の動きに素早く移れる。」「上半身はほとんど動かさず、へそ回りの重心を安定させながらボールを高速でまたいで、一瞬、相手の体が傾いたところを見て、反対方向に爆発的加速をして抜き去っている。」と指摘した[156]

 
フリーキックを蹴るロナウド

切り込んでのシュートや時速132kmにまで到達するパワフルなシュート、3メートル近くまで跳ぶ打点の高いヘディングなど多彩なゴールパターンを持ち[157][158][159][160]、高い得点力を誇る[151][161]アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるジョージ・ベストの名前を挙げ、「ベストは常にピッチを駆け回り、シュートのチャンスを伺っていた。改めて見返すと、クリスティアーノ・ロナウドのシュートシーンにとても似ている」と語った[162]ディエゴ・マラドーナは「敵陣のすべてのエリアからゴールを決めることができるゴール前のプレデターだ」と評価している[163]。フォーリャ・セッカ(枯れ葉)と呼ばれるキックを得意としていたジジを彷彿とさせる弾道の予測が不可能な無回転フリーキックを得意としていて[164]、彼の代名詞となっている[165][166]。その他PKの名手でもあり、PKの成功率も非常に高い[167]

キャリア前半、特にマンチェスター・ユナイテッド時代はトリックを織り交ぜたドリブラーとしての色が強かったが、レアル・マドリード時代の多くは1対1の局面でドリブルで勝負する回数、成功率が減り、ドリブル突破よりも周囲にパスを出し、自らはエリア内に飛び込むというようなストライカーの毛色を濃くしている[168][169]

リーガ・エスパニョーラ移籍後毎シーズン得点王争いをしているが[170]、自身は2010年に行われたアスレチック・ビルバオ戦後に「ピチチ(得点王)は何も重要じゃない。僕はリーガ優勝のために戦っている」と語っており[171]、同試合ではセルヒオ・ラモスにPKキッカーを譲っている[171]。2015年のUEFAチャンピオンズリーググループステージ最終節マルメ戦で4得点を記録し、グループステージ史上最多となる11得点を記録した試合後のインタビューでは「僕が記録を求めているんじゃなく、記録が僕を求めているんだ」と述べている[71]

腹筋を一日約300回行っている[172][注釈 6]。体脂肪率は10%未満[7]垂直跳びは79cmとNBA選手の平均を上回る[7]。2013年2月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でのヘディングは最高到達点がほぼ3メートルに達した[159]スポーツ・イラストレイテッドが2014年に行った身体能力適合ランク(各選手が活躍しているそれぞれの競技において、どれだけ身体能力が適合しているかを採点)において、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズに次ぐ2位に選ばれた[173]。食生活もストイックに管理して体づくりをし、高いプロ意識で身体をケアしているため怪我にも強い[174]

評価編集

ポルトガル史上最高のサッカー選手としてエウゼビオと比較されており[175]、国内アンケートでは72%がロナウドに投票している[176]。また、2015年に行われたポルトガルサッカー連盟設立100周年の祝賀会において、エウゼビオやルイス・フィーゴらを抑えて同連盟からポルトガル史上最高の選手に選出された[177]

 
ロナウドとラウル(2009年11月)

かつてレアル・マドリードでプレーしたジネディーヌ・ジダンはロナウドを「努力家」と称し、自身の現役時代よりも優れていると賞賛している[178][179]ラウル・ゴンサレスもまた、勝利への欲求の高さ、最も早く練習場に現れて最後まで残る姿勢等を讃え、「今まで見てきた中で最もプロ意識が高い選手の一人であり、真のリーダー」と賞賛した[180]カルロ・アンチェロッティは「彼のピッチ内外でのプロフェッショナリズムの高さは想像以上で、少しばかり驚かされた」「模範になるプレイヤーであり、自分が指導した中で最高の選手」と語った[181][182]

マンチェスター・ユナイテッドでのデビュー戦後、ジョージ・ベストは「長年にわたって、第2のジョージ・ベストだと言われた選手は何人かいたが、私がそれを(私にとっての)ほめ言葉と感じたのは彼が初めてだ(There have been a few players described as the new George Best over the years, but this is the first time it's been a compliment to me.)」と語っている[183]

ヨハン・クライフはロナウドをマンチェスター・ユナイテッド史上最高の選手と考え、「ロナウドはジョージ・ベストやデニス・ローといったマンチェスター・ユナイテッドの歴史における素晴らしい2選手よりも優れている(Ronaldo is better than George Best and Denis Law, who were two brilliant and great players in the history of United.)」と語った[184]ボビー・チャールトンもまたロナウドのことをクラブ史上最高の選手とし、ベストとの比較でも「ロナウドの方が速さと強さを兼ね備えていると思っている」と語っている[185]

レアル・マドリードのOBであるイバン・サモラーノはロナウドを「ゴールによって違いを生み出せる正真正銘の怪物」と評した。以前よりも利他的となりチームに好影響を出していると分析し、また2011年11月6日のオサスナ戦でロナウドが挙げたヘディングでのゴールについては「現役時代の自分を思い出した」とヘディングの名手だった自分に重ねて賛辞を送った[186]。ルーニーはロナウドを世界最高の選手と語っている[187]

 
ロナウドとメッシ(2011年2月)

同年代に活躍しているリオネル・メッシらと共に、2000年代後半以降で世界最高の選手の一人とされ、度々比較されている[154][188][189][190]。また、メッシとも互いの実力を認め合っており[191][192]、メッシと同時期にプレーできることは素晴らしいことだと語っている[193]。比較されるメッシとの関係性について「フェラーリポルシェは違うエンジンだから、比較はできないよ。」などと語っている[194]

メディアから「大舞台に弱いのではないか」[195]と指摘されることもあったが、チャンピオンズリーグ決勝(マンチェスター・ユナイテッド、レアルマドリード在籍時に得点しており、異なるクラブでCL決勝でのゴールを決めた史上初の選手である)やコパ・デル・レイ決勝でゴールを決めている。チャンピオンズリーグ準決勝での最多ゴール記録保持者である[196]カンプ・ノウで行われたエル・クラシコでの連続ゴール記録を樹立している[197]

ワルテル・パンディアーニCAオサスナ時代、ロナウドに対し「頭のねじが足りない」「もっと謙虚になるべき」などと発言し、レアル・マドリードはロナウドの態度のせいで不当な扱いを受けていると述べた[198][199]。また、頭に血の上りやすい性格でもあり、試合中の相手選手への暴力により退場処分を受けることも多い[200]。このような批判に対し、元フランス代表ティエリ・アンリは、「彼の態度に関する議論が常にあるね。でもそういった話題を止めて、彼の成績に目を向けるときがくる。議論はやめて、単に彼のプレーを見るべきだよ」と述べている[201]

女性関係編集

ロナウドはサッカー以外に関しても話題になることが頻繁にあり、特に女性関係でのゴシップは多い。2007年10月には、アンデルソンナニら数人を自宅に招き、5人の娼婦らと行ったパーティの様子を撮影した写真や動画が流出したことで、騒動を起こした[202]

2008年には、当時の恋人であるモデルのネレイダ・ガジャルドがセルヒオ・ラモスと性的関係を持っていたことを暴露された[203]。その後2人は別れ、ネレイダは交際していた時の事を暴露した。翌2009年6月には、ロサンゼルスのクラブでパリス・ヒルトンとのキスを報じられた[204]。後にはキム・カーダシアンとも噂になっている。

2010 FIFAワールドカップ敗退後の7月3日に、自身のtwitterFacebookにて息子が誕生し父親となったことを発表したが、母親については彼女のプライベートを尊重して公表していない[205]。同じく、彼のエージェントも母親については答えていない(明かした2010年からロナウドと交際しているロシア人モデルのイリーナ・シェイクがいるが、彼女は母親ではない)。なおこの女性には口止め料として1200万ユーロが支払われたことが報じられ、また息子の面倒をみるのはロナウドの方であるとも発表している[206]。しかし、2009年オフにサンディエゴで代理母契約を結んだとも報道されており、口止め料ではなく、守秘義務と面会権の放棄のために1200万ユーロが支払われたとも報じられている[207]。他にはアメリカ人ウェイトレスやイギリス人大学生との一夜限りの子という情報、またポルトガルからの情報によると2010年3月に当時32歳で交通事故で亡くなった母方の従兄であり友人だったミゲル・サントスとアメリカ人女性との間に出来た子(ロナウドからしたら従甥)の存在を知り父となる事を決めて引き取ったという話もある。

2011年1月、姉であるカティアが、ロナウドの赤ちゃんを秘密裏に出産していた女性が死亡したとポルトガルのメディアに語り、「その子は我が家の血が流れている私たちのベビー。母のドロレスが24時間ベビーを見ている以上、赤ちゃんのママはうちの母です。他には存在しません」とコメントし死亡を強調した。

息子は2010年6月17日に生まれ、クリスティアーノ・ロナウド・ジュニアと名付けられた。ロナウドが2度めの受賞を果たした2013年のFIFAバロンドール授賞式には、恋人のイリーナだけでなく母や姉達など家族と共にロナウドに同伴していた。翌年もロナウドはFIFAバロンドールを受賞したが、その授賞式にイリーナの姿はなく、数日後に破局を認めた[208]

エピソード編集

スポルティング時代からコーチ陣揃って認めるほどの練習の虫で、現在でも居残り練習を積極的に行っている。マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードでのチームメイトやコーチもその練習での態度を感服している[209][210][211][212]

2007年に来日した際、TBSスーパーサッカーのインタビューに出演する予定だったが、体調不良によりキャンセルしたためチームメイトのリオ・ファーディナンドが代理を務めた。ロナウド本人が拙い日本語で謝罪する映像も流れた。

2008年にスイスとオーストリアで共同開催されたEURO2008で、LG電子が実施した欧州の女性1万2000人による最もハンサムな選手の人気投票で1位となる。特にイタリア、ドイツ、スウェーデンからの票が多かったとのこと。

2009年、レアル・マドリードはロナウドの両足に9000万ポンド(約155億円)の保険をかけた。ロナウドにかかった驚異的な移籍金を無駄にしたくないとの思いから、怪我など予測不能なリスクに備えるためだという。ちなみにロナウドは2008年7月に右足首を手術しており、他にもひざには慢性的な問題を抱えている[213]

2010年2月21日のビジャレアルCF戦で直接フリーキックを決め先制点を挙げたが、ロナウドはこのゴールを当時豪雨に見舞われていた故郷のマデイラ島に捧げた[214]。この洪水で叔母(母の姉妹)が家を失い、3月に従兄のミゲル・サントスが交通事故で死亡した[215]

2011年5月10日のヘタフェCF戦ではロナウドがクリアしたボールがスタンドの観客に直撃してしまった。観客に怪我はなかったものの、ロナウドは試合後に観客のもとへ行き謝罪し、ユニフォームをプレゼントした[216]。また、2013年7月21日に行われたAFCボーンマス戦で、ロナウドが放ったフリーキックは11歳の少年に当たり手首を骨折してしまった。そのお詫びとして自分と他の選手達のサインが入ったユニフォームを届けた[217]

同年に男子100m走60m走スペイン記録保持者アンヘル・ダビド・ロドリゲスと25m走勝負をしたことがある。勝負は直線とジグザグの2本で、直線の勝負は3秒31をマークしたロドリゲスに敗れたが(ロナウドは3秒61)、ジグザグの勝負は6秒35をマークしてロドリゲスに勝利した(ロドリゲスは6秒86)[218]

2013年8月22日に行われたアル・サッド戦では、ラウル・ゴンサレスが前半を古巣のレアル・マドリード側でプレーし、その際にラウルに愛着のある7番を譲り11番をつけてプレーした。

同年8月にマイアミで行われたチェルシーとのプレシーズンマッチにおいて、試合中に乱入してロナウドに抱きついてきた観客のアルバニア人の留学生に対して、起訴を取り下げるようフロリダの検察にロナウドより嘆願書が届けられた。その嘆願書を受けた検察は、告訴を取り下げた[219]

2014年1月に母国ポルトガルでアニーバル・カヴァコ・シルヴァ大統領から、エンリケ航海王子勲章の上位から三番目である『大将校』を授与された[220][221]。これまでサッカー選手で勲章を受賞したのは、『大十字賞』を授与されたエウゼビオとロナウドの二人のみである。

ポルトガル代表のEURO2016初優勝後の2016年7月22日、ロナウドの功績を称え、故郷マデイラ島にあるマデイラ空港が「クリスティアーノ・ロナウド国際空港」に名称が変更されることが決定した[222]。名称が変更された2017年3月29日にはロナウド自身も同空港で行なわれた式典に出席したが、同空港に設置された銅像がロナウドに似ていないことが話題となった[223]

子供の頃に目標だったポルトガル代表の選手として、ルイス・フィーゴマヌエル・ルイ・コスタフェルナンド・コウトを挙げている[132]

その他編集

 
自らの博物館「Muse u CR7」オープンの様子
  • 献血ができなくなるからという理由で、体には入れ墨を一切入れていない[224]
  • 故郷フンシャルに自分のファッションブランド「CR7」の店を開いている。2人の姉が経営しており、2008年10月にリスボンに2号店を開店している。その後もアメリカ人デザイナーのリチャード・チャイと連携しブランド「CR7 Underwear」や「CR7 Shirts」をオープンさせた。他にもポルトガル製の靴ブランド「CR7 Footwear」もオープンしている。
  • 2番目の姉カティアはポルトガルで歌手をしており最初は「Ronalda」という芸名でCDデビューしたが、後に本名の「Katia Aveiro」名義で再デビューする。カティアは2014年3月〜5月までスペインで放映されていたリアリティ番組「Supervivientes: Perdidos en Honduras」に出演して歌も披露した。またロナウドの母方の9歳下の従妹でモデル志望のトレイシー・オリベイラも2012年に放映されたポルトガルで放映されていたリアリティ番組「Secret Story - A Casa dos Segredos」に出演していた。
  • サッカーの次に好きなスポーツは卓球。その腕前は、ポルトガル時代にプロにスカウトされたほど[225]
  • 大の車好きとしても有名であり、2016年の時点で『レンジローバースポーツSVR』、『ロールスロイス・ゴースト』、『マセラティ・グランカブリオ』、『メルセデス・ベンツS65AMGクーペ』、『ポルシェ911ターボS』、『フェラーリ599GTO』、『マクラーレン・MP4-12Cスパイダー』、『ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4』、『ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ』、『ラ・フェラーリ』、『フェラーリ・599GTBフィオラノ』といった多数の高級外車を自宅に揃えてることが判明している[226][227][228]
  • 2014年、スペイン最大の保険比較サイト『Acierto.com』によれば、所有する車の保険代金だけで年間10万ユーロを支出している計算になるという(2014年時点)[229]
  • また、多数の高級外車以外にも約37億円のプライベートジェットも所有している[230]
  • 2013年12月、生まれ故郷であるフンシャルに自らの記念博物館である「Museu CR7」をオープンさせた[231]
  • 2014年、ロナウドはTIME誌より世界で最も影響力のある100人に選ばれた[232]
  • 2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。ロナウドの年収は8000万ドル(約82億円)であり、サッカー選手としては1位、世界のアスリートの中でも2位であった[233]
  • 世界で最も人気のあるアスリートであり、Twitterのフォロワー数は2014年7月現在で2800万人を越えており、世界のアスリートの中でも圧倒的に首位である[234]。またFacebookのフォロワー数は2014年7月現在で9300万人を超えており、こちらでも2位以下を大きく引き離し圧倒的に首位である。
  • ロナウドとメッシの誕生日は869日違いだが、彼等の長男も869日違いである[235]
  • 2014年10月、英紙『ミラー』はロナウドのフェイスブックの「ファンの数」が1億人を突破したと報じた[236]。ちなみに2014年10月現在で全世界のあらゆる有名人・セレブの中でフェイスブックツイッターなどのSNSのフォロワー数が1億人を超えてるのはロナウドと歌手のシャキーラの2人のみである。
  • 2014年11月、アメリカの経済誌フォーブスはクリスティアーノ・ロナウドの年収が91億円を超えたと報道した[237]。ロナウドの年収91億5000万円の内訳は約60億円が所属クラブのレアル・マドリードから支払われている給料で、残りの約32億円がスポンサー収入であることを発表した。この年俸60億円という数字は全世界のあらゆるプロスポーツ団体に所属してるプロスポーツ選手の中でも最も高い数字であり、アメリカのプロバスケット選手の中で最も年収が高いレブロン・ジェームズの年俸(所属チームから支払われている給料)が19億円しかなく、アメリカのメジャーリーガーの中で最も年収が高いクリフ・リーの年収(年俸とスポンサー収入を合わせた総収入)が25億円しかないことから見ても相当高い数字であることが分かる[238]
  • 2014年12月、地元フンシャルにてロナウドの銅像が披露された。しかし、現地住民からはその出来について批判の声が上がった[239][240]
  • 2015年5月、4月25日にネパールで起きた大地震で被災したネパール国民の為に自身のポケットマネーから700万ユーロ(約9億5000万円)を寄付していたことが判明した、寄付額を700万ユーロにしたのは自身のブランド名(CR7)にもなってる背番号7に掛けてのことである。しかし、後にこれは誤報であり、実際には寄付していない事が分かった。[241]。また、自身のフェイスブックをフォローしてる1億人以上の人達に向けても被災地に寄付するよう呼びかけた[242]
  • 2015年6月、アメリカの経済誌フォーブスは最新の世界のアスリートの年収ランキングを発表した。ロナウドの年収は7960万ドル(約98億4000万円)であり、サッカー選手としては1位、世界のアスリートの中でも3位にランクインした[243]
  • 2015年8月、ロナウドの代理人でかつてクラブを移籍するにあたって世話になったジョルジュ・メンデスへの結婚祝いとしてギリシャのとある『島』をプレゼントしたことが世界的なニュースとなった。島の値段はおよそ4億円〜70億円で、かつてロナウドもこの島にバカンスで訪れたことがあり、自身が気に入っていた島の一つを親友であるメンデスへプレゼントしたとのことである[244]
  • また別の報道によるとロナウドがプレゼントしたこの『島』はかつてロナウドがマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードへ移籍した当時の移籍金(約130億円)の約5%にも満たないとのことなので、大よそ6億5000万円ぐらいの『島』を購入してプレゼントしたと予想されている。
  • 2015年8月、アメリカのポータルサイト『Look to the Stars』はC・ロナウドが『世界で最も善き行いをしたアスリート』の第1位に選ばれたと発表した。ロナウドは何年も前から色々な国々や人々を支援しており、脳の手術を必要とする10歳のファンに8万3000ドル(約1000万円)を寄付したり、母国ポルトガルの癌センターに16万5000ドル(約2000万円)の資金提供をしたり、飢餓や肥満、生物多様性などの問題について自身の名声を使って世界中に訴えかけてきたことなどが主な選出理由とのことである[245]
  • 2016年6月、アメリカの経済誌フォーブスは最新の世界のアスリートの年収ランキングを発表した。ロナウドの年収は8800万ドル(約94億2000万円)であり、サッカー選手の中では1位、世界のアスリートの中でも1位であった[246]
  • またロナウドの年間の広告価値は188億円以上であり、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターのフォロワー数の合計は2016年6月現在で2億1500万人を超えている[247]
  • 2016年11月、FOXニュースなどはC・ロナウドがスポーツブランドメーカーナイキ社と総額で1160億円を超えるスポンサー契約(生涯契約)を結んだことを発表した[248][249][250]。この1160億円という数字は一個人が大手企業と結ぶ契約金としては過去最大規模の契約金である。
  • 2016年12月、クリスティアーノ・ロナウドは複数のメディアから「巨額の脱税をしているのでは?」と疑惑を掛けられたことをきっかけに、自身の身の潔白を証明するために、『自分の本当の収入』を公表した。公開したのはすでにスペインの財務当局に提出済みの2015年分の財務記録であり、それによりC・ロナウドの『本当の年収』は最低でも約275億円もあることが判明した[251][252][253]。この275億円という金額はアメリカの経済誌フォーブスが毎年発表してる世界のアスリートの年収ランキングの「約90億~98億」という予想をおよそ3倍近くも上回っている数字である[254]。2017年6月13日にはスペインの検察によって、タックス・ヘイヴンを利用し1470万ユーロ(約18億円)を不正に脱税した容疑で訴追されている[255]
  • 2016年12月、中国のサッカークラブから年俸125億円、移籍金375億円、合計500億円で移籍オファーが届いたが「お金だけが全てではない」という理由でこの移籍オファーを断った[256][257]
  • 2017年5月、アメリカESPN世界で最も有名なアスリート100人を発表し、クリスティアーノ・ロナウドは首位に選出された[258]
  • 世界でも屈指の人気アスリートであり、Instagramのフォロワー数は2017年8月現在で約1億980万人を超えており、世界のありとあらゆるアスリートの中でも1番目に多い、また世界中のアスリートの中でインスタグラムのフォロワー数が2017年8月現在で唯一、1億人を超えてる選手でもある[259]

個人成績編集

クラブ編集

クラブ シーズン 背番号 リーグ カップ リーグカップ CL CL予選 UEFAカップ 国内 SC UEFA SC CWC 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アシスト
スポルティング
2002-03 28 25 3 3 2 - - - - 1 0 2 0 0 0 - - - - 31 5 7
通算 25 3 3 2 - - - - 1 0 2 0 0 0 - - - - 31 5 7
マンチェスター・ユナイテッド 2003-04 7 29 4 5 2 1 0 5 0 - - - - 0 0 - - - - 40 6 7
2004-05 33 5 7 4 2 0 8 0 - - - - 0 0 - - - - 50 9 10
2005-06 33 9 2 0 4 2 8 1 - - - - - - - - - - 47 12 8
2006-07 34 17 7 3 1 0 11 3 - - - - - - - - - - 53 23 19
2007-08 34 31 3 3 0 0 11 8 - - - - 1 0 - - - - 49 42 8
2008-09 33 18 2 1 4 2 12 4 - - - - 0 0 0 0 2 1 53 26 9
通算 196 84 26 13 12 4 55 16 - - - - 1 0 0 0 2 1 292 118 61
レアル・マドリード 2009-10 9 29 26 0 0 - - 6 7 - - - - - - - - - - 35 33 7
2010-11 7 34 40 8 7 - - 12 6 - - - - - - - - - - 54 53 13
2011-12 38 46 5 3 - - 10 10 - - - - 2 1 - - - - 55 60 15
2012-13 34 34 7 7 - - 12 12 - - - - 2 2 - - - - 55 55 12
2013-14 30 31 6 3 - - 11 17 - - - - - - - - - - 47 51 17
2014-15 35 48 2 1 - - 12 10 - - - - 2 0 1 2 2 0 54 61 22
2015-16 36 35 0 0 - - 12 16 - - - - - - - - - - 48 51 15
2016-17 29 25 2 1 - - 13 12 - - - - - - - - 2 4 46 42 12
通算 265 285 30 22 - - 88 90 - - - - 6 3 1 2 4 4 394 406 113
総通算 486 372 59 37 12 4 146 106 1 0 2 0 7 3 1 2 6 5 717 529 181

代表編集

シーズン ワールドカップ 欧州選手権 親善試合 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アシスト
2003-04 - - 6 2 7 0 13 2 3
2004-05 7 6 - - 2 0 9 6 4
2005-06 11 2 - - 5 2 16 4 2
2006-07 - - 6 5 2 0 8 5 1
2007-08 - - 10 4 2 0 12 4 1
2008-09 4 0 - - 3 1 7 1 0
2009-10 7 1 - - 4 0 11 1 3
2010-11 - - 3 2 2 1 5 3 1
2011-12 - - 10 8 4 1 14 9 3
2012-13 6 1 - - 3 3 9 4 2
2013-14 7 8 - - 3 3 10 11 2
2014-15 - - 6 5 3 0 9 5 0
2015-16 - - 7 3 3 3 11 6 2
2016-17 5 11 - - 1 1 8 12 0
2017-18 3 4 - - - - 1 3 0
通算 50 34 48 29 44 15 146 79 24

タイトル編集

クラブ編集

スポルティングCP
マンチェスター・ユナイテッドFC
レアル・マドリード

代表編集

ポルトガル代表

個人編集

 
2015年1月にサンティアゴ・ベルナベウで2014 FIFAバロンドールをお披露目するロナウド

記録編集

UEFAチャンピオンズリーグ編集

UEFA欧州選手権編集

FIFAクラブワールドカップ編集

栄典編集

出演CM編集

脚注編集

  1. ^ 読売新聞などでは「ロナルド」表記が用いられている。
  2. ^ ピチーチ賞を主催するマルカ紙ではリーガ第2節のヘタフェCF戦でぺぺの得点をロナウドのゴールであるとしているため、41得点となっている(参考:意見が分かれるCR7の得点数Goal.com 2011年5月18日)
  3. ^ 所属チーム以外の全チームから得点を奪ったのはロナウドで史上10人目、レアル・マドリードでは2人目だが、これまでの記録達成時はリーガが現在の20チームよりも少ない。また、ロナウドは1996-97シーズンに19チームから得点を挙げたが、当時のリーガは22チームでの構成だった。
  4. ^ FIFAクラブワールドカップでのハットトリックは史上2人目で、決勝では史上初[83]
  5. ^ 同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている[136]
  6. ^ ロナウドがテレビ番組で「1日300回くらいです」と答えている[172]。また一日3000回と報じている記事も存在する[7]

出典編集

  1. ^ a b Goal.com (2010年7月24日). “ラウール退団でマドリーの“CR7”誕生”. 2015年2月17日閲覧。
  2. ^ a b ゲキサカ (2014年5月28日). “[CL決勝前のルーニーのツイートに感謝するC・ロナウド]”. 2016年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c ロナウド”. レアル・マドリードCF. 2017年8月17日閲覧。
  4. ^ サッカーキング (2015年9月19日). “バランスよくゴールを決めるC・ロナウド…両足、頭の得点比率が判明”. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ ポルトガル語発音: [kɾɨʃtiˈɐnu ʁuˈnaɫdu]
  6. ^ ゲキサカ (2014年6月15日). “クリロナ、ネイマールらがクローンと対決!?NIKEのアニメーションCMが話題に”. 2015年2月17日閲覧。
  7. ^ a b c d クリロナ、肉体美の秘訣は毎日腹筋3000回! 1日にプリウス16台の筋力を消費」フットボールチャンネル 2015年11月21日閲覧。
  8. ^ wowow (2014年11月7日). “マンUのルーニー、「C・ロナウドは間違いなくメッシを超えた」”. 2015年12月14日閲覧。
  9. ^ サッカーキング (2013年4月2日). “ガラタサライのドログバ「C・ロナウドはメッシより優れている」”. 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ サンケイスポーツ (2015年10月29日). “ジダン監督、C・ロナウド&ベイル売却否定「世界最高の選手たちを売ることはない」”. 2015年12月14日閲覧。
  11. ^ ゲキサカ (2014年10月23日). “[CL3失点零封負け、リバプールMF「C・ロナウドは世界最高の選手」]”. 2015年12月17日閲覧。
  12. ^ Goal.com (2016年2月10日). “エースを称賛するジダン 「メッシ? 世界最高の選手はC・ロナウドだ」”. 2016年2月25日閲覧。
  13. ^ サッカーキング (2017年1月31日). “古巣のファンに苦言を呈するカシージャス「ロナウドへのブーイングは理解できない」”. 2017年9月8日閲覧。
  14. ^ Uefa.com (2014年10月14日). “ロナウドがまた新たな記録を達成”. 2014年10月15日閲覧。
  15. ^ Cristiano Ronaldo - Video | Facebook
  16. ^ レアル36戦不敗!ジダン監督“神采配”リーグ戦温存の3人が活躍”. スポーツニッポン (2016年12月6日). 2017年5月16日閲覧。
  17. ^ レアル・マドリー、リーガ開幕節は“BBC”抜き C・ロナウドに続いてベンゼマの欠場が決定的に”. Goal.com (2016年8月18日). 2017年5月16日閲覧。
  18. ^ a b c d e real madrid.com. “レアル・マドリード公式 FW 7 クリスティアーノ・ロナウド”. 2010年9月5日閲覧。
  19. ^ 『クリスティアーノ・ロナウド ポルトガルが生んだフェノメノ』
  20. ^ [1]
  21. ^ [2]
  22. ^ a b C・ロナウドを読む(2):負けず嫌いは子供の頃から Goal.com、2012年4月1日
  23. ^ a b c yahoo.co.jp (2012年10月16日). “センターバックとしてサッカーを始めたC・ロナウド、27歳の若さで代表100キャップ達成へ”. 2013年1月6日閲覧。
  24. ^ a b C・ロナウドを読む(3):2万2500ユーロの少年 Goal.com、2012年4月9日
  25. ^ livedoorスポーツ (2008年1月23日). “ロナウド母が移籍熱望「レアル入団が実現するまで死ねない」”. 2009年7月15日閲覧。
  26. ^ Clash of the titansmanchestereveningnews.com
  27. ^ C・ロナウドを読む(4):憧れの「怪物」との比較 Goal.com、2012年4月15日
  28. ^ 既に両クラブ間での接触は行われており、親善試合の時点でマンチェスター・ユナイテッドが仮契約を押さえていた。
  29. ^ The brightest star in Europe and £1m to a mysterious agentthe guardian 2011年1月19日
  30. ^ 特集号』、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、平成21年1月21日号、8頁
  31. ^ 金子義仁『2005~2006ワールドサッカーすごいヤツ全集』フットワーク出版社〈フットワーク出版株式会社〉、2004年、275-273頁を参考
  32. ^ Ronaldo wins monthly award again BBC SPORT、2007年1月11日
  33. ^ C・ロナウドを読む(6):喜びの涙 Goal.com、2012年5月4日
  34. ^ マンチェスター・ユナイテッド公式ホームページ 特集:ロナウド、移籍騒動の真相を告白
  35. ^ Premier League Round-up: Arsenal defeat costly as Chelsea, Liverpool and United win telegraph.co.uk、2008年11月15日
  36. ^ ニッカンスポーツ (2009年7月8日). “Cロナウド入団会見に史上最多の8万人”. 2009年7月21日閲覧。
  37. ^ C・ロナウドのユニホーム売り上げは130億円 ベッカムを抜いて新記録
  38. ^ Portugal 3 Hungary 0: Queiroz's team keep hopes alive but lose injured Ronaldo dailymail.co.uk、2010年10月11日
  39. ^ 元カノの呪い? C・ロナウドが引退の危機!? livedoor.com、2010年10月31日
  40. ^ マドリー、ロナウドの4得点などで圧勝 uefa.com、2010年10月23日
  41. ^ C・ロナウド:「信じられない調子にある」 goal.com、2010年11月1日
  42. ^ C・ロナ2発!レアル史上最速で50得点到達 sponichi.co.jp、2011年2月8日
  43. ^ a b プスカシュ氏を越えたC・ロナウド モウリーニョとバルダーノはいまだ確執Livedoorスポーツ 2011年5月12日
  44. ^ レアル・マドリー 対 ヘタフェ リポート マドリー勝利、CR7がリーガ最多得点記録に迫るGoal.com 2011年5月11日
  45. ^ ロナウド、今季リーグ40得点で新記録樹立FootballWeekly 2011年5月22日
  46. ^ C・ロナウドがシーズン最多得点記録を更新、40得点の大台に乗せるSOCCER KING 2011年5月22日
  47. ^ CR7のゴール、世界が賞賛 レアル・マドリード公式サイト日本語版 2012年2月14日
  48. ^ a b C・ロナウドがリーガ史上最速で通算100得点達成…出場92試合目SOCCER KING 2012年3月25日
  49. ^ C・ロナウドがリーガ100試合で111ゴール…プスカシュの得点記録更新SOCCER KING 2012年5月6日
  50. ^ Cロナウド、20チームのリーガで全チーム相手に得点 レアルマドリードC.F. 2012年5月20日
  51. ^ ““悲しみ”発言のC・ロナウド、指揮官がメディアとファンに忠告「静かな環境与えて」”. スカパー!. (2012年9月15日). http://soccer.skyperfectv.co.jp/international/2647 2012年9月28日閲覧。 
  52. ^ C・ロナウド、レアル史上初のクラシコ6戦連発の快挙SOCCER KING 2012年10月9日
  53. ^ a b “ロナウド、メッシからバロンドールを奪回”. UEFA.com. (2014年1月14日). http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2043960.html 2014年1月14日閲覧。 
  54. ^ a b “2013年FIFAバロンドールはC・ロナウドが受賞”. Goal.com. (2014年1月14日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2014/01/14/4541469/%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E5%B9%B4fifa%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AFc%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89%E3%81%8C%E5%8F%97%E8%B3%9E?ICID=AR_FS_2 2014年1月14日閲覧。 
  55. ^ “C・ロナウド、マドリーでバロンドール勝ち取った歴代3人目の選手に”. Goal.com. (2014年1月14日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2014/01/14/4542099/c%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8B%9D%E3%81%A1%E5%8F%96%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%AD%B4%E4%BB%A3%EF%BC%93%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AB?ICID=HP_BN_10 2014年1月14日閲覧。 
  56. ^ “C・ロナウド:「言葉にできない」”. Goal.com. (2014年1月14日). http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2014/01/14/4541813/c%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84?ICID=AR_RS_3 2014年1月14日閲覧。 
  57. ^ FIFAバロンドール、投票期間を29日まで延長goal.com 2013年11月21日
  58. ^ リベリ、バロンドール投票期限延長に不満goal.com 2013年12月19日
  59. ^ ロナウド、9ゴールでGS得点記録を更新uefa.com 2013年12月10日
  60. ^ C・ロナウド、23回目のハットトリック…リーガ歴代最多記録樹立 soccer king
  61. ^ C・ロナウド、キャリア初5弾。レアルでの通算300ゴール達成フットボールチャンネル 2015年4月6日閲覧。
  62. ^ 8分間でハット達成し初の1試合5得点…C・ロナがレアルで通算300ゴールサッカーキング 2015年4月6日閲覧。
  63. ^ a b C・ロナウド、2年連続得点王を自ら祝う2戦連続ハット!! 16歳エーデゴーアはクラブ最年少デビューゲキサカ 2015年5月26日閲覧。
  64. ^ C・ロナウドが2戦連続ハットでシーズンキャリアハイの61ゴール到達サッカーキング 2015年5月26日閲覧。
  65. ^ Cロナウド 今季8度目2戦連続ハットで2季連続得点王Sponichi Annex 2015年5月26日閲覧。
  66. ^ CL準決勝でレアル敗退。モラタの決勝ゴール生んだ慢心の数々web Sportiva 2015年6月7日閲覧。
  67. ^ ネイマールがメッシ、ロナウドと共にUCL得点王にUEFA.com 2015年6月7日閲覧。
  68. ^ Cロナ、自己最多タイ5発でラウル超えスポーツ報知 2015年9月14日閲覧。
  69. ^ 5得点挙げたC・ロナウド、クラブトップのリーガ通算231得点を達成サッカーキング 2015年9月14日閲覧。
  70. ^ 323? 324? C・ロナウド「ラウルの記録を超えたかった」yahoo.co.jp 2015年10月1日
  71. ^ a b サッカーキング (2015年12月13日). “C・ロナウド、CL・GS史上最多得点に「記録が僕を求めているんだ」”. 2017年4月30日閲覧。
  72. ^ サッカーキング (2015年12月16日). “CLグループステージのベストイレブン発表…11得点のC・ロナウドら”. 2016年4月6日閲覧。
  73. ^ SoccerMagazine ZONE WEB (2016年3月6日). “C・ロナウド大爆発! 圧巻4ゴールで得点ランク首位、リーガ通算も歴代2位に浮上”. 2016年3月6日閲覧。
  74. ^ a b フットボールチャンネル (2016年4月10日). “C・ロナウド、リーガ史上初の記録を達成! 前人未到の6季連続30ゴール達成”. 2016年5月20日閲覧。
  75. ^ サッカーキング (2016年4月10日). “C・ロナが6年連続リーガ30得点到達…5度目の欧州得点王も視野”. 2016年4月13日閲覧。
  76. ^ 日刊スポーツ (2016年4月13日). “Cロナルド40度目ハット レアル大逆転4強”. 2016年4月13日閲覧。
  77. ^ AFPBB News (2016年4月13日). “ロナウドが再びハット!レアル逆転で6季連続4強 欧州CL”. 2016年4月13日閲覧。
  78. ^ サッカーキング (2016年4月14日). “C・ロナウド、CLで5回目のハットトリック…メッシの最多記録に並ぶ”. 2016年4月24日閲覧。
  79. ^ サッカーキング (2016年5月29日). “5人目のPKキッカー直訴…C・ロナウド「自分が決めるとわかっていた」”. 2016年6月6日閲覧。
  80. ^ フットボールチャンネル (2016年11月20日). “ハットトリックのCロナ、レアルの”レジェンド”を上回りダービー最多得点者に”. 2016年11月23日閲覧。
  81. ^ サッカーキング (2016年12月13日). “C・ロナウドが2年ぶり4度目のバロンドール受賞…CL制覇やユーロ優勝に貢献”. 2017年4月30日閲覧。
  82. ^ フットボールチャンネル (2016年12月15日). “Cロナ、ゴール! レアルがクラブ・アメリカ下し鹿島待つ決勝へ進出”. 2016年12月19日閲覧。
  83. ^ a b c フットボールチャンネル (2016年12月19日). “Cロナ、あのペレ氏に並ぶ快挙。クラブ世界一決定戦での”ハット”は歴代2人目”. 2016年12月19日閲覧。
  84. ^ サッカーキング. “C・ロナ、UEFA主催クラブ大会で通算100得点! 史上初の快挙”. 2017年4月14日閲覧。
  85. ^ サッカーキング. “C・ロナ、史上初のCL通算100得点! バイエルン戦ハットで達成”. 2017年4月30日閲覧。
  86. ^ a b スポーツニッポン (2017年5月3日). “Cロナウド 欧州CL2戦連続&7度目ハット!ゴール記録塗り替える”. 2017年5月12日閲覧。
  87. ^ 毎日新聞 (2017年6月5日). “レアルが初連覇 CロナウドMVPと6度目得点王(スポニチ)”. 2017年7月30日閲覧。
  88. ^ uefa.com (2017年6月4日). “またしても最高のシーズンを送ったロナウド”. 2017年6月4日閲覧。
  89. ^ goal.com (2017年6月4日). “データで紐解くCL決勝戦…C・ロナウドのファイナルでの総得点数は?”. 2017年6月4日閲覧。
  90. ^ フットボールチャンネル (2017年8月14日). “バルサ、レアルにホームで敗戦。Cロナが途中出場、勝ち越し弾、退場の大暴れ”. 2017年9月3日閲覧。
  91. ^ SANSPO.COM (2017年8月26日). “欧州最優秀選手にロナウド、女子はオランダ代表のマルテンス”. 2017年9月15日閲覧。
  92. ^ Lucky rebound gives Portugal narrow win over Kazakhstan
  93. ^ FANS CAN GET BEST OUT OF RONALDO
  94. ^ Euro 2004 roundup: Greece stuns Portugal 2-1
  95. ^ Portugal have the final word
  96. ^ Cristiano Ronaldo's profile
  97. ^ Ronaldo is chosen for the Olympics
  98. ^ Ronaldo keen to play at Olympics
  99. ^ Ronaldo: I never asked for Rooney red card
  100. ^ Ronaldo cleared over Rooney red card
  101. ^ Ronaldo wants transfer to Spain
  102. ^ Cristiano Ronaldo plans Real move
  103. ^ Ferguson sends Man Utd No2 Queiroz to Ronaldo meeting
  104. ^ Rooney pleads with Ronaldo not to quit Man Utd
  105. ^ Ronaldo signs new deal at Man Utd
  106. ^ Scolari's fortunes take a dive
  107. ^ Supporters 'hijack' Ronaldo vote
  108. ^ Podolski beats Ronaldo to award
  109. ^ Ronaldo: I could leave United
  110. ^ Scolari delighted with Portugal victory over Brazil
  111. ^ 「得点王」より「優勝トロフィー」を! C・ロナウド、今季を最高の形にするために
  112. ^ Euro 2008: German power leaves Portugal in despair
  113. ^ Euro 2008: Germany upsets Portugal
  114. ^ Queiroz appointed Portugal coach
  115. ^ Queiroz’s belief in Ronaldo as captain of Portugal
  116. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト コートジボワール対ポルトガル
  117. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト ポルトガル対朝鮮民主主義人民共和国
  118. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト ポルトガル対ブラジル
  119. ^ Goal.com 1年4カ月ゴールなしのC・ロナウド、「何も心配していない」 2010年6月21日
  120. ^ a b C・ロナウドが息子の誕生日に爆発「2得点は彼に捧げる」/ユーロ2012SOCCER KING 2012年6月18日
  121. ^ 2012年欧州選手権 得点ランキングSponichi Annex 2015年7月13日閲覧。
  122. ^ 通算100キャップのC・ロナウドをUEFAが表彰goal.com 2012年10月18日
  123. ^ a b 代表で初ハットトリックのC・ロナウド 「特別なこと」goal.com 2013年9月7日
  124. ^ スウェーデン 対 ポルトガル リポートgoal.com 2013年11月20日
  125. ^ 2ゴールのC・ロナウドがポルトガル代表の歴代得点数で単独1位にSOCCER KING 2014年3月5日
  126. ^ C・ロナウドW杯初戦欠場の可能性も…指揮官が示唆SOCCER KING 2014年5月31日
  127. ^ 故障を抱えるロナウド、膝に注意を払いながら調整AFPBB News 2014年6月15日
  128. ^ ポルトガルがキャンプ地到着 左脚故障のロナウドは…スポーツニッポン 2014年6月12日
  129. ^ 【W杯 伝説への挑戦】本来の姿ではないC・ロナウドの不本意な180分間 サッカーダイジェストWeb 2014年6月23日
  130. ^ a b 【W杯 伝説への挑戦】皮肉な栄誉とともに、C・ロナウドのあっけない幕切れ サッカーダイジェストWeb 2014年6月29日
  131. ^ ユーロ通算得点記録を更新…C・ロナウド「僕にとって特別な瞬間」 サッカーキング 2014年11月15日
  132. ^ a b C・ロナ、ポルトガル代表出場数最多タイに…「目標だった」フィーゴ氏に並ぶ SOCCER KING 2016年6月15日
  133. ^ a b Cロナ「少し残念」PK外し代表128戦飾れず 日刊スポーツ 2016年6月20日
  134. ^ C・ロナウドがフィーゴ超え…ポルトガル代表の最多出場記録を更新 SOCCER KING 2016年6月19日
  135. ^ C・ロナが2ゴール1アシスト…ポルトガル、白熱ドローで未勝利のままGS突破 サッカーキング 2016年6月23日
  136. ^ サッカーキング (2016年6月23日). “3連続ドローで決勝T進出…2得点のC・ロナウド「目的は果たした」”. 2016年6月23日閲覧。
  137. ^ Football ZONE WEB (2016年7月8日). “衝撃の“エアー・ロナウド” ウェールズ戦の決勝ヘッド弾はクロスバーより高かった!”. 2016年10月28日閲覧。
  138. ^ ポルトガル初V!Cロナ 負傷交代に泣くも“監督”として歓喜 スポーツニッポン(2016年7月10日) 2016年7月13日閲覧
  139. ^ 負傷したC・ロナのために…完封に貢献のDFペペ「優勝にふさわしい」 サッカーキング(2016年7月11日) 2016年7月13日閲覧
  140. ^ a b グリエスマンがユーロ2016得点王に輝く…6得点でゴールデンブーツ獲得 サッカーキング(2016年7月11日) 2016年10月28日閲覧
  141. ^ a b UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出 フットボールチャンネル(2016年7月12日) 2016年7月13日閲覧
  142. ^ C・ロナが記録連発…ユーロ4大会での得点は史上初、最多出場数も更新 サッカーキング 2016年6月23日
  143. ^ サッカーキング (2016年7月7日). “C・ロナ、ユーロ得点数で最多タイ記録に…プラティニ氏と並ぶ通算9ゴール”. 2016年7月13日閲覧。
  144. ^ サッカーキング (2016年10月8日). “圧巻4得点のC・ロナウド、代表復帰を喜ぶ「戻ってこられて幸せ」”. 2016年10月12日閲覧。
  145. ^ Football ZONE WEB (2017年3月26日). “C・ロナウドが欧州歴代4位の代表通算70ゴール到達も謙虚な発言 「僕が何点決めたかなんて…」”. 2017年3月27日閲覧。
  146. ^ Goal.com (2017年6月19日). “C・ロナウドが試合後の公式会見をキャンセル…移籍騒動の質問を回避か”. 2017年6月26日閲覧。
  147. ^ フットボールチャンネル (2017年6月22日). “Cロナ、2戦連続でMOMに選出。会見出席も質問はスルー…ポルトガル監督は理解示す”. 2017年6月26日閲覧。
  148. ^ スポーツニッポン (2017年6月26日). “C・ロナウド 2戦連発!ポルトガルが4発大勝で4強入り”. 2017年6月26日閲覧。
  149. ^ スポーツニッポン (2017年6月25日). “C・ロナウド 欧州の歴代得点ランキングで2位タイ浮上 トップにあと9”. 2017年6月26日閲覧。
  150. ^ Football ZONE WEB (2017年9月1日). “C・ロナウドがW杯予選で衝撃ボレー弾 ハット達成で代表得点数ペレ超え、欧州歴代2位”. 2017年9月3日閲覧。
  151. ^ a b 『技術力 サッカー 世界のスタープレーヤー』、出版芸術社、2005年、112頁
  152. ^ a b 『マンチェスター・ユナイテッド 特集号』、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、平成21年1月21日号、28-32頁
  153. ^ 風間八宏のロナウド、イブラヒモビッチ、ルーニー鑑賞術。Number web 2016年6月14日
  154. ^ a b ファギー:「メッシよりC・ロナウドの方が上」Goal.com 2011年4月27日
  155. ^ C・ロナウド「トリッキーな技は自分のスタイル」 - sportsnavi 2008年11月28日
  156. ^ 重心動かず 高速またぎ”. YOMIURI ONLINE (2010年6月18日). 2011年4月20日閲覧。
  157. ^ PLAYERS:クリスティアーノ・ロナウドNIKEFOOTBALL.COM
  158. ^ クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル代表)タイトル独占への道程OCNスポーツ 2011年12月9日
  159. ^ a b C・ロナウド、驚異の跳躍力…ヘディングの最高到達点は3メートル サッカーキング 2013年2月17日
  160. ^ sanspo.com (2014年1月19日). “時速132キロ!C・ロナウド先制弾は「制止不可能なミサイル」”. 2014年8月10日閲覧。
  161. ^ サッカーキング (2015年5月17日). “C・ロナウドが2年連続の得点王か…タイトル争いはメッシとの一騎討ち”. 2016年1月10日閲覧。
  162. ^ ファーガソン監督「ロナウドはマラドーナを彷彿させる」 livedoor.com、2008年3月28日
  163. ^ マラドーナが2大スターを比較 「メッシとCR7は同じレベルだが…」 ゲキサカ、2015年5月11日
  164. ^ Cristiano Ronaldo es el maestro de la 'folha seca' as.com、2009年8月18日
  165. ^ クリスティアノ・ロナルド jiji.com
  166. ^ C・ロナウド、時速105キロの無回転FK決め満足 Goal.com
  167. ^ Cristiano Ronaldo is better than Lionel Messi ... at least when it comes to taking penalties Goal.com
  168. ^ C・ロナウドはロナウドになる!? 30歳を越えて激変したスタイル。 Number web、2015年9月14日
  169. ^ 元同僚C・ロナウドについて語るフォルラン 「プレースタイルは変えてほしくなかった」 ゲキサカ、2016年10月31日
  170. ^ フットボールチャンネル (2015年8月22日). “リーガ開幕! メッシvsC・ロナウド、注目の得点王争いを徹底分析”. 2015年12月22日閲覧。
  171. ^ a b Goal.com (2010年11月21日). “C・ロナウド:「S・ラモスは『決めさせて』と言ってきた」”. 2016年11月28日閲覧。
  172. ^ a b サッカーキング (2015年7月8日). “C・ロナウドがバイキングに生出演…EXILE関口メンディーと腹筋比べ”. 2015年11月21日閲覧。
  173. ^ wyahoo.co.jp (2014年8月9日). “米誌選定…アスリートの身体能力適合ランク、C・ロナウドが2位に”. 2014年8月10日閲覧。
  174. ^ wowow.co.jp. “憎悪か尊敬か、努力を惜しまないゴールのエゴイスト 貪欲な勝利への執着心 -クリスティアーノ・ロナウド-”. 2012年10月19日閲覧。
  175. ^ yahoo.co.jp (2013年10月8日). “ポルトガル国内で論争加熱 歴代最高の選手はエウゼビオ? C・ロナウド?”. 2013年11月22日閲覧。
  176. ^ goal.com (2013年9月13日). “フィーゴ氏:「ポルトガルのキングはCR7ではなくエウゼビオ」”. 2013年11月22日閲覧。
  177. ^ afpbb.com (2015年1月16日). “ロナウド、ポルトガルの歴代最優秀選手に選出される”. 2015年1月22日閲覧。
  178. ^ Goal.com (2010年2月20日). “ジダン:「カカーは私と似ている」”. 2012年11月21日閲覧。
  179. ^ wowow.co.jp (2009年12月9日). “【レアル】ジダン「C・ロナウドは、私の現役時代より素晴らしい」”. 2012年11月21日閲覧。
  180. ^ wowow.co.jp (2010年5月7日). “【レアル】主将のラウール「C・ロナウドは真のリーダーだ」”. 2013年8月17日閲覧。
  181. ^ アンチェロッティ監督、C・ロナウドに対し「バロンドール受賞者にはより多くを求める」 wowow.co.jp
  182. ^ レアル指揮官、クリロナを絶賛「指導した中で最高の選手。全ては私のおかげさ(笑)」 Yahoo!ニュース
  183. ^ マンチェスター・ユナイテッド公式ホームページ 特集:コメント集:ロナウド
  184. ^ Cruyff: Ronaldo, United's best everPress TV 2008年4月2日
  185. ^ マンチェスター・ユナイテッドFC 公式サイト (2008年12月2日). “ロナウドが史上最高の選手だ”. 2013年11月22日閲覧。
  186. ^ サモラーノ氏:「C・ロナウドは正真正銘の怪物」Goal.com 2011年11月9日
  187. ^ ルーニー:「C・ロナウドがメッシを抜いて世界最高」”. Goal.com (2014年11月7日). 2014年11月12日閲覧。
  188. ^ C・ロナウドがメッシより優れている点Livedoor.com、2010年4月9日
  189. ^ サッキ氏:「C・ロナウドはメッシに劣る」Goal.com 2011年11月5日
  190. ^ C・ロナウドを読む(5):メッシとのライバル関係 Goal.com、2012年4月23日
  191. ^ C・ロナウド:「メッシをリスペクトしている」 asahi.com、2009年5月26日
  192. ^ メッシ 「C・ロナウドはお金を払ってでも見たい選手」 AFP BB News、2009年5月27日
  193. ^ C・ロナウドがメッシに挑戦状「どちらが上かは、いずれ分かる」”. SOCCER KING. 2011年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  194. ^ C・ロナウドがメッシとの比較に言及「フェラーリとポルシェでは比べられない」”. SOCCER KING. 2012年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  195. ^ サッカー瞬刊誌 サポティスタ (2008年5月20日). “C・ロナウド「僕は弱くなんかない」”. 2015年12月17日閲覧。
  196. ^ C・ロナウド、CL準決勝で最多得点 レアル・マドリードC.F.|Official Web Site
  197. ^ Cロナ、クラシコ史上初!アウェー6戦連発 サンスポ
  198. ^ パンディアニ「Cロナ頭のねじ足りない」 - 海外サッカーニュース”. 日刊スポーツ (2011年2月3日). 2014年12月9日閲覧。
  199. ^ 'Cocky' Ronaldo ridiculed by 'the Rifle'”. CNN (2011年2月3日). 2014年12月9日閲覧。
  200. ^ ロナウド一発退場も、終盤のPKでレアルが勝利
  201. ^ アンリ:「リベリにバロンドールを受賞してほしい」 Goal.com、2013年12月14日
  202. ^ 『マンチェスター・ユナイテッド 特集号』、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、平成21年1月21日号、45頁
  203. ^ Cロナウドのレアル移籍に新たな障害!? - 日刊スポーツ 2008年7月7日
  204. ^ 130億の男C・ロナウドにパリス・ヒルトン急接近。熱烈キスをパパラッチ! - 映画.com 2009年6月12日
  205. ^ Goal.com (2010年7月4日). “C・ロナウドが父親に”. 2010年7月5日閲覧。
  206. ^ Goal.com (2010年7月8日). “C・ロナウド、息子の母親に“口止め料””. 2010年7月8日閲覧。
  207. ^ 未婚の父Cロナ、代理母に13億円 スポーツ報知 2010年7月8日
  208. ^ C・ロナウドが破局を認める 「イリーナとの関係は終わりを迎えた」 Goal.com 2015年1月20日
  209. ^ ファーガソン氏「バロンドールはC.ロナウドしかいない」 footballchannel.jp
  210. ^ ティム氏「ロナウドは常に『俺が、俺が』だったgoal.com
  211. ^ アンチェロッティ氏、C.ロナウドのプロ意識を称賛 goal.com
  212. ^ ペジェグリーニ監督「練習でのロナウドはスター然としていない」livedoor.com
  213. ^ livedoorスポーツ (2009年8月5日). “C・ロナウド選手の足だけに155億円の保険”. 2010年1月25日閲覧。
  214. ^ Goal.com マドリー、ゴールラッシュでビジャレアルを撃破 2010年2月22日
  215. ^ Primo direito de Cristiano Ronaldo morre depois de um trágico acidente de viação
  216. ^ 記録達成試合でC・ロナウドがサポーターに謝罪!? お詫びにユニフォームをプレゼントSOCCER KING 2011年5月11日
  217. ^ C.ロナウドのFKで11歳少年の手首が骨折 サイン入りユニフォームをプレゼント livedoor.com
  218. ^ C.ロナウドのダッシュ力”. スポーツクラウド (2015年4月15日). 2015年6月10日閲覧。
  219. ^ C.ロナウド、米検察官への嘆願書でファンを監獄行きから救う
  220. ^ C.ロナウド 母国の勲章を受章
  221. ^ 勲章授与のC.ロナウド「ポルトガル代表でW杯優勝を」
  222. ^ ユーロを制したクリスティアーノ・ロナウドが空港の名前にGoal.com 2016年7月23日
  223. ^ 「C・ロナウド空港」がついにオープン…新たに作られた銅像が話題にSOCCER KING 2017年3月30日
  224. ^ サッカー界の異端児 C・ロナウド「タトゥー嫌い」の真相 日刊ゲンダイ 2017年5月13日
  225. ^ 2008年12月14日放送『サッカークラブ世界一決定戦!超驚き感動秘映像SPパート1』(日本テレビ)
  226. ^ これがクリスティアーノ・ロナウドのガレージ2016年版だ。フェラーリ、ランボルギーニほか
  227. ^ C・ロナウド、最近の愛車は高級感あふれる「ロールス・ロイス・ゴースト」
  228. ^ qoly.jp (2012年10月5日). “ロナウドがまたスーパーカーを購入 今度はマクラーレン”. 2014年4月27日閲覧。
  229. ^ サッカーキング (2014年8月6日). “C・ロナウド、車の保険代だけで年間1400万円…保険会社調べ”. 2017年5月11日閲覧。
  230. ^ [2017年8月26日放送 ジョブチューン]
  231. ^ msn.com. “Museu CR7: クリスティアーノ・ロナウド博物館を拝見”. 2014年4月27日閲覧。
  232. ^ yahoo.co.jp (2014年4月25日). “C・ロナウド、『タイム』誌の「最も影響力のある100人」に”. 2014年4月27日閲覧。
  233. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  234. ^ The World Cup Reminds Everyone That Soccer Players Are The Most Popular Athletes HUFF POST 2014年6月30日閲覧。
  235. ^ 偶然か、宿命か…メッシとC・ロナウドは息子同士も869日後に誕生
  236. ^ クリスティアーノ・ロナウド、フェイスブックの「いいね!」が1億を突破!アスリートでは初めて
  237. ^ Cロナウド年収91億円超えで世界の2位!メッシは4位
  238. ^ 【米Forbes誌】世界で最も稼いでるアスリートTOP10【全プロスポーツ】 2014年9月8日発表記事
  239. ^ あまり似てない?Cロナ像完成に本人感激も…ファンには不評 スポニチ アネックス、2014年12月23日
  240. ^ ロナウド選手の像、地元のファン「本人に似てない」 TBS News、2014年12月23日
  241. ^ ロナウドのネパール寄付は誤報だった? 報道された国際NGO団体が明かす フットボールチャンネル、2015年05月15日
  242. ^ C・ロナウドがネパール地震被災者のために見せた“おとこ気” 約9億円を寄付
  243. ^ 米経済誌発表のスポーツ選手長者番付…C・ロナウドがサッカー界のトップに
  244. ^ C・ロナウドが代理人に大きな贈り物…結婚祝いは“ギリシャの島”
  245. ^ C・ロナウド、“最も善き行いをしたアスリート”世界1位に選出
  246. ^ 「世界で最も稼ぐスポーツ選手」はC・ロナウド 年収94億円で首位に
  247. ^ 「世界で最も稼ぐスポーツ選手」はC・ロナウド 年収94億円で首位に
  248. ^ クリスティアーノ・ロナウドが、「ナイキ」と生涯契約を結ぶ! 破格の1000億円契約か?
  249. ^ C・ロナウド、Nikeと「生涯契約」か。契約金は衝撃の1000億円?
  250. ^ サッカー界初の“年収1億ユーロ”選手が誕生! レアルのC・ロナウド、新契約は週給6700万円
  251. ^ 脱税疑惑のC・ロナウドが2015年度の財務記録を公表 年収は270億円以上
  252. ^ 270億円以上を稼ぐ男・Cロナウド
  253. ^ 年収は約270億円! C・ロナウド、脱税疑惑受け15年の提出書類を公開
  254. ^ Cロナ 巨額所得隠し疑惑払拭へ年収公開 その額はナント!!
  255. ^ “スペイン検察、ロナウドを訴追 18億円超の脱税容疑で”. AFPBB News (フランス通信社). (2017年6月13日). http://www.afpbb.com/articles/-/3131890 2017年6月13日閲覧。 
  256. ^ Cロナ、500億円オファー断った
  257. ^ <サッカー>クリスチャーノ・ロナウドに中国が500億円オファー―仏メディア
  258. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。
  259. ^ 世界のアスリートフォロワー数ランキング
  260. ^ UEFA Champions League squad of the season”. Union of European Football Associations (2015年6月9日). 2015年6月9日閲覧。
  261. ^ 歴史的な大記録が誕生! ロナウドがリーガ最終節2得点で6季連続の50ゴール超え”. サッカーマガジンゾーンウェブ (2016年5月15日). 2016年5月20日閲覧。
  262. ^ ロナウド、UCLシーズン最多得点記録に迫る”. UEFA.com (2016年4月12日). 2016年5月20日閲覧。
  263. ^ フットボールチャンネル (2017年6月4日). “Cロナが大偉業! 史上初の5年連続&6度目の得点王、レアルの記念ゴールもゲット”. 2017年6月26日閲覧。
  264. ^ C・ロナウドがCL史上最多アシストの金字塔! かつての同僚ギグスを抜いて単独トップに”. フットボールゾーンウェブ (2017年2月17日). 2017年9月9日閲覧。
  265. ^ a b サッカーキング (2016年7月11日). “初制覇だけじゃない! C・ロナウド、記録ずくめのユーロ2016”. 2016年7月19日閲覧。
  266. ^ サッカーダイジェストWeb (2016年12月19日). “決勝ハットトリックのC・ロナウド、クラブW杯でも通算最多得点者に”. 2016年12月20日閲覧。

外部リンク編集