メインメニューを開く

イオンタウン仙台泉大沢 (イオンタウンせんだいいずみおおさわ) は、宮城県仙台市泉区にあるショッピングセンター。管理・運営はイオンタウンが行っている[2]

イオンタウン仙台泉大沢
ÆON TOWN SENDAI-IZUMIŌSAWA
イオン泉大沢.jpg
北側から
地図
店舗概要
所在地 981-3137
宮城県仙台市泉区大沢一丁目5番1号
座標 北緯38度21分0.1秒 東経140度52分53.3秒 / 北緯38.350028度 東経140.881472度 / 38.350028; 140.881472座標: 北緯38度21分0.1秒 東経140度52分53.3秒 / 北緯38.350028度 東経140.881472度 / 38.350028; 140.881472
開業日 2008年 (平成20年) 3月15日
施設所有者 イオンリテール株式会社
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 75,213 m²
延床面積 35,990 m² 
商業施設面積 26,614 m²[1]
中核店舗 ザ・ビッグ 泉大沢店
店舗数 105
営業時間 8:00 - 23:00
駐車台数 1,230台
駐輪台数 280台
商圏人口 748,000人
最寄バス停 明石台四丁目北
最寄IC 泉IC
外部リンク 公式ウェブサイト
ÆON TOWN
テンプレートを表示

概要編集

イオン (現在のイオンリテール) が建設した、2階建てのエンクローズドモール型ショッピングセンター。鹿島建設1995年 (平成7年) 3月13日から2008年 (平成20年) 9月にかけて開発した、面積92.5haの商業・流通・工業団地である仙台市泉大沢土地区画整理事業「仙台泉インターシティ[3]」の一角に位置し (地図) 、国道4号仙台バイパス東北自動車道 (仙台都市圏環状自動車専用道路) ・泉ICに隣接する。

当施設より北に約1.6km先にはジャスコを核店舗とする「イオン富谷ショッピングセンター」 (現在のイオンモール富谷地図) があるため、当施設の核店舗は「マックスバリュ泉大沢店」になった。2階にはイオンリテールスポーツ&レジャー事業部が運営する「イオンスポーツクラブ仙台泉大沢店」が開設。

2010年 (平成22年) 2月21日より「旧マックスバリュ泉大沢店」の運営がマックスバリュ南東北へ変更となったが、SC運営は「イオンタウン塩釜ショッピングセンター (現・イオンタウン塩釜)」と同様にイオンリテールSC事業本部が行っていた。これにより、宮城県内でイオンリテールがザ・ビッグを核店舗に持つショッピングセンターの運営は「イオン仙台泉大沢ショッピングセンター」と「イオンタウン塩釜ショッピングセンター」の2つとなった。イオンリテールマックスバリュ事業本部が運営していた「イオンタウン名取ショッピングセンター (現・イオンタウン名取)」は、マックスバリュ南東北に移管され運営している。 2011年11月21日「イオン仙台泉大沢ショッピングセンター」の名称を「イオンタウン仙台泉大沢」へ名称変更。名称変更後の運営は名取、塩釜とともにイオンタウンに移管された。

なお当初は、2007年 (平成19年) 11月のオープン予定だったが、建築基準法の改正により建築確認に時間が掛かり、2008年 (平成20年) 3月のオープンとなった。

東日本大震災では、2階と上層階をつなぐエスカレーターが2基落下したが、けが人はいなかった[4]

沿革編集

テナント編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2017年12月). 2018年10月16日閲覧。
  2. ^ “3/15(土)「イオン仙台泉大沢ショッピングセンター」オープン” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2008年2月29日), オリジナルの2008年9月7日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080907063547/http://www.aeon.info/ICSFiles/afieldfile/2008/03/06/080229R_2.pdf 
  3. ^ 仙台泉インターシティ (宮城県)
  4. ^ 落ちていたエスカレーター 震災で建物と設備の連携不足が露呈 (日本経済新聞 2011年12月1日)
  5. ^ イオンタウン公式ホームページ「仙台事務所移転のご案内」2012年2月発表分

外部リンク編集