メインメニューを開く

烏賊飯

日本の北海道のご当地料理
イカ飯から転送)

烏賊飯(いかめし)は、イカの中にを入れて炊き上げた日本料理北海道渡島地方郷土料理

烏賊飯
Ikameshi tsukemono haibaru.jpg
種類 郷土料理
発祥地 日本の旗 日本
地域 北海道
誕生時期 昭和16年(1941年)
主な材料 スルメイカ、うるち米、もち米
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

概要編集

下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、研いだを詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる[1]。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや、人参油揚げなどを入れることもある[2]

駅弁編集

 
いかめしの包装と中身

生のイカに米やジャガイモを詰め込んで醤油味で煮込んだ料理は北海道日本海沿岸に古くから存在する料理で、大正、昭和初期の松前町[3]焼尻島[4]など、各地で食されていた。

現在「駅弁」として有名な「いかめし」は、函館本線森駅駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年昭和16年)、戦時体制による食糧統制で米が不足していたため、当時豊漁だったスルメイカ[注釈 1]を用い、米を節約しても満足感がある料理として考案した[5]。1941年(昭和16年)当時の森駅は鉄道交通の要衝として、ソ連侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちを乗せた列車が乗り入れていた。そのため駅弁として売り出したところ、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという[6]

戦後1966年(昭和41年)に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、阿部弁当店はこの大会に烏賊飯を出品した。第2回には早くも売り上げ1位となり、以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となった。これによって「いかめし」は徐々に森町名物あるいは北海道名物として全国的に知られるようになった。

現在では阿部商店以外の業者も製造販売しており、催事や通信販売レトルトパックになったものが容易に入手できる。本州でも新潟県長岡駅など、イカの産地では同様の駅弁が販売されている。

脚注編集

参考文献編集

  • 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』平凡社、2013年11月。ISBN 978-4-582-63486-0

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、烏賊飯に関するカテゴリがあります。