イジャスラフ1世(Изѧславъ, 1024年 - 1078年10月3日)は、キエフ大公(在位:1054年 - 1068年1069年 - 1073年1076年 - 1078年)。父はヤロスラフ1世、母はスウェーデン王オーロフの娘インゲゲルド。

イジャスラフ1世
Изѧславъ
キエフ大公
Minskizjaslav.jpg
在位 1054年 - 1068年1069年 - 1073年1076年 - 1078年

出生 1024年
キーウ
死去 1078年10月3日
ニジィン
埋葬 キーウ什一聖堂
配偶者 ゲルトルダ
子女 ムスチスラフ
ヤロポルク
スヴャトポルク2世
エウプラクシア
家名 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 ヤロスラフ1世
母親 インゲゲルド・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

生涯編集

1024年にキーウに生まれる。1054年、父ヤロスラフが薨去し、次子であるイジャスラフがキエフ大公位を継承した(長子は既に薨去)。この時、彼は弟たちと遺領を分割し、キーウに加えてノヴゴロドトゥーロフを獲得した。スヴャトスラフ(後のスヴャトスラフ2世)はチェルニーゴフリャザンムーロムトムタラカニを、フセヴォロド(後のフセヴォロド1世)はペレヤスラヴリ・ルースキー(モスクワ近郊のペレヤスラヴリ・ザレスキーではない)及びロストフスーズダリベロオーゼロといったヴォルガ上流域の東北ロシアを領有した。また、ヴャチェスラフはスモレンスクを末弟イーゴリはヴォルィーニを支配した。

大公となった彼は、スヴャトスラフ、フセヴォロドと三頭政治を展開し大公国を治める。1068年にはポロツク公フセスラフにより一時的にキーウ(及び大公位)を奪われる。1073年以降、2人の弟と不和に陥り、大公位はスヴャトスラフに移るが、スヴャトスラフの没後、彼はフセヴォロドと和解し、3度目の大公位につく。1078年に、フセヴォロドと合同で、スヴャトスラフの子オレークと戦うが、そこで戦死する。

ポーランドミェシュコ2世の娘ゲルトルダ(ru)との間に3人の息子を得た。ポロツク公ムスチスラフトゥーロフ公ヤロポルク、そして後にキエフ大公になるスヴャトポルク(スヴャトポルク2世)である。娘のエウプラクシアは、ポーランド王ボレスワフ2世の息子メチスワフ(ru)に嫁いだ。

参考文献編集

先代
ヤロスラフ1世
キエフ大公
10代
1054年 - 1068年
次代
フセスラフ
先代
フセスラフ
キエフ大公
12代
1069年 - 1073年
次代
スヴャトスラフ2世
先代
フセヴォロド1世
キエフ大公
15代
1076年 - 1078年
次代
フセヴォロド1世