イズミカワソラのドレミファそらジオ

イズミカワソラのドレミファそらジオ[1]は、中国放送の制作で1998年4月から2007年3月まで放送された夜のラジオ番組。

イズミカワソラのドレミファそらジオ
ジャンル バラエティ
放送方式 録音
放送期間 1998年4月〜2007年3月(中国放送)
放送時間 当該項参照
放送局 中国放送
パーソナリティ イズミカワソラ
提供 なし
テンプレートを表示

目次

概要編集

中国放送では、2000年4月3日から2007年3月26日までrcc/musicの月曜日のレギュラー番組として放送された。rcc/musicの番組で唯一広島県ローカル番組ではなく、rcc/musicスタート前から放送している番組であった。

RCCラジオの番組の中でも数少ない長寿番組であったが、2007年3月26日の放送(放送回数468回)をもって9年の歴史に幕を下ろした。

番組製作局の中国放送のみ、放送日である月曜日の夜に「今夜○時(○分)からのイズミカワソラのドレミファそらジオは…」という20秒CMが放送されていた。

パーソナリティ編集

イズミカワソラのほか、たまにゲストが登場する。

マネージャーの金子(かねかつ)、猿岩石SPIRAL SPIDERS、marhy[2]桜井弘規[3]が出演した。

コーナー編集

通常放送編集

番組終了時編集

  • オープニング川柳
  • なんでだろう川柳のコーナー[4]
  • Oh! It's wonderful! ful ful ful!
  • ハシダソラコ劇場
  • ヨゴレ[5]に聞こえるのコーナー
    • ヨゴレアワォードタイトルホルダー ヤーレンそらまめさんの作品コーナー

過去編集

  • ひとり遊びのコーナー→続ひとり遊びのコーナー→NEWひっとり遊びさんのコーナー
  • そらの歌がヨゴレに聞こえるのコーナー
  • おはよう靴下こんばんは靴下のコーナー
  • そらのスケッチ
  • お注射のコーナー
  • 人体の神秘
  • 幼虫と私
  • ねずみ川家の秘密
  • 僕と昆虫
  • ヨゴレ辞典
  • 恥ずかしカーテン
    • 緊急企画 新しいうんちの呼び名を考えよう!
  • 週間実は
  • メルヘン隊のコーナー
    • メルヘン隊の歌を作ろう!
  • メルヘン勝ち抜きカルタ風
  • コーナーのコーナー
    • そらかみ放送局ゴールデン番組
    • ここだけピックアップ
  • ふ〜松竹城・松竹坊
  • フーボーですよで星三つです
  • 教えて!そらっ休さん
  • 世論調査君ならどっちっち?
  • つ〜いつ〜いやってしまうんですよ〜のコーナー

特番・特集編集

  • ヤーレンそらまめさん特集【年1〜2回】[6]
  • 輝くヨゴレ大賞ノミネート作品発表[ヨゴレ新人賞、ヨゴレレディース賞、ヨゴレ大賞]【年末】[6]
  • 輝くヨゴレ大賞発表[ヨゴレ新人賞、ヨゴレレディース賞、ヨゴレ大賞]【年末】[6]
  • イズミカワソラ[7]の生歌(生ライブ)【正月特番】

このほかにも、放送回数の節目の回で、過去のコーナー(幼虫と私、ソラのスケッチetc)を限定復活させたりしている。

ネット局編集

通常放送は以下の通りだが、正月特番は制作局であるRCCのみの放送だったことが多い。

放送期間 中国放送
【制作局】
山陽放送 山口放送 山陰放送 東北放送 ラジオ大阪
1998年4月〜1998年9月 × × × ×
1998年10月〜1999年3月 ×
1999年4月〜2001年3月 × ×
2001年4月〜2002年3月 × × ×
2002年4月〜2005年6月 × ×
2005年7月〜2005年9月 ×
2005年10月〜2007年3月 × ×

放送時間編集

※終了時のもの。

  • 中国放送:毎週(月)24:00〜24:30 
  • 山陽放送:毎週(火)23:00〜23:30 《RCCより1日遅れで放送》
  • 山口放送:毎週(日)22:00〜22:30 《RCCより1日早く放送》
  • 山陰放送:毎週(土)21:00〜21:30 《RCCより2日早く放送》

変遷(中国放送)編集

  • 1998年4月1999年3月:毎週(月)23:00〜23:30
  • 1999年4月〜2000年3月:毎週(月)23:30〜24:00
  • 2000年4月〜2004年7月:毎週(月)24:30〜25:00 【rcc/music枠】
  • 2004年8月〜2007年3月:毎週(月)24:00〜24:30 【rcc/music枠】

脚注編集

  1. ^ 放送開始当初は『泉川そらのドレミファそらジオ』。また、放送末期では『イズミカワソラのドレミファソラジオ』と表記されることもあった。
  2. ^ DAUGHTER。イズミカワソラの実の妹にあたる。
  3. ^ RCCアナウンサー。ディレクターとして番組制作に携わっていた時期もある。
  4. ^ 優秀作品は次回放送のオープニング川柳となる。
  5. ^ 俗にいう下ネタを指す
  6. ^ a b c ヨゴレに聞こえるのコーナーの拡大版
  7. ^ 2006年正月はDAUGHTER

外部リンク編集