メインメニューを開く

イソコナゾール(Isoconazole)とは、アゾール抗真菌薬の一つである。商品名アデスタン。イソコナゾールは感染症の治療薬としてナイジェリアグレートブリテン島の医学研究者によって発見された。クロトリマゾールと同等の効果がある[1][2]。日本ではクリームと膣錠が使用されている。

イソコナゾール
Isoconazole Structural Formulae V.1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 クリーム:患部に塗布
膣錠:膣深部に挿入
識別
CAS番号
27523-40-6
ATCコード D01AC05 (WHO) G01AF07 (WHO)
PubChem CID: 3760
KEGG D04624
化学的データ
化学式 C18H14Cl4N2O
分子量 416.127 g/mol

目次

効能または効果編集

クリーム
膣錠
  • カンジダに起因する腟炎および外陰腟炎

臨床効果編集

クリーム(市販後の使用成績調査)

  • 白癬(2,917例):著明改善48%、改善以上77%、やや改善以上94%
  • カンジダ症(401例):著明改善67%、改善以上89%、やや改善以上98%
  • 癜風(172例):著明改善56%、改善以上78%、やや改善以上95%

膣錠(承認時までの臨床試験)

  • 臨床症状改善率96%(338/354)、陰転率84%(280/333)、有効率83%(277/333)

副作用編集

クリーム
  • 総症例4,121例中56例(1.4%)。主な副作用は発赤、瘙痒、刺激感、接触皮膚炎、疼痛等(再審査終了時)。
膣錠
  • 総症例3,849例中23例(0.6%)。主な副作用は疼痛、腫脹感、発赤、刺激感、瘙痒感等(再審査終了時)。

用法および用量編集

クリーム
  • 1日2~3回患部に塗布
膣錠
  • 1日1回100mgを腟深部に挿入、6日間継続使用、あるいは、1週1回600mgを腟深部に挿入。真菌学的効果(一次効果)が得られない場合は、1日1回100mgをさらに6日間継続使用するか、600mgをさらに1回使用。

開発の経緯編集

  • 2005年 - インテンディスがクリームの製造販売を承継。
  • 2010年 - インテンディスとの統合により、バイエル薬品がクリームを販売[4]

参考文献編集

  • The Merck Index, 12th Edition. 5176

クリーム

  • Isoconazole研究班:西日本皮膚科 43:103(1981)
  • 須貝哲郎:皮膚 23:147(1981)
  • 白取昭ほか:基礎と臨床 15:659(1981)
  • 児島孝行:新薬と臨床 29:705(1980)

膣錠

  • 水野重光ほか:産婦人科の世界 34:201(1982)
  • 水野重光ほか:産婦人科の世界 34:541(1982)
  • Kessler,H.J.:Arzneim.-Forsch. Drug Res. 29/Ⅱ(9):1344(1979)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Oyeka, C.A.; Gugnani H.C. (1992年). “Isoconazole nitrate versus clotrimazole in foot and nail infections due to Hendersonula toruloidea, Scytalidium hyalinum and dermatophytes.”. 2008年5月23日閲覧。
  2. ^ Cohen, L. (1984年). “Single dose treatment of vaginal candidosis: comparison of clotrimazole and isoconazole.”. 2008年5月23日閲覧。
  3. ^ アデスタン腟錠300mg 添付文書”. 医薬品医療機器総合機構 (2011年6月). 2016年6月4日閲覧。
  4. ^ アデスタンクリーム1% 添付文書”. 医薬品医療機器総合機構 (2010年4月). 2016年6月4日閲覧。