メインメニューを開く

イデスリー伯爵英語: Earl of Iddesleigh)はイギリス伯爵位。連合王国貴族

イデスリー伯爵
Earldom of Iddesleigh
Coronet of a British Earl.svg
Arms of the Earl of Iddesleigh

紋章記述

Arms of Northcote: Argent, three crosses crosslet in bend sable. Crest: On a chapeau gules turned up Ermine a stag trippant argent. Supporters: On either side a stag proper suspended from the neck by a chain or an escutcheon ermine charged with a pine cone or.
創設時期 1885年7月3日
創設者 ヴィクトリア
貴族 連合王国貴族
初代 第8代准男爵スタフォード・ノースコート
現所有者 5代イデスリー伯ジョン・スタッフォード・ノースコート
相続人 トマス・スタッフォード・ノースコート
相続資格 初代伯の直系嫡出男子
付随称号 セント・サイルス子爵
(ハインの)准男爵
現況 存続
紋章標語 CHRISTI CRUX EST MEA LUX
(The Cross of Christ is my light)

第8代準男爵サー・スタッフォード・ノースコート1885年に叙されたのに始まる。

歴史編集

デヴォンシェリフ庶民院議員も務めるジョン・ノースコート英語版(1600–1676)は、1641年7月16日にイングランド準男爵デヴォン州ヘインのノースコート準男爵(Baronet, of Haine in the county of Devon)に叙された[1]。これがノースコート家が受けた最初の世襲称号だった。

その仍孫である8代準男爵サー・スタッフォード・ノースコート(1818–1887)は、庶民院保守党の指導者となり、第1次ソールズベリー侯爵内閣では第一大蔵卿第2次ソールズベリー侯爵内閣では外務大臣を務めた。彼は1885年7月3日には連合王国貴族デヴォン州セント・サイルスにおけるニュートンのセント・サイルス子爵(Viscount St Cyres, of Newton St Cyres in the County of Devon)とイデスリー伯爵(Earl of Iddesleigh)に叙せられた[2]

これらの爵位はその男系男子によって現在まで継承されている。現在の当主は5代イデスリー伯ジョン・スタッフォード・ノースコート(1957-)である。

一族の本邸はデヴォンエクセターのヘイン(Hayne)である。

現当主の保有爵位編集

現当主である第5代イデスリー伯爵ジョン・スタッフォード・ノースコートは以下の爵位を保有している。[3]

  • 第5代イデスリー伯爵(5th Earl of Iddesleigh)
    (1885年7月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第5代デヴォン州セント・サイルスにおけるニュートンのセント・サイルス子爵(5th Viscount St Cyres, of Newton St Cyres in the County of Devon)
    (1885年7月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • (第12代デヴォン州ハインの)准男爵(12th Baronet, of Haine in the county of Devon)
    (1641年7月16日の勅許状によるイングランド准男爵位)

一覧編集

ヘインのノースコート準男爵 (1641年)編集

イデスリー伯爵 (1885年)編集

法定推定相続人は、現当主の一人息子のセント・サイルス子爵(儀礼称号)トマス・スタッフォード・ノースコート (1985-)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir John Northcote, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Stafford Henry Northcote, 1st Earl of Iddesleigh” (英語). thepeerage.com. 2015年8月11日閲覧。
  3. ^ http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/iddesleigh1885.htm