インターン制度

インターン制度(インターンせいど)とは、1946年から1968年まで、医学部卒業生に課せられた「診療実施修練」のことをいう。かつては、インターン教育を終了していないと、医師国家試験を受験できなかった。

目次

戦時中のインターン教育編集

戦時中の医師不足は深刻であり、七帝大六医大に臨時医学専門部を設置したり、各地に医専・女子医専を急増したが、医師の養成には時間がかかるため、即効性はなかった(詳しくは戦時中の医師不足対策を参照)。

そのため、歯科医師を医学部に編入させて、一年間で医師免許を与えることで、医師不足の解消を図ることが決定された。 1945年3月厚生省は、慶應義塾大学附属医専と慈恵会医科大学附属医専の第三学年に、「臨時科」を設置して、それぞれ160名の歯科医師を編入学させるように指示した。

両校の「臨時科」を、1946年3月に卒業した歯科医師には、国民医療法施行令第一条第一項第一号の規定に基づいて、卒業後六カ月の診療修練を義務づけ、そののちに医師試験を経ることによって、合格者に医師免許を与えることになった。 これが、日本で初めての「インターン教育」と「医師国家試験」の嚆矢である。

第一回医師試験は、「臨時科」出身の歯科医師のみを対象にして、1946年11月に行われた。

戦後のインターン教育編集

1945年、マッカーサー元帥の率いる連合軍総司令部の指導によって、衛生行政・医師教育の改善が指令された。 特に、戦時中は軍医・医師不足から医学専門学校が急増設され、医学教育機関も短縮され、学生は勤労動員に駆り出されるなど、医学教育の内容は、きわめて劣悪なものとなっていた。 戦時中、世界の医学水準は英米を中心に、飛躍的に発展していたが、日本にはその情報も伝わらず、日本の医学水準自体が、すでに世界の医学水準を大きく下回っていた。

そこで、1946年8月30日、勅令402号によって国民医療法施行令が改正され、医師養成機関の卒業生は、実地修練制度(インターン教育)と医師国家試験が義務づけられることになった。

すなわち、大学医学部・医科大学・医学専門学校を卒業した者は、「一年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練」を経ることを、医師免許の前提たる医師国家試験の受験要件としたのである。 1947年3月に卒業した、各大学医学部・医科大学・医専の学生には一年間のインターン教育が行われた。 1948年3月、医学部・医科大学・医専の卒業生を対象にした、第二回医師国家試験が行われ、今日に続いている。

インターン教育その後編集

インターン教育の問題点は、医師の資格を有しない者が、医療行為を行っているという点にある。とりわけ、インターン生の過失に因り医療事故が起こった場合、無資格診療となってしまう。責任の所在も明確ではない。

さらに、インターン生は医学部を卒業しているにもかかわらず、全くの無給であった。 そのため、1967年に東大医学部のインターン生が中心となり、「医師国家試験ボイコット運動」が起こり、それがきっかけとなって、東大紛争がはじまり、1968年には「インターン制度」そのものが廃止される事となった。 (詳しくは研修医の項目参照)

日本国外編集

中華人民共和国では医学部を卒業後に一年間の研修が課せられている。終了後に医師国家試験を受験できる。

スウェーデンでは、5.5年の医学課程修了後、学位が授与され、インターンの国家資格が与えられ、18ヶ月~24ヶ月の初期研修を行う。インターンの国家資格では処方権はない。初期研修修了すると、処方権もついた正式な医師免許、Licence of Practiceが与えられる。

参考文献編集

  • 厚生省医務局 『医制八十年史』、印刷局朝陽会(1955年)