インドにおける大麻文化

インドにおいて大麻は、少なくとも紀元前2000年から宗教的意義から、あるいは大麻の持つ薬効を期待して、嗜好品として様々な形で消費されてきた。インドにおける大麻文化ではこれらインドの伝統に根付く大麻の文化について概説する。なおここでは繊維としての麻は扱わない。

チラムを用いてガンジャを喫煙する人。コルカタ

インド社会で大麻製品と言えば一般的にチャラス英語版(いわゆる大麻樹脂)、ガンジャ(いわゆる乾燥大麻)、バングーの3種を指す。中でもバングーをタンダイ(乳製品)に混ぜ込んだバング・ラッシーは現代インドにおいて最もポピュラーな大麻製品である。


近代以前のインドにおける大麻編集

西暦1000年より以前からインドの文献には「バンガ(Bhanga)」についての記述が見られる。しかしこの「バンガ」が現代のバングーやその他大麻製品を指しているのかどうかという点に関してはサンスクリット学者の間でも議論が残っている[1]

またヴェーダ時代に語られているソーマの原料としてアサ、すなわちカンナビス・サティヴァ英語版が候補の一つとして挙げられる[2]リグ・ヴェーダ(前1700-前1100年)ではソーマは陶酔感をもたらす飲み物として崇められている。

アタルヴァ・ヴェーダ(前1500-前1000年)の第11巻6章15篇では「バンガ」は不安を解消する効果のある神聖な5種類の植物のうちの一つとして語られている。14世紀のヴェーダ研究者サヤナ英語版は「バンガ」を野草の一種として翻訳しているが、多くの学者はこれを大麻草であると比定している[3]

スシュルタ・サンヒター英語: Sushruta Samhita(前600年頃)は薬草としてのバンガについて記されている。それに拠ればバンガはカタル下痢に効果があるとされている[1]

ゲリット・ジャン・メウレンベルド(Gerrit Jan Meulenbeld)とドミニク・ウジャスチクは、議論の余地なく大麻草について触れられているインドの文献で最も早いものはヴァンガセナ(Vangasena)の著したチキツァ・サラ・サングラハ(Chikitsa-sara-sangraha、11世紀)であるとしている。ヴァンガセナは「バンガ」の持つ食欲増進、消化促進効果について触れており、長生きと幸福の秘訣であるとしている。同時期にナラヤン・サルマ(Narayan Sarma)によって記されたタンヴァンタリヤ・ニガンツ(Dhanvantariya Nighantu)ではバンガの催眠作用について触れられている[1]

ナーガルジュナ(Nagarjuna)のヨガラトナマラ(Yogaratnamala、12-13世紀)では大麻草(mdtuldni)の煙を使用すれば、敵にまるで精霊にとりつかれたような感覚を与えることができるとしている。シャルンガダラ・サンヒター(Sharngadhara Samhita、13世紀)では大麻草の薬効が述べられており、ケシとともに即効性のある薬の一つとされている[1]。またダヌヴァンタリ・ニガンツ(Dhanvantari Nighantu)、サルンガンダラ・サンヒター(Sarngandhara Samhita)、カヤデヴァ・ニガンツ(Kayyadeva Nighantu)などにも大麻草に関する記述がある。

アーユルヴェーダでは様々な鎮痛剤催淫剤の材料のとして大麻草が用いられている。しかし使用される大麻草は極少量に限られており、大量の摂取、長期に渡る摂取は依存を招くとしている。またタバコよりも肝臓を痛める可能性があるとする文献も存在するが[4]喫煙による摂取方法は後のアーユルヴェーダからは見られなくなる[5]

ヒンドゥー教の神であるシヴァの好きな食べ物が大麻草であるとされる。神話ではシヴァはアサの下で一晩眠り、翌朝目覚ましにそれを口にして以来、好物になったと語られている。また別の言い伝えではシヴァが乳海攪拌にて猛毒ハラーハラを飲み込んだ際に解毒鎮痛に使われたのがバングーであったとされている。シヴァ・プラーナでは夏季の3ヶ月間は毎日シヴァ・リンガにバングーを捧げるようにすすめている[6]

多くのアーユルヴェーダの文献では大麻草はヴィジャヤ(vijaya)という語で扱われる。一方でタントラではサンヴィド(samvid)という語が用いられる[3]

現代インドでの大麻編集

 
バングーを作るシク教徒。

現代のインドでも大麻はバングーとして一般的である[7]。これはタンダイと混ぜあわされ、ミルクシェイクのような飲み物として消費される。バングーはシヴァ神へのプラサード英語版(お供え物)として用いられ、マハー・シヴァラートリー(シヴァの祭り)やホーリー祭ではお供え物や飲用として広く消費されている[8]シク教でも、特にホラ・モハラ英語: Hola Mohalla(シクの祭り)の期間中などにはシクの聖職、ニハング英語: Nihangによって消費される[9][10]。インドのスーフィー(イスラム神秘主義者)は聖人カディール英語: Khidrの霊が大麻草に宿ると考えており、彼らもまた宗教的な意味からバングーを消費する[11][12]

オディーシャ州では大麻の摂取は合法であり、人々がチラムを用いて喫煙する様子を伺うことができる[13]

バングーが明確に違法化されているアッサム州でさえアムブバチ・メーラ(Ambubachi Mela、祭り)の期間中は数千の人々によってバングーが消費される。2015年には警察はバングーを消費してる信者たちを一切咎めなかったにも関わらず、公共の場でタバコを吸っていた2人に罰金を課している。これは紙タバコ及びタバコ製品法により禁じられている行為である[14]

国連薬物犯罪事務所(UNODC)によれば2000年時点で、インドでの大麻による薬物乱用者数の占める割合は全体の3.2パーセントであった[15]

法的な扱い編集

 
ガバメント・バングー・ショップ。ほとんどの州では政府の認定を受けたものだけがバングーの販売を許可されている。

イギリス植民地時代に大麻を違法化しようという試みがあり、1838年、1871年、1877年の3度にわたりに議題にあがっている[16]

1961年の国際条約、麻薬に関する単一条約では大麻はハード・ドラッグに分類された。この交渉の中でインド代表は、インドの社会的宗教的習慣から大麻の規制は承服できないとして反発した。妥協案として、インド政府はインド産の麻の輸出の制限を受け入れ、また条約の草案において「大麻(カンナビス)」について以下のように定義されることとなった[17]

大麻(Cannabis)とは、開花した、若しくは結果した大麻草の、樹脂の取り除かれていない花冠を指し、どのような名称で識別されているかは問わない。また花冠を伴わない種子と葉はこの定義に含まれない。 — Commentary on the Single Convention on Narcotic Drugs, 1961: Paragraph I, subparagrah (b).[18]

したがってバングーは花冠を原料に使わない限りにおいては「大麻(カンナビス)」の定義からは外れることとなった。インドはこれによりホーリー祭における公然の大規模なバングー消費の習慣を続けることが許されることとなった。この条約は娯楽目的の使用に関してもインドに25年の猶予を与えた。インド政府は1985年に麻薬及び向精神薬に関する法律(NDPS)を施行している[19]。このNDPSでも「大麻」の定義について麻薬に関する単一条約と同様の定義をしている。

「大麻」とは:

(a) チャラス、すなわち大麻草から抽出された樹脂を指す。これは粗製のもの、精製されたものを問わず、凝縮されたものやハシシ・オイルとして知られる液状のものも含まれる。
(b) ガンジャ、すなわち大麻草の開花した、若しくは結果した大麻草の、樹脂の取り除かれていない花冠を指し、どのような名称で識別されているかは問わない。また花冠を伴わない種子と葉はこの定義に含まれない。

(c) 基材を用いたもの、用いていないものを問わず上に定義された「大麻」を含む混合物、飲み物を指す。 — NDPS Act, 1985: I.2.iii[20]

麻薬及び向精神薬に関する法律(NDPS)では大麻の樹脂と花冠の販売と製造を禁止したが、葉と種子に関しては規制を設けずにこれらは州の判断にゆだねた[21]

2015年には大麻草を再び合法化しようという動きがあり、グレート・インディア・リガリゼィション・ムーヴメントという組織によりバンガロールプネームンバイデリーにて医療大麻に関する会議が開かれた[22]

地域による規制編集

麻薬及び向精神薬に関する法律(NDPS)はバングーの消費を認めているがそれぞれの州に州法の規定がある。[23]

アッサム州のみ1958年よりガンジャ、バングーの販売、購入、所有、消費を禁止している[24][14]

マハーラーシュトラ州では1949年よりバングー及びバングーを含む製品の製造、所有、消費には免許が発行されている[25]

関連項目編集

参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Ethan Russo (2006). Raphael Mechoulam英語版. ed. Cannabis in India: ancient lore and modern medicine. Springer. pp. 3–5. ISBN 9783764373580. http://www.drugpolicy.org/docUploads/Russo_CannabisInIndia_Mechoulam2005.pdf 
  2. ^ Chris Bennett (2010年). “Cannabis and the Soma Solution”. Trine Day. ISBN 9781936296323. https://books.google.ca/books?id=-AMCBAAAQBAJ&printsec=frontcover 
  3. ^ a b Chris Conard (1997). Hemp for Health. Inner Traditions. pp. 43–44. ISBN 9780892815395. https://books.google.ca/books?id=rS381BP25Q8C&pg=PA43 
  4. ^ Frawley, David (2012). Soma in Yoga and Ayurveda: The Power of Rejuvenation and Immortality. Lotus Press. pp. 156. ISBN 0940676214. https://books.google.co.in/books?id=6oTYbTZsthwC&pg=PA156&dq=cannabis+ayurveda&hl=en&sa=X&ved=0CCgQ6AEwAmoVChMIqZvQwNvZxgIVplKmCh0yEALv#v=onepage&q=cannabis%20ayurveda&f=false 2015年7月14日閲覧。 
  5. ^ Gilman, Sander L. (2004). Smoke: A Global History of Smoking. Reaktion Books. pp. 74. ISBN 1861892004. https://books.google.co.in/books?id=mM5bYb_uVcwC&pg=PA74&dq=cannabis+ayurveda&hl=en&sa=X&ved=0CEQQ6AEwCGoVChMIqZvQwNvZxgIVplKmCh0yEALv#v=onepage&q=cannabis%20ayurveda&f=false 2015年7月14日閲覧。 
  6. ^ Tod Mikuriya (1994). Excerpts from the Indian Hemp Commission Report. Last Gasp. pp. 38. ISBN 0867194200. https://books.google.co.in/books?id=Bq9Qm-7Q95sC&pg=PA38&dq=bhang+shiva&hl=en&sa=X&ei=uLijVZq9DojluQTfpJrACQ&ved=0CBwQ6AEwAA#v=onepage&q=bhang%20shiva&f=false 2015年7月13日閲覧。 
  7. ^ Leslie L. Iversen (6 November 2007). The Science of Marijuana. Oxford University Press. pp. 18–. ISBN 978-0-19-979598-7. http://books.google.com/books?id=l8O2OMNLNtcC&pg=PA18 
  8. ^ “Bhang, thandai market booms”. The Times of India. (2014年2月27日). http://timesofindia.indiatimes.com/city/varanasi/Bhang-thandai-market-booms/articleshow/31119697.cms 
  9. ^ Hola Mohalla: United colours of celebrations,
  10. ^ Mad About Words”. Telegraphindia.com (2004年1月3日). 2014年1月4日閲覧。
  11. ^ Lloyd Ridgeon (2006). Sufi Castigator: Ahmad Kasravi and the Iranian Mystical Tradition. Routledge. p. 30. ISBN 9781134373987. https://books.google.ca/books?id=9XM4AAAAQBAJ&pg=PT28 
  12. ^ Michael Knight (2009). Journey to the End of Islam. Soft Skull. p. 28. https://books.google.ca/books?id=9XM4AAAAQBAJ&pg=PT28 
  13. ^ Deeptiman Tiwary (2015年3月29日). “Cannabis ban is elitist. It should go: Tathagata Satpathy”. http://timesofindia.indiatimes.com/india/Cannabis-ban-is-elitist-It-should-go-Tathagata-Satpathy/articleshow/46732106.cms 
  14. ^ a b Samudra Gupta Kashyap (2015年6月23日). “Kamakhya ushers in annual festival, with annual cannabis problem”. http://indianexpress.com/article/india/india-others/kamakhya-ushers-in-annual-festival-with-annual-cannabis-problem/99/ 
  15. ^ Report of the International Narcotics Control Board (2008). DIANE Publishing. (May 2009). pp. 90–. ISBN 978-1-4379-1361-3. http://books.google.com/books?id=KFGKfe8UskkC&pg=PA90 
  16. ^ A Cannabis Reader: Global Issues and Local Experiences : Perspectives on Cannabis Controversies, Treatment and Regulation in Europe. European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction. (2008). p. 100. ISBN 978-92-9168-311-6. http://books.google.com/books?id=d_ElAQAAMAAJ 
  17. ^ Gabriel G. Nahas英語版 and Henry Clay Frick (2013). Drug Abuse in the Modern World: A Perspective for the Eighties. Elsevier. p. 262. https://books.google.ca/books?id=Ka8gBQAAQBAJ&pg=PA262 
  18. ^ Commentary on the Single Convention on Narcotic Drugs, 1961
  19. ^ Manoj Mitta (2012年11月10日). “Recreational use of marijuana: Of highs and laws”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/india/Recreational-use-of-marijuana-Of-highs-and-laws/articleshow/17165524.cms?referral=PM 
  20. ^ Narcotic Drugs and Psychotropic Substances Act (India). Chapter I, Section 2.iii
  21. ^ Jonathan P. Caulkins; Angela Hawken; Beau Kilmer; Mark Kleiman (14 June 2012). Marijuana Legalization: What Everyone Needs to KnowRG. Oxford University Press. pp. 139–. ISBN 978-0-19-991372-5. http://books.google.com/books?id=MRFpAgAAQBAJ&pg=PA139 
  22. ^ City to host country’s first ‘legalise marijuana’ meet”. Bangaloremirror. 2015年7月13日閲覧。
  23. ^ Aditi Malhotra (2015年3月6日). “Is it Legal to Get High on Bhang in India?”. 18 November, 2015閲覧。
  24. ^ Assam Gania and Bhang Prohibition Act, 1958
  25. ^ Vaibhav Ganjapure (2012年6月28日). “'Bhang' is intoxicant, its possession is prohibited: HC”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/city/nagpur/Bhang-is-intoxicant-its-possession-is-prohibited-HC/articleshow/14439220.cms 

外部リンク編集