イーストマン音楽学校

アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスターに本部を置く音楽大学

イーストマン音楽学校(イーストマンおんがくがっこう、英語: Eastman School of Music)は、ニューヨーク州ロチェスターに本部を置くアメリカ合衆国音楽大学である。1921年に設置された。

イーストマン音楽学校
Eastman School of Music - general view.jpg
大学設置/創立 1921年
学校種別 音楽
設置者 ジョージ・イーストマン
本部所在地 ニューヨーク州ロチェスター
学生数 900
ウェブサイト https://www.esm.rochester.edu/
テンプレートを表示

ロチェスター大学の音楽の専門学校である。ジュリアード音楽院カーティス音楽学校と並んで水準の高い音楽機関であると考えられている。

設立・沿革編集

1921年コダックの創設者で慈善家のジョージ・イーストマンによって設立された。[1] [2] [3]

同年、ノルウェーピアニストアルフレッド・クリンゲンベルグが初代音楽監督に就任。1924年、作曲家ハワード・ハンソンが後任に就任し、米国初の音楽博士号(Doctor of Musical Arts Degree)を創設[4]するなど、引退までの40年間にわたって学校の発展に大きく寄与した。

1964年のハンソンの引退後、指揮者ワルター・ヘンドルが後任に就任し、1972年まで音楽監督を務め、その後、ピアニストで音楽学者のロバート・フリーマンが1972年から1996年まで音楽監督を務めた。フリーマンの辞任後、ジェームズ・アンダーコフラーが音楽監督兼学部長に任命され、2006年にフィラデルフィア管弦楽団のCEO就任に伴い辞任するまでその地位にあった。2006年4月、イーストマン音楽学校の卒業生でもあるジャマル・ロッシが暫定学部長に任命される。2007年5月21日、作曲者・指揮者であり、シンシナティ大学College-Conservatory of Musicの学部長を務めていたダグラス・ローリーがイーストマン音楽学校の学部長に任命された[5] 。ローリーが2013年に亡くなった後、ジャマル・ロッシが学部長に任命された。

組織・教育体制編集

今日、イーストマン音楽学校には900人以上の在籍者(500人の学生と400人の大学院生)がいる。アメリカ全土から学生が来ており、またおよそ25%の学生は外国人である。毎年、2000人を越える志願者からおよそ260人(135人の学生と125人の大学院生)が選ばれて入学する。

主な出身者編集

脚注編集

  1. ^ Pratt, Waldo Selden (1920-01-01) (英語). Grove's Dictionary of Music and Musicians: Being the Sixth Volume of the Complete Work. American supplement. Macmillan Company. https://books.google.com/books?id=JLEqAAAAYAAJ 
  2. ^ Cattell, James McKeen (1919-01-01) (英語). School and Society. Society for the Advancement of Education. https://books.google.com/books?id=JNYLAQAAIAAJ 
  3. ^ Almanac: The birth of Kodak”. Sunday Morning. CBS Interactive. 2014年6月30日閲覧。
  4. ^ Latimer, Marvin E. (2010). “The Nation's First D.M.A. in Choral Music: History, Structure, and Pedagogical Implications”. Journal of Historical Research in Music Education 32 (1): 19–36. ISSN 1536-6006. http://www.jstor.org/stable/20789877. 
  5. ^ REMEMBERING DOUGLAS LOWRY”. Eastman School of Music. 2020年1月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集