フレデリック・フェネル

アメリカ合衆国の指揮者
フレデリック・フェネル

フレデリック・フェネル(Frederick Fennell, 1914年7月2日 - 2004年12月7日[1]、90歳没)は、アメリカ合衆国指揮者

吹奏楽界で、ジョン・フィリップ・スーザ以来最も指導力と影響力を持つ指揮者の1人であったとも評される[2]

人物・来歴編集

オハイオ州クリーブランド生まれ。幼少の頃から音楽教育を受け、高校時代にはアルバート・オースティン・ハーディングに指揮を師事する。

イーストマン音楽学校にて打楽器を専攻、1937年には学士号1939年には修士号を取得した[1]

その後、ロチェスター大学に学んだ後、20歳を過ぎ、奨学生としてザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学、1939年、校長のハワード・ハンソンに認められイーストマン音楽学校指揮科の教授に就任した。

イーストマン・オペラ劇場の音楽監督及びイーストマン室内オーケストラの指揮者を歴任した。

豊かな音色と緻密な合奏効果を得る目的でウインド・アンサンブルを提唱し、1952年、世界初のウインド・アンサンブルであるイーストマン・ウインド・アンサンブルを創立した[1]

1962年に教授職を辞職する。1965年にはマイアミ大学の交響楽団と管楽アンサンブルの指揮者、1980年からは名誉指揮者として活躍した[3]

1984年1月には東京佼成ウインドオーケストラの常任指揮者に就任[1]1996年には、同楽団より活動の功績を讃え、桂冠指揮者の称号を与えられた。

1997年5月には、アイダホ州立大学より、名誉称号である「Doctor of music」を受ける。

2004年12月7日、アメリカ・フロリダ州の自宅にて死去。90歳没。

フェネルの存在なしに現在の吹奏楽はあり得なかったと評される。

受賞歴編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ a b c d e f g イーストマン・ウインド・アンサンブルの創設者である フレデリック・フェネル氏永眠、享年90歳。 | 吹奏楽マガジン Band Power” (日本語) (2004年11月17日). 2020年1月11日閲覧。
  2. ^ Reynish, Timothy (2005年2月8日). “Obituary: Frederick Fennell” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/news/2005/feb/08/guardianobituaries.artsobituaries 2020年1月11日閲覧。 
  3. ^ a b 東京佼成ウインドオーケストラ|フレデリック・フェネル|” (日本語). 東京佼成ウインドオーケストラ Tokyo Kosei Wind Orchestra. 2020年1月11日閲覧。
  4. ^ 1991年 第 1回 日本吹奏楽アカデミー賞 (PDF)”. 一般社団法人日本管打・吹奏楽学会. 2020年1月11日閲覧。
  5. ^ Award Winners”. web.archive.org (2006年10月6日). 2020年1月11日閲覧。

関連項目編集

先代:
-
イーストマン・ウインド・アンサンブル
指揮者
1952年 - 1962年
次代:
クライド・ローラー