メインメニューを開く

ウィー・トーマス』(英語: The Lieutenant of Inishmore、原タイトルの意味は『イニシュモアの中尉』)はアイルランド系イギリス人の劇作家マーティン・マクドナーによる戯曲で、アイルランドアラン諸島にあるイニシュモア島を舞台とするブラックコメディである[1]。2001年にストラトフォード=アポン=エイヴォンにてロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにより初演された。日本語タイトルは作中に登場するネコの名前である。1996年の『イニシュマン島のビリー』及び未上演の『イニシィア島のバンシー』(The Banshees of Inisheer)とあわせてマクドナーのアラン諸島三部作を構成する[2]

ウィー・トーマス
(The Lieutenant of Inishmore)
脚本 マーティン・マクドナー
初演日 2001
初演場所 ストラトフォード=アポン=エイヴォン、ジ・アザー・プレイス
オリジナル言語 英語
ジャンル 喜劇
舞台設定 1993年、ゴールウェイ州のイニシュモア島

目次

登場人物編集

  • パドレイク…20~25歳くらいの男性、メインキャスト[3]。アイルランド国民解放軍(INLA)の中尉である。
  • デイヴィ…17歳の少年、メインキャスト[4]
  • ドニー…45~50歳くらいの男性、メインキャスト。
  • マレード…16歳の少女、メインキャスト[4]
  • クリスティ…30~50歳の男性、助演。
  • ブレンダン…18~25歳くらいの男性、助演。
  • ジョーイ…18~25歳くらいの男性、助演。
  • ジェイムズ…18~25歳くらいの男性、助演。

あらすじ編集

概要編集

舞台は1993年のアイルランドである。北アイルランドの和平プロセスは初期段階でつまずいている。通称「狂ったパドレイク」と呼ばれているパドレイクは、あまりにも狂気じみているためアイルランド共和国軍(IRA)ですら活動できず、過激な分派であるアイルランド国民解放軍(INLA)で中尉をしている男である。ベルファストで麻薬売人ジェイムズを拷問していた時に、愛猫ウィー・トーマスが不調だというニュースを受け取る。パドレイクはイニシュモア島に帰郷するが、実はウィー・トーマスは病気ではなく頭をたたき割られて死んでおり、パドレイクの怒りを恐れた父親ドニーと近所の少年デイヴィがことを丸く収めるため病死したことにしようとしていただけだった。ドニーとデイヴィは、デイヴィの妹マレードのネコ、サー・ロジャーを盗んでウィー・トーマスのふりをさせ、誤魔化そうとしていた。真相を知って激怒したパドレイクは、サー・ロジャーを殺し、ドニーとデイヴィも殺そうとするが、そこへINLAのメンバーであるクリスティとブレンダン、ジョーイが入ってくる。INLAは手に負えないパドレイク暗殺を企てて三人をこの島に送り込んでいた。三人はパドレイクを外に引きずり出して殺そうとするが、射撃の達人であり、パドレイクに恋をしているマレードが三人の目を撃ち抜いて逆襲する。クリスティは自分たちがウィー・トーマスを殺したと告白し、パドレイクはクリスティをバラバラにする。パドレイクとマレードは愛し合うようになるが、パドレイクがサー・ロジャーを殺したと察したマレードはバドレイクを殺す。最後に死んだはずのウィー・トーマスが現れ、最初に死んだネコはウィー・トーマスではなかったことがわかる。

第1場編集

ドニーの家。十代の少年デイヴィは近所のドニーの家に飼い猫ウィー・トーマスの死体を運び込み、道路で死んでいるところを見つけたと説明する。黒猫ウィー・トーマスは頭を割られて殺されており、ドニーはデイヴィが自転車で轢いたのだろうと疑うが、デイヴィは否定する。ドニーは、ウィー・トーマスは実は自分のネコではなく、息子でアイルランド国民解放軍(INLA)の中尉であるパドレイクの愛猫だと説明する。パドレイクはアイルランド共和国軍(IRA)から追い出されるほど暴力的な男だが、ウィー・トーマスのことは15年間も可愛がっていた。ドニーは、デイヴィがネコを殺したと認めれば秘密にしておいてやると言い、デイヴィは押されて一応、認める。ドニーはウィー・トーマスが病死したことにするため、息子のパドレイクに電話してネコが病気だというウソを伝えようと決める。

第2場編集

北アイルランドの倉庫。パドレイクがカトリックマリファナを売った麻薬売人ジェイムズを逆さづりにし、足の爪をはがす拷問をしている。パドレイクはジェイムズの乳首を切り落とそうとするが、そこで父ドニーから電話があり、ネコのウィー・トマスが病気だと伝えられる。パドレイクは泣いてすぐイニシュモア島に帰ると伝える。ジェイムズがネコ好きで、ウィー・トーマスを心配しているのを見たパドレイクは、もうマリファナを売るなと釘を刺してジェイムズを解放する。

第3場編集

路上。デイヴィの妹マレードは、ウィー・トーマスの死に怒って自転車をいじっていたデイヴィの頬を空気銃で撃つ。16歳のマレードは牛の目を撃って射撃の腕を上げており、食肉産業へのテロ行為だとうそぶいている。デイヴィは自分はウィー・トーマスを殺していないと言い張り、マレードと言い争う。話の内容から、マレードが自分と同じくネコ好きのパドレイクに恋心を抱いていて、政治的立場にも共感していることがわかる。デイヴィは、ドニーがウィー・トーマスのかわりになる黒猫を探していると説明する。そこへクリスティという男が通りかかり、パドレイクの友人だと名乗って、デイヴィをウィー・トーマス殺しでなじるが、デイヴィは否定する。デイヴィはパドレイクは翌日午後に戻るとクリスティに伝え、クリスティは去る。マレードはデイヴィの自転車を壊す。

第4場編集

ドニーの家。ウィー・トーマスに似たネコが見つからなかったため、マレードが飼っているオレンジ色のネコ、サー・ロジャーを盗んで靴墨で黒く塗ろうとしていた。ドニーもデイヴィもこの計画は無理があるとわかっており、酒を飲んで話し合う。

第5場編集

路上。クリスティとブレンダン、ジョーイが座っており、この三人はINLAのメンバーでパドレイクを殺しにきたことがわかる。実はクリスティとブレンダンがウィー・トーマスを殺したのであり、これはパドレイクをイニシュモア島に帰郷させて無防備なところを殺すための作戦だった。三人は言い争うが、これをマレードがこっそり立ち聞きしていた。

第6場編集

早朝の波止場。パドレイクが船から下りるとマレードが待っている。アイルランドのために戦いたいというマレードをパドレイクはバカにし、マレードが色目を使ってもはねつける。マレードは不機嫌になり、ドニーからのニュースとしてウィー・トーマスは「最悪は脱した」と伝える。パドレイクは喜んでマレードにキスするが、マレードはパドレイクを掴んでより強くキスする。パドレイクは混乱しながら家に戻ろうとする。

第7場編集

ドニーの家。デイヴィとドニーが酔っぱらいながらサー・ロジャーの細工を仕上げようとしている。デイヴィはウィー・トーマスの墓にたてる十字架も作った。ドニーはデイヴィに午前九時に起こすよう頼み、ふたりは寝てしまう

第8場編集

午後、ドニーの家。デイヴィはドニーが寝過ごしていると、パドレイクが帰ってくる。パドレイクはお墓の十字架を見つけて激怒し、ふたりを起こしてウィー・トーマスのことを問い詰める。ふたりはサー・ロジャーを指して、病気のせいでオレンジになり、靴墨のにおいがするようになったと言うが、パドレイクは全く騙されず、怒ってネコを撃つ。ドニーとデイヴィを縛り上げ、ようやくウィー・トーマスが死んだときかされる。パドレイクはウィー・トーマスの死の責任をとらせるためふたりを撃とうとするが、そこにクリスティとブレンダン、ジョーイが入ってきてパドレイクに銃をつきつけ、手を縛る。INLAの三人の説明によると、組織は庇護下にある麻薬売人をパドレイクが拷問したことと、パドレイクが分派であるINLAからさらに分派を作る話をしていたことに怒っており、またクリスティの片目がなくなったこともパドレイクのせいだとわかる。パドレイクは家から引きずり出されながら、戻ってきてデイヴィとドニーを殺すと誓う。外で射撃音が聞こえ、命拾いしたかと思うドニーとデイヴィだが、INLAの三人がマレードの射撃で目をつぶされて戻ってくる。パドレイクとマレーが手をつないで家に戻り、パドレイクは三人を射つ。パドレイクはマレードにアイルランドのために一緒に戦ってくれるかと頼み、マレードは承諾する。愛し合うよになったふたりはドニーとデイヴィを殺そうとするが、そこでクリスティが弱々しく自分がウィー・トーマスを殺したと告白する。パドレイクはクリスティを死ぬまで拷問しようとする。

第9場編集

夕方。パドレイクはクリスティをバラバラにし、ドニーの裏庭から掘り出したウィー・トーマスの死体にしがみついている。ドニーとデイヴィは嫌々ながらブレンダンとジョーイの死体切断をやらされている。マレードとパドレイクは将来の相談をし、パドレイクは「ウィー・トーマス軍団」という分派を作ろうと提案し、マレードに求婚する。マレードはサー・ロジャーの死体を見つけ、キスで油断したパドレイクを射殺する。マレードはドニーとデイヴィに片付けるように言って、自ら「イニシュモアの中尉」を名乗って出ていく。ドニーとデイヴィが嘆いていると、急にネコが入って来て、ウィー・トーマスだとわかる。殺されたネコはウィー・トーマスではなかった。四人の男と二匹のネコが死んだのにウィー・トーマスが生きているということにショックを受けたドニーとデイヴィはこのネコを殺そうとするが、できない。結局、ウィー・トーマスにえさをやる。

上演編集

英語版編集

イギリス編集

マクドナーは本作を1994年頃には書き始めていたが、北アイルランド問題を扱った政治的かつ暴力的な内容ゆえに引き受ける劇場が見つからず、初演までには7年かかった[5]。マクドナーは2000年に本作をロイヤル・コート劇場に送ったが、上演を断られた[6]。結局、2001年5月にストラトフォード=アポン=エイヴォンのジ・アザー・プレイスにて、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにより初演されることとなった[7]。その後、2002年にロンドンのピット劇場及びギャリック劇場その他を巡業した[8]。2003年度のローレンス・オリヴィエ賞では最優秀コメディ賞を受賞している[9]

2008年にはアーチウェイ・シアターがサリー州ホーリーにて本作を上演した[10]

2018年の6月から9月にかけて、ノエル・カワード劇場にてマイケル・グランデージ演出、エイダン・ターナー主演で上演された[11]

アイルランド編集

2003年10月、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによるツアーでダブリン初演となったが、巡業メンバーの演技が非常に不評で、不入りであった[12]

アメリカ合衆国編集

2006年2月27日にニューヨークにてアトランティック・シアター・カンパニーが再演を行い、ウィルソン・マイラムが演出をつとめ、デイヴィッド・ウィルモットがパドレイク役、ドーナル・グリーソンがデイヴィ役を演じた[13]。ルシール・ローテル賞にノミネートされた他、マーティン・マクドナーはオビー賞を受賞した[14]

2007年には、スチュアート・カーデンが演出をつとめ、ピッツバーグ・アイリッシュ・アンド・クラシカル・シアターにてペンシルヴェニア州ピッツバーグで上演された[15]。同年にフロリダ州コーラル・ゲーブルズにあるゲーブルステージにてジョセフ・アドラーの演出で上演された他、ニューメキシコ州アルバカーキのセル劇場にて、じゃクリーン・リードの演出により、フュージョン・シアター・カンパニーも本作を上演している[16][17]

2008年にはスチュアート・カーデンの演出により、ミズーリ州セントルイスでレパートリー・シアター・オヴ・セントルイスが本作を上演した[18]。この上演はケヴィン・クライン賞で五部門にノミネートされ、パドレイク役のデヴィッド・ウェイランが主演男優賞を受賞した[19]。同年にはテキサス州ヒューストンのアリー・シアターにて、グレゴリー・ボイドの演出で上演された他、コロラド州デンヴァーのキュリアス・シアター・カンパニーがチップ・ウォルトン演出版を、サンホセ州立大学がマシュー・スパングラー演出版を、マサチューセッツ州ボストンのアーセナル・センター・フォー・アーツにてニュー・レパートリー・シアターがデイヴィッド・R・ギャモンズ演出版を上演している[20][21][22]

2009年にはフロリダ州タンパでジョブサイト・シアターがストラッツ・センター・フォー・パフォーミング・アーツにてデヴィッド・M・ジェンキンズ演出版が、カリフォルニア州バークリーでバークリー・レパートリー・シアターがローダ・シアターにてレス・ウォーターズ演出版を、イリノイ州スコウキーのノースライト・シアターにてB・J・ジョーンズ演出版が上演された[23][24][25]

2010年にはセンター・シアター・グループがロサンゼルスのマーク・テイパー・フォーラムにて本作を上演し、アメリカ初演時同様ウィルソン・マイラムが演出をつとめ、クリス・パインがパドレイク役を演じた[4]

オーストラリア編集

2003年にシドニーのベルヴォワ・ストリート・シアターでニール・アームフェルド演出により、カンパニーBが本作を上演した[26]。前年に多数のオーストラリア人が犠牲となったバリ島爆弾テロ事件が発生しており、そうした政情を反映した上演であった[26]。アームフェルドがこの芝居をとりあげた背景には、当時首相であったジョン・ハワード政権や、オーストラリアによるイラク戦争への協力に対する批判があった[26]

2008年にクイーンズランド州ブリスベンのスー・ベナー・シアターがスコット・ウィットの演出により本作を上演した[27]

日本語版編集

2003年8月にPARCO劇場にて、目黒条訳、長塚圭史演出で上演された[28]。パドレイク役は北村有起哉、マレード役はさとうやすえ、デイヴィー役は中山祐一朗、ブレンダン役は加藤啓、ジェイムズ役は保村大和、ジョーイ役は六角慎司、クリスティ役は三宅弘城、ダニー役は板尾創路がつとめた[28]。長塚が自作以外で演出を手がけた舞台は本作が初めてである[29]

本公演は2006年6月から7月にかけて東京グローブ座でプレビュー公演ののち、PARCO劇場で再演された[30]名古屋市金山にある市民会館中ホールでも上演されている[31]。パドレイク役を高岡蒼甫、マレード役を岡本綾、デイヴィー役を少路勇介、ブレンダン役をチョウソンハ、ジェイムズ役を今奈良孝行、ジョーイ役を富岡晃一郎、クリスティ役を堀部圭亮、ダニー役を木村祐一がつとめた[30]。演出家の長塚はこのプロダクションで読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞している[32]

その他の言語編集

ハンガリー語版が2002年9月にブダペストで、2003年11月にカポシュヴァールで上演され、この二つは非常に異なるアプローチによる演出であった[33]。前者は様式的な演出スタイルをとっていたが、後者はライヴのロック演奏などを取り入れた派手な笑劇であった[33]

トルコ語版が2003年12月、イスタンブール爆弾テロ事件英語版の直後に、イスタンブールにてメフメト・エルゲンの演出・翻訳により上演された[26]。また、ペルーリマにあるテアトロ・ラ・プラザISILでEl Teniente de Inishmoreとして2008年に上演されている[34]。2014年にはイランテヘランで上演されている[35]

受賞編集

  • 2003 Olivier Award for Best New Comedy
  • 2006 Alfréd Radok Award for Best Play
  • 2006 Lucille Lortel Award for Outstanding Play
  • 2006 Lucille Lortel Award for Outstanding Lead Actor - デイヴィッド・ウィルモット
  • 2006 Obie Award for Playwriting - マーティン・マクドナー
  • 2007 読売演劇大賞優秀演出家賞 - 長塚圭史[32]
  • 2009 Jeff Award for Outstanding Achievements in Special Effects - スティーヴ・トリン
  • 2009 San Francisco Bay Area Critics Circle Award for Best Supporting Actor - アダム・ファラビー
  • 2009 San Francisco Bay Area Critics Circle Award for Fight Director - デイヴ・メイアー
  • 2009 San Francisco Bay Area Critics Circle Award for Best Ensemble
  • 2010 Los Angeles Drama Critics Circle Award for Lead Performance - クリス・パイン[36]

戯曲の刊行情報編集

  • McDonagh, Martin (2001). The Lieutenant of Inishmore. London: Methuen. ISBN 0-413-76500-8. 
  • マーティン・マクドナー『ウィー・トーマス』目黒条訳、パルコ、2006年。[37]

脚注編集

  1. ^ Charles McNulty (2012年7月12日). “Theater review: 'The Lieutenant of Inishmore' at the Mark Taper Forum”. Los Angels Times. 2018年1月5日閲覧。
  2. ^ Dinah Birch, ed. (2009). The Oxford Companion to English Literature. Oxford University Press.
  3. ^ Stage Agent. Date accessed: 7 November 2010.
  4. ^ a b c Reiner, Jay (2010年7月13日). “'The Lieutenant of Inishmore' a gruesome pleasure”. Reuters. https://www.reuters.com/article/2010/07/14/us-stage-lieutenant-idUSTRE66D06F20100714 2011年5月9日閲覧。 
  5. ^ Patrick Lonergan, The Theatre and Films of Martin McDonagh (Methuen, 2012), pp. 89 - 90 .
  6. ^ Christopher D. Shea (2015年9月15日). “Martin McDonagh’s ‘Hangmen,’ a Mordant Stage Homecoming in London”. New York Times. 2018年1月5日閲覧。
  7. ^ RSC Performance History”. Royal Shakespeare Company. 2018年1月5日閲覧。
  8. ^ The Lieutenant of Inishmore”. Shakespeare Birthplace Trust. 2018年1月5日閲覧。
  9. ^ Olivier Winners 2003”. Oliver Awards. 2011年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月5日閲覧。
  10. ^ Past Productions”. Archway Theatre. 2018年1月5日閲覧。
  11. ^ The Lieutenant of Inishmore”. Michael Grandage Company. 2018年1月5日閲覧。
  12. ^ Patrick Lonergan, 'Martin McDonagh, Globalization, and Irish Theatre Criticism', Lilian Chambers and Eamonn Jordan, ed., The Theatre of Martin McDonagh: A World of Savage Stories (Carysford Oress, 2006): 295 - 323, p. 299 - 300.
  13. ^ David Rooney (2006年2月27日). “The Lieutenant of Inishmore”. Variety. 2018年1月5日閲覧。
  14. ^ The Lieutenant of Inishmore”. The Lortel Archives. 2018年1月5日閲覧。
  15. ^ Monica Fay Anderson, "(Review) The Lieutenant of Inishmore", Theatre Journal, 62.2 (2008): 294-298.
  16. ^ Lieutenant of Inishmore”. GableStage. 2018年1月5日閲覧。
  17. ^ Review: The Lieutenant of Inishmore by Martin McDonagh (Oct. 27)”. Albuquerque Journal (2007年10月27日). 2018年1月5日閲覧。
  18. ^ The Lieutenant of Inishmore”. The Repertory Theatre of St. Louis. 2018年1月5日閲覧。
  19. ^ Winners Announced for 4th Annual Kevin Kline Awards; Rep Theatre of St. Louis Leads Pack”. Broadway World (2009年3月31日). 2018年1月5日閲覧。
  20. ^ Lee Williams (2008年2月6日). “There Will Be Blood in The Lieutenant of Inishmore”. The Houston Press. 2018年1月5日閲覧。
  21. ^ John Moore (2008年3月5日). “Tables turned on actor’s bloody past”. The Denver Post. 2018年1月5日閲覧。
  22. ^ Louise Kennedy (2008年10月31日). “Seeing red in 'Inishmore'”. Boston Globe. Boston.com. 2018年1月5日閲覧。
  23. ^ The Lieutenant of Inishmore”. Jobsite Theater. 2018年1月5日閲覧。
  24. ^ The Lieutenant of Inishmore”. Berkeley Repertory Theatre. 2018年1月5日閲覧。
  25. ^ THE LIEUTENANT OF INISHMORE Runs 4/29-6/7 At Northlight Theater”. Broadway World (2009年4月29日). 2018年1月5日閲覧。
  26. ^ a b c d Patrick Lonergan, 'Martin McDonagh, Globalization, and Irish Theatre Criticism', Lilian Chambers and Eamonn Jordan, ed., The Theatre of Martin McDonagh: A World of Savage Stories (Carysford Oress, 2006): 295 - 323, p. 299.
  27. ^ The Lieutenant of Inishmore”. AusStage. 2018年1月5日閲覧。
  28. ^ a b ウィー・トーマス”. Parco Stage. 2018年1月5日閲覧。
  29. ^ 「長塚圭史が翻訳劇を初演出 「ウィー・トーマス」、来月4日から東京・渋谷で」『読売新聞』2003年7月23日東京夕刊、p. 14。
  30. ^ a b ウィー・トーマス”. Parco Stage. 2018年1月5日閲覧。
  31. ^ 「黒い笑い 長塚圭史演出「ウィー・トーマス」 22日、名古屋・市民会館 【名古屋】 」『朝日新聞』2006年6月14日夕刊、p. 5。
  32. ^ a b 読売演劇大賞 第14回(2007年)受賞結果”. 読売新聞. 2018年1月5日閲覧。
  33. ^ a b Péter P. Müller, 'Domesticating a Theatre of Cruelty: The Plays of McDonagh on the Hungarian Stage', Lilian Chambers and Eamonn Jordan, ed., The Theatre of Martin McDonagh: A World of Savage Stories (Carysford Oress, 2006): 324 - 337, pp. 332- 33.
  34. ^ New Rep Theatre to Present 'Lieutenant of Inishmore' Starting 10/29”. Broadway World (2008年10月29日). 2018年1月5日閲覧。
  35. ^ Hadi Hirbodvash (2014年12月30日). “McDonagh’s The Lieutenant of Inishmore on Tehran stage”. Mehr New Agency. 2018年1月9日閲覧。
  36. ^ 2010 Awards”. Los Angeles Drama Critics Circle. 2018年1月5日閲覧。
  37. ^ ウィー・トーマス [戯曲本]” (日本語). PARCO STAGE SHOP. 2018年4月3日閲覧。

外部リンク編集