ウォールデン 森の生活

ウォールデン 森の生活』(ウォールデン もりのせいかつ、原題 Walden; or, Life in the Woods)は、ヘンリー・デイヴィッド・ソローによる著作である。1854年にティックナー・アンド・フィールズ社から出版された。

ウォールデン 森の生活
Walden; or, Life in the Woods
表紙
表紙
著者 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
発行日 1854年
ジャンル ノンフィクション
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

作者ソローがウォールデン池のほとりで、1845年7月4日から2年2ヶ月2日に渡って小屋で送った自給自足の生活を描いた回想録である。自然や湖、動物などの描写だけではなく、人間精神、哲学、労働、社会など幅広い範囲への言及を含む。

ソローの死後に評価が高まり、1930年代から40年代に至るころには、アメリカノンフィクション文学の最高傑作の一つと称されるようになった[1]

ウォールデン池、2010年
復元されたソローの小屋の内部

主な日本語訳編集

注釈編集

  1. ^ 飯田実訳、岩波文庫、訳者解説。

外部リンク編集

  • 『森の生活――ウォールデン――』:新字新仮名 - 青空文庫神吉三郎訳)
  • 豊田千代子「ソローと森の生活」『駒澤大學教育学研究論集』第31号、駒澤大学総合教育研究部教職課程部門、2015年3月、 1-15頁、 NAID 120006618312