ウズィーンウクライナ語Узи́н;意訳:「庭常」)は、ウクライナキエフ州ビーラ・ツェールクヴァ地区にある都市。面積は約67km²(2005年)。人口は13,179 人(2005年)。キエフまでの距離は99km。

ウズィーン
ウズィーン
ウズィーン
ウクライナにおけるウズィーンの位置。

市名はローシ川の流域のウズィーンカ川にちなむ。「ウズィーン」は、ニワトコを意味するスラブ語の「ブズィナー」がテュルク語化した言葉である[1]

16世紀に村落として創建された。1590年の記録ではウゼーヌィツャУзениця)として登場し、その後の史料ではテンベールシチナТенберщина)として見られる。18世紀末からウズィーン村として知られるようになった。1923年から1930年にかけてビーラ・ツェールクヴァ地区の地区庁所在地であった。1956年にウズィーン村が町制施行し、ウズィーン町が発足した。1971年8月25日に市制施行に伴ってウズィーン市となった。

ソ連時代は戦略爆撃機Tu-95輸送機Il-76で武装された戦略航空隊の基地の所在地であった。その基地はウクライナ独立後にウクライナ空軍によって利用されている。

ウクライナの砂糖の7%を生産するウズィーン砂糖製造工場がある。

ウクライナ人宇宙飛行士パーヴェル・ポポーヴィチ1930年 - 2009年)の出身地。

脚注編集

  1. ^ Узин // Янко М.П. Топонімічний словник України(ウズィーン // ウクライナ語源辞典). -Київ, 1998.

参考文献編集

  • 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』伊東孝之井内敏夫中井和夫編、山川出版社〈世界各国史; 20〉、東京、1998年(日本語)。NDLBibID: 000002751344ISBN 4-634-41500-3
  • 黒川祐次『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』中央公論新社中公新書; 1655〉、東京、2002年(日本語)。NDLBibID: 000003673751ISBN 4-121-01655-6

外部リンク編集


座標: 北緯49度49分19秒 東経30度24分21秒 / 北緯49.821944度 東経30.405833度 / 49.821944; 30.405833