ウム・サンガレ

マリの歌手

ウム・サンガレOumou Sangaré1968年2月25日 - 、マリ共和国バマコ生まれ)は、マリのワスル音楽歌手である。2011年にはグラミー賞を受賞した。「ワスルの歌鳥」(The Songbird of Wassoulou)と呼ばれることがある。ワスルは、ニジェール川南部の、マリ、シエラレオネコートジボワール、そしてギニアにまたがる歴史的地域で、音楽は古くからの伝承歌に由来しており、ヒョウタンから作られた打楽器であるカラバッシュで伴奏されることが多い。

ウム・サンガレ
Oumou Sangaré
De la poesía a la música de raíz, sonidos de la segunda noche de San Isidro 07.jpg
サンガレ、スペイン・マドリードにて、2018年
基本情報
生誕 (1968-02-25) 1968年2月25日(54歳)
出身地 マリ共和国の旗 マリ共和国 バマコ
ジャンル ワスル音楽
職業 歌手
レーベル ワールド・サーキット
公式サイト World Circuit site

幼少期編集

サンガレは1968年、歌手のアミナ―タ・ディアキテとシディキ・サンガレの間に生まれた。両親は共にワスル地域の出身だった[1][2][3]。1970年に父親は2番目の妻を連れてコートジボワールのアビジャンへ移り、サンガレは母親と兄弟と共にバマコに残された[2]。彼女は母親を助けるために街頭で歌うようになり、そのために幼少期に学校をやめた[1][2]。彼女のキャリアは、5歳だった1973年、バマコで行われた幼稚園歌唱コンクールに優勝し、大統領の名を冠したモディボ・ケイタ・スタジアムで何千人もの聴衆を前に歌ったことに始まる[3][4][5]。16歳の時、打楽器グループのジョリバ (Djoliba) との演奏旅行に参加し、フランスドイツオランダカリブ海地域その他を周った[4]。この演奏旅行で得たものに感化され、サンガレはバマコに帰ると自身の音楽グループを結成した[4]

音楽編集

 
Cambridge Folk Festival 2009で公演するサンガレ
 
WOMEX 2017で

サンガレは最初のアルバム「Moussoulou」 ("Women")[6]を、マリ音楽の有名な巨匠アマドゥ・バ・ギャンドと共にレコーディングした。このアルバムはアフリカで大成功をおさめ、20万枚以上が売れた。

マリの歌手アリ・ファルカ・トゥーレの援助で、サンガレは英国レーベルのワールド・サーキットと契約した。21歳の時で、既に彼女はスターだった。

ウム・サンガレの音楽は地域の音楽と伝統的ダンスに霊感を受けており、彼女はワスルの大使と考えられている。彼女が作曲した音楽には、特に女性の社会的地位の低さに関する社会批評がしばしば含まれている。

1990年以来、彼女は世界の重要な地域、メルボルン歌劇場ロスキレ・フェスティバルグナワ国際音楽祭ウォーマッド (WOMAD)、オスロ国際音楽祭、そしてモネ劇場などで公演している。

サンガレの歌の多くは愛や結婚、特に結婚の選択の自由に関するものである。彼女の1989年のアルバム「Moussoulou」は西アフリカで空前のヒットとなった。1995年に彼女はバアバ・マールフェミ・クティ、そしてブークマン・エクスペリアンスと共にツアーした。他のアルバム、「Ko Sira (1993)、「Worotan」(1996)、そして2枚組CDの「Oumou」(2004) は、全てワールド・サーキット・レコードからリリースされている。サンガレは世界中の女性のための活動を支援している。1998年にはフランスの芸術文化勲章を受章し、2001年には国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の賞を受賞し、2003年に彼女は国際連合食糧農業機関 (FAO) の親善大使[7]となっている。

アメリカの世界的に有名なバンジョー奏者ベラ・フレックの2008年のドキュメンタリー「Throw Down Your Heart」[8]で、サンガレは彼の楽器とアフリカの伝統音楽との間のあまり知られていない関係を探求していることが大きく取り上げられている。

サンガレは2010年のハービー・ハンコックのアルバム「イマジン・プロジェクト」に収録されたジョン・レノンのカヴァー「イマジン」に、シールピンクインディア・アリージェフ・ベックKonono Nº1 らと共に出演している[9]

私生活・ビジネス・政治編集

ウム・サンガレは女性の権利を擁護し、児童婚一夫多妻制に反対している[10]

サンガレは又ビジネスの世界にも進出し、ホテル、農業、自動車業も行っている。彼女は中国の会社が製造した「ウム・サン」という自動車を発売し、自分の会社Gonow Oum Sangと共同で販売している[11]。彼女はマリの首都バマコに30部屋のホテル・ワスル[12]を所有しており、そこは音楽家たちの憩いの場で、彼女自身の主要公演地となっている。「私は自分でホテルを建てました。働くことで自分の生活をよりよくできることを、女性たちに見せたかったのです。今では多くの人々が協同組合を作って石鹸や衣料作りの仕事をしています。」

サンガレはFAO親善大使を務めているが、政治家になるつもりはないと述べている。「芸術家であれば、思ったことを自由に語れます。しかし政治家は、上層部の指示に従わねばなりません。」[2]

彼女の従弟には俳優のオマル・サンガレがおり、叔母には俳優で作家のブレヒマ・サンガレがいる。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『ムソル』 - Moussolou (1990年)
  • Ko Sira (1993年) ※マリでは『Bi Furu』としてリリース
  • "Worotan" (1996年、ノンサッチ/ワーナー) ※マリでは『Denw』としてリリース
  • Laban (2001年)
  • 『ウム』 - Oumou (2003年)[13]
  • 『セヤ - 喜び』 - Seya (2009年)
  • 『モゴヤ』 - Mogoya (2017年)
  • Acoustic (2020年)
  • Timbuktu (2022年)

World Music Network編集

参加アルバム編集

受賞と表彰編集

 
カトヴィツェで開催されたWOMEX 2017で受賞した彼女と

脚注編集

  1. ^ a b Lacey, Hester (2018年1月19日). “Q&A with singer Oumou Sangaré”. Financial Times. https://www.ft.com/content/a4fa8d2a-fa4c-11e7-a492-2c9be7f3120a 2018年6月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d “Oumou Sangare – The songbird of Africa”. The Independent. (2009年1月24日). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/oumou-sangare-the-songbird-of-africa-1513095.html 2020年9月20日閲覧。 
  3. ^ a b “Mali : " BI-MOGOYA " D’OUMOU SANGARE : Une captivante excursion dans le Wassoulou de belles mélodies”. Mali Actu. (2017年3月16日). http://maliactu.net/mali-bi-mogoya-doumou-sangare-une-captivante-excursion-dans-le-wassoulou-de-belles-melodies/ 2020年9月20日閲覧。 
  4. ^ a b c Oumou Sangaré: " je chante pour venger ma mère "” (French). leralnet. 2020年9月20日閲覧。
  5. ^ Pajon, Léo (2017年7月5日). “Mali : le retour de la reine, Oumou Sangaré” (French). JeuneAfrique. http://www.jeuneafrique.com/mag/453056/culture/mali-retour-de-reine-oumou-sangare/ 2020年9月20日閲覧。 
  6. ^ Britannica 2020年9月20日閲覧。
  7. ^ a b FAO ambassadors programme 2020年9月20日閲覧。
  8. ^ Throw Down Your Heart 2020年9月20日閲覧。
  9. ^ The Imagine Project”. All About Jazz (2010年6月21日). 2021年8月13日閲覧。
  10. ^ Oumou Sangare: Sonic And Political Muscle”. 2020年9月20日閲覧。
  11. ^ " Oum Sang " Afrik.com 23 août 2006 2020年9月20日閲覧。
  12. ^ Hotel-Residence-WASSOULOU FB 2020年9月20日閲覧。
  13. ^ Lusk, Jon. “BBC – Music – Review of Oumou Sangare – Oumou”. 2020年9月20日閲覧。
  14. ^ Prize laureates 1975 – 2004”. International Music Council. 2020年9月20日閲覧。
  15. ^ Grammy Awards 2020年9月20日閲覧。
  16. ^ Winners! A Complete List From the 2011 Grammy Awards”. 2020年9月20日閲覧。
  17. ^ “Oumou Sangaré, La Star Della World Music in Concerto A San Giorgio A Cremano” (Italian). napolitime.it. (2017年9月29日). http://www.napolitime.it/102073-oumou-sangare-star-della-world-music-in-concerto-a-san-giorgio-a-cremano.html 2020年9月20日閲覧。 
  18. ^ Oliva, Raffaella (2017年9月29日). “La diva maliana Oumou Sangaré contro la poligamia: "Troppe donne soffrono, canto per loro"” (Italian). Corriere della Sera (IO Donna). https://www.iodonna.it/personaggi/interviste-gallery/2017/09/29/la-diva-maliana-oumou-sangare-contro-la-poligamia-troppe-donne-soffrono-canto-per-loro/ 2020年9月20日閲覧。 
  19. ^ Nově na Colours Of Ostrava: zpěvačka Joss Stone s Grammy i Brit Awards, malijská královna Oumou Sangaré i provokativní Beth Ditto z Gossip”. musicserver.cz. 2020年9月20日閲覧。

外部リンク編集