ウラジーミル・ヤクーシェフ

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・ヤクーシェフロシア語: Владимир Владимирович Якушев、Vladimir Vladimirovich Yakushev、1968年6月14日 - )は、ロシア法律家銀行家政治家。2020年11月9日よりウラル連邦管区大統領全権代表。元建設住宅公共事業相[1]2005年から2018年までチュメニ州知事を務めた[2]バシコルトスタン共和国ネフテカムスク出身。

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・ヤクーシェフ
Влади́мир Влади́мирович Я́кушев
Vladimir Yakushev 2018.jpg
ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・ヤクーシェフ(2018年撮影)
生年月日 (1968-06-14) 1968年6月14日(53歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国バシキール自治ソビエト社会主義共和国ネフテカムスク英語版
出身校 チュメニ大学英語版法学部
前職 西シベリア商業銀行頭取
所属政党 統一ロシア
称号 ロシア名誉勲章英語版

ウラル連邦管区大統領全権代表
在任期間 2020年11月9日 -

在任期間 2018年5月18日 - 2020年11月9日

在任期間 2005年11月24日 - 2018年5月18日
テンプレートを表示

1986年から1988年まで兵役に就く。1993年チュメニ大学法学部を卒業する。同年6月27日西シベリア商業銀行ヤマロ・ネネツ支店法律顧問として勤務。1994年同銀取締役代行を経て、1995年取締役。1997年には副頭取。チュメニ大学を修了しエコノミストの資格を取得する。1998年4月29日頭取となる。2001年6月13日チュメニ州副知事。2005年3月チュメニ市第一副市長。3月21日市長代行。2005年11月24日チュメニ州知事に就任。

2020年5月、ミハイル・ミシュスティン首相の新型コロナウイルス感染症感染が明らかになった直後にヤクーシェフも感染していたことが判明した[3]

2020年11月9日の内閣改造で建設住宅公共事業相を外れ、ウラル連邦管区大統領全権代表に就任した[4]

家族編集

私生活では大学在学中結婚[5]。夫人との間に2子あり[6]

脚註編集