ウルスラ・クチンスキー

ウルスラ・マリア・クチンスキードイツ語: Ursula Maria Kuczynski1907年5月15日 - 2000年7月7日)は、ドイツ生まれのソビエト連邦スパイ作家童話作家。筆名ルート・ヴェルナードイツ語: Ruth Werner)。ウルスラ・ブールトン(Ursula Beurton)、ウルスラ・ハンブルガー(Ursula Hamburger)の別名があり、コードネームソーニャ(Sonja)。

生涯編集

ベルリンでユダヤ人として生まれる。1926年ドイツ共産党に入党する。1929年建築家でソビエト連邦赤軍参謀本部情報局スパイのルドルフ・ハンブルガードイツ語版と結婚した。

1930年上海へ渡り、リヒャルト・ゾルゲの助手かつ愛人として活動した。1933年、ゾルゲの推薦でモスクワの諜報学校に送られて訓練を受け、その後満州およびスイスで活動した。第二次世界大戦中には3番目の夫レン・ブールトンとともに、家族が亡命していたイギリスで暮らし、マンハッタン計画の中枢に入ることになる核物理学クラウス・フックスをスパイとして引き入れた[1]

戦後、アメリカおよびイギリスのスパイ捜索の手が及ぶとドイツ民主共和国(東ドイツ)に帰国し、作家として過ごした。1950年ドイツ社会主義統一党に入党。フックスを情報提供者として組織し、プルトニウム爆弾の設計図をソ連にもたらすのに寄与した功績により、ソ連から英雄勲章を2回受章した。1989年ベルリンの壁崩壊後、手記が公開され、1991年ソビエト連邦の崩壊後、諜報部員であったことが明らかになった[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連文献編集

  • ベン・マッキンタイアー(訳:小林朋則) 『ソーニャ、ゾルゲが愛した工作員 愛人、母親、戦士にしてスパイ』中央公論新社、2022年