エア・イタリー (2005-2018年)

エア・イタリー(Air Italy)はかつて存在したイタリアの航空会社。2018年にメリディアーナへ統合された。

エア・イタリー (2005-2018年)
Logo-Air-Italy.jpg
IATA
I9
ICAO
AEY
コールサイン
AIR ITALY
設立 2005年
運航停止 2018年
ハブ空港 マルペンサ国際空港
焦点空港 トリノ
ヴェローナ
ナポリ
保有機材数 10機
就航地 23都市
本拠地 イタリア共和国ガッララーテ
外部リンク http://www.airitaly.eu/
備考
2018年にメリディアーナを存続会社として合併。
テンプレートを表示

歴史編集

 
ボーイング757-200
 
ボーイング767-200ER

エア・イタリーは2005年に設立され、トリノ - ブダペスト線に就航した。株式は当初BV Asset ManagementとGiuseppe Gentileがそれぞれ40%ずつ保有し、残りの20%をPathfinderが保有していたが投資会社が株式の40%を2億8000万ユーロで取得し、その投資によりエア・イタリーがボーイング767を3機増やしてアフリカやカリブ海地域へのリゾート路線の拡充を行った。また2007年にはポーランドに子会社(エア・イタリー・ポーランド)を設立してボーイング757により航空サービスを展開した(2012年に運航停止)。

2011年7月、メリディアーナ・フライ(後にメリディアーナ)へ買収された。2013年からはエア・イタリーの便は全てメリディアーナの便名で運航され、機体のデザインもメリディアーナに合わせられた。

2018年3月、メリディアーナを存続会社としてエア・イタリーは統合。エア・イタリーの名称はメリディアーナが法人名を変更して引き続き利用された。

2020年に二代目となるエア・イタリーが会社清算され、エア・イタリーは運行を停止した[1]

就航都市編集

2011年時点

保有機材編集

 
ボーイング737-300

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊エア・イタリー、清算決断で運航を停止”. CNN (2020年2月12日). 2020年2月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集