エイミー・ルイーズ・ジャクソン(Amy Louise Jackson、1991年1月31日[2] - )は、主にインド映画で活動するイギリス人女優モデル[3][4]。16歳からモデル活動を始め、2009年にミス・ティーン・ワールド英語版で優勝した。2010年にA・L・ヴィジャイ英語版の『Madrasapattinam』で女優デビューし、『Ekk Deewana Tha』『Singh Is Bliing』『ロボット2.0』などに出演した。この他に『SUPERGIRL/スーパーガール』のサターンガール英語版役として知られている。

エイミー・ジャクソン
Amy Jackson
Amy Jackson
本名 Amy Louise Jackson[1]
生年月日 (1991-01-31) 1991年1月31日(28歳)
出生地 マン島の旗 マン島 ダグラス
国籍 イギリスの旗 イギリス[1]
職業 女優モデル
活動期間 2008年 -
配偶者 ジョージ・パネイオトウ
テンプレートを表示

人物編集

マン島のイギリス人キリスト教徒のアラン、マルゲリータの娘として生まれる。姉アリシアはエイミーと同じく女優として活動している。エイミーが2歳の時、ジャクソン家はリヴァプールウールトン英語版にある父母の家に移住する。彼女はセント・エドワーズ・カレッジ英語版に進学して英文学、哲学、倫理学を専攻した[5][6][7]

2019年1月初旬、イギリス人実業家でホテルチェーンを経営するアンドレアス・パネイオトウ英語版の息子ジョージと婚約した[8][9]。同年3月には妊娠していることを公表した[10]

マハーラーシュトラ州ムンバイ在住[11][12]

キャリア編集

2008年 - 2010年編集

ミス・ティーン・リヴァプールとミス・ティーン・グレートブリテンに優勝した後、エイミーは2009年にミス・ティーン・ワールド英語版で優勝した。その後、アメリカ合衆国でのモデル契約を結び[13]、2010年にミス・リヴァプールで優勝する。2010年にミス・イングランド英語版に出場するが、ジェシカ・リンレイ英語版に敗れ準優勝となった[14]

2010年 - 2014年編集

 
エイミーとプラティーク・バッバル

2010年、タミル語映画のプロデューサーはミス・ティーン・ワールドのウェブサイトでエイミーの写真を見付け、彼女を『Madrasapattinam』のオーディションに招待した。彼女は演技経験がなかったが、オーディションに合格してアーリヤ英語版と共に主演を務めた。エイミーは村の男性に恋するインド総督の娘を演じ、同作は興行的な成功を収め、彼女の演技は批評家から高い評価を得た[15]。Sifyは「彼女のタミル語の演技は本当に素晴らしく、映画を鑑賞する良い理由の一つになっています」と批評しており[16]、Behindwoodsは「最高の栄誉を手にするのは、愛と強大な帝国の間に引き裂かれる令嬢役のエイミー・ジャクソンの美しい演技です。彼女は全くもって美しく見え、表現豊かな目を通して感情を表し、観客の共感を得ることでしょう」と批評している[17]Rediff.comは「エイミー・ジャクソンは、インドを初めて見て、その文化に魅了された純粋な若い少女としてほぼ完璧である」と批評しており[18]、エイミーはヴィジャイ・アワード 最優秀新人女優賞英語版にノミネートされた。

2011年、『Vinnaithaandi Varuvaayaa』のリメイク作であるガウタム・メノン英語版の『Ekk Deewana Tha』でヒロイン役を演じ、プラティーク・バッバルと共演した。彼女はオリジナル版におけるトリシャー英語版の役柄を演じ、ヒンドゥー教徒の男性に恋するが、父親の反対に遭うキリスト教徒の女性を演じている[19][20]。エイミーは演技とバッバルとのコンビネーションを賞賛され、BehindWoodsからは「彼女は奇跡を起こした」、ザ・タイムズ・オブ・インディアからは「彼女は決して失望させない」と批評されている[21]

2012年、『Thaandavam』でテルグ語映画デビューし、ヴィクラムアヌシュカ・シェッティと共演した。同作はロンドンで撮影され、エイミーはミス・ロンドンに選ばれたアングロ・インディアンの少女サラ役を演じ、自分でタミル語の吹き替えを行ったという[22]。彼女は第60回フィルムフェア賞 南インド映画部門英語版最優秀タミル語助演女優賞英語版に初めてノミネートされた[23]

2014年、『Yevadu』でラーム・チャランシュルティ・ハーサン英語版と共演している[24]

2015年 - 2016年編集

 
ムンバイの孤児院を訪問するエイミー(右端)

2015年、シャンカールの『マッスル 踊る稲妻』でヒロイン役を演じ、同作はエイミーのキャリアの中で最大の企画だった[25]。同作はインド映画史上最も高額な製作費が投じられた映画の一つであり[26]、2年半の期間をかけて撮影され、その大部分は中国で撮影された[27]。映画は1月14日に公開され、評価は賛否両論となった[28][29]。エイミーの演技について、デカン・クロニクル英語版から「彼女はシンプルに素晴らしい。彼女は映画のもう一つのハイライトであり、成熟した演技を見せました」[30]Sifyからは「パーフェクトな目の保養」と評価され[31]、その結果ザ・タイムズ・オブ・インディアのチェンナイ版「インドで最も好ましい女性2014」で第1位に選ばれた[32]。同年10月にはプラブ・デーヴァ英語版の『Singh Is Bliing』でヒロイン役を演じ、アクシャイ・クマールと共演した[33][34]。また、ヴェンカット・プラブ英語版の『Massu Engira Masilamani』にも起用されていたが、脚本と彼女の演じる予定だったキャラクターの設定が変更された際に降板している[35]。この他に『Thanga Magan』でダヌーシュサマンサ・ルス・プラブ英語版と共演している。

2017年以降編集

2017年9月25日、CWテレビジョンネットワークのドラマシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』にサターンガール英語版役で出演することが発表され、第3シーズンに初登場した[36]

2018年、カンナダ語映画The Villain』でヒロイン役を演じ、シヴァ・ラージクマールスディープと共演した。同年公開の『ロボット2.0』ではラジニカーント、アクシャイ・クマールと共演している。

女優以外の活動編集

エイミーは英国映画テレビ芸術アカデミーカンヌ国際映画祭ブリティッシュ・ファッション・アワード英語版、国際ファッション・ウィークの常連であり[37][38][39][40]、またVogueMarie claireCOSMOPOLITANHello!英語版で特集されている[41][42][43]。この他にサルマン・カーンが創設した慈善団体ビーイング・ヒューマン・ファウンデーション英語版など複数の慈善団体・女性団体の大使・スポークスマンを務めている[44][45]

2014年に「Alfie」という名前の猫と共に動物の倫理的扱いを求める人々の会の広告キャンペーンに登場し、動物の里親促進を訴えた[46]。また、セントジュード小児研究病院英語版やインドの女児教育団体を支援しており[47]ヤードレー・オブ・ロンドンポンズのブランド大使も務めている[48]。2017年に母と共同でロンドンにレストランを開業しており[49]、同年3月4日にはニューヨークに拠点を置く企業EscapeXと共同で新しいモバイルアプリ「Amy Jackson Official App」の開設を発表した[50]

フィルモグラフィ編集

映画編集

 
エイミー・ジャクソン

テレビシリーズ編集

出典編集

  1. ^ a b Amy Jackson Net worth And Biography”. Constative.com. 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ Amy Jackson Movies”. The Times of India. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ Caffrey, Jason. (28 March 2015) From Liverpool to Bollywood – BBC News. BBC. Retrieved 7 September 2015.
  4. ^ “Amy Jackson on starring in Ek Deewana Tha”. BBC. http://www.bbc.co.uk/programmes/b01c9djd 2012年2月25日閲覧。 
  5. ^ Prateik's the sweetest and most caring guy: Amy Jackson”. The Times of India. 2015年1月21日閲覧。
  6. ^ About Amy”. Amy Louise Jackson. 2010年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月21日閲覧。
  7. ^ Sharma, Mukul Kumar (2012年1月31日). “Amy Jackson Biography, Height, Movies and Details”. Bollygraph. オリジナルの2011年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111130113406/http://www.bollygraph.com/profile/amy-jackson-biography/9269/ 2012年2月17日閲覧。 
  8. ^ “Amy Jackson gets engaged to George Panayiotou” (英語). The Indian Express. (2019年1月2日). https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/amy-jackson-gets-engaged-to-george-panayiotou-5519819/ 2019年1月2日閲覧。 
  9. ^ Amy Jackson Gets Engaged To Multi-Millionaire Businessman Boyfriend George Panayiotou”. [Mid Day] (2019年1月3日). 2019年4月10日閲覧。
  10. ^ Amy Jackson is pregnant. Actress flaunts baby bump with boyfriend George Panayiotou in new post”. India Today. 2019年4月11日閲覧。
  11. ^ ““Hindi was difficult because I did not know the language but Tamil is whole different story” – In Conversation with Amy Jackson”. Bollyspice. (2012年7月12日). http://bollyspice.com/46539/amy-jackson-interview 2013年9月25日閲覧。 
  12. ^ Amy Jackson Moves Into Her New Place In Mumbai - Latest News & Updates at Daily News & Analysis”. DNAIndia.com (2015年11月1日). 2018年1月30日閲覧。
  13. ^ “Liverpool schoolgirl Amy wins Miss Teen World contest”. Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1050866/Liverpool-schoolgirl-Amy-wins-Miss-Teen-World-contest.html 2017年10月7日閲覧。 
  14. ^ Miss Liverpool On Her Way To Win Miss England”. 2010年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  15. ^ Collinson, Dawn (2012年1月25日). “Liverpool teen Amy Jackson on her new life in Mumbai and becoming an in-demand Bollywood leading lady”. Liverpool Echo. http://www.liverpoolecho.co.uk/liverpool-news/in-the-mix/2012/01/25/liverpool-teen-amy-jackson-on-her-new-life-in-mumbai-and-becoming-an-in-demand-bollywood-leading-lady-100252-30192794/ 2012年2月4日閲覧。 
  16. ^ Madrasapattinam”. Sify. 2013年1月15日閲覧。
  17. ^ MADHARASAPATTINAM MOVIE REVIEW”. Behindwoods. 2013年1月15日閲覧。
  18. ^ Madharasapattinam is worth a watch”. Rediff. 2013年1月15日閲覧。
  19. ^ “Amy Jackson in VTV's Hindi version”. The Times of India. (2011年4月19日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-04-19/news-interviews/29444172_1_amy-jackson-gautham-menon-hindi-film 2011年11月22日閲覧。 
  20. ^ Prateik-Amy Jackson starrer gets new title”. IndiaGlitz (2011年9月22日). 2011年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月22日閲覧。
  21. ^ “Ekk Deewana Tha: Movie Review”. The Times of India. (2012年2月17日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-02-17/news-interviews/31070613_1_love-story-amy-jackson-alternate-endings 2013年9月26日閲覧。 
  22. ^ “Amy Jackson dubs for Thandavam”. Andhra Watch. (2012年). オリジナルの2013年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130929125001/http://www.andhrawatch.com/index.php/news-articles/42251-amy-jackson-dubs-for-thandavam- 2013年9月26日閲覧。 
  23. ^ Filmfare Awards 2013 (South) Tamil Nominations, The Times of India
  24. ^ “Tollywood beckons Amy Jackson”. The Times of India. (2012年9月24日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-02-24/news-interviews/31094396_1_amy-jackson-bollywood-film-telugu 2012年2月25日閲覧。 
  25. ^ “Amy Jackson to romance Vikram in I”. The Times of India. (2012年2月24日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-07-10/news-interviews/32605619_1_amy-jackson-aascar-ravichandran-vikram 2012年2月25日閲覧。 
  26. ^ Amy Jackson is here to stay”. Deccan Chronicle (2014年10月5日). 2015年1月21日閲覧。
  27. ^ Amy Checks in”. The New Indian Express. 2015年1月21日閲覧。
  28. ^ Rajendra, Ranjani (2015年1月14日). “Predictable beauty and the beast tale”. The Hindu. http://www.thehindu.com/features/metroplus/review-of-i-predictable-beauty-and-the-beast-tale/article6789004.ece 2015年1月21日閲覧。 
  29. ^ Vikram's I is definitely a Pongal treat”. Rediff (2015年1月14日). 2015年1月21日閲覧。
  30. ^ Movie review 'I': Shankar's directorial fails to impress”. Deccan Chronicle (2015年1月14日). 2015年1月21日閲覧。
  31. ^ Movie Review : I”. Sify. 2015年1月21日閲覧。
  32. ^ Chennai Times Most Desirable Woman 2014: Amy Jackson”. The Times of India. 2015年4月15日閲覧。
  33. ^ Amy Jackson: A relationship is too much drama”. 2019年4月7日閲覧。
  34. ^ Priya Gupta (2015年2月8日). “Amy Jackson replaces Kriti Sanon in Akshay Kumar's Singh Is Bling”. The Times of India. 2015年2月8日閲覧。
  35. ^ Amy Jackson opens up on her exit from 'Masss'”. Sify. 2015年1月21日閲覧。
  36. ^ Petski, Denise (2017年9月25日). “'Supergirl': Bollywood Actress Amy Jackson To Recur As Saturn Girl”. Deadline. 2017年9月25日閲覧。
  37. ^ “Baftas 2019: diamonds are a girl's best friend on the red carpet” (英語). The Telegraph. (2019年2月10日). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/luxury/jewellery/baftas-2019-best-jewellery-red-carpet/amy-jackson-baftas-2019/ 2019年3月18日閲覧。 
  38. ^ Cannes 2017 red carpet: Amy Jackson sizzles in a white and gold Georges Hobeika’s gown; see all her looks here” (英語). The Indian Express (2017年5月21日). 2019年3月18日閲覧。
  39. ^ AMY JACKSON at British Fashion Awards in London 12/10/2018” (英語). HawtCelebs (2018年12月14日). 2019年3月18日閲覧。
  40. ^ Amy Jackson on Instagram: “Congratssss @jw_anderson & thankyou for having me at your show!”” (英語). Instagram. 2019年3月18日閲覧。
  41. ^ Topics” (英語). VOGUE India. 2019年3月18日閲覧。
  42. ^ Amy Jackson - Marie Claire India (March 2012)” (英語). Bollywood Updates (2012年3月16日). 2019年3月18日閲覧。
  43. ^ Bollywood star Amy Jackson is riding high with new role as she talks weddings plans”. www.google.co.uk. 2019年3月18日閲覧。
  44. ^ Cave, Andrew. “The Spice Girl, The Beauty Queen And Girl Power 2018-Style” (英語). Forbes. 2019年3月18日閲覧。
  45. ^ Salman Khan & Amy Jackson's STUNNING Photoshoot For Being Human Clothing 2017 - Being Human Foundation | A Salman Khan Foundation”. www.beinghumanfoundation.in. 2019年3月18日閲覧。
  46. ^ "Amy Jackson To Be PETA's New Ambassador," The Times of India, 23 January 2014.
  47. ^ Amy Jackson spends time with kids at St Jude's hospital!”. India.com (2017年3月4日). 2018年1月30日閲覧。
  48. ^ After Sunny Leone took to the digital world, Amy Jackson now has an app of her own”. DeccanChronicle.com (2017年3月4日). 2018年1月30日閲覧。
  49. ^ “Amy Jackson to open a restaurant in London - Mumbai Mirror -”. Mumbai Mirror. http://mumbaimirror.indiatimes.com/entertainment/bollywood/amy-jackson-to-open-a-restaurant-in-london/articleshow/58287514.cms 2017年4月25日閲覧。 
  50. ^ “Amy Jackson launches official mobile app, gives a peek into sets of Rajini’s 2.o” (英語). hindustantimes.com/. (2017年3月6日). http://www.hindustantimes.com/regional-movies/amy-jackson-launches-official-mobile-app-gives-a-peek-into-sets-of-rajini-s-2-o/story-FHB6NwAb9qPsOZosLwpipM.html 2017年10月15日閲覧。 
  51. ^ Boogie Man” (英語). boogiemanmovie.com. 2018年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。

外部リンク編集