SUPERGIRL/スーパーガール

SUPERGIRL/スーパーガール』(原題:Supergirl)は、2015年10月26日より放送が始まったアメリカ合衆国のテレビドラマ。DCコミックススーパーガールを原案とする。

SUPERGIRL/スーパーガール
Supergirl TV logo.png
ジャンル スーパーヒーロー
アクション
ドラマ
原作 キャラクター原案
ジェリー・シーゲル
ジョー・シュースター
企画 グレッグ・バーランティ
アンドリュー・クライスバーグ
出演者 メリッサ・ベノイスト
メカード・ブルックス英語版
カイラー・リー
ジェレミー・ジョーダン英語版
デヴィッド・ヘアウッド
キャリスタ・フロックハート
作曲 ブレイク・ニーリー
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 5
話数 106話
各話の長さ 45分
製作
製作総指揮 サラ・シェクター
アリ・アドラー
アンドリュー・クライスバーグ
グレッグ・バーランティ
プロデューサー マイケル・グラッシー
テッド・サリヴァン
マイケル・シダー
ラリー・テン
製作 DCコミックス
ワーナー・ブラザース
放送
放送チャンネル CBS (シーズン1)
The CW (シーズン2-)
AXN (日本放送シーズン1)
映像形式 HDTV 1080i
音声形式 ドルビーデジタル 5.1
放送期間 2015年10月26日 (2015-10-26) - 現在
公式ウェブサイト
番組年表
関連番組ARROW/アロー
THE FLASH/フラッシュ
レジェンド・オブ・トゥモロー
テンプレートを表示

CBSでシーズン1が放送された後、シーズン2からはThe CWでの放送となった[1]

本作はDCコミックスの映像化作品を同一の世界観で扱う「アローバース」の一作品であり、『ARROW/アロー』や『THE FLASH/フラッシュ』などとクロスオーバーしている。

あらすじ編集

クリプトン星の崩壊から脱出したクリプトン人のカーラ・ゾー=エルは地球へたどり着き、ダンバース夫妻に保護され義理の姉のアレックスと共に育てられる。成長したカーラは地球人としてナショナル・シティのキャットコー・メディアで働きながら日々を過ごしていたが、アレックスが巻き込まれた飛行機事故を自身の超人的な力を使って防いだのを切っ掛けに存在が世間に知られ、上司のキャット・グラントからは「スーパーガール」と名付けられる。カーラは自身の能力が人々のために役立つことを実感し、さらに有意義なものにするためスーパーガールとして活動を始める。アレックスが働くD.E.O.英語版(特異生物対策局)の責任者であるハンク・ヘンショウと出会い協力すようになると、スーパーガールは様々な脅威と対峙することになる。

登場人物編集

レギュラー編集

カーラ・ゾー=エル / カーラ・ダンバース / スーパーガール
演 - メリッサ・ベノイスト、日本語吹替 - 小松未可子
本作の主人公。スーパーマン(カル゠エル)のいとこ。地球ではダンバース夫妻に引き取られた。本名カーラ・ゾー=エル、地球での名前はカーラ・ダンバース
赤ん坊だったカル=エルの成長を見守り、サポートするために崩壊寸前のクリプトン星から送られた。ところがクリプトン星の爆発に巻き込まれ、時間が止まった空間「ファントムゾーン」に迷い込む。成長も一緒に止まり、24年間眠り続けてから地球に降り立つと、カル゠エルは成長し既にスーパーマンとして活躍していた。このため、本来の使命を失ってしまう。
ヒーローとしては新米、最初は張り切り過ぎて空回り、事態を逆に悪化させることも。正義感が強く困っている地球人を見過ごせない反面、周りの制止を振り切り、危険に飛び込む事もしばしば。スーパーマンにも劣らない能力の持ち主だが、経験不足から活かしきれない場面もある。女の子らしい一面もあり、スイーツをよく食べている。
ジェームズ・オルセン / ガーディアン英語版
演 - メカード・ブルックス英語版、日本語吹替 - 田村真
元デイリー・プラネット社のカメラマンでキャット・グラントとは同僚だった。親しい者からはジミーとも呼ばれている。ヘッドハンティングされアートディレクターとしてキャットコー・メディアへやってきた。スーパーマンに頼まれてスーパーガールのサポートをする。スーパーマンやスーパーガールといった仲間の活躍の傍ら、助けられてばかりで負い目を感じていたジェームズ自身もガーディアンとして密かに活動し始める。
並行世界のアースXでは、ニューライヒに対抗するレジスタンスグループ「フリーダム・ファイターズ英語版」の一員として登場した。
アレックス・ダンバース英語版
演 - カイラー・リー、日本語吹替 - 樋口あかり
地球でのカーラの義理の姉。特異生物対策局(Department of Extranormal Operations、通称DEO)の捜査官。
ウィンスロウ・“ウィン”・ショット
演 - ジェレミー・ジョーダン英語版、日本語吹替 - 小林親弘
カーラが勤めるキャットコー・メディアのITエンジニア。本名はウィンスロー・ショットJr。父親はトイマン。
ITの知識のみならず、科学にも精通しており、他惑星の言語も少なからず理解しているようである。裁縫も得意なようで、スーパーガールやガーディアンのコスチュームも彼が手掛けた。
その才能を買われ、後にDEOで働くことになり、さらにその後、リージョンの一員として31世紀へ赴く。
ハンク・ヘンショウ / ジョン・ジョーンズ / マーシャン・マンハンター
演 - デヴィッド・ヘアウッド、日本語吹1替 - 広瀬彰勇
特異生物対策局(DEO)の長官。カーラの養父ジェレマイア・ダンバース博士とともに、火星人討伐のため南米に行ったが、火星人が敵対的存在ではないことを知ったジェレマイアが火星人をかばった。結果的にハンク・ヘンショウとジェレマイア・ダンバースは、いずれも帰国せず、火星人ジョン・ジョーンズがハンク・ヘンショウの姿に変身しDEOの長官を引き継いだ。スーパーガールを全面的に支援する上司として登場する。
スーパーガールやスーパーマンと同様の飛行能力や怪力の他、変身やテレパシー、すり抜けなどの能力も持っている。
火星人の寿命は、地球人のそれと比較にならないほど長いらしく、300年以上生きている。スーパーマンとも面識があるが、ある意見のすれ違いから、長い間関係がぎくしゃくしていた。
ある凄惨な出来事から、ホワイト・マーシャンという種族を恨んでいる。
キャット・グラント
演 - キャリスタ・フロックハート、日本語吹替 - 宮島依里
キャットコー・メディアのCEO。キャットコー・メディアを設立する以前はデイリー・プラネット社でゴシップ記事を担当していた。息子にカーター、オパールシティにアダム・フォスターがいる。
かなりの切れ者で、フラッシュやガーディアンの正体をほぼ初対面のうちに看破している。(スーパーガールのみ、なかなか気付くことがなかった。)
社内に自分専用の直通エレベーターを設けるなど自尊心が高く、饒舌。気に入らない事があると、すぐさま解雇や処分を言い渡すため、部下から恨みを買うことも多い。カーラの名前をわざと呼び間違えたりと意地悪とも思えるような仕打ちをすることもあるが、内心では温かく見守っており、恋や仕事に悩むカーラにしばしばアドバイスするなど、彼女の良き上司である。
突如現れた女性ヒーロー(カーラ)を「スーパーガール」と命名したため、劇中では彼女がスーパーガールの名付け親ということになる。
時折、民主党を支持しているかのような発言をする。
モン=エル英語版
演 - クリス・ウッド英語版、日本語吹替 - 興津和幸
カーラと同型のカプセルに乗って地球に飛来して来た男。当初は、ダクサムの王子の従者だと語っていたが、実は王子であったことが判明する。惑星間の問題もあり、カーラとは度々対立するが、徐々に仲を深めて行く。
シーズン2の終盤で地球を離れ、カーラにも会えない事になってしまうが、シーズン3では思わぬ形で再会する。
レナ・ルーサー
演 - ケイティ・マクグラス、日本語吹替 - 木下紗華
ルーサー・コープのCEOかつキャットコー・メディアのオーナー。レックス・ルーサーの義理の妹。クリプトナイトを作り出すなど、研究者としても優れた才能を持つ。レックスのことは、尊敬しつつも反面教師としている。カーラとは仲が良いが、スーパーガールにはある一件から不信感を抱いている。
ブレイニアック5 / ブレイニー・ドックス
演 - ジェシー・ラス英語版、日本語吹替 - 西谷修一近松孝丞
スーパーガールを助けるために31世紀からやって来たコル人。よくレベル12のAI(本人曰く、この数値はウィンの知能の8倍以上を誇るらしい)を自慢するが、21世紀の常識や他人の心情を察することは少々苦手である模様。
ニア・ナル / ドリーマー英語版
演 - ニコール・メインズ英語版、日本語吹替 - 櫻庭有紗
キャットコー・メディアの新人記者。不吉な予知夢に悩まされていたが、カーラ達の協力の下でその力を制御できるようになると、スーパーヒーロー「ドリーマー」として活動を始める。本作オリジナルかつDCコミックス初となるトランスジェンダーのスーパーヒーロー。

リカーリングキャラクター編集

アルーラ
演 - ローラ・ベナンティエリカ・デュランス[2]、日本語吹替 - 林真里花
カーラの実の母親であるクリプトン人
イライザ・ダンバース&ジェレマイア・ダンバース
演 - ヘレン・スレイターディーン・ケイン
地球へ漂着したカーラの育ての親。
ジェレマイア・ダンバース博士は 幼いカーラをDEOに引き渡すことを拒否する代わりに、自分が調べたクリプトンの知識を使ってDEOに全面協力することになる。しかし、南米で火星人討伐をめぐってハンク・ヘンショウ長官と対立し、行方不明になった。
火星人は二人が死亡したと判断し、DEOの長官になった。そして成長して大人になったアレックス・ダンバースとスーパーガールをDEOに迎えた。
しかしその後ジェレマイア・ダンバース博士は現在も生きている可能性があるという情報を知らされる。
マックスウェル・ロード英語版
演 - ピーター・ファシネリ、日本語吹替 - 近藤隆
スーパーガールを試したり、何かとちょっかいをかけてくる。
アストラ・イン=ゼ
演 - ローラ・ベナンティ、日本語吹替 - 林真里花
アルーラの妹でカーラのおば。死んだと思われていたが実は生存していた。
ノン
アストラの夫で地球を侵略しようとしてる。
インディゴ
コンピューターの中を自由に移動できる宇宙人。なお、スーパーガールのポッドを起動させて脱獄し地球にきた。ノンと協力する。
マギー・ソーヤー
演 - フロリアナ・リマ英語版
ナショナル・シティ警察の刑事。主に宇宙人や超常現象関連の捜査を担当している。
ルーシー・レーン
演 - ジェナ・ディーワン
ロイス・レーンの妹。軍で弁護士をしている。ジェームズの元婚約者。
サム・レーン英語版
演 - グレン・モーシャワー
将軍で、ルーシーとロイスの父親。宇宙人を脅威だと思っている。
バリー・アレン / フラッシュ
演 - グラント・ガスティン、日本語吹替 - 福山潤
アローバースのドラマ「THE FLASH」の主人公。高速で活動することができるスーパーヒーロー。シーズン1第18話でスーパーガールとのコラボが観られる。
カル=エル / クラーク・ケント / スーパーマン
演 - タイラー・ホークリン、日本語吹替 - 玉木雅士
メトロポリスを拠点に世界を守るスーパーヒーロー。カーラのいとこ。
イヴ・テシュマッカー英語版
演 - アンドレア・ブルックス英語版
カーラの推薦で、後任となったキャット・グラントのアシスタント。インターンとして入ってきたマイク(モン=エル)に一目惚れし、仕事中に性交しようとするなど、やや突飛な面があるが、実はイェール大学出身の秀才。キャットの退任後もCEOのアシスタントを続けていたが、その秀才ぶりを買わてからは、レナの研究に携わるようになる。
スナッパー・カー英語版
演 - イアン・ゴメス英語版
キャットコー・マガジンのジャーナリストで、調査部を率いている。記者となったカーラの上司。無愛想で偏屈、報道機関として一切の妥協を許さないため、カーラやジェームズとよく衝突する。しかしながら、カーラの素質は見込んでおり、彼女を記者として成長させて行く。
オリヴィア・マーズディン大統領
演 - リンダ・カーター
アメリカ合衆国大統領。地球人と宇宙人の共生を掲げていることから、カーラ達には慕われる一方、ヘイトクライムに巻き込まれることも多い。ある重大な秘密を隠している。
メガン・モーズ / ミス・マーシャン英語版
演 - シャロン・リール英語版
宇宙人の集うバーの従業員。ジョン・ジョーンズと同様に、自身もグリーン・マーシャンの生き残りらしいが…。
ライラ・ストレイド
演 - タムジン・マーチャント英語版
スターヘイブンという惑星から来た女性。ウィンに好意を持ち、積極的にアプローチするが、ある問題を抱えている。
レーア
演 - テリー・ハッチャー
ダクサム王ラー・ガンドの妻で、モン=エルの母。己の野望のためには手段を選ばない。
ラー・ガンド英語版
演 - ケヴィン・ソルボ
ダクサム王で、モン=エルの父。息子の遭難信号を追って、妻達と地球までやって来た。
サマンサ・"サム"・アリアス / レイン
演 - オデット・アナブル
レナ・ルーサーの友人。L・コープでレナの後任として働く傍ら、シングルマザーとして多忙な日々を送っている。
ある事件をきっかけに、自身に疑念を抱くようになる。
ルビー・アリアス
演 - エマ・トレンブレイ英語版
サマンサの娘。スーパーガールのファン。
モーガン・エッジ英語版
演 - エイドリアン・パスダー
レナ・ルーサーと対立する不動産開発者。
ミリン・ジョーンズ
演 - カール・ランブリー
グリーン・マーシャンの生き残りで、ジョン・ジョーンズの父親。長い間ホワイト・マーシャンから様々な尋問を受けてきたため、非常に疑い深くなっている。
トーマス・コーヴィル
演 - チャド・ロウ
スーパーガールを崇めるカルト教団の教祖。その捻じ曲がった強い信仰心から、大事件を企てる。
イムラ・ アーディーン / サターンガール英語版
演 - エイミー・ジャクソン
土星の衛星「タイタン」出身のテレキネシスの能力を持つスーパーヒーロー。
ジュリア・フリーマン / ピュリティ
演 - クリス・マーシャル
ナショナル・シティ近辺で暮らしているミュージシャン。普段は心優しい女性だが、ピュリティになると瞳が白くなり、凶暴化する。ブラック・キャナリーやシルバー・バンシーのような音波攻撃を繰り出す。ワールドキラーの一人。
グレース・パーカー / ペスティレンス
演 - アンジェラ・シュウ
ナショナル・シティの救命外科医で、ワールドキラーの一人。謎の伝染病「ブライト」を発生させる。
セレーナ
演 - アンジャリ・ジェイ英語版
アルゴ・シティでの評議会にいた女性。しかしその裏で、ワールドキラーを操って地球の滅亡を目論んでいた。
マーシー・グレイブス
演 - ローナ・ミトラ
かつてレックスの部下だった女性。そのためレナにも慕われていた。弟のオーティス達と共謀して大統領を襲撃、世界を混乱させて行く。
オーティス・グレイブス
演 - ロバート・ベイカー
マーシーの弟。
ベン・ロックウッド / エージェント・リバティ
演 - サム・ウィットワー英語版
元々は平穏に暮らしていた大学教授だったが、宇宙人の社会進出や戦闘に巻き込まれるうちに、彼らに対する憎悪を募らせて行く。
マンチェスター・ブラック英語版
演 - デヴィッド・アジャラ英語版
行方不明になった宇宙人の恋人フィオナを追って来た男。所持品にはよくユニオン・ジャックが描かれている。当初はスーパーガールやジョン達と行動を共にしていたが、次第に行動は過激化、危険な殺人鬼となって立ちはだかる。
レックス・ルーサー
演 - ジョン・クライヤー
スーパーマンの宿敵にしてレナの義兄。刑務所に収監されていたが、ある日、クリプトナイトによる病気が悪化、レナのもとに搬送されて来た。

ヴィラン編集

シーズン1編集

レズリー・ウィリス/ライヴワイヤー英語版
演 - ブリット・モーガン
電流を操るメタヒューマン。元々はラジオDJであったが、スーパーガールを貶すような発言をしたことでキャット・グラントから異動を命じられ、その職務中に乗っていたヘリが落雷で墜落。間一髪のところをスーパーガールに助けられるが、電流をスーパーガールの身体を経由して浴びたため、特殊な能力も伝播した。その後は白髪のメタヒューマンとなり、キャットに襲いかかる。
ベン・クリル / リアクトロン英語版
演 - クリス・ブロウニング英語版 、日本語吹替 - 谷昌樹
レッドトルネード英語版
演 - イド・ゴールドバーグ英語版
軍が作った対宇宙人用アンドロイド、スーパーガールと戦闘中暴走してしまう。
ジェム
日本語吹替 - 山野井仁
ビザロ
演 - ホープ・ローレン英語版
トイマン英語版
演 - ヘンリー・ツェニー
元玩具職人で、ウィンの父親。服役していたが脱走、おもちゃを武器にスーパーガール達を襲う。
ブラックマーシー
寄生植物寄生した人物に理想の現実を幻覚して見せる能力がある。ノンの策略によってカーラに寄生した。
ドレイパ
フォートノズの元看守崩壊して以降ナショナルシティ警察の警官として勤務し裏では逃してしまった宇宙人犯罪者を私刑していた。トロンバス出身のためハイテク兵器を使用。
シルヴァー・バンシー

シーズン2編集

ジョン・コーベン / メタロ英語版
演 - フレデリック・シュミット (Frederick Schmidt)
元々は殺し屋で、レナ・ルーサーの命を狙っていたが、レナに撃たれ瀕死状態になる。その後身柄はカドマスに渡り、心臓部にクリプトナイトが埋め込まれたサイボーグ「メタロ」に改造され、スーパーガール達に襲いかかる。
シンクレラ / ルーレット
演 -
全身に渡るドラゴンタトゥーの入った女。宇宙人同士を戦わせるファイトクラブを主宰したり、地球人を拉致、奴隷として売ろうとするなど、宇宙規模の悪事に関わっている。
ハンク・ヘンショウ / サイボーグスーパーマン
マーシャン・マンハンターが名乗っていた名前の男だが、こちらはハンク・ヘンショウ本人。死亡していたが、ある理由で復活した。
フィリップ・カリナウスキー
妻を強盗に殺され、法の抜け道を使って無罪を勝ち取った犯罪者を私刑執行している人物。
ジョーンズ博士 / パラサイト
演 - ウィリアム・メイポーザー
ミスター・ミクシィズピトルク英語版
演 - ピーター・ガディオット英語版(シーズン2)、トーマス・レノン(シーズン5)
5次元の世界から突如現れた男。様々な魔法を操り、カーラに結婚をせまる。彼女の気を引くためならば平然と殺戮を行おうとするなど、ユーモラスな雰囲気とは裏腹に危険な存在。ダクサム人とはお互いに嫌っている様子。その上、モン=エルにとっては恋敵として見えているため、敵意をむき出しにされている。
ミュージックマイスター英語版
演 - ダレン・クリス
ゾッド将軍
演 - マーク・ギボン英語版

用語編集

シーズン1編集

クリプトン
スーパーガール(カーラ・ゾー=エル)やスーパーマン(カル=エル)の故郷である惑星。
カプセル
カーラやカル=エルがクリプトンから脱出する際に乗っていた一人乗りの小型な宇宙船。10年以上が経った物語中でも、操縦は可能らしい。
ファントム・ゾーン
宇宙に出現する謎の空間。時空の歪みが発生しているらしい。
クリプトナイト
緑色に発光する放射性鉱石。スーパーガールらクリプトン人を弱体化させる物質。
ナショナル・シティ
物語の主な舞台となる都市。なお、他のアローバースドラマの舞台であるスターリング・シティ英語版セントラル・シティ英語版などとは異なる世界に属しており、特殊な手段を用いないと行き来することはできない。
キャットコー
キャット・グラントが設立した巨大なメディア・グループ。新聞の他、雑誌やラジオなどにも展開している模様。カーラやジェームズ達の職場。デイリー・プラネットをライバル視しており、スーパーガールをヒーローとして祭り上げるのも、デイリー・プラネットに対抗するための手段である。
特異生物対策局(Department of Extranormal Operations)
通称DEO。地球外生命体から地球を守るため、秘密裏に活動している政府機関。各地に存在する拠点には、高度な医療設備やコンピュータ機器、武装兵器が揃っており、未曾有の事態にも対処できるようになっている。
フォート・ロズ
クリプトンの犯罪者が送り込まれていた刑務所。ファントム・ゾーン内にあったが、カーラの乗っていたカプセルに追随する形で地球に墜落。多くの囚人が脱走した。
グリーン・マーシャン
火星人種族の一。ジョン・ジョーンズはこの種族である。過去の凄惨な事件により、現在生存しているのは極少数となっている。
ホワイト・マーシャン
火星人種族の一。文字通り白い皮膚で、体躯はグリーン・マーシャンよりひと回り大きい。ジョン曰く、凶暴で残酷な種族。
レッド・クリプトナイト
ロードがノンを倒すために作った人工クリプトナイトの失敗作。その名の通り、赤く発光する鉱石で、クリプトン人を暴走させる効果がある。偶然近くを通ったスーパーガールを凶暴化させてしまう。
カドマス
宇宙人に関わる遺伝子工学を扱う政府機関。非人道的な解剖や人体実験を行うといわれている。ジェレマイアとも何か関係があるらしい。
ミリアド
アストラがクリプトン崩壊寸前に打ち出していた計画。マインドコントロールで人々の思考を支配、惑星の崩壊を食い止める唯一の手段としていたが、その危険性から実行前にアストラとノンは捕らわれ、この計画自体も隠蔽された。その後ナショナル・シティで、ノンとインディゴによって発動される。(ただし、効果対象が限定的になっているため、仕組みは多少変わっているようである。)
孤独の要塞
南極と思しき場所に存在している、クリスタルのような建造物。執事型のロボット「ケレックス」をはじめとする高度なテクノロジーや、クリプトンの遺物らしきものが保管されている。

シーズン2編集

ルーサー・コープ→L・コープ
レナ・ルーサーが経営する巨大企業。義兄レックス・ルーサーによるマイナスイメージを払拭すべく、社名をL(エル)・コープに変更、会社の建て直しをはかる。化学品や工業製品などを製造している模様。
宇宙人恩赦法
オリヴィア・マースディン大統領が掲げた法令。宇宙人にも地球人同様の権利を与えるというものだが、却って宇宙人に寛容すぎる等の理由から、賛否が分かれている。
ダクサム
クリプトンと同じ、太陽系にあるとされる惑星。君主制の惑星のため、ほぼ逆の政治体制のクリプトンとの関係は悪い。ダクサムの種族ダクサム人は、外見こそクリプトン人と変わらないが、飛行能力がなく、アレルギーのような症状を示すなど、異なる点も多い。クリプトンの爆発による影響から、現在は荒地となっている模様。

エピソード一覧編集

シーズン一覧編集

シーズン エピソード 米国での放送日 ネットワーク
初回 最終回
1 20 2015年10月26日 (2015-10-26) 2016年4月18日 (2016-4-18) CBS
2 22 2016年10月10日 (2016-10-10) 2017年5月22日 (2017-5-22) The CW
3 23 2017年10月9日 (2017-10-09) 2018年6月18日 (2018-6-18)
4 22 2018年10月14日 (2018-10-14) 2019年5月19日 (2019-5-19)
5 19 2019年10月6日 (2019-10-06) 2020年5月17日 (2020-5-17)

シーズン1 (2015年 - 2016年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 1 ガールズ・ビー・アンビシャス Pilot グレン・ウィンター 2015年10月26日 (2015-10-26) 1,296[3]
2 2 ステップ・バイ・ステップ Stronger Together グレン・ウィンター 2015年11月2日 (2015-11-02) 887[4]
3 3 マイウェイ Fight or Flight ダーモット・ダウンズ 2015年11月9日 (2015-11-09) 807[5]
4 4 ヒーローテスト Livewire ケヴィン・タンチャローエン 2015年11月16日 (2015-11-16) 777[6]
5 5 ファミリー・シークレット How Does She Do It? トール・フロイデンタール 2015年11月23日 (2015-11-23) 719[7]
6 6 レッド・トルネード Red Faced ジェシー・ワーン 2015年11月30日 (2015-11-30) 802[8]
7 7 トゥルーヒーロー Human for a Day ラリー・テン 2015年12月7日 (2015-12-07) 767[9]
8 8 アストラ・クライシス Hostile Takeover カレン・ガヴィオラ 2015年12月14日 (2015-12-14) 728[10]
9 9 ブラッド・オブ・"EL" Blood Bonds スティーヴ・シル 2016年1月4日 (2016-01-04) 875[11]
10 10 トイマン Childish Things ジェイミー・バビット 2016年1月18日 (2016-01-18) 877[12]
11 11 マーシャン・マンハンター Strange Visitor from Another Planet グレン・ウィンター 2016年1月25日 (2016-01-25) 790[13]
12 12 ビザロ Bizarro ジョン・ショウォルター 2016年2月1日 (2016-02-01) 668[14]
13 13 ロスト・ファミリー For the Girl Who Has Everything ダーモット・ダウンズ 2016年2月8日 (2016-02-08) 792[15]
14 14 ジャスティス Truth, Justice and the American Way レクシー・アレクサンダー 2016年2月22日 (2016-02-22) 725[16]
15 15 ファイナル・カウントダウン Solitude ダーモット・ダウンズ 2016年2月29日 (2016-02-29) 669[17]
16 16 レッド・クリプトナイト Falling ラリー・テン 2016年3月14日 (2016-03-14) 653[18]
17 17 マン・フロム・マーズ Manhunter クリス・フィッシャー 2016年3月21日 (2016-03-21) 600[19]
18 18 フラッシュ Worlds Finest ニック・ゴメス 2016年3月28日 (2016-03-28) 717[20]
19 19 ミリアド・アタック Myriad アダム・ケイン 2016年4月11日 (2016-04-11) 612[21]
20 20 スーパーエンジェル Better Angels ラリー・テン 2016年4月18日 (2016-04-18) 611[22]

シーズン2 (2016年 - 2017年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
21 1 ニュー・アドベンチャー The Adventures of Supergirl グレン・ウィンター 2016年10月10日 (2016-10-10) 306[23]
22 2 ラスト・チルドレン The Last Children of Krypton グレン・ウィンター 2016年10月17日 (2016-10-17) 266[24]
23 3 ウェルカム・トゥー・アース Welcome to Earth レイチェル・タラレイ 2016年10月24日 (2016-10-24) 265[25]
24 4 ファイト・クラブ Survivors ジェームズ・マーシャル
ジェームズ・バンフォード
2016年10月31日 (2016-10-31) 222[26]
25 5 クロスファイア Crossfire グレン・ウィンター 2016年11月7日 (2016-11-07) 247[27]
26 6 アナザーヒーロー Changing ラリー・テン 2016年11月14日 (2016-11-14) 235[28]
27 7 ダーク・シャドウ The Darkest Place グレン・ウィンター 2016年11月21日 (2016-11-21) 261[29]
28 8 メドゥーサ Medusa Stefan Pleszczynski 2016年11月28日 (2016-11-28) 353[30]
29 9 マルドリア Supergirl Lives ケヴィン・スミス 2017年1月23日 (2017-01-23) 265[31]
30 10 スーパーソルジャー We Can Be Heroes レベッカ・ジョンソン 2017年1月30日 (2017-01-30) 235[32]
31 11 マーシャン・クロニクル The Martian Chronicles デヴィッド・マクホワイター 2017年2月6日 (2017-02-06) 243[33]
32 12 ルーサー Luthors ターニャ・マキアナン 2017年2月13日 (2017-02-13) 252[34]
33 13 Mr. & Mrs.ミクシィズピトルク Mr. & Mrs. Mxyzptlk Stefan Pleszczynski 2016年2月20日 (2016-02-20) 224[35]
34 14 ホームカミング Homecoming ラリー・テン 2017年2月27日 (2017-02-27) 217[36]
35 15 エクソダス Exodus マイケル・アロウィッツ 2017年3月6日 (2017-03-06) 216[37]
36 16 プリンス・オブ・ダクサム Star-Crossed ジョン・メッドレン 2017年3月20日 (2017-03-20) 207[38]
37 17 ロミオ & ジュリエット Distant Sun ケヴィン・スミス 2017年3月27日 (2017-03-27) 221[39]
38 18 エースリポーター Ace Reporter アルメン・V・ケヴォーキアン 2017年4月24日 (2017-04-24) 180[40]
39 19 コード・アレックス Alex ロブ・グリーンリー 2017年5月1日 (2017-05-01) 175[41]
40 20 ザ・ロストチャイルド City of Lost Children ベン・ブレイ 2017年5月8日 (2017-05-08) 188[42]
41 21 レジスタンス Resist ミリセント・シェルトン 2017年5月15日 (2017-05-15) 193[43]
42 22 セイブ・ザ・ワールド Nevertheless, She Persisted グレン・ウィンター 2017年5月22日 (2017-05-22) 212[44]

シーズン3 (2017年 - 2018年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
43 1 ガール・オブ・スティール Girl of Steel ジェシー・ワーン 2017年10月9日 (2017-10-09) 187[45]
44 2 メモリーズ Triggers デヴィッド・マクホワイター 2017年10月16日 (2017-10-16) 176[46]
45 3 ファーザー Far from the Tree ダーモット・ダウンズ 2017年10月23日 (2017-10-23) 176[47]
46 4 ビリーバー The Faithful ジェシー・ワーン 2017年10月30日 (2017-10-30) 182[48]
47 5 ダメージ Damage ケヴィン・スミス 2017年11月6日 (2017-11-06) 187[49]
48 6 ハイスクール・デイズ Midvale ロブ・グリーンリー 2017年11月13日 (2017-11-13) 189[50]
49 7 ウェイクアップ Wake Up チャド・ロウ 2017年11月20日 (2017-11-20) 192[51]
50 8 クライシス・オン・アースX Crisis on Earth-X: Part 1 ラリー・テン 2017年11月27日 (2017-11-27) 271[52]
51 9 レイン Reign グレン・ウィンター 2017年12月4日 (2017-12-04) 181[53]
52 10 リージョン・オブ・スーパーヒーローズ Legion of Superheroes ジェシー・ワーン 2018年1月15日 (2018-01-15) 217[54]
53 11 フォート・ロズ Fort Rozz グレゴリー・スミス 2018年1月22日 (2018-01-22) 207[55]
54 12 リベンジ For Good ターニャ・マキアナン 2018年1月29日 (2018-01-29) 211[56]
55 13 ピュリティ Both Sides Now ジェシー・ワーン 2018年2月5日 (2018-02-05) 212[57]
56 14 ファーザー・アンド・サン Schott Through the Heart グレン・ウィンター 2018年4月16日 (2018-04-16) 191[58]
57 15 ロスト・タイム In Search of Lost Time アンディー・アルマガニアン 2018年4月23日 (2018-04-23) 138[59]
58 16 ツー・マインド Of Two Minds アレクサンドラ・ラ・ロッチ 2018年4月30日 (2018-04-30) 150[60]
59 17 トリニティ Trinity ケイトリン・パリッシュ
エリカ・ウェイス
2018年5月7日 (2018-05-07) 160[61]
60 18 ストーム・シェルター Shelter from the Storm アントニオ・ネグレ 2018年5月14日 (2018-05-14) 153[62]
61 19 ユダ・カル The Fanatical メアジー・アルマス 2018年5月21日 (2018-05-21) 147[63]
62 20 ダークサイド Dark Side of the Moon ハネル・カルペッパー 2018年5月28日 (2018-05-28) 157[64]
63 21 アルゴ・シティ Not Kansas ダーモット・ダウンズ 2018年6月4日 (2018-06-04) 183[65]
64 22 サム vs. レイン Make It Reign アルメン・V・ケヴォーキアン 2018年6月11日 (2018-06-11) 176[66]
65 23 ファイナル・バトル Battles Lost and Won ジェシー・ワーン 2018年6月18日 (2018-06-18) 178[67]

シーズン4 (2018年 - 2019年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
66 1 アメリカン・エイリアン American Alien ジェシー・ワーン 2018年10月14日 (2018-10-14) 152[68]
67 2 アース・ファースト Fallout ハリー・ジャジアン 2018年10月21日 (2018-10-21) 134[69]
68 3 エージェント・リバティ Man of Steel ジェシー・ワーン 2018年10月28日 (2018-10-28) 128[70]
69 4 アヒンサー Ahimsa アルメン・V・ケヴォーキアン 2018年11月4日 (2018-11-04) 123[71]
70 5 ロスト・パラサイト Parasite Lost デヴィッド・マクホワイター 2018年11月11日 (2018-11-11) 116[72]
71 6 コール・トゥ・アクション Call to Action アントニオ・ネグレ 2018年11月18日 (2018-11-18) 113[73]
72 7 フォールン・エンジェル Rather the Fallen Angel チャド・ロウ 2018年11月25日 (2018-11-25) 115[74]
73 8 バンカーヒル Bunker Hill ケヴィン・スミス 2018年12月2日 (2018-12-02) 126[75]
74 9 エルスワールド Elseworlds: Part 3 ジェシー・ワーン 2018年12月11日 (2018-12-11) 217[76]
75 10 サスピシャス・マインド Suspicious Minds レイチェル・タラレイ 2019年1月20日 (2019-01-20) 104[77]
76 11 メモリー Blood Memory シャノン・コーリ 2019年1月27日 (2019-01-27) 134[78]
77 12 メナジェリー Menagerie Stefan Pleszczynski 2019年2月17日 (2019-02-17) 115[79]
78 13 エリート What's So Funny About Truth, Justice, and the American Way? アレクシス・オストランダー 2019年3月3日 (2019-03-03) 114[80]
79 14 リーダーシップ Stand and Deliver アンディー・アルマガニアン 2019年3月10日 (2019-03-10) 105[81]
80 15 ブラック・クリプトナイト O Brother, Where Art Thou? ターニャ・マキアナン 2019年3月17日 (2019-03-17) 107[82]
81 16 レッドドーター The House of L カール・シートン 2019年3月24日 (2019-03-24) 112[83]
82 17 オール・アバウト・イヴ All About Eve ベン・ブレイ 2019年3月31日 (2019-03-31) 106[84]
83 18 クライム・アンド・パニッシュメント Crime and Punishment アントニオ・ネグレ 2019年4月21日 (2019-04-21) 99[85]
84 19 アメリカン・ドリーマー American Dreamer デヴィッド・ヘアウッド 2019年4月28日 (2019-04-28) 114[86]
85 20 Will the Real Miss Tessmacher Please Stand Up? シャノン・コーリ 2019年5月5日 (2019-05-05) 105[87]
86 21 Red Dawn アレクシス・オストランダー 2019年5月12日 (2019-05-12) 111[88]
87 22 The Quest for Peace ジェシー・ワーン 2019年5月19日 (2019-05-19) 107[89]

映像ソフト編集

シーズン1編集

  • SUPERGIRL/スーパーガール <ファースト・シーズン> Blu-rayコンプリート・ボックス(3枚組)[90]
    • 発売日 - 2016年9月14日 / 品番 - 1000603071 / JAN 4548967275315
  • SUPERGIRL/スーパーガール <ファースト・シーズン> DVDコンプリート・ボックス(10枚組)[90]

シーズン2編集

  • SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン> Blu-rayコンプリート・ボックス(4枚組)[91]
  • SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン> DVDコンプリート・ボックス(11枚組)[91]

シーズン3編集

  • SUPERGIRL/スーパーガール <サード・シーズン> Blu-rayコンプリート・ボックス(4枚組)[92]
  • SUPERGIRL/スーパーガール <サード・シーズン> DVDコンプリート・ボックス(5枚組)[92]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “『SUPERGIRL』ついにシーズン2制作決定、放送局はCWに変更”. (2016年5月15日). http://dramanavi.net/news/2016/05/supergirl2cw.php 2016年7月3日閲覧。 
  2. ^ シーズン3から
  3. ^ Porter, Rick (2015年11月3日). “Monday final ratings: 'Supergirl' and 'Blindspot' adjust down, 'Big Bang Theory' adjusts up”. TV by the Numbers. Tribune Media. 2015年11月4日閲覧。
  4. ^ Porter, Rick (2015年11月4日). “Monday final ratings: 'The Voice' and 'NCIS: LA' adjust up, 'Supergirl' holds”. TV by the Numbers. Tribune Media. 2015年11月4日閲覧。
  5. ^ Porter, Rick (2015年11月10日). “Monday final ratings: 'NCIS: LA' adjusts up, everything else holds”. TV by the Numbers. Tribune Media. 2015年11月10日閲覧。
  6. ^ Porter, Rick (2015年11月17日). “Monday final ratings: 'Jane the Virgin' adjusts down but still hits season high, 'Scorpion' adjusts up”. TV by the Numbers. Tribune Media. 2015年11月17日閲覧。
  7. ^ Porter, Rick (2015年11月24日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Castle' adjusts down to season average”. TV by the Numbers. Tribune Media. 2015年11月24日閲覧。
  8. ^ Porter, Rick (2015年12月2日). “Monday final ratings: 'Superstore' adjusts down but still solid, 'Crazy Ex-Girlfriend' adjusts down”. TV by the Numbers. 2015年12月2日閲覧。
  9. ^ Porter, Rick (2015年12月8日). “Monday final ratings: 'Telenovela' adjusts up slightly, 'Christmas Light Fight' adjusts down”. TV by the Numbers. 2015年12月9日閲覧。
  10. ^ Porter, Rick (2015年12月15日). “Monday final ratings: 'Scorpion' and 'Jane the Virgin' adjust down”. TV by the Numbers. 2015年12月15日閲覧。
  11. ^ Porter, Rick (2016年1月6日). “Monday final ratings: 'Supergirl,' 'Scorpion' and 'Superstore' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年1月6日閲覧。
  12. ^ Porter, Rick (2016年1月20日). “Monday final ratings: 'The Bachelor,' 'Superstore' and 'Masterchef Celebrity Showdown' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年1月20日閲覧。
  13. ^ Porter, Rick (2016年1月26日). “Monday final ratings: 'Scorpion' and 'Superstore' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年1月26日閲覧。
  14. ^ Porter, Rick (2016年2月2日). “Monday final ratings: 'X-Files,' 'Lucifer' and 'The Bachelor' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年2月2日閲覧。
  15. ^ Porter, Rick (2016年2月9日). “Monday final ratings: 'The Bachelor' and 'Scorpion' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年2月9日閲覧。
  16. ^ Porter, Rick (2016年2月23日). “Monday final ratings: 'Bachelor' adjusts up, 'Crazy Ex-Girlfriend' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年2月23日閲覧。
  17. ^ Porter, Rick (2016年3月1日). “Monday final ratings: 'Blindspot', 'Gotham' and all others hold”. TV by the Numbers. 2016年3月1日閲覧。
  18. ^ Porter, Rick (2016年3月15日). “Monday final ratings: 'The Bachelor' and 'Scorpion' adjust up, 'Blindspot' and 'After the Final Rose' adjust down”. TV by the Numbers. 2016年3月15日閲覧。
  19. ^ Porter, Rick (2016年3月22日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Blindspot' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年3月22日閲覧。
  20. ^ Porter, Rick (2016年3月29日). “Monday final ratings: 'Supergirl', 'Blindspot' and everything else hold”. TV by the Numbers. 2016年3月29日閲覧。
  21. ^ Porter, Rick (2016年4月12日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Crazy Ex-Girlfriend' and 'Jane the Virgin' adjust down”. TV by the Numbers. 2016年4月12日閲覧。
  22. ^ Porter, Rick (2016年4月19日). “Monday final ratings: 'Supergirl' finale adjusts up, 'NCIS: LA' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年4月19日閲覧。
  23. ^ Porter, Rick (2016年10月11日). “'Timeless', 'Conviction', 'DWTS', 'Lucifer' adjust down, 'Big Bang' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月11日閲覧。
  24. ^ Porter, Rick (2016年10月18日). “'Gotham', 'The Voice', 'Big Bang', 'DWTS' adjust up, 'Conviction' and '2 Broke Girls' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月18日閲覧。
  25. ^ Porter, Rick (2016年10月25日). “'Kevin Can Wait' adjusts up, 'Timeless', 'Supergirl', and 'Jane the Virgin' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月25日閲覧。
  26. ^ Porter, Rick (2016年11月1日). “'Gotham' adjusts up, CBS shows all adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月1日閲覧。
  27. ^ Porter, Rick (2016年11月8日). “'Jane the Virgin', 'Odd Couple' and 'Conviction' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月8日閲覧。
  28. ^ Porter, Rick (2016年11月15日). “'2 Broke Girls' adjusts up, 'Supergirl' and 'Jane the Virgin' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月15日閲覧。
  29. ^ Porter, Rick (2016年11月22日). “'Supergirl', 'Jane the Virgin', 'Odd Couple', 'Conviction' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月22日閲覧。
  30. ^ Porter, Rick (2016年11月30日). “'Voice' adjusts up; 'Gotham', 'Lucifer', 'Jane the Virgin' and ABC adjust down; Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月30日閲覧。
  31. ^ Porter, Rick (2017年1月24日). “'Celebrity Apprentice' adjusts up, 'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月24日閲覧。
  32. ^ Porter, Rick (2017年1月31日). “'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  33. ^ Porter, Rick (2017年2月7日). “'The Bachelor' and 'Superior Donuts' adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月7日閲覧。
  34. ^ Porter, Rick (2017年2月14日). “'The Bachelor' adjusts up, 'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月14日閲覧。
  35. ^ Welch, Alex (2017年2月22日). “'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  36. ^ Porter, Rick (2017年2月28日). “'Scorpion' adjusted up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  37. ^ Porter, Rick (2017年3月7日). “'Taken' adjusts down, 'Kevin Can Wait' rerun adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月7日閲覧。
  38. ^ Porter, Rick (2017年3月21日). “'Dancing With the Stars' adjusts up, 'Taken' and 'Quantico' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月21日閲覧。
  39. ^ Porter, Rick (2017年3月28日). “'Voice,' 'Great Indoors' adjust up; 'Taken,' 'Quantico,' 'Jane the Virgin' down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月28日閲覧。
  40. ^ Porter, Rick (2017年4月25日). “'Gotham' adjusts up, 'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  41. ^ Porter, Rick (2017年5月2日). “‘The Voice,’ ‘Scorpion,’ ‘Man with a Plan,’ ‘Superior Donuts’ all adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  42. ^ Porter, Rick (2017年5月9日). “'Gotham,' 'Man with a Plan,' 'Jane the Virgin' adjust up, 'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月9日閲覧。
  43. ^ Porter, Rick (2017年5月16日). “‘Dancing with the Stars,’ ‘Man with a Plan' finale adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月16日閲覧。
  44. ^ Porter, Rick (2017年5月23日). “‘The Voice' adjusts up, 'Jane the Virgin' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月23日閲覧。
  45. ^ Porter, Rick (2017年10月10日). “'Big Bang Theory' and 'Good Doctor' adjust up, other CBS shows and 'The Brave' down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年10月10日閲覧。
  46. ^ Porter, Rick (2017年10月17日). “'Big Bang,' 'Voice,' 'Lucifer,' 'Me, Myself & I' adjust up, ABC and '9JKL' down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年10月17日閲覧。
  47. ^ Porter, Rick (2017年10月24日). “'The Good Doctor' adjusts down, 'Big Bang Theory' and 'Voice' adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年10月24日閲覧。
  48. ^ Porter, Rick (2017年10月31日). “'Lucifer' adjusts up, 'Good Doctor' and 'Dancing With the Stars' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年10月31日閲覧。
  49. ^ Porter, Rick (2017年11月7日). “'Dancing With the Stars,' 'The Gifted,' Luke Bryan special adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月7日閲覧。
  50. ^ Porter, Rick (2017年11月14日). “'The Voice,' 'Kevin Can Wait,' 'The Gifted' adjust up, 'DWTS' down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月14日閲覧。
  51. ^ Porter, Rick (2017年11月21日). “'Good Doctor,' 'Dancing with the Stars,' 'Kevin Can Wait,' 'Man with a Plan' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月21日閲覧。
  52. ^ Porter, Rick (2017年11月29日). “'CMA Country Christmas,' 'Good Doctor,' 'Pentatonix Christmas' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月29日閲覧。
  53. ^ Porter, Rick (2017年12月4日). “ABC, NBC adjust down with football pre-emptions: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年12月4日閲覧。
  54. ^ Porter, Rick (2018年1月17日). “'The Gifted' finale, 'The Good Doctor' and all others hold: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月17日閲覧。
  55. ^ Porter, Rick (2018年1月23日). “'The Brave' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月23日閲覧。
  56. ^ Porter, Rick (2018年1月30日). “'9JKL' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月30日閲覧。
  57. ^ Porter, Rick (2018年2月6日). “'The Resident,' 'Man with a Plan,' '9JKL' and 'Scorpion' adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月6日閲覧。
  58. ^ Porter, Rick (2018年4月17日). “'American Idol' and 'The Voice' adjust up, 'Good Girls' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月17日閲覧。
  59. ^ Porter, Rick (2018年4月24日). “'The Resident' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月24日閲覧。
  60. ^ Porter, Rick (2018年5月1日). “'The Voice' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月1日閲覧。
  61. ^ Porter, Rick (2018年5月8日). “'The Voice,' ‘Supergirl,' ‘Man with a Plan' adjust up, 'The Resident' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月8日閲覧。
  62. ^ Porter, Rick (2018年5月15日). “'Man with a Plan’ adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月15日閲覧。
  63. ^ Porter, Rick (2018年5月22日). “'Supergirl’ and ‘iZombie’ adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月22日閲覧。
  64. ^ Porter, Rick (2018年5月30日). “Stanley Cup adjusts up, 'The Crossing' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月30日閲覧。
  65. ^ Porter, Rick (2018年6月5日). “Stanley Cup Finals Game 4 adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年6月5日閲覧。
  66. ^ Porter, Rick (2018年6月12日). “‘Elementary,’ ‘Supergirl,’ other originals hold: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年6月12日閲覧。
  67. ^ Porter, Rick (2018年6月19日). “‘The Proposal,’ other originals hold, ‘Whose Line’ rerun adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年6月19日閲覧。
  68. ^ Welch, Alex (2018年10月16日). “'DWTS: Juniors' and 'Family Guy' adjust up, 'Alec Baldwin Show' and 'God Friended Me' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月16日閲覧。
  69. ^ Welch, Alex (2018年10月23日). “'The Simpsons' and 'Bob's Burgers' adjust up, 'Madam Secretary' and 'Alec Baldwin Show' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月23日閲覧。
  70. ^ Welch, Alex (2018年10月30日). “World Series, 'Sunday Night Football,' and 'Shark Tank' adjust up, 'The OT' adjusts down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月30日閲覧。
  71. ^ Welch, Alex (2018年11月6日). “'Sunday Night Football' adjusts up, 'Madam Secretary,' '60 Minutes,' and more adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月6日閲覧。
  72. ^ Welch, Alex (2018年11月13日). “'Sunday Night Football' and 'Family Guy' adjust up, 'The Simpsons,' 'God Friended Me' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月13日閲覧。
  73. ^ Welch, Alex (2018年11月20日). “'Sunday Night Football' adjusts up: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月20日閲覧。
  74. ^ Welch, Alex (2018年11月28日). “'Sunday Night Football' adjusts up, 'The Simpsons' and '60 Minutes' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月28日閲覧。
  75. ^ Welch, Alex (2018年12月4日). “'Sunday Night Football' adjusts up, 'Garth! Live' and '60 Minutes' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年12月4日閲覧。
  76. ^ Welch, Alex (2018年12月12日). “'Supergirl' and 'The Rookie' adjust up: Tuesday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年12月12日閲覧。
  77. ^ Welch, Alex (2019年1月23日). “AFC Championship adjusts up, 'Charmed' and 'Magnum P.I.' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年1月23日閲覧。
  78. ^ Welch, Alex (2019年1月29日). “'Rent' adjusts up, 'Shark Tank' and 'Madam Secretary' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年1月29日閲覧。
  79. ^ Welch, Alex (2019年2月20日). “'God Friended Me' adjusts down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年2月20日閲覧。
  80. ^ Welch, Alex (2019年3月5日). “'60 Minutes,' 'The Simpsons' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月5日閲覧。
  81. ^ Welch, Alex (2019年3月12日). “'World of Dance,' 'Aretha! A Grammy Celebration' adjust down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月12日閲覧。
  82. ^ Welch, Alex (2019年3月19日). “'Good Girls,' 'God Friended Me,' 'The Simpsons,' everything else unchanged: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月19日閲覧。
  83. ^ Welch, Alex (2019年3月26日). “'Madam Secretary,' '60 Minutes' adjust down, 'Shark Tank' adjusts up: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月26日閲覧。
  84. ^ Welch, Alex (2019年4月2日). “'Good Girls,' 'NCIS: Los Angeles,' and others adjust up: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月2日閲覧。
  85. ^ Welch, Alex (2019年4月23日). “'American Idol' adjusts up: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月23日閲覧。
  86. ^ Welch, Alex (2019年4月30日). “'American Idol,' 'The Simpsons' adjust up, 'The Red Line' adjusts down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月30日閲覧。
  87. ^ Welch, Alex (2019年5月7日). “'American Idol' adjusts up: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月7日閲覧。
  88. ^ Welch, Alex (2019年5月14日). “'American Idol' adjusts up, 'The Red Line' adjusts down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月14日閲覧。
  89. ^ Welch, Alex (2019年5月21日). “'American Idol' adjusts up, 'America's Funniest Home Videos' adjusts down: Sunday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月21日閲覧。
  90. ^ a b “SUPERGIRL/スーパーガール <ファースト・シーズン>”. 【ワーナー公式】海外ドラマ (ワーナー・ブラザース・ジャパン). https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=51266 2016年9月14日閲覧。 
  91. ^ a b “SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>”. 【ワーナー公式】海外ドラマ (ワーナー・ブラザース・ジャパン). https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=53555 2017年7月14日閲覧。 
  92. ^ a b “SUPERGIRL/スーパーガール <サード・シーズン>”. 【ワーナー公式】海外ドラマ (ワーナー・ブラザース・ジャパン). https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=54719 2018年11月14日閲覧。 

外部リンク編集