メインメニューを開く

エクボサイシン(笑窪細辛、学名Asarum gelasinumシノニムHeterotropa gelasina)とは、ウマノスズクサ科カンアオイ属多年草。別名エクボカンアオイ。

エクボサイシン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ウマノスズクサ目 Aristolochiales
: ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae
: カンアオイ属 Asarum
: エクボサイシン
A. gelasinum
学名
Asarum gelasinum
(F.Maekawa) Hatusima
シノニム

Heterotropa gelasina F.Maekawa、
Geotaenium gelasina F.Maekawa

和名
エクボサイシン、エクボカンアオイ

概要編集

日本固有種で、琉球諸島西表島のみに分布する。山地の林内に生育する。

多年草は互生、卵心形で、長さ6~11cm前後、裏面は帯紫色。花期は1~4月。のように見えるのは花弁ではなく3枚のがく片である。がく片の根元のがく筒は筒型で、長さ1cm程度、またがく筒の開口部が広い事が本種の特徴である。雄しべは6個、雌しべは3~4個。

園芸用の採取で、個体数を減らしている。

保護上の位置づけ編集

生育地である下記の地方公共団体が作成したレッドデータブックに掲載されている。

参考文献編集

  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧【改訂版】』 九州大学出版会、1997年、195-196頁、ISBN 4-87378-522-7
  • 新城和治・新島義龍 「エクボサイシン(エクボカンアオイ)」 『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編 、2006年、81頁。

外部リンク編集