『Esquire』エスクァイア)は、1933年アメリカ合衆国シカゴで創刊された世界初の男性誌である。アーノルド・ギングリッチ、デビッド・スマート、ヘンリー・ジャクソンの3人が創刊した。創刊編集長は ギングリッチで1945年まで編集長を務めた。アーネスト・ヘミングウェイF・スコット・フィッツジェラルドが寄稿したことで話題を集めた。

2013年現在、媒体の事業はハースト・コーポレーションが保有しており、拠点もニューヨークに移っている。発行国は世界20か国で、ファッションよりもカルチャー・ライフスタイル関連の情報に強いのが特徴である。

日本版編集

日本では、1987年に株式会社UPUから創刊された。編集兼発行人の吉澤潔。創刊企画「90年代、日本を変えるエスクァイアたち」には、金子郁容新井将敬松浦寿輝沢田研二が並び、そのアメリカ版特集として、スティーブ・ジョブズブルース・スプリングスティーンロン・ハワードなどが取り上げられた。1995年には株式会社エスクァイアマガジンジャパン名義に移行。発行人は引き続き吉澤、編集人は山田三夫となってた。[1] 

出版元は後にカルチュア・コンビニエンス・クラブ系列子会社となり、2009年5月に休刊となった。

2013年、ハースト社の日本法人であるハースト婦人画報社が発売している『MEN'S CLUB』7月号(同年5月24日発売)別冊付録として再登場。同号誌面ではほぼ全面で映画『華麗なるギャツビー』をピックアップした。

現在、日本ではデジタル版のみが定期更新されている[2] 。

国際版編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 創刊号を読み解く 第7回 - エスクァイア” (日本語). タイムアウト Tokyo. 2020年2月21日閲覧。
  2. ^ https://www.esquire.com/jp/

外部リンク編集