華麗なるギャツビー (2013年の映画)

2013年に公開されたアメリカ合衆国の恋愛・ドラマ映画

華麗なるギャツビー』(かれいなるギャツビー)(原題: The Great Gatsby)は、2013年アメリカ合衆国恋愛ドラマ映画である。F・スコット・フィッツジェラルドの1925年の小説『グレート・ギャツビー』を原作としており、バズ・ラーマンが監督・脚本を務めている。出演はレオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアキャリー・マリガンジョエル・エドガートンアイラ・フィッシャージェイソン・クラークらである。

華麗なるギャツビー
The Great Gatsby
監督 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン
クレイグ・ピアース
原作 F・スコット・フィッツジェラルド
グレート・ギャツビー
製作 ダグラス・ウィック
バズ・ラーマン
ルーシー・フィッシャー
キャサリン・ナップマン
キャサリン・マーティン
製作総指揮 バリー・M・オズボーン
出演者 レオナルド・ディカプリオ
トビー・マグワイア
キャリー・マリガン
ジョエル・エドガートン
アイラ・フィッシャー
ジェイソン・クラーク
エリザベス・デビッキ
ジャック・トンプソン
アミターブ・バッチャン
音楽 クレイグ・アームストロング
撮影 サイモン・ダガン
編集 マット・ヴィラ
ジェイソン・バランタイン英語版
ジョナサン・レドモンド
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
バズマーク・プロダクションズ
A&Eテレビジョン英語版
レッド・ワゴン・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年5月10日
日本の旗 2013年6月14日
上映時間 143分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $104,500,000[2]
興行収入 $320,988,676[3]
日本の旗 11.3億円[4]
テンプレートを表示

撮影は2011年9月5日にオーストラリアのシドニーで始まった[5]。元々は2012年12月公開予定であったが、2013年5月10日に延期された[6]。また、第66回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映される[7]。日本では、6月14日から公開。

ストーリー編集

1929年12月、第一次世界大戦の従軍経験者であるニック・キャラウェイは精神科の治療を受けている。彼は、今まで出会った中で最も大きな希望を抱く男性であったジェイ・ギャツビーについて語る。ニックは書くことに思い入れがあるため、主治医は考えを書き留めるよう提案する。ニックはその後、一つ一つの出来事を医師に開示し始める。

7年前の1922年夏、ニックは書くことを諦め、中西部からニューヨークに移った。彼はウェスト・エッグの北岸の村にある小さな管理人のコテージを借りる。コテージは、謎めいたビジネス界の大物で、しばしば贅沢なパーティを開くギャツビーの豪邸の隣にある。ニックは、美しいが抑圧された従妹デイジー・ブキャナンと、壮健で支配的な彼女の夫トムとディナーを共にする。デイジーは、ニックともう一人の客の仲を取り持とうとする。彼女は有名なゴルファーのジョーダン・ベイカーで、ニックは魅力的に思う。帰宅したニックは、ブキャナン家の桟橋から届く緑の灯火に手を伸ばす、入江に立つギャツビーの姿を見る。

ジョーダンはトムに愛人がいるとニックに告げる。トムはニックを、ウェスト・エッグとニューヨークの間にある産業廃棄物の集積所である「灰の谷」に連れて行き、愛人マートル・ウィルソンと彼女の夫ジョージが所有する自動車整備店に立ち寄る。

ニックはギャツビーのパーティへの招待状を受け取る。到着したニックは、招待状を受け取ったのは彼一人であり、客の誰もギャツビーに会ったことがないことを知る。ニックはジョーダンに出くわし、両者はギャツビーに会う。ギャツビーは後に、ニックをマンハッタンへランチに連れて行く。道中、ギャツビーはニックに、彼は裕福な中西部の家に生まれ、オックスフォードの卒業生で戦争の英雄であると告げる。彼らはスピークイージーに行き、ギャツビーはビジネスパートナーであるマイヤー・ウルフシャイムにニックを紹介する。

ジョーダンはニックに、アメリカが戦争に突入する直前の1917年に、将校のギャツビーがデイジーとどのように付き合い始めたかと、彼がまだ彼女を愛しており、デイジーが姿を見せることを期待してパーティを催していることを告げる。ギャツビーはデイジーをお茶に招待してくれるようニックに頼む。どぎまぎした再会の後、ギャツビーとデイジーは情事を始める。ギャツビーは、デイジーが逃避行を望むと落胆し、彼女の正式な離婚を希望する。彼はニックとジョーダンにブキャナン家へ同行してくれるよう頼む。彼とデイジーは、そこでトムに別れを告げるつもりである。ランチの間、トムはギャツビーとデイジーを疑い始めるが、デイジーは全てをトムに明かそうとするギャツビーを止め、全員でプラザホテルに行くことを提案する。トムはニックとジョーダンを乗せたギャツビーの車を運転し、ギャツビーはデイジーを乗せたトムの車を運転する。トムがガソリンを入れるためジョージの自動車整備店に立ち寄ると、ジョージはマートルと引っ越す予定で、マートルに浮気の疑いがあると告げる。

プラザホテルで、ギャツビーはデイジーとの情事をトムに告げる。トムは、ギャツビーはオックスフォードに通ったことなどなく、ギャングと酒を密造し財をなしたと非難する。デイジーは、ギャツビーを愛しているが、トムを愛したことがないとは言えないと言う。結局ギャツビーとデイジーは出て行く。浮気をめぐりジョージと争った後、ギャツビーの車をトムのものと取り違えたマートルは道に飛び出し、撥ねられて命を落とす。マートルの死を知った後、トムはジョージに、車はギャツビーの所有物であり、ギャツビーがマートルの恋人だったのではと告げる。事故が起きた時はデイジーが運転していたとニックは推測する。ニックは、トムに全て任せることをデイジーが受け入れるのを耳にするが、ギャツビーには伝えない。ギャツビーは、極貧の生まれであること、本名はジェームズ・ギャッツであり、戦後、彼がひとかどの人間になるまで待ってほしいとデイジーに頼んだこと、彼女はそうする代わりに、戦争が終わったわずか7ヶ月後に「アメリカで最も裕福な独身男性」トムと結婚したことをニックに明かす。彼は、しかしながら、休戦後の将校への特典で、たった5ヶ月ではあるがオックスフォードに通った。

翌日、ギャツビーは電話の鳴る音を聞き、デイジーだと思う。応じる間もなく、彼は復讐に燃えるジョージに撃ち殺され、その後ジョージは自殺する。ニックはリポーター以外でただ一人、ギャツビーの葬儀に出席する。デイジーとトムはニューヨークを発とうとしている。メディアはギャツビーをマートルの恋人かつ殺人者として書き立てる。ギャツビーの人生と死がこの誤った否定的なイメージにされたことでニックは激昂し、ギャツビー邸の階段の上からリポーターを怒鳴りつけ、彼らを建物から追い出す。街にも住人にも嫌気がさし、ニックは、荒れ果てたギャツビー邸を最後に歩いて回り、ギャツビーの希望を抱く才能に思いを巡らせた後、出ていく。療養所で、彼は回想録のタイプを終え、『The Great Gatsby(華麗なるギャツビー)』と題する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ジェイ・ギャツビー レオナルド・ディカプリオ 内田夕夜
ニック・キャラウェイ トビー・マグワイア 加瀬康之
デイジー・ブキャナン キャリー・マリガン 白石涼子
トム・ブキャナン ジョエル・エドガートン てらそままさき
マートル・ウィルソン アイラ・フィッシャー 東條加那子
ジョージ・B・ウィルソン ジェイソン・クラーク ふくまつ進紗
ジョーダン・ベイカー エリザベス・デビッキ 小松由佳
ウォルター・パーキンス医師 ジャック・トンプソン 小山武宏
マイヤー・ウルフシャイム アミターブ・バッチャン 勝部演之
ジェイ・ギャツビー(若年期) カラン・マッコーリフ
物憂げな女性 ジェマ・ワード
アンリ フェリックス・ウィリアムソン 志村知幸
ハーツォグ リチャード・カーター 向井修
デイジーの母 ヘザー・ミッチェル 林真里花
ダン・コーディ スティーヴ・ビズレー 佐々木省三
キャサリン アデレイド・クレメンス 冠野智美
チェスター・マッキー エデン・フォーク 高橋英則
マッキー夫人 ケイト・マルヴァニー 小林希唯
テディ ガス・マレー 遠藤大智
ラジオの声 後藤光祐
社員2 奥村翔
ビーチ男 森山和輝
車掌 時永洋
車のゲスト 前田一世
パーティ男1 河西健吾
パーティ男4 三輪隆博
指揮者 梶雅人
大学生風 木島隆一

製作編集

企画編集

 
ジェイ・ギャツビーを演じるレオナルド・ディカプリオ。

F・スコット・フィッツジェラルドが1925年に発表した小説『グレート・ギャツビー』は過去、ブロードウェイ舞台化され、また何度も映画化されていた[8]。今回は2008年12月に『バラエティ』は本作をオーストラリア人のバズ・ラーマンが監督する予定であることを報じた。

映画について聞かれた際、ラーマンは裕福な者たちの無責任なライフスタイルを批判するそのテーマであるためによりタイムリーなリメイクになるだろうと答えた[9]。プロジェクトに専念するため、2010年9月にラーマンはオーストラリアから撮影予定地であるニューヨークチェルシー地区へ家族と一緒に引っ越した[10]。ラーマンは2011年1月にコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで『ハリウッド・リポーター』のインタビューに対し、まだどのようなフォーマットで撮影するか決まっていないが3Dの撮影を検討していると語った[11]。2011年1月末時点でラーマンはプロジェクトを進めるべきか疑問を抱いていた[12]

2010年時点ではソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが準備していると報じられたが[13]、2011年にワーナー・ブラザースが出資し、全世界で配給する契約を結んだ[14]

キャスティング編集

ラーマンは、『華麗なるギャツビー』の出演者を決めるオーディションの検討過程の結果は「非常に勇気づけられた」と述べた[15]。最初にレオナルド・ディカプリオがジェイ・ギャツビー役に決まり、またトビー・マグワイアはニック・キャラウェイ役となった[15]

2010年10月、アマンダ・サイフリッドがデイジー・ブキャナン役の候補に挙がっていると報じられた[16]。翌月、『Deadline Hollywood』は、ラーマンがデイジー役のためにキーラ・ナイトレイレベッカ・ホールアマンダ・サイフリッドブレイク・ライヴリーアビー・コーニッシュミシェル・ウィリアムズスカーレット・ヨハンソンのオーディションをして、さらにナタリー・ポートマンも考慮していると報じた[13]。ヨハンソンはキャメロン・クロウ監督の『幸せへのキセキ』を優先し[17]、直後にイギリス人女優のキャリー・マリガンが筆頭候補となっていることが報じられた。

11月15日、ラーマンはマリガンがデイジー役にキャスティングされたことを発表した[15]。彼女はラーマンがオーディションで演技をしている映像をソニー・ピクチャーズ重役のエイミー・パスカルとダグ・ベルグラードに見せた直後に決定した[15]。ラーマンは「デイジー役に関しては、世界で最も才能のある女優さんたちとその役柄について探る素晴らしい機会を得た。みんなそれぞれに役の解釈があり、どれもとても理にかない面白いものばかりだった。だが今回の作品については、つい先ほどキャリー・マリガンに電話をかけ、『こんにちは、デイジー・ブキャナンさん』と挨拶したよ」と語った[15][18]

2011年4月、ベン・アフレックにトム・ブキャナン役の話が持ちかけられたが、彼は監督作『アルゴ』を抱え、スケジュールが競合していた[19][20]。数週後、アフレックの代わりにジョエル・エドガートンの出演が決まった[21]。トム役には他にブラッドリー・クーパー[21]ルーク・エヴァンズが候補に挙がっていた[22]。また、オーストラリア人女優のアイラ・フィッシャーがマートル・ウィルソン役に決まった[20]。ヴィクトリア芸術大学を卒業したばかりであったオーストラリアの新人エリザベス・デビッキは、ジョーダン・ベイカー役を勝ち取った[23][24]。2011年6月、ジェイソン・クラークがジョージ・B・ウィルソン役に決まった[25]

撮影編集

当初撮影は2011年6月より小説の舞台と同じニューヨークで開始する予定であった[10]。しかしながら結局オーストラリアのシドニーで撮影することになり、2011年9月より開始された。

本撮影は2011年12月22日に完了したが、翌2012年1月に追加撮影が行われた[5][26]

VFX編集

撮影後、1500カット近くのカットについてVFX処理が施された。VFXを担当したプロダクションはアニマル・ロジックライジング・サン・ピクチャーズIlouraILMPrime FocusMethod Studiosなど7社に及んだ。[27]

衣装について編集

本作で使用された衣装・小物類については、女性のドレスをプラダ、女性のジュエリーをティファニー、男性服をブルックス・ブラザーズが提供し、各社が記念コレクションを発売したり、使用アイテム公開イベントを開催したりしている。

マーケティング編集

1本目の予告編は2012年5月22日に公開された[28]。予告編ではジェイ・Zカニエ・ウェストの「ノー・チャーチ・イン・ザ・ワイルド英語版」、ジャック・ホワイトの「ラヴ・イズ・ブラインドネス英語版」、アンドレ・3000ビヨンセの「バック・トゥ・ブラック英語版」、ラナ・デル・レイの「ヤング・アンド・ビューティフル」、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの「オーヴァー・ザ・ラヴ」が使われた[29]

サウンドトラック編集

サウンドトラック盤は2013年5月7日に発売された。またターゲット限定でデラックス版も発売された[29]映画音楽ジェイ・Z[30]The Bullitts英語版が製作総指揮した[31]

ラナ・デル・レイとバズ・ラーマンが作詞した曲「ヤング・アンド・ビューティフル」がプロモーション・シングルとして発売された[32]

評価編集

批評家の反応編集

2013年5月10日時点でRotten Tomatoesでは110件の批評家レビューで支持率は44%、平均点は5.8/10となった[33]Metacriticでは41の媒体に基づき、55/100となった[34]

ウォール・ストリート・ジャーナル』のジョー・モーゲンスターンは「派手な衣装と美術がこの映画に出ている役者の感情表現を駄目にしている。」と評した[35]

日本でのソフト化編集

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより発売。

  • 【初回限定生産】華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2013年10月9日発売)
  • 【初回限定生産】華麗なるギャツビー 3D&2D ブルーレイセット(2枚組、2013年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp限定】華麗なるギャツビー Blu-ray BOX豪華版(3枚組、2013年10月9日発売、1,500個完全数量限定)
  • 華麗なるギャツビー <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組、2016年11月2日発売)

参考文献編集

  1. ^ THE GREAT GATSBY”. British Board of Film Classification. 2013年5月10日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Galloway, Stephen (2013年4月24日). “Baz Luhrmann's Despair, Drive and Gamble Behind 'Great Gatsby'”. PROMETHEUS GLOBAL MEDIA. 2013年4月26日閲覧。
  3. ^ The Great Gatsby”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年7月1日閲覧。
  4. ^ 2013年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  5. ^ a b Bulbeck, Pip (2011年9月6日). “Baz Luhrmann's $125 Milllion 'The Great Gatsby' Begins Production in Sydney”. The Hollywood Reporter. 2011年9月6日閲覧。
  6. ^ McClintock, Pamela (2012年8月6日). “Warner Bros. Moves 'Great Gatsby' to Summer 2013”. HollywoodReporter.com. 2012年8月6日閲覧。
  7. ^ The Great Gatsby confirmed as Cannes opener”. BBC News (2013年3月12日). 2013年3月12日閲覧。
  8. ^ Jones, Michael (2008年12月18日). “Baz Luhrmann eyes 'Great Gatsby'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1117997638?refCatId=13 2011年2月11日閲覧。 
  9. ^ “Celebrating Films of the 1960s & 1970s”. Cinema Retro. (2008年12月28日) 
  10. ^ a b Baz to make 'Gatsby' choice”. New York Post. NYP Holdings, Inc (2011年2月10日). 2011年2月20日閲覧。
  11. ^ Giardina, Carolyn (2011年1月9日). “Baz Luhrmann might shoot "Great Gatsby"”. Reuters. Thomson Reuters. 2011年1月10日閲覧。
  12. ^ Gelman, Vlada (2011年1月31日). “Is Baz Luhrmann Reconsidering Doing The Great Gatsby?”. New York Magazine. New York Media LLC. 2011年2月20日閲覧。
  13. ^ a b Flemming, Mike (2010年11月1日). “Baz Casting Wider Daisy Net For 'Gatsby'”. Deadline Hollywood. 2010年11月15日閲覧。
  14. ^ Fleming, Mike (2011年2月9日). “Warner Bros. Nearing Deal To Acquire Baz Luhrmann's 'The Great Gatsby'”. Deadline Hollywood. 2011年2月20日閲覧。
  15. ^ a b c d e Fleming, Mike (2010年11月15日). “Baz Luhrmann Tells Deadline: Carey Mulligan Is My Daisy Buchanan”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/11/baz-tells-deadline-carey-mulligan-is-my-daisy-buchanan 2011年2月11日閲覧。 
  16. ^ Flores, Ramses (2010年9月30日). “Leonardo DiCaprio, Tobey Maguire, and Amanda Seyfried to Possibly Star in THE GREAT GATSBY”. Collider. 2010年11月17日閲覧。
  17. ^ Brodesser-Akner, Claude (2010年11月12日). “Carey Mulligan Now the Front-runner to Play Daisy in Baz Luhrmann’s Great Gatsby”. New York Magazine. New York Media LLC. 2010年11月15日閲覧。
  18. ^ “キャリー・マリガン、『華麗なるギャツビー』リメイク版でデイジー役に決定”. シネマトゥデイ. (2010年11月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0028457 2013年3月28日閲覧。 
  19. ^ Nashawaty, Chris (2011年4月20日). “Ben Affleck out of 'The Great Gatsby'... so who will be in?”. Entertainment Weekly. Time Warner Inc.. 2011年5月19日閲覧。
  20. ^ a b Kit, Borys (2011年4月19日). “Isla Fisher in Talks to Join Baz Luhrmann's 'Great Gatsby' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2011年6月13日閲覧。
  21. ^ a b Fleming, Mike (2011年5月17日). “Joel Edgerton Gets Tom Buchanan Role In 'The Great Gatsby'”. Deadline.com. 2011年6月13日閲覧。
  22. ^ Kit, Borys (2011年5月15日). “Edgerton, Evans up for key role in Luhrmann's "Gatsby"”. Reuters. Thomson Reuters. 2011年5月19日閲覧。
  23. ^ Fleming, Mike (2011年5月11日). “Newcomer Elizabeth Debicki To Play Jordan Baker In 'The Great Gatsby'”. Deadline.com. 2011年6月13日閲覧。
  24. ^ Baz Luhrmann casts VCA graduate Elizabeth Debicki in 'The Great Gatsby'”. University of Melbourne (2011年5月25日). 2011年6月14日閲覧。
  25. ^ McNary, Dave (2011年6月13日). “'Chicago Code' star joins 'Gatsby'”. Variety. 2011年6月13日閲覧。
  26. ^ Bulleck, Pip (2011年2月19日). “Baz Luhrmann to Shoot 'Great Gatsby' in Sydney”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2011年2月20日閲覧。
  27. ^ Watch All Of The Amazing Visual Effects From The 'Great Gatsby' (Video) | Elite Daily
  28. ^ David Trumbore (2012年5月22日). “First Trailer for THE GREAT GATSBY Starring Leonardo DiCaprio, Tobey Maguire, and Carey Mulligan”. collider.com. http://collider.com/the-great-gatsby-trailer/132255/ 2012年5月30日閲覧。 
  29. ^ a b Brown, August (2013年4月4日). “'Gatsby' soundtrack to feature Jay-Z, Lana del Rey, The xx and more”. Los Angeles Times. Eddy Hartenstein. 2013年4月6日閲覧。
  30. ^ Payne, Chris (2013年4月4日). “Beyonce, Lana Del Rey, Florence Music Featured In New 'Great Gatsby' Trailer”. Billboard. New York: Prometheus Global Media. 2013年4月7日閲覧。
  31. ^ Ramirez, Erika (2012年12月31日). “Jay-Z, The Bullitts to Score 'The Great Gatsby'”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年4月7日閲覧。
  32. ^ Jay-Z Calls on Beyoncé, André 3000, Fergie, & Lana Del Rey for ‘Great Gatsby’ Soundtrack”. Rap-Up. Devin Lazerine. 2013年4月6日閲覧。
  33. ^ The Great Gatsby”. Rotten Tomatoes. Flixter. 2013年5月10日閲覧。
  34. ^ The Great Gatsby”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年5月10日閲覧。
  35. ^ The Grating 'Gatsby'”. 2013年5月13日閲覧。

外部リンク編集