エスタディオ・ビセンテ・カルデロン

エスタディオ・ビセンテ・カルデロンEstadio Vicente Calderón)は、スペインマドリードにあったサッカー専用スタジアム。

エスタディオ・ビセンテ・カルデロン
Estadio Vicente Calderón

Vicente Calderón Stadium by BruceW.jpg

UEFA Nuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.png
施設情報
所在地 Paseo Virgen del Puerto,
67 28005 - MADRID
位置 座標: 北緯40度24分6.19秒 西経3度43分14.18秒 / 北緯40.4017194度 西経3.7206056度 / 40.4017194; -3.7206056
起工 1966年
開場 1966年10月2日
修繕 1982年(FIFA ワールドカップ)
閉場 2017年
取り壊し 2019年-
所有者 アトレティコ・マドリード
運用者 アトレティコ・マドリード
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m x 70 m
建設者 Javier Barroso
Miguel Ángel García Lomas
旧称
Estadio Manzanares (1966-1971)
使用チーム、大会
アトレティコ・マドリードリーガ・エスパニョーラ
収容能力
54,907人

かつては、リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードのホームスタジアムだった。 開場は1966年。収容人数は54,851人。平均観客数は約45,000人。

概要編集

スタジアムの下には高速道路が通っている、世界でも非常に珍しいスタジアムである。昔は、スタジアムの側を流れるマンサナーレス川から名を取り「デル・マンサナーレス」という名称であったが、1987年ヘスス・ヒル会長により、先代の名である「ビセンテ・カルデロン」に変更された。なお、UEFAによるスタジアム評価では、最上級の5つ星を獲得している。

アトレティコ・マドリードの試合だけでなく、スペイン代表の試合も数多く行われ、1982年スペインW杯では、フランスオーストリア北アイルランド対オーストリア、フランス対北アイルランドの3試合が開催された。

2007年夏、隣接するビール工場跡地を含めた再開発計画が発表され、取り壊しが決定した。アトレティコ・マドリードはオリンピック開催に向けて新設されていたエスタディオ・オリンピコ・デ・マドリード(エスタディオ・メトロポリターノに、3年以内に本拠地を移す予定になっていたが、2012年、2016年、2020年の3大会に立候補したが、いずれも落選。この為、2013年にアトレティコ・マドリードの所有となり、再び改修案を発表。 2017-18シーズンから、エスタディオ・メトロポリターノにアトレティコのホームスタジアムは移された。 2019年7月から解体工事が開始された。

外部リンク編集