サッカーオーストリア代表

サッカーオーストリア代表 (Österreichische Fußballnationalmannschaft) は、オーストリアサッカー協会 (ÖFB) によって編成されるオーストリアサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都ウィーンにあるエルンスト・ハッペル・シュターディオン

サッカーオーストリア代表
国または地域  オーストリア
協会 オーストリアサッカー協会
監督 スイスの旗 マーセル・コラー
最多出場選手 アンドレアス・ヘルツォーク(103試合)
最多得点選手 アントン・ポルスター(44得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1902年10月12日ハンガリー
5-0
最大差勝利試合 1977年4月30日マルタ
9-0
最大差敗戦試合 1908年6月8日イングランド
1-11
FIFAワールドカップ
出場回数 7回(初出場は1934
最高成績 3位(1954
UEFA欧州選手権
出場回数 2回
最高成績 グループリーグ敗退(20082016
オーストリア代表
2015年11月17日、スイス

目次

歴史編集

誕生編集

サッカーオーストリア代表が初めて編成されたのは、オーストリア=ハンガリー帝国末期の1902年である。この年に初の国際試合をハンガリーとの間で行っている。このことからも分かるとおり、オーストリア=ハンガリーで単一の協会、ナショナルチームは結成されず、この時点でのオーストリア代表は、オーストリア・ハンガリー帝国内のオーストリア地域(オーストリア帝冠領)を代表するものであった。

なお、このオーストリア地域にはボヘミアモラヴィアといった現在のチェコに相当する地域の他、クライン州(現在のスロベニア)、ポーランドの一部を含んでいる。1903年にはボヘミア代表がハンガリー代表と試合を行っており、オーストリア内部でも統一性が保たれていたわけではない。

第一次世界大戦後、オーストリア=ハンガリーは分裂し、後継国家のナショナルチームとしてチェコスロバキア代表ポーランド代表が誕生した。またオーストリア代表は、現在までとほぼ同じ地域を代表するナショナルチームとなった。

ワールドカップイタリア大会(1934年)編集

大戦間期、特に1930年代前半においてオーストリアはヴンダーチームと呼ばれ世界最強チームの一角とみなされていた(ただしイングランドが国際大会に登場しない限りにおいてである)。1934年のワールドカップイタリア大会は、ベニート・ムッソリーニが極めてファシストらしいやり方で大会を演出し、イタリアを優勝させた大会として名高いが、ヴンダーチームはイタリアに準決勝で敗れて4位に終わった。

ワールドカップフランス大会(1938年)編集

1938年のフランス大会でも、イタリアへの対抗馬としてオーストリアに対する期待感は非常に高いものがあった。

ところがワールドカップの同年に、ナチス・ドイツによりオーストリアがドイツに併合(アンシュルス)されたため、オーストリア代表は出場権を失った。そして、アドルフ・ヒトラーは元オーストリア代表の面々に対してドイツ代表に加わる事を強いた。オーストリアに代わって俄かにドイツが優勝候補に祭り上げられたが、選手のモチベーションは上がらず、ドイツは初戦で敗退した。

UEFA EURO (ヨーロッパ選手権)編集

2008年大会を隣国のスイスと共同開催した際に開催国特権で予選を戦わず本大会へ初出場したが、1勝もあげられず1引き分けのみに終わり、グループリーグで敗退した。予選を突破して本大会に出場したのは2016年大会が初めてであった。同大会でも1勝もあげられず1引き分けのみに終わり、グループリーグで敗退した。

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934 4位 5 4 0 1 27 10
  1938 棄権
  1950
  1954 3位 5 4 0 1 17 12
  1958 グループリーグ敗退 3 0 1 2 7 12
  1962 棄権
 1966 予選敗退
  1970
  1974
  1978 ベスト8 6 3 0 3 7 10
  1982 ベスト8 5 2 1 2 5 4
  1986 予選敗退
  1990 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 3
  1994 予選敗退
  1998 グループリーグ敗退 3 0 2 1 3 4
   2002 予選敗退
  2006
  2010
  2014
  2018
合計 出場7回 29 12 4 13 43 47

UEFA欧州選手権の成績編集

開催国 / 年 成績
  1976 予選敗退
  1964
  1968
  1972
  1976
  1980
  1984
  1988
  1992
  1996
   2000
  2004
   2008 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 3
   2012 予選敗退
  2016 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
合計 出場2回 6 0 2 4 2 7

現在のメンバー編集

歴代監督編集

選手編集

キャップ編集

2017年6月11日時点
  水色は現役選手
# 名前 出場 得点 期間
1 アンドレアス・ヘルツォーク 103 26 1988–2003
2 アントン・ポルスター 95 44 1982–2000
3 ゲルハルト・ハナッピ 93 12 1948–1964
4 カール・コラー 86 5 1952–1965
5 フリードリッヒ・コンシリア 84 0 1970–1985
ブルーノ・ペッツァイ 84 9 1975–1990
7 ヘルベルト・プロハスカ 83 10 1974–1989
8 クリスティアン・フックス 78 1 2006–2016
9 ハンス・クランクル 69 34 1973–1985
アンドレアス・イヴァンシッツ 69 12 2003–2014

得点編集

2017年6月11日時点
  水色は現役選手
# 名前 得点 出場 期間 得点率
1 アントン・ポルスター 44 95 1982–2000 0.46
2 ハンス・クランクル 34 69 1973–1985 0.49
3 ヨハン・ホルヴァート 29 46 1924–1934 0.63
4 エーリッヒ・ホッフ 28 37 1957–1968 0.76
マルク・ヤンコ 28 63 2006– 0.44
6 アントン・シャール 27 28 1927–1934 0.96
7 マティアス・シンデラー 26 43 1926–1937 0.6
アンドレアス・ヘルツォーク 26 103 1988–2003 0.25
9 カール・ジシェック 24 40 1931–1945 0.6
10 ヴァルター・シャッハナー 23 64 1976–1994 0.36

外部リンク編集