メインメニューを開く

1982 FIFAワールドカップ: 1982 FIFA World Cup)は、1982年6月13日から1982年7月11日にかけて、スペインで開催された12回目のFIFAワールドカップである。芸術の国にふさわしく、大会ポスターはパブロ・ピカソと並ぶ巨匠・ジョアン・ミロが作成し、開会式はミロの絵をピッチに人文字で描くというものであった。この大会から初めて国際サッカー連盟(FIFA)がワールドカップ本大会全24出場国に、1次リーグ毎に計100万スイス・フラン(当時約1億2083万3千円)ずつ、総額4200万スイスフラン(当時約50億7498万6千円)の賞金を支給した[1]。FIFA本部がスイスのチューリッヒにあるため、スイスフラン建てで賞金を支払った[2]。以降、賞金は2006年ドイツ大会まで、スイスフラン建てで支払った。

1982 FIFAワールドカップ
1982 FIFA World Cup
Copa Mundial de Fútbol de 1982
大会概要
開催国 スペインの旗 スペイン
日程 1982年6月13日 - 7月11日
チーム数 24 (6連盟)
開催地数 14 (14都市)
大会結果
優勝 イタリアの旗 イタリア (3回目)
準優勝 西ドイツの旗 西ドイツ
3位 ポーランドの旗 ポーランド
4位 フランスの旗 フランス
大会統計
試合数 52試合
ゴール数 146点
(1試合平均 2.81点)
総入場者数 2,109,723人
(1試合平均 40,572人)
得点王 イタリアの旗 パオロ・ロッシ(6点)
最優秀選手 イタリアの旗 パオロ・ロッシ
 < 19781986

予選編集

出場国編集

出場選手は1982 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
UEFA 1+13 開催国   スペイン 2大会連続6回目
欧州予選 1組 1位   西ドイツ 8大会連続10回目[3]
2位   オーストリア 2大会連続5回目
2組 1位   ベルギー 3大会ぶり6回目
2位   フランス 2大会連続8回目
3組 1位   ソビエト連邦 3大会ぶり5回目
2位   チェコスロバキア 3大会ぶり7回目
4組 1位   ハンガリー 2大会連続8回目
2位   イングランド 3大会ぶり7回目
5組 1位   ユーゴスラビア 2大会ぶり7回目
2位   イタリア 6大会連続10回目
6組 1位   スコットランド 3大会連続5回目
2位   北アイルランド 6大会ぶり2回目
7組 1位   ポーランド 3大会連続4回目
CONMEBOL 1+3 前回優勝国   アルゼンチン 3大会連続8回目
南米予選 1組 1位   ブラジル 12大会連続12回目
2組 1位   ペルー 2大会連続4回目
3組 1位   チリ 2大会ぶり6回目
CONCACAF 2 最終予選 1位   ホンジュラス 初出場
2位   エルサルバドル 3大会ぶり2回目
CAF 2 最終予選 1組 1位   アルジェリア 初出場
2組 1位   カメルーン 初出場
AFC/OFC 2 最終予選 1位   クウェート 初出場
2位   ニュージーランド 初出場

本大会編集

概要編集

大会の方式は1978年大会までのものから2次リーグ制について細かな変更が施された。参加国数は24チームに増加し、1次リーグは4チームずつ6グループに分けられた。各グループの1位と2位が2次リーグに進出し、3チームずつ4グループに分けられた。各グループの1位チームが決勝トーナメントに進出した。この方式が用いられたのは、この大会のみであった。イタリアが決勝で西ドイツを3対1で破り、3回目の優勝を遂げる。この優勝でイタリアはブラジルと優勝回数で並んだ。得点王はイタリアのパオロ・ロッシであり、6得点を決めた。大会のMVPに贈られるアディダスゴールデンボール賞にもロッシが選ばれた。

前回優勝国のアルゼンチンは開幕戦となったベルギー戦を0対1で落としたが、その後はディエゴ・マラドーナらの活躍もあって連勝し2次リーグへの進出を決めた。しかし、2次リーグではイタリア、ブラジルが同居する激戦区のグループCに組み込まれ、2連敗を喫して姿を消した。マラドーナはブラジル戦で相手選手への報復行為で退場となった。

この大会の序盤はテレ・サンタナ率いるブラジル代表が話題となった。第2戦以降ジーコファルカンソクラテストニーニョ・セレーゾという、世界トップレベルのミッドフィルダーを揃え、そのパスワークとコンビネーションから「黄金の中盤」と称された。一方、2次リーグ最終戦のイタリア戦ではイタリア得意のカウンター攻撃を防ぎきれず、ロッシのハットトリックの活躍もあり2-3と敗れた。

イングランドは3大会ぶりの出場となった。1次リーグ・グループ4ではブライアン・ロブソンやトレバー・フランシスといった若手選手の活躍もあって全勝。2次リーグでも2試合を無失点に抑えながら、無得点に終わったため勝利を得ることが出来ず、西ドイツの後塵を拝して無敗のまま準決勝進出を逃した。エースのケビン・キーガンを初戦の負傷で欠いたことが最後まで響く形となった。

1次リーグ・グループ2の西ドイツ対オーストリア戦では談合試合が行われ、物議を醸した。アルジェリアに第1戦で敗れている西ドイツは欧州予選同組で2勝しているオーストリアに勝利することが突破への必要十分条件であったが、西ドイツの勝利が2点差以内ならば両チーム揃って得失点差でアルジェリアを上回り、次のラウンドに進めることが分かっていた。アルジェリアは既に前日で最後の試合を終えており、次のラウンドの進出に影響を与えることは出来なかった。西ドイツは試合開始早々に1点を決め、その後両チームはロングボールの応酬を行い、結果的に得失点差でアルジェリアが敗退した。この試合は開催地となった地名から「ヒホンの恥」と呼ばれている。前回大会の2次リーグ・グループB最終戦アルゼンチン対ペルーで起こった八百長疑惑に加え今回の件が重なったことでFIFAは危機感を強め、以後のワールドカップではグループリーグ突破の可能性の有無にかかわらず、同一組の最終戦は同時刻・別会場で開催されることになった。

1次リーグ・グループ3ではハンガリーエルサルバドルに10対1という大差で圧勝した。この試合でハンガリーが挙げた10得点は、「チーム1試合最多得点」として2018年時点においても破られていない。だが、ハンガリーはアルゼンチンに完敗を喫した上にベルギーに土壇場で同点に追いつかれドローに終わり、1次リーグで敗退した。エルサルバドルは1970年大会に続き3連敗で大会を去った。

開催国のスペインはチーム状態が整わず、地元贔屓のジャッジ(ホームタウンディシジョン)に助けられて1次リーグ・グループ5を2位で何とか突破したものの、最後まで精彩を欠き2次リーグで敗退。北アイルランドパット・ジェニングスの活躍もあってグループ5を首位で通過したが、強豪が集う2次リーグではフランスに大敗するなど6失点を喫して敗退した。

アフリカ勢のアルジェリアは初戦で西ドイツを2対1で破る金星を含む2勝1敗、カメルーンは3戦3引き分けながらGKトーマス・ヌコノの好守により3試合をイタリア戦の1失点のみに抑え、ヨーロッパの強豪国を追い詰めた。この大会では前回優勝国のアルゼンチンを始め南米勢は全て2次リーグまでに姿を消し、ベスト4は全て欧州勢で独占された。

この大会のベストマッチの一つとして挙げられるのは、準決勝の西ドイツ対フランス戦である。西ドイツのGKハラルト・シューマッハーが、シュートを放とうとしていたフランス代表のパトリック・バチストンと交錯、バチストンは気絶し負傷退場を余儀なくされた[4]。このシーンではPK、カードの提示どころか反則さえも取られることなく、ゴールキックから再開された。しかし、これを除けばゲーム自体は好試合であり、1対1で迎えた延長戦で一時は3対1と離された西ドイツが3-3に追いつき、結果的にPK戦を5対4で制した西ドイツが決勝へ進出した。PK戦が導入された1978年大会[5][6]ではPK戦の機会はなく、今大会の西ドイツが最初のPK戦勝利チームになった[5]が、決勝ではロッシらを擁するイタリアに敗れた。

イタリアはヨーロッパ地区予選でもユーゴスラビアに次ぐグループ2位での通過であった。大会が始まってからもロッシら攻撃陣が振るわず同代表史上初めて1次リーグを勝利なしで終え、3分で総得点数で辛うじてカメルーンを1点上回り2次リーグ進出という苦しい試合ぶりだった。2次リーグでは優勝候補ブラジル、前回優勝国アルゼンチンが同居するグループCに組み込まれたが、アルゼンチンを2-1で破り、ブラジル戦ではそれまで無得点のロッシがハットトリックの活躍で3-2と勝利を収め決勝トーナメントへ進出。準決勝でもロッシの2得点でポーランドを2-0と下し、決勝で西ドイツを相手にロッシの先制点を皮切りに3点差をつけ、終盤に1点を返されるが3-1で勝利し、3度目の優勝を勝ち取った。

得点王となったロッシの名がクローズアップされたが、当時40歳の名GKディノ・ゾフガエターノ・シレアアントニオ・カブリーニクラウディオ・ジェンティーレらディフェンス陣、中盤のジャンカルロ・アントニョーニマルコ・タルデッリブルーノ・コンティら名手の存在、マスコミの批判にも耐えて、ロッシを起用し続けた代表監督エンツォ・ベアルツォットの勝利でもあった。

得点取消編集

この大会では、「一度は認定された得点の取り消し」という事態が起きた。

6月21日に行われた1次リーグ・グループ4のフランスクウェート戦、3対1でフランス優勢の状況にあった後半40分の出来事である。フランス選手アラン・ジレスの放ったシュートがクウェートのゴールネットを揺らし、主審が一旦はゴールを宣言した。しかし、クウェート側から「スタンドから笛が聞こえたのでプレーを止めた」という抗議がなされ、さらに、観戦中だったクウェートのファハド王子(当時)がピッチに乱入し何事かを審判に告げたところ、「不測の事態が起こった」という理由によって、フランスの得点は取り消され、3対1のままでの試合再開となったのである。結局、試合そのものはフランスがその後に1点追加して4対1で大勝しており、この不可解な判定が試合結果やグループ4の最終順位に直接の影響を及ぼすことは無く、事なきを得たものの、試合・審判の公正を揺るがす出来事としてサッカー史に残ることになった。

当然ながらこの一件は問題視され、後日、ウクライナ人Myroslav Stupar主審が資格停止処分を受け、ファハド王子とクウェートサッカー協会に対してもペナルティが科せられた。なお、後にこの問題の当事者であるファハド王子もクウェート侵攻の際にイラク軍によって射殺されており、当時ファハド王子が何を語ったのかは現在に至るまで明らかにされていないが、21世紀に至ってハンドボールなど多くのスポーツで問題視される事になった、中東産油国の莫大なオイルマネーが競技を統括する国際団体に流入することで発生する、国際スポーツにおける競技の公正確保・審判の権威維持にまつわる諸問題、いわゆる「中東の笛」にも繋がる問題の一つとされる[7]

会場一覧編集

14都市で、17のスタジアムが会場として使用された。

マドリード バルセロナ ビーゴ
サンティアゴ・ベルナベウ ビセンテ・カルデロン カンプ・ノウ デ・サリア バライドス
収容人数: 90,800人 収容人数: 65,000人 収容人数: 93,053人 収容人数: 43,667人 収容人数: 31,800人
         
エルチェ ア・コルーニャ ヒホン オビエド アリカンテ
ヌエボ リアソル エル・モリノン カルロス・タルティエレ ホセ・リコ・ペレス
収容人数: 39,000人 収容人数: 34,617人 収容人数: 25,885人 収容人数: 20,000人 収容人数: 30,000人
         
ビルバオ バリャドリード バレンシア サラゴサ マラガ
サン・マメス ホセ・ソリージャ ルイス・カサノバ ラ・ロマレーダ ラ・ロサレーダ
収容人数: 40,000人 収容人数: 30,500人 収容人数: 49,092人 収容人数: 34,596人 収容人数: 45,000人
         
セビージャ
ラモン・サンチェス・ピスフアン ベニト・ビジャマリン
収容人数: 56,000人 収容人数: 52,500人
   

結果編集

1次リーグ編集

グループ 1編集


チーム







1   ポーランド  4 3 1 2 0 5 1 +4
2   イタリア  3 3 0 3 0 2 2 0
3   カメルーン   3 3 0 3 0 1 1 0
4   ペルー    2 3 0 2 1 2 6 -4

イタリア   0 - 0   ポーランド
レポート
バライドスビーゴ
観客数: 33,000人
主審:   Michel Vautrot

ペルー   0 - 0   カメルーン
レポート
リアソルア・コルーニャ
観客数: 11,000人
主審:   Franz Wöhrer

イタリア   1 - 1   ペルー
コンティ   18分 レポート ディアス   83分
バライドスビーゴ
観客数: 25,000人
主審:   Walter Eschweiler

ポーランド   0 - 0   カメルーン
レポート
リアソルア・コルーニャ
観客数: 19,000人
主審:   Alexis Ponnet

ポーランド   5 - 1   ペルー
スモラレク   55分
ラトー   58分
ボニエク   61分
ブンツォル   68分
チオウェク   76分
レポート ラ・ローサ   83分
リアソルア・コルーニャ
観客数: 25,000人
主審:   Lamberto Rubio Vazquez

イタリア   1 - 1   カメルーン
グラツィアーニ   60分 レポート ムビダ   61分
バライドスビーゴ
観客数: 20,000人
主審:   Bogdan Dotchev

イタリアが総得点でカメルーンを上回り2次リーグ進出

グループ 2編集


チーム







1   西ドイツ   4 3 2 0 1 6 3 +3
2   オーストリア   4 3 2 0 1 3 1 +2
3   アルジェリア  4 3 2 0 1 5 5 0
4   チリ  0 3 0 0 3 3 8 -5

西ドイツ   1 - 2   アルジェリア
ルンメニゲ   67分 レポート マジェール   54分
ベルミ   68分
エル・モリノンヒホン
観客数: 42,000人
主審:   Enrique Labo Revoredo

チリ   0 - 1   オーストリア
レポート シャフナー   21分
カルロス・タルティエレオビエド
観客数: 22,500人
主審:   Juan Daniel Cardellino

西ドイツ   4 - 1   チリ
ルンメニゲ   9分57分66分
ラインダース   81分
レポート モスコーソ   90分
エル・モリノンヒホン
観客数: 42,000人
主審:   Bruno Galler

アルジェリア   0 - 2   オーストリア
レポート シャフナー   55分
クランクル   67分
カルロス・タルティエレオビエド
観客数: 22,000人
主審:   Tony Boskovic

アルジェリア   3 - 2   チリ
アサード   7分31分
ベンサウラ   35分
レポート ネイラ   59分 (PK)
レテリエル   73分
カルロス・タルティエレオビエド
観客数: 16,000人
主審:   Rómulo Méndez

西ドイツ   1 - 0   オーストリア
ルベッシュ   10分 レポート
エル・モリノンヒホン
観客数: 41,000人
主審:   Bob Valentine

西ドイツオーストリアが得失点差でアルジェリアを上回り2次リーグ進出

グループ 3編集


チーム







1   ベルギー  5 3 2 1 0 3 1 +2
2   アルゼンチン  4 3 2 0 1 6 2 +4
3   ハンガリー  3 3 1 1 1 12 6 +6
4   エルサルバドル 0 3 0 0 3 1 13 -12

アルゼンチン   0 - 1   ベルギー
レポート ヴァンデンベルグ   62分
カンプ・ノウバルセロナ
観客数: 95,500人
主審:   Vojtěch Christov

ハンガリー   10 - 1   エルサルバドル
ニラシ   4分83分
ペレシュケイ   11分
ファゼカシュ   23分54分
トート   50分
キッシュ   69分72分76分
センテシュ   72分
レポート ラミレス   64分
ヌエボ・エスタディオエルチェ
観客数: 23,000人
主審:   Ibrahim Youssef Al-Doy

アルゼンチン   4 - 1   ハンガリー
ベルトーニ   26分
マラドーナ   28分57分
アルディレス   60分
レポート ペレシュケイ   76分
ホセ・リコ・ペレスアリカンテ
観客数: 32,093人
主審:   Belaid Lacarne

ベルギー   1 - 0   エルサルバドル
コェック   19分 レポート
ヌエボ・エスタディオエルチェ
観客数: 15,000人
主審:   Malcolm Moffatt

ベルギー   1 - 1   ハンガリー
チェルニアチンスキ   76分 レポート ヴァルガ   27分
ヌエボ・エスタディオエルチェ
観客数: 37,000人
主審:   Clive White

アルゼンチン   2 - 0   エルサルバドル
パサレラ   22分 (PK)
ベルトーニ   52分
レポート
ホセ・リコ・ペレスアリカンテ
観客数: 32,500人
主審:   Luis Barrancos

グループ 4編集


チーム







1   イングランド 6 3 3 0 0 6 1 +5
2   フランス 3 3 1 1 1 6 5 +1
3   チェコスロバキア  2 3 0 2 1 2 4 -2
4   クウェート  1 3 0 1 2 2 6 -4

イングランド   3 - 1   フランス
ロブソン   1分67分
マリナー   83分
レポート ソレール   24分
サン・マメスビルバオ
観客数: 44,172人
主審:   Antonio Garrido

チェコスロバキア   1 - 1   クウェート
パネンカ   21分 (PK) レポート アル=ダヒル   57分
ホセ・ソリージャバリャドリード
観客数: 25,000人
主審:   Benjamin Dwomoh

イングランド   2 - 0   チェコスロバキア
フランシス   62分
バルモシュ  66分 (OG)
レポート
サン・マメスビルバオ
観客数: 41,123人
主審:   Charles Corver

フランス   4 - 1   クウェート
ジャンジニ   31分
プラティニ   43分
シクス   48分
ボッシ   89分
レポート アル=ブルーシ   75分
ホセ・ソリージャバリャドリード
観客数: 30,043人
主審:   Miroslav Stupar

フランス   1 - 1   チェコスロバキア
シクス   66分 レポート パネンカ   84分 (PK)
ホセ・ソリージャバリャドリード
観客数: 28,000人
主審:   Paolo Casarin

イングランド   1 - 0   クウェート
フランシス   27分 レポート
サン・マメスビルバオ
観客数: 39,700人
主審:   Gilberto Aristízabal

グループ 5編集


チーム







1   北アイルランド  4 3 1 2 0 2 1 +1
2   スペイン 3 3 1 1 1 3 3 0
3   ユーゴスラビア  3 3 1 1 1 2 2 0
4   ホンジュラス 2 3 0 2 1 2 3 -1

スペイン   1 - 1   ホンジュラス
ロペス・ウファルテ   65分 (PK) レポート セラジャ   8分
ルイス・カサノババレンシア
観客数: 49,562人
主審:   Arturo Ithurralde

ユーゴスラビア   0 - 0   北アイルランド
レポート
ラ・ロマレーダサラゴサ
観客数: 25,000人
主審:   Erik Fredriksson

スペイン   2 - 1   ユーゴスラビア
フアニート   14分 (PK)
サウラ   66分
レポート グデリ   10分
ルイス・カサノババレンシア
観客数: 48,000人
主審:   Henning Lund-Sørensen

ホンジュラス   1 - 1   北アイルランド
ライング   60分 レポート アームストロング   10分
ラ・ロマレーダサラゴサ
観客数: 15,000人
主審:   Chan Tam Sun

ホンジュラス   0 - 1   ユーゴスラビア
レポート ペトロヴィッチ   88分 (PK)
ラ・ロマレーダサラゴサ
観客数: 25,000人
主審:   Gastón Castro

スペイン   0 - 1   北アイルランド
レポート アームストロング   47分
ルイス・カサノババレンシア
観客数: 49,562人
主審:   Héctor Ortíz

スペインが総得点でユーゴスラビアを上回り2次リーグ進出

グループ 6編集


チーム







1   ブラジル  6 3 3 0 0 10 2 +8
2   ソビエト連邦  3 3 1 1 1 6 4 +2
3   スコットランド  3 3 1 1 1 8 8 0
4   ニュージーランド   0 3 0 0 3 2 12 -10

ブラジル   2 - 1   ソビエト連邦
ソクラテス   75分
エデル   87分
レポート バル   34分
ラモン・サンチェス・ピスフアンセビージャ
観客数: 68,000人
主審:   Augusto Lamo Castillo

スコットランド   5 - 2   ニュージーランド
ダルグリッシュ   18分
ワーク   30分33分
ロバートソン   73分
アーチボルド   79分
レポート サムナー   54分
ウッディン   65分
ラ・ロサレダマラガ
観客数: 36,000人
主審:   David Socha

ブラジル   4 - 1   スコットランド
ジーコ   33分
オスカル   49分
エデル   65分
ファルカン   87分
レポート ネイリー   18分
ベニト・ビジャマリンセビージャ
観客数: 47,379人
主審:   Luis Paulino Siles

ソビエト連邦   3 - 0   ニュージーランド
ガブリロフ   25分
ブロヒン   48分
バルタチャ   69分
レポート
ラ・ロサレダマラガ
観客数: 19,000人
主審:   Yousef El-Ghoul

ソビエト連邦   2 - 2   スコットランド
チヴァーゼ   60分
シェンゲリア   84分
レポート ジョーダン   15分
スーネス   87分
ラ・ロサレダマラガ
観客数: 45,000人
主審:   Nicolae Rainea

ブラジル   4 - 0   ニュージーランド
ジーコ   28分31分
ファルカン   55分
セルジーニョ   69分
レポート
ベニト・ビジャマリンセビージャ
観客数: 43,000人
主審:   Damir Matovinović

ソビエト連邦が得失点差でスコットランドを上回り第2ラウンド進出

2次リーグ編集

グループ A編集


チーム







1   ポーランド 3 2 1 1 0 3 0 +3
2   ソビエト連邦 3 2 1 1 0 1 0 +1
3   ベルギー 0 2 0 0 2 0 4 -4

ポーランド   3 - 0   ベルギー
ボニエク   4分26分53分 レポート
カンプ・ノウバルセロナ
観客数: 65,000人
主審:   Luis Paulino Siles

ベルギー   0 - 1   ソビエト連邦
レポート オガネシアン   48分
カンプ・ノウバルセロナ
観客数: 45,000人
主審:   Michel Vautrot

ポーランド   0 - 0   ソビエト連邦
レポート
カンプ・ノウバルセロナ
観客数: 65,000人
主審:   Bob Valentine

ポーランドが得失点差でソビエト連邦を上回り決勝トーナメント進出

グループ B編集


チーム







1   西ドイツ 3 2 1 1 0 2 1 +1
2   イングランド 2 2 0 2 0 0 0 0
3   スペイン 1 2 0 1 1 1 2 -1


西ドイツ   2 - 1   スペイン
リトバルスキー   50分
フィッシャー   75分
レポート サモラ   82分
サンティアゴ・ベルナベウマドリード
観客数: 90,089人
主審:   Paolo Casarin

スペイン   0 - 0   イングランド
レポート
サンティアゴ・ベルナベウマドリード
観客数: 75,000人
主審:   Alexis Ponnet

グループ C編集


チーム







1   イタリア 4 2 2 0 0 5 3 +2
2   ブラジル 2 2 1 0 1 5 4 +1
3   アルゼンチン 0 2 0 0 2 2 5 -3

イタリア   2 - 1   アルゼンチン
タルデッリ   55分
カブリーニ   67分
レポート パサレラ   83分
サリアバルセロナ
観客数: 43,000人
主審:   Nicolae Rainea

アルゼンチン   1 - 3   ブラジル
ディアス   89分 レポート ジーコ   11分
セルジーニョ   66分
ジュニオール   75分
サリアバルセロナ
観客数: 43,000人
主審:   Lamberto Rubio Vázquez

イタリア   3 - 2   ブラジル
ロッシ   5分25分74分 レポート ソクラテス   12分
ファルカン   68分
サリアバルセロナ
観客数: 44,000人
主審:   Abraham Klein

グループ D編集


チーム







1   フランス 4 2 2 0 0 5 1 +4
2   オーストリア 1 2 0 1 1 2 3 -1
3   北アイルランド 1 2 0 1 1 3 6 -3

オーストリア   0 - 1   フランス
レポート ジャンジニ   39分
ビセンテ・カルデロンマドリード
観客数: 37,000人
主審:   Károly Palotai

オーストリア   2 - 2   北アイルランド
ペッツァイ   50分
ヒンターマイヤー   68分
レポート ハミルトン   27分75分
ビセンテ・カルデロンマドリード
観客数: 20,000人
主審:   Adolf Prokop

フランス   4 - 1   北アイルランド
ジレス   33分80分
ロシュトー   46分68分
レポート アームストロング   75分
ビセンテ・カルデロンマドリード
観客数: 37,000人
主審:   Alojzy Jarguz

決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
7月8日 - バルセロナ    
   ポーランド 0
   イタリア 2  
  7月11日 - マドリード
   イタリア 3
     西ドイツ 1
 
3位決定戦
7月8日 - セビージャ 7月10日 - アリカンテ
   西ドイツ (PK) 3 (5)    ポーランド 3
   フランス 3 (4)      フランス 2

準決勝編集


ポーランド   0 - 2   イタリア
レポート ロッシ   22分73分
カンプ・ノウバルセロナ
観客数: 50,000人
主審:   Juan Daniel Cardellino


3位決定戦編集


ポーランド   3 - 2   フランス
シャルマッフ   40分
マイェフスキ   44分
クプチェヴィチュ   46分
レポート ジラール   13分
クリオル   72分
ホセ・リコ・ペレスアリカンテ
観客数: 28,000人
主審:   Antonio Garrido

決勝編集



優勝国編集

 1982 FIFAワールドカップ優勝国 
 
イタリア
9大会ぶり3回目

得点ランキング編集

表彰編集

個人賞編集

選手名 国籍 備考
ゴールデンボール(大会MVP) パオロ・ロッシ   イタリア 優勝
シルバーボール パウロ・ロベルト・ファルカン   ブラジル ベスト12
ブロンズボール カール=ハインツ・ルンメニゲ   西ドイツ 準優勝
ゴールデンシューズ(得点王) パオロ・ロッシ   イタリア 6得点

脚注編集

  1. ^ 2014 FIFAワールドカップ statistical kit-FIFA公式HP、2014年5月20日
  2. ^ 週刊サッカーマガジンNO.1256 2009年9月15日号
  3. ^ 旧ドイツ時代を含む。
  4. ^ 後に脊髄を折る重傷であったことが判明した。
  5. ^ a b 勝負の鍵を握るのは11メートルの戦い? W杯におけるPK戦のデータをおさらい”. サッカーキング (2018年6月30日). 2018年9月20日閲覧。
  6. ^ イングランド、W杯史上初のPK戦勝利。4度目の挑戦で負の歴史に終止符【ロシアW杯】”. フットボールチャンネル (2018年7月4日). 2018年9月20日閲覧。
  7. ^ なお、ファハド王子は2008年北京オリンピックのハンドボール競技で無効とされたアジア予選を仕切っていたアジアハンドボール連盟会長であるアフマド王子の父であり、同連盟の初代会長でもある。

参考文献編集

外部リンク編集