エドマンド・モーティマー (第3代マーチ伯)

第3代マーチ伯爵エドマンド・モーティマー:Edmund Mortimer, 3rd Earl of March, 1352年2月1日 - 1381年12月27日)は、イングランドの貴族。父は第2代マーチ伯ロジャー・モーティマー英語版、母は初代ソールズベリー伯爵ウィリアム・モンタキュート英語版の娘フィリッパ。妻の権利英語版アルスター伯爵にも叙爵された。

経歴編集

1360年に父の死によりマーチ伯位を継承。1368年にイングランド王エドワード3世の三男である初代クラレンス公ライオネル・オブ・アントワープの1人娘フィリッパと結婚、クラレンス公の遺領と妻の母エリザベス・ド・バラ英語版からアルスター伯爵領を継承し王家の一端に連なると共に、薔薇戦争におけるヨーク家の王位継承主張の根拠を作った[1][2]

フランススコットランドの外交使節に任じられたほか、1376年善良議会では批判派指導者の1人としてジョン・オブ・ゴーントと対立した。この議会では執事のピーター・ド・ラ・メアー英語版を保護して、庶民院議長英語版として政権を批判する彼の後ろ盾になった。翌1377年にエドワード3世が死去、孫のリチャード2世が即位すると政治顧問団の一員に選ばれ、戴冠式で王冠を支える役目を担った[1][3]

1379年アイルランド総督に任命され、アイルランド北部のアルスターに赴き、西部平定を企図して南西部のコークへ進んだが、1381年、浅瀬を渡る途中で溺死した。29歳だった。爵位は息子ロジャーに継承された[1][4]

子女編集

フィリッパとの間にもうけた子供は次のとおり。

名称 誕生 死亡 注記
エリザベス英語版 1371年2月12日 1417年4月20日 初め、ヘンリー・ホットスパー・パーシーと結婚し、第2代ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーとエリザベス・パーシーの2子をもうけた。2番目の夫はカモイズ男爵トマス・ド・カモイズenで、一人息子ロジャー・ド・カモイズがいた。
エリザベス・モーティマーはヘンリー8世の3番目の王妃ジェーン・シーモアの祖先である。
第4代マーチ伯ロジャー 1374年4月11日 1398年7月20日 リチャード2世の異父兄・ケント伯トマス・ホランド英語版の娘エレノア英語版と結婚し、アン第5代マーチ伯エドマンド、ロジャー、エレノアの2男2女をもうけた。
ヨーク家の王位請求権は長女アンを通じてのものである。
フィリッパ 1375年11月21日 1400年9月26日 初め、第3代ペンブルック伯ジョン・ヘイスティングス英語版と結婚。2番目の夫は第11代アランデル伯リチャード・フィッツアランで、一人息子ジョンがいたが夭折した。3番目の夫は第5代セントジョン男爵サー・トマス・ポイニングス。
エドマンド 1376年9月9日 1411年5月13日以前 オワイン・グリンドゥールの娘カトリン(キャサリン)英語版と結婚。甥の第5代マーチ伯エドマンドを擁してヘンリー4世に反旗を翻したが、包囲下のハーレフ城で没した。おそらくライオネルという名の息子は早世したと言われており[5]、3人の娘は母とともにロンドン塔で死んだことが記録されている。

ほかにもう一人、騎士のジョン・モーティマー(1378年頃 - 1424年)がいた。

脚注編集

  1. ^ a b c 松村、P490。
  2. ^ 青山、P445、ロイル、P32、P415。
  3. ^ 青山、P337、ロイル、P36。
  4. ^ ロイル、P71。
  5. ^ Weir 2008, p. 99.

参考文献編集

公職
先代:
アレクサンダー・ド・バルスコット英語版
アイルランド総督
1379年 - 1381年
次代:
マーチ伯
イングランドの爵位
先代:
ロジャー・モーティマー英語版
マーチ伯
1360年 - 1381年
次代:
ロジャー・モーティマー
アイルランドの爵位
先代:
フィリッパ・オブ・クラレンス
アルスター伯
1369年 - 1381年
(妻フィリッパ・オブ・クラレンスの権利英語版による)
次代:
ロジャー・モーティマー