アン・モーティマー

ケンブリッジ伯爵夫人アン・モーティマーAnne Mortimer, Countess of Cambridge, 1390年12月27日 - 1411年9月22日頃)は、薔薇戦争の戦端を開いた第3代ヨーク公リチャード・プランタジネットの母で、イングランドエドワード4世リチャード3世の祖母。

アン・モーティマー
Anne Mortimer
モーティマー家
ケンブリッジ伯爵夫人[1]
Arms of Anne de Mortimer, Countess of Cambridge.svg
ケンブリッジ伯爵夫人の紋章[2]

出生 1390年12月27日
アイルランドウェストミーズ、ニュー・フォレスト
死去 1411年9月22日頃(20歳没)
埋葬 ハートフォードシャー、キングス・ラングリー
配偶者 リチャード・オブ・コニスバラ
子女 イザベル英語版
ヘンリー
ヨーク公リチャード
父親 第4代マーチ伯ロジャー・モーティマー
母親 エレノア・ホランド英語版
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示
リチャード・オブ・コニスバラと結婚前のアン・モーティマーの紋章

生い立ち編集

アン・モーティマーは、1390年12月27日アイルランドにおけるモーティマー家の所領の一つ、ウェストミーズのニュー・フォレストで[3]、第4代マーチ伯ロジャー・モーティマーエレノア・ホランド英語版の4人の子の長子として生まれた。アンには2人の弟、第5代マーチ伯エドマンドとロジャー1393年4月23日 - 1413年頃)と妹エレノアがおり、エレノアはサー・エドワード・ド・コートニーと結婚したが子はなかった[4]

アンの母エレノアは、第2代ケント伯トマス・ホランド英語版アリス・フィッツアラン英語版の娘で、祖母アリスは第10代アランデル伯リチャード・フィッツアラン英語版とその2番目の妻エレノア英語版の娘であり、曽祖母エレノアはイングランド王ヘンリー3世の孫・第3代ランカスター伯ヘンリーの娘だった[5]。祖父のケント伯トマスはエドワード1世の曽孫で、ジョーン・オブ・ケントの最初の結婚における嫡男だった。

アンは母を通じてヘンリー3世およびエドワード1世の子孫であっただけでなく、より重要なのは、父方の祖母フィリッパ・オブ・クラレンスライオネル・オブ・アントワープの娘)を通じてエドワード3世の子孫であることだった[6]。エドワード3世の長男の子であるリチャード2世に子が無かったために、アンの父である第4代マーチ伯ロジャー ・モーティマーは、生涯リチャード2世の推定相続人とみなされ、1398年7月20日にアイルランドで父が戦死すると王位継承権はアンの弟で長男のエドマンドに渡った。

1399年9月30日、アンと彼女の弟妹の運勢は一変した。リチャード2世が、後にヘンリー4世となるヘンリー・ボリングブルックとその息子(後のヘンリー5世)率いるランカスター家によって廃位され、最初の議会でヘンリーが王位継承者として承認されたのである。アンの弟エドマンドとロジャーは新国王によってウィンザー城バーカムステッド城英語版に拘留されたが礼をもって遇され、王の子であるジョンフィリッパとともに育てられた[7]

R.A.Griffithsによれば、母エレノアに養育されていたアンと妹エレノアは、弟たちの様にはヘンリー4世に優遇されず、1405年の母の死後は「貧困者」として描かれている[8]

結婚と子女編集

 
コニスバラ城;アン・モーティマーの夫の一族(ヨーク公家)の居城

1406年5月、アンは初代ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーとその最初の妻イザベラ・オブ・カスティルカスティーリャレオンの王ペドロ残酷王の娘でその共同相続人)の次男リチャード・オブ・コニスバラと結婚した。この結婚は保護者の同意なく行われたため[9]ローマ教皇の特免(papal dispensation)によって1408年5月23日に認可された[10]

アン・モーティマーとリチャード・オブ・コニスバラは2男1女をもうけた[11]

1411年9月22日頃、アンは息子リチャードの出産後まもなく死去した。彼女はハートフォードシャーキングス・ラングリー英語版のかつてキングス・ラングリー宮殿英語版があった敷地内の、おそらく夫の両親、エドマンド・オブ・ラングリーとイザベラ・オブ・カスティルの墓所だった修道院教会に埋葬された。

1415年ケンブリッジ伯リチャードは、ヘンリー5世に代えてアンの弟・第5代マーチ伯エドマンドを王位に就けようと企てたが、マーチ伯自身がヘンリー5世に知らせたため、首謀者として処刑された(サウサンプトンの陰謀事件英語版)。同年10月にはリチャードの兄・ヨーク公エドワードが子の無いままアジャンクールの戦いで戦死したため、息子リチャードが公爵位を継承した。

アンの死後、ケンブリッジ伯リチャードはモード・クリフォード(第6代ラティマー男爵ジョン・ネヴィルの離婚した妻で、第6代ド・クリフォード男爵トマス・ド・クリフォード英語版の娘)と再婚したが子はなかった[13]。リチャードの死後、モードはコニスバラ城などで恵まれた暮らしをした(lived in great state)と言われている[14]。彼女は1446年8月26日に亡くなり、ヨークシャーロッシュ修道院英語版に埋葬された。彼女は継子たちについては誰も何も言わなかったという、1446年8月15日付の遺言を残していた。

系図編集

ヘンリー3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドマンド
ランカスター伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョーン・オブ・エーカー
 
 
 
ヘンリー
ランカスター伯
 
 
 
エドマンド・オブ・ウッドストック
ケント伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス・ド・クレア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム・ドン・ド・バラ
アルスター伯
 
モード・オブ・ランカスター
 
エレノア・オブ・ランカスター
 
ジョーン・オブ・ケント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード黒太子
 
ジョン・オブ・ゴーント
ランカスター公
 
エドマンド・オブ・ラングリー
ヨーク公
 
ライオネル・オブ・アントワープ
クラレンス公
 
 
エリザベス・ド・バラ
アルスター女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード2世
 
ヘンリー4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリッパ・オブ・クラレンス
アルスター女伯
 
エドマンド・モーティマー
マーチ伯
 
アリス・フィッツアラン
 
トマス・ホランド
ケント伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー5世
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・パーシー
(ホットスパー)
 
エリザベス・モーティマー
 
ロジャー・モーティマー
マーチ伯
 
 
 
エレノア・ホランド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー6世
 
 
リチャード・オブ・コニスバラ
ケンブリッジ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アン・モーティマー
 
エドマンド・モーティマー
マーチ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード・プランタジネット
ヨーク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード4世
 
リチャード3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
 
エリザベス・オブ・ヨーク
 
エドワード5世
 
 
 
 
 
 
 
 

祖先編集

脚注編集

  1. ^ 実際に夫リチャードがケンブリッジ伯に叙されたのは、アンの死後の1414年のことである。
  2. ^ Pinches, John Harvey; Pinches, Rosemary (1974), The Royal Heraldry of England, Heraldry Today, Slough, Buckinghamshire: Hollen Street Press, 0-900455-25-X
  3. ^ Keenan 2010, p. 509.
  4. ^ Cokayne 1932, p. 450; Richardson III 2011, p. 195; Richardson I 2011, p. 547.
  5. ^ Richardson III 2011, p. 195; Richardson II 2011, pp. 496–8
  6. ^ Richardson III 2011, pp. 193–5.
  7. ^ Tout 1885–90, pp. 123–5.
  8. ^ Griffiths 2004.
  9. ^ Cokayne 1912, p. 494
  10. ^ Richardson III 2011, p. 400; Harriss 2004.
  11. ^ Richardson IV 2011, pp. 400–11.
  12. ^ Burke's Peerage & Baronetage, 106th Edition, Charles Mosley Editor-in-Chief, 1999 Page: 15, 1222
  13. ^ Richardson III 2011, pp. 400–1.
  14. ^ Cokayne 1912, p. 495

参考文献編集

外部リンク編集