エドワード・ギボン (1707-1770)

エドワード・ギボン英語: Edward Gibbon1707年10月 – 1770年11月10日)は、グレートブリテン王国の政治家。『ローマ帝国衰亡史』で知られる歴史家エドワード・ギボンの父であり、1734年から1747年まで庶民院議員を務めた。

生涯編集

エドワード・ギボン(Edward Gibbon、1666年 – 1736年12月[1])とキャサリン・アクトン(Catherine Acton、リチャード・アクトンの娘)の一人息子として、1707年10月に生まれた[2]。1716年から1720年までウェストミンスター・スクールで教育を受けた後[2]、1723年10月3日にケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジに入学した[3]。その後、グランドツアーに出てフランスとイタリアを旅した[2]

父エドワードは1716年に南海会社理事に選出されたが[1]南海泡沫事件で会社が破綻すると、1721年の議会立法(南海会社被害者法、South Sea Sufferers Act)によりほとんどの財産を失い、10万ポンドのうち1万ポンドを法案成立直前に妻に譲ることで維持した程度だった[1][2]

1734年イギリス総選挙ピーターズフィールド選挙区英語版から出馬して、得票数2位(184票)で当選したが、1739年にピーターズフィールド英語版の邸宅をジョン・ジョリフ英語版に売却したことでピーターズフィールドにおける影響力を失い[4]1741年イギリス総選挙では多額の資金を投入してようやくサウサンプトン選挙区英語版で勝利できた[2]。議会ではトーリー党の一員として野党の立場にあった[2]。1743年、ロンドン市参事会議員英語版を務めた[2]

1736年に父の遺産を継承したが、自身の贅沢などにより資金難に陥り、1747年イギリス総選挙では出馬せず、ピーターズフィールド近くのバリトン英語版に引退することを余儀なくされた[2]。同1747年12月に妻が死去するとギャンブルなどの娯楽に走り、家計はさらに悪化した[5]

以降も息子の同意を得てパットニー英語版の地所を売却したり、地所を抵当に入れて借金するなど家計がよくなく[1]1761年イギリス総選挙では息子エドワードを議員に当選させようとして1,500ポンドの出費を計画した[5]。1770年11月10日にバリトンで死去した[2]。死後、息子エドワードは1772年末までにバリトンを賃貸するなど家計を立て直し、同年にメリルボーンキャヴェンディッシュ・スクエア英語版に住居を構えるほどとなった[5]。このように財政難に悩まされたためか、後年に息子エドワードが書いた回想録の草稿では「息子の涙が長続きすることは稀である」(the tears of a son are seldom lasting)など父の死に対して冷たく、回想録を編集した初代シェフィールド男爵ジョン・ベイカー・ホルロイド英語版(後の初代シェフィールド伯爵)はこれらの文章を削った[5]

家族編集

1736年6月3日、ジュディス・ポーテン(Judith Porten、1747年12月26日没[5]、ジェームズ・ポーテンの娘)と結婚、6男1女をもうけた[2]

  • エドワード(1737年 – 1794年) - 歴史家
  • それ以外の5男1女は1歳未満で死去[5]

1755年5月8日、ドロシア・パットン(Dorothea Patton、1796年没)と再婚した[5]

出典編集

  1. ^ a b c d Stephen, Leslie (1890). "Gibbon, Edward" . In Stephen, Leslie; Lee, Sidney (eds.). Dictionary of National Biography (英語). 21. London: Smith, Elder & Co. pp. 250, 253.
  2. ^ a b c d e f g h i j Watson, Paula (1970). "GIBBON, Edward (1707-1770), of Putney, Surr.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年10月14日閲覧
  3. ^ "Edward GIBBON (GBN723E)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ Watson, Paula (1970). "Petersfield". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年10月14日閲覧
  5. ^ a b c d e f g Womersley, David (25 May 2006) [2004]. "Gibbon, Edward". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/10589 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
グレートブリテン議会英語版
先代:
ノートン・ポーレット英語版
ジョセフ・テイラー英語版
庶民院議員(ピーターズフィールド選挙区英語版選出)
1734年1741年
同職:ウィリアム・ジョリフ英語版
次代:
ジョン・ジョリフ英語版
フランシス・フェイン英語版
先代:
サー・ウィリアム・ヒースコート準男爵英語版
トマス・リー・ダマー英語版
庶民院議員(サウサンプトン選挙区英語版選出)
1741年1747年
同職:ピーター・デルメ英語版
次代:
ピーター・デルメ英語版
アンソニー・ラングリー・スイマー