メインメニューを開く

エマニュエル・パユEmmanuel Pahud, 1970年1月27日 - )は、フランス語圏スイス出身のフルート奏者。ソリストベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席フルート奏者。

エマニュエル・パユ
Emmanuel Pahud portrait.jpg
基本情報
生誕 (1970-01-27) 1970年1月27日(49歳)
出身地 スイスの旗 スイス ジュネーヴ
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 フルート奏者
担当楽器 フルート

目次

経歴編集

ジュネーヴ生まれ。5歳でリコーダーを、6歳でフルートを始め、フィピップ・ビネとフランソワ・ビネに学んだ。バーゼルペーター=ルーカス・グラーフに、パリ音楽院でフルートをアラン・マリオン、ミシェル・デボストに、室内楽をピエール=イヴ・アルトークリスチャン・ラルデに学び、1990年に首席で卒業した。その後もバーゼルでオーレル・ニコレに師事した。

受賞歴編集

主なコンクール入賞歴

活動編集

1989年から1992年までバーゼル放送交響楽団首席奏者を務めた。1991年10月にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の入団試験を受けて合格し、1992年12月から首席奏者として演奏する契約であったが、1992年10月にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の入団試験を受けて合格したため、ミュンヘン・フィルでは一度も演奏していない。ベルリン・フィルでは1993年9月から首席奏者として演奏を開始した。2000年、抱える仕事の多さからオーケストラに休暇願を出そうとしたが認められなかったため6月に一時退団したが、2002年4月に復帰した。


録音編集

1996年よりEMIと契約して録音活動を開始した。ヴィヴァルディの協奏曲集、テレマンの協奏曲や、モーツァルトの協奏曲と四重奏曲プーランクミヨージョリヴェメシアンデュティユーサンカンらのフランス近代の作品、プロコフィエフソナタハチャトゥリアン協奏曲イベール協奏曲などを発表してきた。