メインメニューを開く

エミ子の長いつきあい』(えみこのながいつきあい)は、TBSラジオ(当時:東京放送のラジオ放送部門)で放送されていたラジオ番組。愛称は「エミ長」。HBCラジオ北海道放送)、ABCラジオ朝日放送)へもネットされていた。

エミ子の長いつきあい
愛称 エミ長
ジャンル トーク番組
放送方式 録音
放送期間 1974年10月7日~1982年10月1日
放送時間 毎週月曜日~金曜日0:30~0:45
→ 毎週月曜日~金曜日0:20~0:30
→ 毎週月曜日~金曜日22時台の10分間
放送局 TBSラジオ
ネットワーク Japan Radio Network
パーソナリティ 中山恵美子
提供 山野楽器
テンプレートを表示

製作は山野音楽興業、同名番組タイトルであるが、各局のスタジオ(HBC:銀座スタジオ、ABC:芝公園スタジオ)で収録、別個の内容で放送していた。このため広義の企画ネット番組だった。

概要編集

1973年にラジオ関東(現・アール・エフ・ラジオ日本で22:40~23:00)の放送時間でスタート。

1974年10月7日に、TBSラジオにおいては毎週月曜日から金曜日の0:30~0:45の放送時間に移籍。

当初は「ラジオでこんばんわ」に内包されていた。

番組のテーマ曲はパーソナリティの中山恵美子自身の曲。

『長いつきあい』(作詞は、西条直樹=当時の山野楽器社長のペンネーム)。サビの部分の歌詞を一部変え、スポンサーの山野楽器の名を入れて流されていた。

日にもよるが冒頭に中山が「昨日から今日へ、そして恵美子からあなたへ。エミ子の長いつきあい。今夜もしばらくご一緒してくださいね」(TBS)、「北は北極から、南は南極まで、 入るところは入る、入らないところは入らない。HBCが誇るエミ子の長~いつきあい。聞こえたらダイヤルはそのままに、あっ、そのままに」(HBC)と挨拶していた。

途中、1976年4月5日から1977年9月30日までは、TBSラジオの月曜日から金曜日の0:00~1:00の時間帯で『5スイート・キャッツ』がスタートしたことにより、この番組に内包される形での放送となり、本番組の放送時間も0:20~0:30となった。1977年10月3日からは再び単独番組に戻る。

本番組のコーナーに『ハワイクイズ』があり、「○かな~?×かな~?」のフレーズで囁くということが聴き所だった。

クイズコーナーには、ウクレレキング、ハーブオオタのソングフォーアンナを使用していた。

一時的に、中山恵美子自身が歌う、星ふる渚を使用していた事もある。

なお、1979年12月22日から1980年2月2日までは、中山恵美子が網膜剥離で入院していたため、夏木ゆたかが代理のパーソナリティを務めていた。

ABCラジオ版では、12月16日の公開録音告知直後での発病となり、急遽応募者全員に、公録中止の案内が朝日放送名で送付された。

お便りのあて先はTBSラジオは、山野楽器本店宛、その他は各放送局に出すようにアナウンスしていた。

放送時間移動、番組終了とその後編集

1980年10月6日からはTBSラジオの午前0時台が『NISSANミッドナイトステーション』の枠となったために放送時間が移動して早くなり、夜ワイド番組『夜はともだち』の内包番組として放送、さらに1981年10月5日からは『ザ・ヒットパレード 毎日がベストテン』の内包番組として、ベストテンの前座番組として放送されていた。しかし1982年作曲家見岳章との結婚と引退を番組中で告げ、同年10月1日をもって8年間にわたる放送を終了した。なお、『長いつきあい』としての番組はその後もTBSでは『一機と久実の長いつきあい』として、1984年まで放送されていた他、ネットしていた残り2局も企画ネット番組の体で放送は継続されており、大友久実がそれぞれの番組のパーソナリティーを務めていた(HBC:『久実の長いつきあい』、ABC:『はるみと久実の長いつきあい』)。

ネット局編集