メインメニューを開く

エリザ・ドゥシュク(Eliza Dushku, 1980年12月30日 - )は、アメリカ合衆国女優。テレビドラマ『TRU CALLING/トゥルー・コーリング』のトゥルー役で知られている。

エリザ・ドゥシュク
Eliza Dushku
Eliza Dushku
生年月日 (1980-12-30) 1980年12月30日(38歳)
出生地 マサチューセッツ州ウォータータウン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ピーター・パランジアン(2017年 -)
主な作品
映画
トゥルーライズ
チアーズ!
テレビドラマ
バフィー 〜恋する十字架〜
トゥルー・コーリング
ドールハウス
テンプレートを表示

日本ではエリザ・ドゥシュクと表記されることが多いが、英語での発音により忠実な日本語表記は「イライザ・ドゥシュク[iláizə dúʃku:]」である。[1] [2]

プロフィール編集

来歴編集

マサチューセッツ州ボストン近郊のウォータータウンにて、アルバニアアメリカ人の父親とデンマーク系アメリカ人(祖父はイングランド系)の母親のもとに生まれ[3][4][5]モルモン教で育つ[6]。3人の兄のうち3番目のネイトも俳優である。

10歳の時にスカウトされ、1992年に『恋に焦がれて』で映画デビューした。1997年放送開始のテレビシリーズ『バフィー 〜恋する十字架〜』でブレイクした。

2003年から2005年までテレビシリーズ『トゥルー・コーリング』に主演。2009年から2010年まで『ドールハウス』でも主演を務めた。

2005年にはオフ・ブロードウェイの舞台にも立った。

セクハラ告発編集

2018年12月13日、ドゥシュクが『BULL / ブル 法廷を操る男』の共演者マイケル・ウェザリーセクハラを告発したとニューヨーク・タイムズ紙が報じた[7]。撮影中にウェザリーから「レイプ車に連れ込みたい」、「乱交しよう」などと言われたドゥシュクは、不快感を直接ウェザリー本人に伝えた数日後、契約延長はないと言われた[7]。その後の調停過程では、有利に働くことを期待してCBS側が提出したカットシーン映像から結局、ドゥシュクの主張が正しかったことが証明され[8]、ドゥシュクには950万ドルの和解金が支払われることになった[9]。このセクハラ告発についてウェザリーは「ジョークのつもりだった」と主張しているが[7]、ドゥシュクはボストン・グローブ紙への寄稿で、ウェザリーがしたことは、はっきりとしたハラスメントだったと反論している[10]

私生活編集

2006年、父方の親戚が住むアルバニアを訪れた。この訪問はアルバニアの元大統領サリ・ベリシャ(2006年当時首相)に招かれたものである[11][12]。2011年には再びアルバニアを訪問し、ティラナの名誉市民となった[13]

2009年より元バスケットボール選手のリック・フォックスと交際したが、2014年のインタビューでは破局したと語っている[14]。また、2009年には米男性誌『Maxim』の選ぶ、「2009年最も美しい女性100人」第6位に選ばれた。

2017年に元プロテニスプレーヤーのピーター・パランジアンとの婚約を発表[15]、2018年に結婚した[16]


主な出演作品編集

映画編集

2017 ELOISE pia carter
公開年 邦題
原題
役名 備考
1993 恋に焦がれて
That Night
アリス・ブルーム
1993 ボーイズ・ライフ
This Boy's Life
パール
1994 トゥルーライズ
True Lies
ディナ・タスカー
1996 レース・ザ・サン
Race the Sun
シンディ・ジョンソン
2000 チアーズ!
Bring It On
ミッシー・パントーネ
2001 ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
Jay and Silent Bob Strike Back
シシー
エントランス
Soul Survivors
アナベル
2002 ニュー・ガイ
The New Guy
ダニエル
容疑者
City by the Sea
ジーナ
2003 クライモリ
Wrong Turn
ジェシー
永遠のキス
The Kiss
ミーガン
2007 男と女の不都合なセックス事情
Sex and Breakfast
レネー
プロフェッサー
Nobel Son
シティ・ホール
2008 アルファベット・キラー
The Alphabet Killer
ミーガン・ペイジ
2009 ファイナル・デス・ゲーム
Open Graves
エリカ

テレビドラマ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
1998-2003 バフィー 〜恋する十字架〜
Buffy the Vampire Slayer
フェイス 20エピソードに出演
2000-2003 エンジェル
Angel
フェイス 6エピソードに出演
2003-2005 トゥルー・コーリング
Tru Calling
トゥルー・デイビーズ 27エピソードに出演
2007 アグリー・ベティ

Ugly Betty

キャメロン・アシュロック シーズン2 エピソード9に出演
2009-2010 ドールハウス
Dollhouse
エコー 27エピソードに出演
2010 ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則
The Big Bang Theory
FBI捜査官 シーズン4 エピソード7に出演
2017- BULL/ブル 法廷を操る男

BULL

JP・ナネリー シーズン1

エピソード21から出演

テレビ・ゲーム編集

タイトル 役名
2003 Buffy the Vampire Slayer: Chaos Bleeds フェイス
2005 龍が如く 由美
2008 Saints Row 2 ションディー
2009 Wet ルビー・マロン
2011 Fight Night Champion メガン・マックイーン

動画サイト編集

  • One Shot ft. Eliza Dushku - Youtube

脚注編集

  1. ^ http://inogolo.com/pronunciation/Eliza
  2. ^ http://www.youtube.com/watch?v=ZJx_AYxJ3wo&feature=related
  3. ^ http://www.truefan-eliza.com/judy.html
  4. ^ http://wc.rootsweb.com/cgi-bin/igm.cgi?op=GET&db=gdtrowbridge&id=I15644 Eliza Patricia Dushku's Ancestry
  5. ^ http://www.wargs.com/political/richardson.html
  6. ^ Paul Young (2001年5月). “Faith No More”. Maxim Online. 2008年5月15日閲覧。
  7. ^ a b c Abrams, Rachel; John Koblin (2018年12月13日). “CBS Paid the Actress Eliza Dushku $9.5 Million to Settle Harassment Claims”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/12/13/business/media/cbs-bull-weatherly-dushku-sexual-harassment.html 2018年12月19日閲覧。 
  8. ^ Garcia Lawler, Opheli (2018年12月13日). “CBS Tried to Undermine Actress’ Harassment Claim With Footage of Her Cursing”. The Cut. https://www.thecut.com/2018/12/cbs-paid-eliza-dushku-usd9-5-million-in-sexual-harassment-deal.html 2018年12月19日閲覧。 
  9. ^ “エリザ・ドゥシュク、ドラマ共演者マイケル・ウェザリーのセクシャルハラスメントを告発、10億の賠償金で和解”. TVグルーヴ. (2018年12月17日). https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/41110.html 2018年12月19日閲覧。 
  10. ^ Dushku, Eliza (2018年12月19日). “Eliza Dushku: I worked at CBS. I didn’t want to be sexually harassed. I was fired”. Boston Globe. https://www.bostonglobe.com/opinion/2018/12/19/eliza-dushku-responds-what-happened-cbs-took-job-and-because-objected-being-sexually-harassed-was-fired/OCh7h0pwg4Aq7xfwOUasyO/story.html 2018年12月19日閲覧。 
  11. ^ Beggy, Carol; Mark Shanahan (2006年6月8日). “Dushku Wears Her Heritage Proudly”. Boston Globe: p. E9. http://www.boston.com/ae/celebrity/articles/2006/06/08/dushku_wears_her_heritage_proudly/ 2008年7月13日閲覧。 
  12. ^ “Dushku finds Tru Calling in Albania homeland”. The Boston Herald. (2006年6月8日). p. 019 
  13. ^ http://www.tirana.gov.al/?cid=1,62,4289
  14. ^ “「ドールハウス」のエリザ・ドゥシュク、交際5年になる元NBA選手と破局”. CINEMATODAY. (2014年7月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0064085 2018年12月19日閲覧。 
  15. ^ “17歳差の恋人と!「ドールハウス」エリザ・ドゥシュクが婚約”. CINEMATODAY. (2017年6月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0092294 2018年12月19日閲覧。 
  16. ^ “『バフィー~恋する十字架~』『ドールハウス』エリザ・ドゥシュクが元テニスプレイヤーと結婚!”. 海外ドラマNAVI. (2018年9月21日). https://dramanavi.net/news/2018/09/post-7122.php 2018年12月19日閲覧。 

外部リンク編集