ボーイズ・ライフ (映画)

ボーイズ・ライフ
This Boy's Life
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 ロバート・ゲッチェル
原作 トバイアス・ウルフ
製作総指揮 ピーター・グーバー
出演者 レオナルド・ディカプリオ
ロバート・デ・ニーロ
エレン・バーキン
音楽 カーター・バーウェル
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 ジム・クラーク
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年4月9日
日本の旗 1993年11月6日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,104,962[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ボーイズ・ライフ』(This Boy's Life)は、1993年公開のアメリカ映画。作家で大学教授のトバイアス・ウルフの若き日を描いた自伝小説の映画化作品である。

目次

ストーリー編集

1950年代のアメリカ。エルヴィス・プレスリーが大好きなトビーは、男運の悪い母キャロラインと暮らす元気な不良少年。

母は何度もトビーが悪さをしては学校に呼び出され手を焼いているが、大きな愛情を注いでいる。やがてキャロラインは、ドワイトという中年男と交際するようになり、今まで付き合ってきた男たちと違って紳士的なドワイトに惹かれ、トビーを連れて再婚する。だがトビーは、ドワイトの紳士ぶりは上辺だけのもので、実は暴力的で執念深い男だということを見抜いていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

脚注編集

  1. ^ This Boy's Life (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月12日閲覧。

外部リンク編集