エルザ・トリオレ

エルザ・トリオレ (Elsa Triolet, 1896年9月24日 - 1970年6月16日) は、モスクワ生まれのフランス作家小説家。出生名はエラ・ユーリエヴナ・カガン (Элла Юрьевна Каган)

エルザ・トリオレ
Elsa-triolet-1925.jpg
生誕 (1896-09-24) 1896年9月24日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
死没 (1970-06-16) 1970年6月16日(73歳没)
フランスの旗 フランスサン=タルヌー=アン=イヴリーヌ英語版
配偶者ルイ・アラゴン
受賞ゴンクール賞

生涯編集

ロシア帝国モスクワで誕生した。ユダヤ人の父は弁護士、母はピアニスト、音楽教師。姉リーリャ・ブリークはマヤコフスキーの情人。モスクワにある建築系の学校を卒業。1915年頃に詩人ウラジーミル・マヤコフスキーと出会い、のちに姉リーリャにマヤコフスキーを紹介している。

ロシアでフランス人の将校アンドレ・トリオレと知り合い、1918年にロシアを離れ、翌年、フランスパリでアンドレ・トリオレと結婚、エッラからエルザに名を変更。夫とともに太平洋の島タヒチに渡航、タヒチ滞在中に心動かされたことを題材にしたロシア語の小説『タヒチで』を執筆した[1]

1921年に夫を残したままロンドンベルリンに居住。1924年頃にパリモンパルナスに移った。1928年、モンパルナスにあるカフェ・ブラッスリーラ・クーポールルイ・アラゴンと出会い、のちにアラゴンと再婚した[2]。1938年に初めてフランス語で執筆した小説『今晩はテレーズ』を発表[3]。マヤコフスキーが自殺して数年経った1938年にマヤコフスキーについてつづった『マヤコーフスキイ 詩と思い出』を刊行した。戦時中はアラゴンとともにレジスタンスに参加。

1944年に小説『最初のほころびは200フランかかる』で女性として史上初めてフランスの文学賞であるゴンクール賞を受賞。戦後も『誰も私を愛さない』、『赤い馬』、『幻の薔薇』、『ルナ=パーク』といった小説を発表している。また1954年にはアントン・チェーホフの生涯を追った『チェーホフ その生涯と作品』を刊行。1970年、フランス北中部のコミューンサン=タルヌー=アン=イヴリーヌで死去。

邦訳編集

小説、中短編小説編集

ノンフィクション編集

  • 『マヤコーフスキイ 詩と思い出』、(神西清訳、創元社、1952年)
  • 『アヴィニヨンの恋人』、(川俣晃自訳、岩波書店、1953年)
  • 『チェーホフ その生涯と作品』、(川俣晃自訳、岩波書店、1955年)
  • 『ことばの森の狩人』、(田村俶訳、新潮社、1976年)

出典編集

  1. ^ À Tahiti, d'Elsa Triolet”. 2016年9月16日閲覧。
  2. ^ ELSA ET ARAGON”. 2016年9月16日閲覧。
  3. ^ Petite biographie d'Elsa Triolet”. 2016年9月16日閲覧。

外部リンク編集