エルンスト・ビューヒナー

エルンスト・ビューヒナードイツ語:Ernst Büchner、1850年3月18日 - 1925年4月25日)は、ドイツヘッセン大公国(現:ヘッセン州プフングシュタット出身の化学者

エルンスト・ビューヒナー
Ernst Buechner im Foyer der Villa Büchner, Pfungstadt.jpg
エルンスト・ビューヒナー(1902年
生誕 Ernst Büchner
(1850-03-18) 1850年3月18日
ヘッセン大公国プフングシュタット
死没 (1925-04-25) 1925年4月25日(75歳没)
ドイツの旗 ドイツ国ダルムシュタット
国籍 ドイツの旗 ドイツ国
研究分野 化学工業化学
主な業績 ブフナー漏斗ブフナーフラスコ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1888年ブフナー漏斗ブフナーフラスコを発明し、特許を出願したとして名高い。

生涯編集

1850年3月18日、プフングシュタットに化学者、工場主、政治家であるヴィルヘルム・ビューヒナーの子として生まれる[1]

テュービンゲン化学を学び、従姉妹であったマチルダ・ビューヒナー(Mathilda Büchner、1880年1月6日[要出典] - 1908年4月1日)と結婚する。

子供は化学者のカール・ビューヒナー(Carl Büchner、1877年6月28日 - 1929年7月9日)と画家のフリードリヒ(フリッツ)・ビューヒナー(Friedrich(Fritz) Büchner、1880年4月1日 - 1965年6月22日)であった。

1885年に離婚し、その後カロリーネ・フォン・ファーバー(Marie Ludovike Karoline von Ferber、1850年8月6日 - 1925年4月20日)と再婚した。

1888年にブフナー漏斗、ブフナーフラスコを発明、特許を出願した。たびたび同国の化学者であるエドゥアルト・ブフナーがブフナー漏斗、ブフナーフラスコの発明者であると誤解されるが、「ブフナー(Buchner)」と発明者の「ビューヒナー(Büchner)」が取り違えられて、ブフナー漏斗と呼ばれるようになった。よって、本来はビュヒナー漏斗と呼ばれるべきである。

1925年4月25日、ダルムシュタットに没す。

脚注・参考文献編集

脚注編集

  1. ^ エルンストの伯父にはゲオルク・ビューヒナー賞に名を残す劇作家、革命家、自然科学者のゲオルク・ビューヒナー、叔父には医師、自然科学者、哲学者のルートヴィヒ・ビューヒナーなどがいる。

参考文献編集