オオシマ ヒロユキ1975年9月2日 - )は、日本の漫画家イラストレーター東京都江東区深川出身。

以前はおおしまひろゆき名義で執筆、読みは本名。1995年、「CHICKEN」で第49回手塚賞佳作。その後、主にイラストレーターとして活動。

『美姫』の著者インタビューでは、都内の文系大学卒業後、広告代理店に就職するも不況のために退社。独身。と語っているが、実際の年齢と異なるなど、真偽は不明。

2000年代に入ってからは、漫画家活動が中心となるが、2006年頃からバンドデシネ制作に力を入れ始め、2008年ベルギーへ移住。本格的にBD作家として活動を始めた。またこの際に、漫画の合作関係にあった猪原大介(現PN:猪原賽)とのコンビも解消している。

主にジャン=ダヴィッド・モルヴァンの原作で作品を出版していたが、2013年以降の消息は不明。

イラストレーター時代は主に巨乳(貧乳)の美少女をシンプルな線画で描き、おっぱいに星マークをつけて描くことを好んでいた。『美姫』の帯文を書いていた谷口ジローと交流があったらしい。

漫画家時代は古典的少年漫画風、ブラックユーモア風の作品が多かったが、イラストレーター時代ほどの評価は得られなかった。

作品一覧編集

※漫画作品は猪原大介との合作

イラストレーション編集

イラスト集編集

外部リンク編集