コミックZERO-SUM』(コミックゼロサム)は、一迅社(旧:一賽舎)発行の月刊漫画雑誌。

コミックZERO-SUM
愛称・略称 ゼロサム
読者対象 女性
刊行頻度 月刊(毎月28日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 580円(税込)[注 1]
出版社 一迅社
編集部名 ゼロサム編集部
雑誌名コード 13735
刊行期間 2002年3月 - 刊行中[注 1]
ウェブサイト https://www.ichijinsha.co.jp/zerosum/ 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

メインターゲットは女性である[1]スクウェア・エニックス発行の『月刊Gファンタジー』の当時のメイン作家、峰倉かずや、高河ゆん、遠藤海成等を引き抜く形で、一賽舎より2002年3月に創刊された(詳細はエニックスお家騒動を参照)。毎月28日発売。増刊として季刊誌『コミックZERO-SUM増刊WARD』があった(2015年休刊)。

無料オンラインマガジン『ゼロサムオンライン』が2011年5月10日に配信を開始した[注 2]

  • 峰倉かずや作「最遊記RELOAD」をメイン作品として据える一方、新人発掘、他社作家の引き抜きなどにも精力的。またしばしば誌上で連載作品のオリジナルDVD、ドラマCDなどのグッズも発売される。
  • 他社・他誌の連載作品の続編を掲載するケースも多い(例:「コーセルテルの竜術士物語」、「最遊記」、「嵐雪記」など)。
  • "Radio ZERO-SUM"というラジオ番組を放送していた。(後述)
  • コミックマーケットに小冊子「zero-sum」(コゼロサム)、ドラマCD、その他オリジナルグッズを出展している。
  • テレビアニメ化作品としては「最遊記RELOAD」(「最遊記RELOAD GUNLOCK」)、「LOVELESS」、「破天荒遊戯」、「あまつき」、「07-GHOST」、「カーニヴァル」、「魔界王子 devils and realist」、「ストレンジ・プラス」(以上放映終了)がある。テレビドラマ化作品は「拝み屋横丁顛末記」のみである。
  • 掲載作品の単行本は「ゼロサムコミックス」として毎月25日に発売される。

主な現在連載中の作品編集

連載予定

過去の掲載作編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

該当作品なし

は行編集

ま行編集

や行編集

該当作品なし

ら行編集

わ行編集

ラジオ編集

2003年10月から2005年9月まで放送。パーソナリティは声優の高橋広樹鈴村健一で、コミックZERO-SUMの情報提供だけでなく連載中の作品をラジオドラマ(一部)として演じるなどをしていた。このラジオドラマはコミックZERO-SUMのプレゼントクイズとなっていた。

  • 放送時間
    2003年10月から2004年3月まで 毎週月曜日 21:00-21:30
    2004年 4月から2004年 9月まで 毎週火曜日 25:30-26:00(枠移動)
    2004年10月から2005年3月まで 毎週金曜日 21:00-21:30(枠移動)
    2005年 4月から2005年 9月まで 毎週木曜日 20:30-21:00(枠移動)
文化放送 火曜日25:30〜26:00
前番組 番組名 次番組
長澤奈央とangelaのオラ!ラヂ~オ
Radio ZERO-SUM

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 2013年2月現在
  2. ^ 一部の作品は本誌に出張することもあった。

出典編集

  1. ^ コミックナタリー - [Power Push 月刊コミックZERO-SUM](2010年7月1日時点のアーカイブ)2012年6月27日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集