メインメニューを開く
リーズ公爵オズボーン家の紋章

リーズ公爵英語: Duke of Leeds)は、かつて存在したイングランド貴族公爵位。

初代カーマーゼン侯爵トマス・オズボーン1694年に叙されたのに始まり、以降12代にわたって継承されたが、1964年に継承者が絶えて廃絶した。

歴史編集

 
初代リーズ公爵トマス・オズボーンの肖像画

オズボーン家で最初に称号を受けたのは、エドワード・オズボーン英語版(1596–1647)である。彼はイングランド議会庶民院議員を務め、1620年7月13日準男爵位を与えられた[1]

その息子である第2代準男爵サー・トマス・オズボーン(1632–1712)が一気に公爵まで昇進した人物である。彼も庶民院議員として政界入りし、1673年チャールズ2世の重用により大蔵卿に任命され、1678年に議会から弾劾されて失脚するまで国政を主導した。議会内に与党勢力「宮廷派」を形成することに努めた人物として知られる。名誉革命にも尽力したため、革命後の国王ウィリアム3世からも信任された[2][3]。その間、爵位を次々と与えられ、1673年2月2日にはスコットランド貴族爵位「パース州におけるダンブレーンのオズボーン子爵(Viscount Osburne, of Dunblane in the County of Perth)」、1673年8月15日にはイングランド貴族爵位「ヨーク州におけるダンビーのラティマー子爵(Viscount Latimer, of Danby in the County of York)」と「ヨーク州におけるキヴァートンの第5代オズボーン男爵(Baron Osborne, of Kiveton in the County of York)」、1674年6月27日には「ダンビー伯爵(Earl of Danby)」、1689年4月9日には「カーマーゼン侯爵(Marquess of Carmarthen)」、そして1694年3月20日に「リーズ公爵(Duke of Leeds)」に叙せられた[4]。初代公の死後、これらの爵位は初代公の男系男子によって継承されていく。

5代公フランシス・オズボーン(1751–1799)は第一次小ピット内閣において外務大臣(在職1783年-1791年)を務めたことで知られる[5]

5代公の最初の妻であるアメリア・ダーシー英語版は、議会召集令状英語版によるイングランド貴族爵位(男子がない場合に他に同じ親の女子/女系がなければ女子/女系相続可能)である「ネイスのダーシー女男爵英語版( Baroness Darcy de Knayt)」と「コンヤーズ女男爵英語版(Baroness Conyers)」を継承していた。そのため、5代公とアメリアの間の子である6代公ジョージ・オズボーン英語版(1775–1838)は、母の死後にこの2つの男爵位を継承した。さらに6代公の死後にはその長男である7代公フランシス・ダーシー=オズボーン英語版(1798–1859)に継承されているが、7代公には子供がなく、7代公の死後、リーズ公爵位は5代公の次男初代ゴドルフィン男爵英語版フランシス英語版(1777-1850)の長男第2代ゴドルフィン男爵ジョージ・ゴドルフィン・オズボーン英語版(1802–1872)に継承され、一方ダーシー男爵位とコンヤーズ男爵位は6代公の娘の子であるサックヴィル・レーン=フォックス英語版に継承された。したがって8代公以降の当主はダーシー男爵位とコンヤーズ男爵位を持たず、代わりに連合王国貴族爵位「ゴドルフィン男爵(Baron Godolphin)」を所持している[6][7]

その後、11代公まで8代公の直系で相続されたが、11代公ジョン・オズボーン英語版(1901–1963)には娘しかなかった。そのため彼の死後には初代ゴドルフィン男爵フランシスの三男シドニー・ゴドルフィン・オズボーン英語版(1808-1889)の孫であるダーシー・オズボーン英語版(1884–1964)が12代リーズ公爵位を継承した。しかし彼も襲爵から1年たらずで子供無く死去した。他に継承資格者はなかったので、12代公の死をもってリーズ公爵位とすべての付随爵位が廃絶となった[4]

一覧編集

オズボーン準男爵 (1620年)編集

リーズ公 (1694年)編集

脚注編集

参考文献編集

  • 今井宏(編)『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4634460201
  • 坂井秀夫『イギリス外交の源流 小ピットの体制像』創文社、1982年(昭和57年)。ASIN B000J7I54W
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年(平成12年)。ISBN 978-4767430478

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、リーズ公爵に関するカテゴリがあります。