オハイオ・プレイヤーズ

オハイオ・プレイヤーズ (Ohio Players) は、アメリカ合衆国ファンクバンドザップやスレイヴ、レイクサイドらと並んで、オハイオファンクの代表的なバンドでもある。メンバーには、シュガーフット、ジュニー、ビリー・ベック、ダイアモンドらがいた。ロバート・ワードも元メンバーだった。

オハイオ・プレイヤーズ
Ohio Players
別名 オハイオ・アンタッチャブルズ
出身地 オハイオ州デイトン[1]
ジャンル ファンクソウル、R&B、クロスオーヴァー
活動期間 1959年 – 2002年
レーベル タンジェリン・レコード
コンパス・レコード
キャピトル・レコード
ウェストバウンド・レコード
マーキュリー・レコード
アリスタ・レコード
ボードウォーク・エンターテインメント
エア・シティ・レコード
トラック・レコード・カンパニー
旧メンバー コーネリアス・ジョンソン
ウォルター・ジュニー・モリソン
リロイ・シュガーフット・ボナー
マーシャル・ロック・ジョーンズ
ロバート・クンバ・ジョーンズ
ビリー・ベック
ウェス・ボートマン
ディーン・シムズ
マーヴィン・マーヴ・ピアス
ラルフ・ピー・ウィー・ミドルブルックス
ジミー・サンプソン
ヴィンセント・トーマス
ジェイムズ・ダイアモンド・ウィリアムズ
クラレンス・チェット・ウィリス
ショーン・ショーニー・マック・デドリック
ロナルド・ヌッキー・ヌックス
オディーン・ディーノ・メイズ
グレッグ・ウェブスター
ブルース・ネイピア
アンドルー・ノーランド
クラレンス・サッチ・サッチェル
ボビー・リー・フィアズ
ダッチ・ロビンソン
ロバート・ウォード
チャールズ・デイル・アレン

来歴編集

1959年に結成された当時は「オハイオ・アンタッチャブルズ」という名称で、ロバート・ワード(ボーカル、ギター)、マーシャル・ロック・ジョーンズ(ベース)、コーネリアス・ジョンソン(ドラムス)、クラレンス・サッチ・サッチェル(サクソフォーン、ギター)、ラルフ・ピー・ウィー・ミドルブルックス(トランペット)といったメンバーが在籍していた[1]。1960年代前半には、ファルコンズの「アイ・ファウンド・ア・ラヴ」のバックで演奏を行い、更にバンド名義でのデビュー・シングル「Love Is Amazing」も発表するが、ワードの脱退に伴いバンドは一度解散した[1]

その後、バンドは「オハイオ・プレイヤーズ」名義でニューヨークのレーベル「コンパス・レコード」のハウス・バンドとなり、同社からの「Trespassin'」、「It's a Cryin' Shame」といったシングルのリリースを経てキャピトル・レコードと契約し、1969年にファースト・アルバム『オブザヴェイション・イン・タイム』を発表した[1]。1971年からはデトロイトのレーベル「ウェストバウンド・レコード」に所属し、アルバム『Pleasure』(1972年)からのシングル「ファンキー・ワーム」がスマッシュ・ヒットした[1]

1974年にはマーキュリー・レコードに移籍[1]。以後、バンドはさらなる商業的成功を収め、「ファイアー」と「愛のローラーコースター」の2曲がBillboard Hot 100で1位を記録した[2]

バンドはマーキュリーを離れた後もアリスタ・レコード、ボードウォーク・エンターテインメントなどのレーベルから作品を発表するが、1988年のアルバム『バック』を最後に、純粋な新作のリリースは途絶えた[1]。ただし、その後もオハイオ・プレイヤーズ名義でのライブ活動は継続されており[1]、1995年12月2日のアトランタ公演の模様は、1996年発売のライブ・アルバム『Ol'School』に収録された[3]

主要メンバーの一人であったリロイ・シュガーフット・ボナー(1960年代中期に加入)は、晩年にも「シュガーフッツ・オハイオ・プレイヤーズ」名義でのライブ活動を続けていたが、2013年1月26日に69歳で死去した[4]

影響編集

「ファンキー・ワーム」は後にN.W.Aの「ドープマン」、デ・ラ・ソウルの「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」、クリス・クロスの「ジャンプ」を含む様々な曲でサンプリングが使用された[5]。また、「エクスタシー」は1996年にジェイ・Zノトーリアス・B.I.G.の「ブルックリンズ・ファイネスト」でサンプリングされた[6]

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは1996年の映画『劇場版ビーバス&バットヘッドDO AMERICA英語版』のサウンドトラックに「愛のローラーコースター」のカバーを提供し、全英シングルチャートで7位を記録するヒットとなった[7]

ディスコグラフィ 編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『オブザヴェイション・イン・タイム』 - Observations in Time(1969年、キャピトル・レコード
  • Pain(1972年、ウェストバウンド・レコード)
  • Pleasure(1972年、ウェストバウンド・レコード)
  • Ecstasy(1973年、ウェストバウンド・レコード)
  • 『スキン・タイト』 - Skin Tight(1974年、マーキュリー・レコード
  • ファイアー』 - Fire(1974年、マーキュリー・レコード)
  • ハニー』 - Honey(1975年、マーキュリー・レコード)
  • 『コントラディクション』 - Contradiction(1976年、マーキュリー・レコード)
  • Angel(1977年、マーキュリー・レコード)
  • Mr. Mean(1977年、マーキュリー・レコード)
  • Jass-Ay-Lay-Dee(1978年、マーキュリー・レコード)
  • Everybody Up(1979年、アリスタ・レコード
  • Tenderness(1981年、ボードウォーク・エンターテインメント)
  • Ouch!(1982年、ボードウォーク・エンターテインメント)
  • Graduation(1984年、エア・シティ・レコード)
  • 『バック』 - Back(1988年、トラック・レコード・カンパニー)

ライブ・アルバム編集

  • Ol'School(1996年、エッセンシャル・ミュージック)
  • Jam(1996年、マーキュリー・レコード)
  • Live 1977(2013年、Goldenlane Records)

コンピレーション・アルバム編集

  • First Impressions(1972年、トリップ・レコード)
  • Climax(1974年、ウェストバウンド・レコード)
  • Gold(1976年、マーキュリー・レコード)

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h Ankeny, Jason. “Ohio Players - Biography & History”. AllMusic. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ Ohio Players - Awards”. AllMusic. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月21日閲覧。
  3. ^ Ohio Players - Ol'School (1996, CD) | Discogs
  4. ^ Barker, Andrew (2013年1月28日). “Ohio Players frontman Sugarfoot Bonner dies”. Variety. 2021年1月21日閲覧。
  5. ^ Who Did it Best? The "Funky Worm" Sample”. complex.com. Pigeons & Planes (2012年11月14日). 2021年1月21日閲覧。
  6. ^ Brooklyn's Finest by Jay-Z feat. The Notorious B.I.G.”. WhoSampled. 2021年1月21日閲覧。
  7. ^ Love Rollercoaster by The Ohio Players”. Songfacts. 2021年1月21日閲覧。

外部リンク編集