カール (KARL)は、ゼネラルモーターズ (GM) が製造、オペルブランドで販売していた自動車である。

概要編集

カール
フロント
リア
製造国   韓国
  ベトナム
販売期間 2014-2019年
2019-年 (ビンファスト)
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 1.0L 直列3気筒
駆動方式 FF
最高出力 75ps
変速機 5MT
5AT
全長 3,675mm
全幅 1,700mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,385mm
車両重量 939kg
姉妹車 ボクスホール・ビーバ
ビンファスト・ファディル
先代 オペル・アギーラ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

カール/ビーバは2014年12月3日に写真が公開された[1][2]。2015年夏から販売を開始。

カール/ビーバはスズキからのOEM車種であったアギーラにとって代わる車種である。また、欧州市場(ロシアを除く)では2015年末をもってシボレーが撤退してGMの大衆車ブランドがオペル/ボクスホールに一本化されたが、シボレーで最小最廉価であったスパークに代わる車種でもある。製造はスパーク同様韓国GM昌原工場で行われた。

ボディタイプは5ドアハッチバックのみであり、オペル/ボクスホール最小の車種であり、アダムがプレミアムコンパクト志向なのに対して、カール/ビーバは1万ユーロを切る低価格で販売される。エンジンは新開発の「エコテック直列3気筒 1.0Lで75psを発揮する。カール/ビーバにはIntelliLinkインフォテインメントシステムが搭載されており、iOSおよびAndroidデバイスとシームレスに連携することができる。

2018年10月10日、オペルとボクスホールはアダム、カール/ビーバ、カスケーダを2019年末で販売終了すると発表した。これらの車種の後継は作られず、より市場規模の大きいSUVに注力する方針を示している[3][4]


ビンファスト・ファディル編集

 
ビンファスト・ファディル

2018年11月、ベトナムビンファストがファディルを発表し、翌年から発売開始した[5][6]。ファディルはカール/ビーバのリバッジ車種であり、ビンファストがGMから技術供与を受けてGMベトナムから取得したハイフォン工場で製造している。


車名の由来編集

車名は創業者アダム・オペル英語版の長男カール・オペルに由来する[7]

脚注編集

  1. ^ The New Opel KARL – Small, Exquisite, Simply Outstanding!”. GM Media Online (2014年12月3日). 2014年12月19日閲覧。
  2. ^ VAUXHALL REVEALS ALL-NEW VIVA”. GM Media Online (2014年12月3日). 2014年12月19日閲覧。
  3. ^ Angel Sergeev (2018年10月10日). “Opel Adam, Karl, Cascada To Be Axed In 2019”. Motor1.com. 2020年6月10日閲覧。
  4. ^ Dominik Wilde (2018年10月10日). “Vauxhall Adam, Viva, Cascada axed”. Motor1.com UK. 2020年6月10日閲覧。
  5. ^ Matthew H. Tong (2018年11月27日). “2019 VinFast Fadil city car – rebadged Viva, RM76k”. paultan.org. 2020年6月10日閲覧。
  6. ^ Derek Fung (2019年6月17日). “VinFast Fadil: Vietnamese car maker goes mainstream”. Car Advice. 2020年6月10日閲覧。
  7. ^ New Small Car with Big Name: Opel Presents KARL”. GM Media Online (2014年9月11日). 2014年12月19日閲覧。

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集