オモ川(オモがわ、Omo River)は、エチオピア河川。エチオピア南部のオロミア州西部を水源とし、南部諸民族州を通ってトゥルカナ湖へと注ぐ。全長760km。流域全域がエチオピアに属する。

オモ川
Omo River near Omorati
延長 76 km
水源 エチオピア高原
水源の標高 2000 m
河口・合流先 トゥルカナ湖
流域 エチオピアの旗 エチオピア
テンプレートを表示

水源エチオピア高原標高2000mの地点にあり、そこから500mのトゥルカナ湖へと注ぐ。標高差が激しいため流れは速く、ココビ滝などいくつもの滝があり、船舶の航行はできない。また流れが速いため大量の土砂を運び、トゥルカナ湖にある河口には広大なデルタを形成している。8月から9月にかけては洪水があり、エチオピア高原の肥沃なが流域に堆積するため、周辺の諸民族はその上にソルガムトウモロコシなど穀物を蒔き農耕を行う[1]。オモ川にはワビ川デンチャ川マゴ川などの支流がある。河岸にはボディ族カロ族ニャンガトム族ハマー族ダサネッチ族クエッグ族ムルシ族など数々の民族が暮らす。

オモ川の下流域からはアウストラロピテクスなど古人類の化石が多く出土しており、学術的に貴重な地域となっている。そのここは、オモ川下流域として1980年世界遺産に登録された。

オモ川は高低差があり水量も多いことから、水力発電が計画され、南部諸民族州に発電量1870メガワット[2]ギルゲル・ギベ第3ダムが建設中である。このダムによりエチオピアはケニアスーダンなどに電力を売却し外貨を得ることを計画している。一方で、このダムの建設によって従来の氾濫原での農業が困難になるほか、すでに砂漠化によって水位が低下しつつあるトゥルカナ湖がさらに縮小するとの懸念もある。

2006年には大洪水が起き、456人が溺死し20000人以上の人が8月16日まで5日間避難を余儀なくされた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ NationalGeographic日本版2010年3月号、p123
  2. ^ NationalGeographic日本版2010年3月号、p125

外部リンク編集